コクリコ 坂 から メル。 コクリコ坂から

アニメ映画「コクリコ坂から」ネタバレあらすじと結末/旗を掲揚する少女・長澤まさみ×岡田准一

コクリコ 坂 から メル

概要 [ ] タイトルの「コクリコ」は、でを意味する。 原作者のは元々であり、の「ああ皐月仏蘭西の野は火の色す君も雛罌粟(コクリコ)われも雛罌粟(コクリコ)」(歌集『夏より秋へ』所収)から取ったとされる。 また本作の街並みなどの情景は、をイメージして描かれている。 原作漫画は、『』()にて1月号から同年8月号まで、全8話が連載された。 単行本は同社より全2巻が刊行された。 また、2010年により新装版、2011年に同社より文庫版が発売された。 スタジオジブリでは、宮崎駿以外の監督経験者は基本的に原作のある作品を題材に映画化している が、原作のある作品において主人公や重要人物の氏名に著しい変更が行なわれたのは当作のみである。 あらすじ [ ] 昭和38年()、乗った船が遭難し、行方不明となった船乗りの父と、仕事のためにに渡ったの母を持つ 小松崎海は、留守中、小松崎家を懸命に切り盛りしていた。 そのころ、海たちが通う港南学園では、新聞部部長の 風間俊と生徒会長の 水沼史郎が起こす騒動によって、生徒と教師が翻弄されていた。 突如として新聞部によって発表される「ミスター・ミス港南」、物理法則をめぐる風間と水沼の賭け、制服廃止運動をめぐる風間と水沼の対立…。 こうした一連の騒動を海は冷ややかに見つめていたが、制服廃止運動の敗北の責任を風間が一身に負わされるのを見て、いつしか海は風間を擁護する声を上げるようになる。 風間もまたひたむきな海にひかれ、2人は交際を始める。 しかし、ある日、水沼は風間に海と交際しないよう忠告する。 水沼が海の母・ 小松崎虹江の仕事を手伝った際、偶然、海と風間の父親が同一人物であり、2人が異母兄妹であることを知ってしまったのである。 水沼からそのことを聞かされた風間は海を傷つけないよう、父親のことを隠して海に別れを告げるが、それでも海のショックは大きく、やけになって不良の 広瀬真と交際を始める。 広瀬の本性を知る風間は海を放っておけず、広瀬の毒牙にかかりそうになっている海を助けるが、父親のことは話せなかった。 広瀬の魔の手から助けられた帰り道、海は偶然、祖父の 小松崎島太郎から海と風間の父親が同一人物だと聞かされ、翌日、風間にことの真偽を確かめる。 その際の海と風間のやりとりが広瀬の女友達に聞かれてしまったことで、海と風間が異母兄妹であるという噂が学校内で広まってしまい、海は精神的に追い詰められる。 海はつらい現実から逃避するかのように旅支度を始め、娘の様子を見かねた虹江はことの真相を海に話し始めた。 主な登場人物 [ ] 小松崎家 [ ] W旗 では 松崎姓となっている。 小松崎 海(こまつざき うみ) 港南学園高等部1年(初登場時)。 空・陸の姉。 母に代わって、料理や裁縫などの家事をこなし小松崎家を切り盛りするしっかり者の少女。 真面目な性格で、次々と騒動を起こす風間を当初は嫌っていたが、次第に風間に惹かれていく。 下宿人の北斗を慕っていたが、次第に彼に対する思いを妹が兄を慕うような気持と自覚するようになる。 風間と交際を始めるが、一方的に風間に別れを告げられ、苦悩する。 北斗に「海をフランス語に訳すと、ラ・メール( la merとなる)になる」と教えられ、北斗や友人からはメールがつまって メルと呼ばれている。 父が帰ってきても家が分かるように、毎朝、英や米、あるいは仏と思しき国旗を掲揚し、家族や下宿人と共に朝礼をするのが日課となっている。 なお、映画ではのU旗とW旗が掲揚されている。 このは「ご安航を祈る」(I wish you a pleasant voyage. )という意味である。 小松崎 空(こまつざき そら) 海の妹・陸の姉。 港南学園生徒。 学年を示す具体的な説明はないが、海が2年生に進級した際海の級友から、「空ちゃんも(高等部)1年生になったんだっけ」と言われる描写があり1歳年下であることが解る。 異性やに興味津々な女の子。 風間を慕っていたが、海と風間の気持ちを察し、身をひいた。 アニメ映画では風間に憧れていたが、後に送ってくれた事をきっかけに水沼といい雰囲気になっている。 小松崎 陸(こまつざき りく) 海・空の弟。 港南学園中等部1年(初登場時)。 制服廃止運動の際に風間に傾倒し、以後、海と共に最後まで風間を擁護した。 アニメ映画では子供っぽい言動が目立ち、家族内での描写に終始している。 小松崎 虹江(こまつざき にじえ) 海・空・陸の母。 カメラマン。 無造作に大金を使い、海を困らせる。 ストーリー開始時点では、仕事のためにアメリカに渡っていたが、やがて帰国する。 近所では美人として有名。 アニメ映画では大学の助教授。 実家の医業を継ぐのを拒否し、海達の父と駆け落ちした過去を持つ。 金使いの粗さなどの描写はない。 小松崎 花(こまつざき はな) 海・空・陸の母方の祖母。 魚嫌いで、海が家計を切り詰めるためにばかりを食卓に出すのに不満を持っている。 が好き。 アニメ映画では威厳ある老婦人で魚嫌いなどの言動はない。 小松崎 島太郎(こまつざき しまたろう) 海・空・陸の母方の祖父。 虹江が海たちの父親と交際するのに反対したため、花と対立して家を追い出され(家が花名義だったため)、現在は海たちと別居している。 アニメ映画では全く登場せず、海の会話で母方は曾祖父、祖父と代々医師だったと触れられている程度で故人。 北見 北斗(きたみ ほくと) 小松崎家に下宿するの卵。 海の思いに気づくことなく、の牧場に就職し、海のもとを離れた。 港南学園の卒業生で水沼の兄と同期生。 アニメ映画では女性に変更されており、職業も医師。 同級生の水沼の兄も姉に変更されている。 学生テストで100点をとったことが描写されている。 港南学園 [ ] 風間 俊(かざま しゅん) 港南学園高等部2年(初登場時)。 新聞部部長。 金太との賭けで公費を使いこみ、新聞の売り上げでそれを穴埋めするため、水沼と組んで、様々な騒動を起こし、新聞の売り上げを伸ばす自作自演をしていた。 