手足 口 病 大人 うつる。 手足口病 大人もうつる?水疱は潰すとダメ?治療は何科でいいの?

手足口病は大人もうつる!?妊婦がかかったらどうなるの?胎児への影響と予防法!

手足 口 病 大人 うつる

子供の手足口病は大人にうつるの? 手足口病といえば、 生後6ヶ月から4~5歳の子供がかかる代表的な夏風邪の一つです。 また感染するのも 9割以上が5歳以下の子供と言われています。 しかしここ数年、夏風邪だったはずの手足口病は 冬にも急増して流行ることもあるというのです。 子供を看病するお母さんにとっては、大人にも手足口病がうつるのかどうかとても心配になりますよね。 その心配の答えはずばり、 「大人にもうつる」です。 まさかと思いたいですが、手足口病は、コクサッキーウイルスの一種が原因でなるウィルス性の感染症なので、大人でもかかる病気なのです。 子供の病気だからと侮れませんね。 ただ手足口病に大人がうつる 確率は0. 6%ぐらいなのでさほど高くありません。 仮に、大人がかかった場合でも症状は軽いことが多く、熱や発疹もあまりでませんと以前は言われていたのですが、なんとここ数年で状況に変化があります。 近年、 大人が手足口病に感染した場合は、子供よりも症状が重症化するケースが増えています。 大人への感染経路 心配な大人への感染経路はというと、発症患者の多くが5歳以下の子供なので、お母さんやお父さんが子供の鼻水を拭いたり、ヨダレを拭いたり 育児をする場面が要注意です。 育児で子供に接触した際に付着したウイルスが体内に入って感染するケースがほとんどなのです。 ただあまり神経質のなる必要はありません。 通常ほとんどの大人はうつらないのです。 うつる確率は0. 6%ですからね。 体が 疲れていたり ストレスなどで 免疫力が落ちている時に、うつってしまうということを忘れないでください。 手足口病がうつった時の大人の症状は? 手足口病の原因は、コクサッキーウイルスの一種が原因となって発症してしまうウイルス性疾患です。 発症すると、鼻水や唾液からウイルスが約1か月間にわたり排出されるので、感染予防の意味でも手足口病にっかっている子供に触れた場合は、手洗いうがいを小まめにするようにしましょうね。 それでは大人がかかった場合、子供よりも重症化する可能性があると言われている手足口病がうつった時の大人の症状を紹介します。 ただ、 熱が出る人は全体の3分の1程度で、数日で治る人がほとんどです。 手と足にでる湿疹も、 手の平や足の裏の皮が子供に比べて分厚いので、 痛みは酷くなるようです。 その発疹をかいて潰してしまうと酷い場合は、 「とびひ」になってしまうこともあるので注意しましょう。 そして、症状の中で一番つらく恐ろしいのが、 口内炎と喉の痛みです。 口内炎が出来始めると一気に増えて、 全部で30個以上になる場合もあるようです。 口の中に1個口内炎が出来ただけで痛く、食事するのも歯を磨くのも大騒ぎだと言うのに30個だなんて、想像するのも恐ろしいですね。 手足口病の口内炎は 普通の口内炎より大きいし数も多すぎて、全くものを食べられる状態ではなく、 