かねてから海に好意を抱いており、海が自分を擁護するようになってからはその思いをさらに強くして、海と正式に交際を始める。 しかし、水沼からある事実を知らされ、苦悩する。 写真屋の子どもだが、自身は写真と関係がない商船大学への進学を希望している。 アニメ映画では家は業をしており、賭け麻雀などの不品行の描写はない。 進学先は横浜国立大学。 水沼 史郎(みずぬま しろう) 港南学園生徒会長。 港南学園一の秀才。 風間の親友。 頭はいいが風間とともに金太との賭けマージャンで公費を使いこみ、風間と共に様々な騒動を起こす。 虹江の手伝いをしたときにある事実に気付き、風間と共に苦悩する。 実家は。 なお、原作ではフルネームは『なかよし』誌面の登場人物紹介にのみ記載されていた。 本編中では俊など他のキャラクターから「水沼」「水沼さん」などと呼ばれており、単行本には(KCなかよし版、角川の各版とも)下の名前が示されていない。 アニメ映画では風間共々、賭け麻雀などの描写はなく品行方正な人物として描かれている。 海と風間の関係の疑惑にも絡まない。 広瀬 真(ひろせ まこと) 港南学園高等部3年。 不良学生で、風間に対して遺恨を持ち、風間に対するあてつけから海を落とそうとする。 しかし、広瀬の仲間が広瀬が海に接近した本当の狙いを話しているところを風間に聞かれ、海に強引に迫っているところに駆けつけた風間から一撃を喰らい、失敗する。 アニメ映画では登場しない。 その他 [ ] 金太(きんた) 英薫女子大学学生。 水沼の実家でのアルバイトをしている。 港南学園在学中に制服廃止運動を起こし、退学処分となった。 海と風間の恋路を応援する。 無類の動物好きで家でたくさんのペットを飼っている。 本名は 安藤響子。 アニメ映画では登場しない。 広小路 幸子(ひろこうじ さちこ) アニメ映画オリジナルキャラクター。 海達からは「ヒロさん」と呼ばれている。 コクリコ荘に住む油絵を専攻している美大生の女性。 21歳。 メガネとハネたボブカットが特徴。 風間が挙げている返事の旗にいち早く気づいていた。 友子(ともこ) アニメ映画オリジナルキャラクター。 花が雇ったで、彼女の身の回りの世話の他、海が学校へ行っている間の家事全般を引き受けている。 友子のお給金は花が出している。 書誌情報 [ ]• 『コクリコ坂から』(作画)・(原作)、講談社〈〉全2巻• 1980年9月5日(第1刷)、• 1980年12月5日(第1刷)、• 第2巻に、「なかよし」1975年5月増刊号に掲載「ルーディの誕生日」、「なかよし」1980年9月号に掲載「ばくばくカバンと可愛ちゃん」を同時収録。 新装版『コクリコ坂から』 (全1巻)、2010年7月10日• スタジオジブリ企画・編集『コクリコ坂から』、2011年6月 、解説• ・『脚本 コクリコ坂から』角川書店、および角川文庫、各・2011年6月• 編『コクリコ坂から ビジュアルガイド』角川書店、2011年7月• スタジオジブリ編『コクリコ坂から ジブリの教科書17』〈〉、2018年2月 アニメ映画 [ ] コクリコ坂から From Up On Poppy Hill 監督 脚本 原作 製作 宮崎駿 出演者 音楽 主題歌 「さよならの夏 〜コクリコ坂から〜」 制作会社 製作会社 配給 東宝 公開 上映時間 91分 製作国 言語 興行収入 44. 6億円 2011年7月16日より、全国系にて公開された。 『』に続く監督作品の第2作である。 キャッチコピーは、 上を向いて歩こう。 あらすじ(アニメ映画) [ ] 1963年(昭和38年)、初夏の。 女子高生の松崎海は、海の見える丘に建つ"コクリコ荘"を切り盛りしている。 海は、でに触れて亡くなった船乗りの父を偲んで毎朝庭に旗を揚げていたが、高校のに"旗を上げる少女"の詩が匿名で掲載されると、それが自分のことではないかと胸をときめかせる。 海は、取り壊し反対の論陣を学級新聞で張っている風間俊と知り合い、二人は淡い恋心を抱くようになる。 俊に協力したいと思った海が、カルチェラタンの大掃除を提案すると、高校では女子生徒達をも巻き込んだ一大掃除作戦が始まる。 ところが、コクリコ荘に下宿していた北斗の送迎パーティで、亡くなった父が友人2人と撮った写真を俊に見せてからというもの、俊は急によそよそしくなってしまう。 海が問いただすと、海の父は俊の父と同一人物であり、戸籍を調べたところ、自分たちが兄妹であることが分かったのだという。 俊も又、自分の父のものだという同じ写真を持っていたのである。 今まで通り、ただの友達でいようと告げられた海は、深く落ち込んでしまう。 やがてカルチェラタンの大掃除が進むと、取り壊しに賛成していた生徒達までもが保存を望むようになる。 しかし、学校側はそれを意に介することなく、取り壊しを決定する。 生徒会長の水沼と共に海と俊は生徒の代表としてに赴き、学校のに直談判して、綺麗になったカルチェラタンを見学してもらう約束を取り付ける。 その帰り道に、例の詩の作者が俊であったことを海は知る。 海は気づいていなかったが、俊は毎朝コクリコ荘の前を養父のタグボート船で通っており、海の旗に応答する旗を船に揚げていたのだ。 たとえ兄妹でも、俊のことがずっと好きだと海が告白すると、俊も海が好きだと答える。 海が帰宅すると、から帰国したばかりの母が待っていた。 母によれば、俊は海の兄ではなく、の事故で亡くなった友人の立花(写真に写っている友人のうちの一人)から父が引き取ってきた子だという。 立花の妻は俊を産んで急逝しており、親戚も皆で亡くなっていた為に身寄りの無くなった俊を、父は自分の子として役所に届け出た。 しかし、当時海を身ごもったばかりの両親にも俊を育てる余裕は無く、父の知り合いである俊の養親に譲り渡していたのだ。 それを聞かされた海は、母の胸で泣き続ける。 翌日、約束通りにカルチェラタンを訪問した理事長は、生徒たちに共感してカルチェラタンの保存を約束する。 喜びに沸く学校に、俊の養父から俊の生い立ちを知っているという人物が近くに来ているという連絡が入り、海と俊は港の大型船に駆けつける。 大型船の船長を務めるその人物とは、海の父と俊の父のかつての親友で、写真に写っていた三人目の人物、小野寺善雄だった。 小野寺から詳細を聞かされた二人は笑顔で肩を並べる。 そして翌朝、海は今日もいつものように旗を揚げる。 今度は父親だけでなく、俊も船の上から見ている事を願いながら。 声の出演 [ ]• 松崎 海 - (幼少期 - )• 松崎 花 -• 松崎 空 -• 松崎 陸 -• 松崎 良子 -• 風間 明雄 -• 北斗 美樹 -• 広小路 幸子 -• 小野寺 善雄 -• 水沼 史郎 -• 徳丸理事長 -• 悠子 -• 信子 -• 全校討論会壇上の発言者 -• 徳丸ビル受付係 -• 徳丸理事長の秘書 -• その他の声優 - 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 スタッフ [ ]• 原作 - 、『コクリコ坂から』(角川書店刊)• 監督 -• 企画 - 宮崎駿• 脚本 - 宮崎駿、• 音楽 - ()• キャラクターデザイン -• 作画監督 - 山形厚史、廣田俊輔、、、• 美術監督 - 、髙松洋平、大森崇• 撮影監督 -• 音響監督・整音 - 笠松広司• 動画検査 - 斉藤昌哉• 色指定 - 森奈緒美、高栁加奈子• アフレコ演出 -• 録音 - 名倉靖• フォーリー - 山口美佳• 効果助手 - 松長芳樹、千本洋• 編集 -• 制作担当 - 古城環• 制作デスク - 伊藤郷平、吉川俊夫• 制作進行 - 居村健治、三吉弓子、坂本太夫、渋谷美音、橋本綾• 演出助手 - 仲澤慎太郎、清川良介• プロデューサー -• 製作 - スタジオジブリ、、、、、、東宝• 特別協賛 -• 特別協力 - 、• 制作 -• そして前作『』製作中に正式に映画化されることが決定した。 スタジオジブリ経営5ヵ年計画における若手の登用を目的とした『借りぐらしのアリエッティ』に次ぐ第2作であり 、本作の監督は駿の長男・宮崎吾朗が起用された。 宮崎駿、以外の人物が、スタジオジブリの映画として2作目の監督作品を製作するのは、本作が初めてとなった。 『ゲド戦記』で吾朗が監督に起用されたことに反対していた駿は「1本作ったら、もう映画監督。 どうしていくかは自分次第だ」と発言している。 担当は過去にもジブリ作品で声をあてた者が多く起用されている。 作品解説 [ ] 原作からの主な変更点 [ ] 主要登場人物の設定や主題は原作を踏襲しているが、や物語の提示方法など演出は大幅に改編され、独自の作品となっている。 映画版のオリジナル要素として、の文化部部室棟「カルチェラタン」が登場。 俊と水沼は、取り壊しが予定されているカルチェラタンを守るために奔走している。 海はカルチェラタンの良さを生徒達に伝えるための大掃除を提案し、それを通じて俊と接近するなど、映画版のストーリーはこの保存運動を軸として、大きく再構成されている。 映画版の時代設定は5月-6月となっている。 学年をまたがないため、俊は最初から高3、海は高2、空は高1である。 制服はからに変更。 主人公の姓を「小松崎」から「松崎」に変更。 下宿人「北見北斗」の名前が「北斗美樹」に、性別が男から女に、職業もからに変更。 主人公の母の名前「小松崎虹江」が「松崎良子」に、職業も「カメラマン」から「大学(者)」に変更。 賭けの設定はカット。 出生に関する疑惑は、父親の写真として海が見せた写真が、俊の持っているものと同じだったことから発覚する。 祖父の島太郎は死亡している設定となっているほか、登場人物がかなり整理されている。 公開 [ ] 日本全国457スクリーンで公開され、2011年7月16-18日の初日3日間で興収約5億8700万円、動員約45万人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位 、最終興収は2011年度興行収入邦画第1位の44. 6億円を記録した。 では2012年1月11日に公開。 初日で約1400人の動員を集め、同日公開作品の2位となるスタートになった。 受賞 [ ]• 第29回 日本映画部門 優秀銀賞• 2013年1月11日、日本テレビ『』にてテレビ初放送。 視聴率は13. テレビ放送の視聴率 [ ] 回数 放送日時 視聴率 1 2013年 01月11日 13. 1万枚を売上げ、2012年7月2日付週間BDランキング総合首位を獲得している。 ジブリ映画のBlu-rayとしては『』(3. 7万枚)に次ぐ歴代2位の記録となる。 また同時発売となったDVDも、DVD通常盤も2. 8万枚で総合2位、DVD横浜特別版が2. 3万枚で総合3位となり、いずれも上位3位以内を記録した。 注釈 [ ] []• 2010年12月18日時点の [ ]よりアーカイブ。 2010年12月16日04:26閲覧。 ブック・アサヒ・コム 2011年9月4日。 はまれぽ. com. 2013年12月11日閲覧。 INTERNATIONAL CODE OF SIGNALS, FOR VISUAL, SOUND, AND RADIO COMMUNICATIONS, UNITED STATES EDITION, 1969 Edition Revised 2003 ,NATIONAL IMAGERY AND MAPPING AGENCY p. テレビドラマデータベース 2012年1月19日. 2011年5月13日21:41閲覧。 2011年7月10日12:09閲覧。 2011年6月13日16:58閲覧。 マンガペディア. VOYAGE GROUP. 2016年9月11日閲覧。 映画『コクリコ坂から』公式サイト. 2016年9月11日閲覧。 2011年7月20日. 2012年7月11日時点のよりアーカイブ。 2011年7月21日13:06閲覧。 2012年1月19日. 2012年2月10日21:06閲覧。 2012年3月3日04:26閲覧。 シネマトゥデイ. 2011年7月21日13:06閲覧。 ORICON STYLE. オリコン 2012年6月27日04:00. 2012年6月27日11:57閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (2013年1月11日放送分).

次の

「コクリコ坂から」と「朝鮮戦争」 メルの父はなぜLSTにのっていたのか。(番外編) : M

コクリコ 坂 から メル

まいどっ、エンタメブリッジライターしおりです! 今回は2011年ジブリ映画「コクリコ坂から」についてご紹介します。 コクリコ坂からは、過去ジブリ作品の中では「なんとなく印象が薄い」といった映画ではないでしょうか? 企画・脚本は宮崎駿、監督は宮崎吾朗と絶妙なキャスティング。 親子問題には触れないほうがいいのかもしれませんが、これを語らずしてコクリコ坂からは理解できないのでは?!と個人的には思います。 また、コクリコ坂からは宮崎駿引退作となった「風立ちぬ」の1つ前の作品。 今、引退を撤回(?)し、制作されている新作「君たちはどう生きるか」の重要な伏線にもなっているでしょう。 この2点に着目しながら、主人公メルはどんな視点を持ったキャラに仕上がったのか?早速解説していきましょう。 公開日:2011年7月16日 日本 監督:宮崎吾朗 原作者:佐山哲郎 脚本:宮崎駿、丹羽圭子 製作:宮崎駿、鈴木敏夫 出演者:長澤まさみ、岡田准一、竹下景子、風吹ジュン、石田ゆり子、内藤剛志、風間俊介、香川照之、ほか。 主題歌:手嶌葵「さよならの夏〜コクリコ坂から〜」 製作会社:スタジオジブリ 受賞歴:日本アカデミー賞にて、最優秀アニメーション作品賞受賞。 youtube. 舞台は1963年(昭和38年)の横浜。 1963年は宮崎駿がアニメーターになった年です。 映画に出てくる数々の懐メロソングの中でも森山良子「さよならの夏」はこの映画の主題歌であり、ストーリーのシンボル。 恋に恋するような歌が「これだ!」と宮崎駿に着想を得させ、制作が始まったそうですよ。 コクリコ坂からのあらすじ(ネタバレなし) コクリコ荘を切り盛りするしっかり者の高校2年生海(通称メル)。 コクリコ荘は自宅を改装した下宿宿ですが、メル、空(妹)、陸(弟)の3姉弟には両親がいません。 父親は朝鮮戦争の機雷で亡くなり、母は助教授でにアメリカに留学中。 コクリコ荘の長老的存在はメルの祖母です。 メルの日課は、毎日下宿人と家族のご飯を作り、亡くなった父を想い海に向かって信号旗を揚げること。 一方メルの高校では、 明治期に建設された男子クラブ棟(通称カルチェラタン)は老朽化を理由に、取り壊し論争が進行中。 メルたちが昼休みお弁当を食べていると、「明治時代から度胸試し」として行われていた伝統「カルチェラタンの屋上から水槽に飛び込み」が行われました。 ダイビングを決行したのはハンサム高校3年生風間俊。 慌てて助けたメルと俊は、惹かれ合っていくものの…。 コクリコ坂からのあらすじ(ネタバレあり) コクリコ坂からは登場人物がややっこしいですね(汗 相関図がないと理解し辛いと思いますので、迷ったらこの画像に戻ってきてくださいね。 メルの妹で1年生の空は、ダイビングした俊のファンになりました(今でいう成績優秀イケメンサッカー部キャプテンみたいなアイドル的存在)。 「お姉ちゃん、サインもらうから着いてきてくれない?」 と2人はボロいカルチェラタンへ初めて足を踏み入れることに…。 埃まみれで物は雑多、パット見オンボロなカルチェラタン。 男子学生たちが、思い思いに哲学研究、天文、数学、無線、現代詩劇など文化活動にいそしみます。 3階の週刊カルチェラタン(学校新聞)編集部へ着くと、そこにいたのは俊と生徒会長の水沼史郎。 これがきっかけで、メルは週刊カルチェラタン制作を手伝うようになり、メルと俊は急接近して交際状態へ。 一方講堂では、男子たちによる「カルチェラタン存続集会」が行われ、メルもそれを見物します (当時の女生徒に学校の主導権はないもよう)。 カルチェラタン取り壊しか?存続か?生徒同士でも意見は真っ二つ。 古くなったら壊すというなら、君たちの頭こそ打ち砕け!古いものを壊すということは、過去の記憶を捨てることと同じじゃないのか?! 人が生きて死んでいった記憶を、ないがしろにするということじゃないのか?! 新しいものにばかりとびついて、歴史をかえりみないきみたちに未来などあるか! この俊のセリフには、宮崎駿らしい古き良き日本を想う気持ちが含まれていますね。 講堂に教師が入ると、生徒たちは突然、ごまかしのために当時の叙情歌、岡本敦郎の「白い花の咲く頃」を歌います。 キーパーソンでブレーンのメルはカルチェラタンの印象を良くするため、男子たちに「お掃除しよう」と提案。 大きな決定権はないかもしれないけれど、 女子1人の機転や知恵が、背後で大きな男社会動かすことは普遍的なもようです。 男女が協力して建物の床から壁から大掃除し、見違えるようにピカピカになったカルチェラタン。 そのころコクリコ荘では、出ていく下宿人北斗さんのために送別会を開きました。 ここから場面は悲しい展開へ急降下…。 送別会のためコクリコ荘にやってきた俊と生徒会長。 俊に家の中を案内したメルですが、これがとんでもない事実の発覚に繋がります。 メルの亡くなった父、澤村雄一郎の写真を見た俊はサーっと青ざめ、立ちすくみました。 俊は実は養父母に育てられているのですが、澤村雄一郎という男が生みの親と聞かされていたのです! つまり、メルと俊は異母兄弟ってこと。 俊は戸籍を確認し、養父にも事実確認します。 youtube. 混乱したメルが「嫌いになったらはっきり言って!」と詰め寄ると、 俺たちは異母兄弟ってこと。 まるで安っぽいメロドラマだ。 と俊は告白…2人は微妙すぎる関係になります。 その頃学校では 「校長がカルチェラタン取り壊しを決定した!」 と大騒ぎに! 生徒会長と俊は、カルチェラタンを蘇らせたキーパーソンでもあるメルも誘って、電車を乗り継ぎ東京の徳丸財団の理事長に直談判に行きます。 オリンピック前年の東京は、新しい商業施設や高速道路がどんどん建設されていました(2019年現在の東京と同じだね…)。 理事長「君たち学校はどうしたんだ?」 生徒会長「エスケープしました!」 徳丸理事長はメルを気に入り、カルチェラタンを見学に行くことを承諾。 帰り2人きりになった俊とメル。 「血が繋がってても、あたし、風間君のことが好き!」 とメルの大告白のもとに2人は愛を確かめ合います。 徳丸理事長は後日、本当にカルチェラタンを訪問に来ました。 生徒たちに「君たちはどんな活動をしているのかね?」と尋ね歩き、高校生からの実直な答えにウケている様子。 徳丸理事長は、取り壊しをせず、カルチェラタン移転を決定して生徒たちは大喜び! とそこへ、メルの父、俊の養父と古い船員仲間だった小野寺義雄が外国船から一時帰港していました。 このへんになると誰が誰の父親?とこんがらがるかもしれませんね(汗 「メルーー!」と学校を再びエスケープしたメルと俊。 俊の養父のタグボートで、小野寺義男の大きな船へ乗り込んだ2人。 この立花と同時期に一時帰国をしていたメルの実母との話を繋ぎ合わせると、こうなります。 立花が1番に戦死し、俊が戦争孤児となったところをメルの父澤村が戸籍を入れて引き取ってきたのです(当時はそういう子供はたくさんいたそう)。 しかし当時メルの母はメルを妊娠しており、さらに大学にも通っており「育てられない」と判断。 そして、戸籍謄本を持って訪れた先が現在の養父、風間の家。 メルと俊は異母兄弟ではないと判明したんですね。 立花と澤村の息子と娘に会えるなんて嬉しい。 ありがとう。 メルと俊は手を握り合い、再び愛を確認し合います。 俊の養父のボートに映り、出生の秘密を教えてくれた小野寺の貨物船を遠く見つめるシーンで映画は終わります。 youtube. 企画、シナリオが宮崎駿によって書きあげられた後、絵コンテ以降を宮崎吾朗が監督として担当しました。 そこで繰り広げられた父子のドラマもじっくり考察したいと思います。 考察1. 主人公メルの名前の由来は? まずは基本の謎、主人公海がメルと呼ばれる理由から。 メル=フランス語で海(ラ・メール) ラ・メールを短縮してメルと呼ばれるようになりました。 さらにもう少し。 コクリコ=ひなげし• カルチェラタン=フランスのパリにある有名な学生街 信号旗の意味も紹介しておきましょう。 kaiho. mlit. これに対し俊がタグボートで揚げている旗は「回答旗・U・W=相手のメッセージを受け止めた、航海の安全を祈る」 送別会で揚げられた6つの旗は、北斗さんを表した「H・O・K・U・T・O」です。 考察2. 1960年(昭和30年)代は宮崎駿と吾朗にとってどんな時代? 舞台となった昭和30年代は一言でいえば「現代の生活の基礎」ができた時代です。 高度経済成長、消費社会、高齢化突入、核家族化、感染症の終息、平均寿命の伸び、と今の私たちの生活の土台ですね。 宮崎駿は 1963年を1つのボーダーラインと捉えています。 それは、オリンピックの前と後(2019年現在の私たちと同じですね)。 宮崎駿がそこからの時代について一貫して言うセリフは 変わってない。 ここ20年くらい男たちがしてきた話は経済の話ばかりで、「掃除しよう!」と一念発起するメルたちに比べれば、ただオドオドして動き回っているなんと情けない大量のオスの働きバチ…と。 2020年、日本でオリンピックを開催する第一義的名目も経済効果でした。 今東京は、メルの時代と同じ、商業施設に道路工事、ユニバーサルデザインに統一された幅広タクシー(都が支給してるらしい)と浮かれた変貌ぶりを遂げていますがやっぱりどこか違和感ありますね。 オリンピックが始まる前から日本はあるし、オリンピックが終わっても日本は続いていく…だけど、そのことを考えて街を作ってるのかな?って。 右肩上がり一直線の成長って、必ず穴に落ちます。 吾朗監督の内面には、団塊ジュニア時代の犠牲者的側面も備わっています。 そのあたりはゲド戦記からも痛みとして非常に作品に表れていると思いますね。 今作でも 親世代の時代は今社会問題の原点を作った世代でもある。 美化して描いてもいいのか? と悩み抜いたそう。 「変わってない」と憤慨とあきらめに引き裂かれるのが宮崎駿。 「引き裂かれた人に育てられた痛み」に葛藤しているのが宮崎吾朗。 成長主義の穴に落ちないようにどうにか踏ん張っている2人によって生まれた映画が、コクリコ坂からなのです。 考察3. youtube. しかし、 ゲド以後も3年もジブリに映画の企画を出し続けていたというから驚きです。 コクリコ坂からの脚本宮崎駿、監督宮崎吾朗の配置は鈴木敏夫さんの提案で、すぐに受け入れたという2人。 ちなみにコクリコ坂からと同時期に制作していたアニメは「借りぐらしのアリエッティ」。 ジブリっぽいかわいいアリエッティに比べ、ジブリっぽくない異色の青春映画コクリコ坂。 ジブリって御曹司待遇なんかないんですよね。 「社長の息子には失敗させぬ事業を…」など存在しない完全実力主義の会社です。 ビギナーズラックが使えるのは1度まで。 と吾朗監督が父の土俵でさらに勝負をかけたコクリコ坂から。 父不在の中育った吾朗監督にとって、 父とは父の作ったアニメ作品。 小さい頃から絵を描くのが好きで、アニメーターになりたい気持ちがありつつ、母親にも反対され、気持ちを隠していた宮崎吾朗監督。 父のように、いや、父を乗り越えた自分のアニメを確立することこそが、吾朗監督の映画作りへのものすごい動機なんだと思います。 考察4. youtube. ナウシカの荒廃した世界、アルプスの少女ハイジの牧歌的な家、と。 宮崎吾朗最大の武器って「痛み」だと思うんですよね。 時代の搾取からの痛み、父喪失の痛み、偉大な父を背負った痛み…。 ただ、コクリコ坂ではゲド戦記のときと比べて、 吾朗監督は父・駿をだいぶ客観的に捉えていると思います。 父喪失を生き抜くメルに息を吹き込んだ吾朗監督は、そのキャラクター作りに死力を尽くしたと言います。 吾朗監督は絵コンテ中歯を食いしばる癖があるそうで、奥歯を抜いてまで臨んだそう。 その甲斐あってか、終盤になると 若いころの駿監督に似ている。 とスタッフに言われるまでになったとか。 駿氏の怒号が飛んでも「当たってるからね」「作家で父の右の出る人はいないから」と一歩引いて尊敬と競争心を両立させる姿は、「全く顔を合せなかった」というゲド制作期間から進歩を感じます。 メルは吾朗監督に自信と共感を与え、父子関係にも変化をもたらしました。 そして引退宣言はどこへやら、長編アニメ「君たちはどう生きるか」に取り掛かっているという宮崎駿監督。 公開予定は2020年だそうですが、 ジブリ恒例の「2作品同時公開」に抜擢されたのはなんと吾朗監督の3DCG映画。 これ、今までは高畑勲監督の役目でしたよね。 高畑監督亡き今、吾朗監督が父の切磋琢磨役に昇り詰めてきたのか?!と伺わせます。 コクリコ坂から試写会後、 「脅かしてみろよ」との宮崎駿監督の息子への挑発的な発言に、吾朗監督は 死ぬなよ。 との印象的なやりとりを残しています。 考察5. 311と挿入歌「上を向いて歩こう」 コクリコ坂からで忘れてはいけないのが311との関連。 絵コンテが完成間近で、PC作業が本格始動するぞというそのとき311が起こったんです。 ジブリのある小金井市は計画停電対象区域。 これはジブリ創立以来の試練となり、「混乱を避けるためしばらく出社停止」と決断した会社に対して、憤慨したのが宮崎駿。 こんなときでも現場は動いていたという神話を作らなければいけないんです! と喝、まさにクリエイター魂ですね。 生産拠点はブレてはいけない、公開日を遅らせるなんてもってのほか、という金言なのかしごきなのか! これにてPC作業チームは、計画停電回避のため夜間出社に変更したジブリ。 挿入歌「上を向いて歩こう」は、そのまま映画のコピーとなりましたが、震災を経験した私たちには心震えるものがありました。 このとき日本のムードは絆や助け合い一色でしたが、吾朗監督はその中でも「助け合いって言うけれど、そもそも1人でいきていくってどういうこと?」と黙々とメルの究極の自立論を突き詰めます。 近親相関的になっても、毅然と恋心を貫いたメル。 311は吾朗監督にも孤高なクリエイター魂を宿らせます。 youtube. 2017年、鈴木敏夫さんが口を滑らせ爆弾発言をします。 「宮崎駿は今『君たちはどう生きるか』の絵コンテを描いてる」 えーーマジで!? 最近私は宮崎アニメをたどってレビューしていますが、宮崎駿監督が引退と78歳という老年を覆してまで「君たちはどう生きるか」を描かずにはおれなかった理由は、ちょこっとわかる気がします。 個人的解釈になりますが、そのことについて少し考察しましょう! 宮崎駿新作映画「君たちはどう生きるか」への伏線 風立ちぬを最後に長編アニメから引退した宮崎駿監督。 2017年「君たちはどう生きるか」が制作中であることが発表されます。 私は、2つの疑問がわきました。 なぜ、引退したのにまたやるの?• なぜ「君たちはどう生きるか」を選んだの? 「君たちはどう生きるか」、もちろん私も読んだことがありますよ。 今を遡ること約20年前…高校入学直前の春休み、入学予定の高校から1つ課題が出たんです。 「君たちはどう生きるか」を読み、感想文を提出せよ。 約20年前のあの頃も書店に平積みだったから、名著であることは間違いありません。 しかーし! 読書が苦手だった私には内容がチンプンカンプン…。 「理屈っぽいな~コペル。 あ~ページが進まん!」 と流し読みして適当な作文を提出したのを覚えています(恥 数年前漫画化され再ベストセラーになりましたが、「君たちはどう生きるか」は80年以上前に刊行された古い本。 あとがきも偉大なる政治学者の故・丸山眞男氏。 今回レビューを書くに当たってもう1度読みましたが、改めて良書であることを実感しました。 まず、コクリコ坂からは「現代日本への憤慨と諦め」というメッセージがあると先ほど言いました。 風立ちぬは 「俺は日本の子供をアニメ中毒にしてしまったが、それでもアニメーターとしてこれでよかったんだ」とちょっと強引な自己肯定にて締めくくっていると私個人的に考察しています。 君たちはどう生きるかは、人生哲学・社会学をテーマに、主人公コペルくんと叔父さんのやりとりが会話のように進みます。 宮崎駿監督は引退後の2014年、辺野古基金の共同代表となりついに政治活動を本格化させました。 代表就任会見では外国人記者相手に、原発再稼働、米軍基地移転、憲法改正などを例に「政界にはその程度の愚劣な人間しかいない」と安倍政権を痛烈に批判し、大量消費文明はそろそろ終わると明言します。 印象に残った外国人記者の質問をご紹介すると、 「風立ちぬは戦争を美化してると海外では批判もありました。 それについてどうお考えですか?」(イギリス) 「日本は戦争加害者であることを教科書では教えません。 今後アニメで日本の加害責任を描くことはありますか?」(中国) 実直ながらも鋭い意見だと思います。 宮崎駿監督はリベラルな民主主義で、反省すべきことは反省すべきであり、日本国憲法は「押しつけ憲法」と批判されるべきものではないとも考えます。 宮崎駿曰く、今の日本の憲法は国連発足の前身となる1928年不戦条約をもとにしたもので、世界大戦で300万人もの命が失われた日本人(宮崎駿の親世代)にとっては「光が差し込んできた」ものだったそう。 でも、私たちはそんなこと知りません。 のほほんと「GHQに押し付けられたんだ!」とし、中国や韓国とも軍事力だけで抑止力を作り好戦的な改憲をしようとしています。 宮崎駿監督は、 今を生きる人は、長い歴史の中を生きているんだということを忘れている。 と警告。 宮崎駿が毛虫を描くのは、100年、200年というスパンでなく何億年というスパンで物事を見るほうがより真実のエンタメではないかとの信念からなんです。 先日の国連気候サミットで 「How dare you! 」と熱弁した16歳のスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんのスピーチが話題となりました。 「How dare you! 」って相当口汚いスラングで、「あんたね!きさま!なんてこと!」と喧嘩シーンで頻出する言葉。 間違ってもオカタイ会議場のスピーチで使われる言葉ではありません。 今、日本の若い人の中には、グレタさんのように 「自然と寄り添う優しい民族」という人間らしい人間に戻ろうとする人が増えていると思います。 直接声を上げないにしても引きこもって「もうこれ以上の発展はいらない、疲れた」と感じている人も多いでしょう。 宮崎駿監督は「こんな社会に誰がした?」とコクリコ坂からに怒りを込めました。 風立ちぬでは、「子供たちアニメ中毒にした自分は許されるのでしょうか?許されます、許してください」と罪責感の解決を込めたと思います。 君たちはどう生きるかでは、消費文明、軍事力、忖度と沽券に惑う政治家たちと、それを見て育つ無関心の若者に対して、宮崎駿監督がついに世界に向けてメッセージを遺すと思われます。 そして私は君たちはどう生きるかはもう1つのエッセンスがあると思うんです。 本書の最後は 人間は誰しも過ちを犯す生き物であるが、自分の過ちを認めることほど難しいものはない。 それを成し遂げられる人こそ高度な人間である。 という人間が最も苦手とする 罪過の自覚にスポットが当たります(キリスト教の原罪に似てる)。 宮崎駿監督もまた映画産業の消費文明を加速させ、アニメーションで子供の生活スタイルを劣化させてしまった1人。 これ、言わないけど血がドクドク溢れそうなほどの痛みで宮崎駿監督は気づいているはずです。 「高度な人間になりたいなら、いい加減それは認めるべきでは?」という宮崎監督自身の自省と懺悔も次回作に盛り込まれそうなことです。 この挑戦もまた見どころではないでしょうか? 5. youtube. ということで次のような方におススメしましょう! メルに追体験してほしい!平成生まれの人 平成生まれの人にはオススメしたいです。 まず、コクリコ坂からは手軽に歴史(特に現代史)を知ることができます。 コクリコ坂からは、ツカミは青臭い恋愛映画なので観やすいですよ。 言われなければ昭和30年代とハッキリとはわからないモダンな群像劇です。 「こんな時代もあったのか」とぜひご覧下さい。 youtube. ハンパない天才の2世という重荷を背負った吾朗監督。 こればっかりは凡人の親(失敬!)を持ったことを感謝せずにはいられません。 とはいえ親を乗り越えるということは、どんな子供にも共通すること。 有名無名は関係なく全人類に共通する課題です。 吾朗監督は止められていたアニメーターの道を選びました。 「駿の息子」をどう生きるか?は吾朗監督にとって永遠のテーマでしょう。 「作家で父の右に出る人はいない」と認める中、父をどう扱い、どう乗り越えるか? コクリコ坂からではどの段階にいて、今後どうなっていくのか?が少し垣間見られます。 そのあたりにも着目しながら、来年公開のジブリ新作を観るのも楽しいでしょう。 実は新作の伏線として、「風立ちぬ」と同じくらい重要な位置を占めているこの映画。 親子によって作られた今作には、2世代の痛みと勝負心が投影されており、合作としては何かが引き裂かれているところがまた不思議な魅力なんです。

次の

コクリコ坂から

コクリコ 坂 から メル

メニュー• ジブリの名作映画「コクリコ坂から」を元町で体感する裏技 ご存じの人も多いと思いますが、この映画は高校生の純愛映画!?久し振りに観ても胸がキュンキュンします。 映画はリオでオリンピックが真っ盛りの今より、53年前の1963年(昭和38年)。 ちょうど東京オリンピックの前の年の横浜が舞台になっています。 深からぬ縁を感じつつ、遅ればせながら主人公のメルが感じた風や空気や想いを感じる、今更ながらの聖地巡礼「私もメルになれちゃう!?」ポイントを紹介します。 まず、最初はメルが買い物に来ていたというお肉屋さん。 元町にある「丸英商店」が初心者にはお薦め。 代官坂の登り口、十字路のその角にあるお肉屋さん。 オレンジ色の日よけが目印です。 創業は1951年 昭和26年!)と古く、半世紀以上も続いている老舗です。 このお店で俊君がコロッケを買うシーンがあります。 コロッケの即・食べ、お店の人に言えば気軽に紙の袋に入れて手渡してくれます。 その場でメルと俊君になりきって味わうことも可能です。 元町の商店街(ショッピングストリート)が近いので、元町ショッピングの途中で、小腹が空いたらコロッケでエネルギーチャージをするのは地元民かよほどの通のなせる裏技。 1個100円のコロッケの味は「懐かしい昭和」な味わい。 縦5センチ・横8センチ。 厚みが1. 5センチくらいで重さは50グラムほど。 衣が大きめで、中のジャガイモのほど良い甘みがひき肉とよく馴染んでます。 「あーっ、コロッケだはぁ」とホッとする感じです。 元町のショッピングストリートのベンチに座って食べても良いですが、ちょっと恥ずかしいなら、お店の前で俊君とメルの気持ちにひたってサクッと食べて欲しいですね。 映画とは関係ないですが、店頭で売られているメンチや焼売や焼き豚、肉団子も「肩肘を張らない」昭和な味わいが嬉しい品々。 元町の高級スーパーやその先の中華街の本場の味とはまた違う、お手軽価格な庶民な味はお薦めです。 小町通りのお店は40年以上も歴史のある、入れ替わりの激しいこの通りでも指折りの老舗。 休日ともなれば長蛇の列です。 でも、今回ご紹介するのは2010年に御成通り(鎌倉駅の西口・江ノ電の乗り場のある方)にオープンした店「コクリコ御成通り店」。 鎌倉駅の西口から徒歩3分ほどです。 小町通り店の方は観光通りということもあって、非常に混み合う事が多いため、「あえて小町を避けて御成通り店に〜」と、いう地元っぽい裏技を紹介します。 御成通り店は、今年の3月にテレビ朝日で放送された 『欽ちゃん&石ちゃんのいただきグルメ旅 古都・鎌倉をぶらり旅&ご当地鍋作り!』 で紹介されたお店でもあります。 ちょっと穴場的な扱いでしょうか。 前払い制でその際に「テイクアウトかイートイン」か聞かれますので、ここはできたら店内で。 向かって左側がキッチン。 今、写真を撮っているのはキッチン横の小さな階段を登った奥の席。 4人がけのテーブル席が2つあります。 原宿系の「フワフワ生クリームでムッチリ」のクレープとは違う、ある意味、正統派な端がパリッとした薄焼き。 きつね色に焼きあがったクレープは、木のお皿で来たであります。 ここでのお薦めは「レモンシュガー」。 目のまで焼いてくれた大きなクレープに粒の大きな砂糖を振りまき、そこへ生のレモンを絞るだけの究極のシンプルさ。 300円と言うお値段の安さもありますが、お店の人気ナンバーワンのようです。 具材は砂糖とレモンだけなので、折りたたまれたクレープは一見すると「何も挟まれてない」ように見えますが、食べようとすると生搾りレモンの香りが良いです。 香ばしい生地の香りと相まって食欲を刺激します。 よーく、見ると間から大きな粒の砂糖が覗いています。 でも、レモンが効いているのでアッサリ食べられます。 因みに、先ほどの番組では石塚さんが注文したのは「生クリームレモンシュガー 450円」でした。 つい、原宿などのクレープ屋さんでは「チョコバナナ生クリーム」などをオーダーしがちですが、ここは鎌倉。 子供とは違う、シンプルだけど味わい深いチョイスでいきませんか? 御成通りコクリコをさらに満喫する裏技的な限定メニューで夏を楽しむ コクリコはクレープで有名なお店ですが、ヒグチはクレープ以外のモノが食べたくて今回はやって来ました。 クレープ屋に来て敢えての外しメニューを選ぶ「季節の裏技」でしょうか。 そのメニューとは・・・ ジャーン!!かき氷。 それも先ほどのレモンシュガーのクレープ同様で「他の店ではあまり見かけない」感じの「ミックスベリーのかき氷」。 ラズベリー、クランベリー、ブルーベリー、ストロベリーがのってます。 食べた感想は、ラズベリー(フランボワーズ)の味が前に出ているため、かなり大人な味ですね。 断面の色合いの深さが味わいの深さです。 今、下北沢とか谷中とか南青山とかおしゃれな場所で、かき氷が色々と話題になってますが、年寄りにはちょっと無理。 だって、自分の顔ほどもあるあんな大きなかき氷は、体は冷えるはコメカミ痛くなるはで限界です。 このくらいのサイズが丁度良いです。 お値段も450円と手頃だし。 人の多い鶴ヶ岡八幡や小町や若宮を避けて、江ノ電で長谷や極楽寺あたりで遊んだ帰りに立ち寄るのにも便利なコクリコ御成通り店です。 「コクリコ御成通り店」 場所:鎌倉市御成通町10ー6 営業時間:10時半〜18時半 定休日:月曜日 まとめ 今回の記事のメインキーワードは「コクリコ」 「コクリコ」はフランス語で「ひなげし」の花のことです。 ひなげしは、薄い花びらを風に揺らす姿がかわいらしいポピーの仲間で、春から夏にかけて色とりどりの花を咲かせます。 映画の中でもよ〜く見るとコクリコ荘の庭にも赤いひなげしの花が揺れています。 「ひなげしの花」の花言葉は「いたわる」や「思いやり」 映画の中の印象的なシーンにメルが旗を揚げる場面があります。 あれはシグナルフラッグという物で旗の1つ1つに意味があり、メル が揚げていた「UW」の2文字を表す旗は「ご安航を祈る」という意味です。 それに対して俊が揚げたのはメルのUW旗に対する「ありがとうの返答旗」。 ひなげし(コクリコ)の花言葉「いたわり」や「思いやり」をこのシーンからも感じます。 旗の意味、花言葉・・・伏線の張り方が、裏が深いです。 なんて、心に染みる映画なんだろう。 「コクリコ」縛りの本日の記事、最後まで読んで下さって感謝です。 ここでコクリコの花言葉にのって「思いやり」情報を1つ。 コクリコ御成通り店、奥のテーブル席に登る階段。 段の高さがズレているのか、微妙に構造が複雑で、ちゃんと足元を見ながら行かないと4人に1人は変な感じにつまずきます。 ・・・ちょっとした思いやり情報でした。

次の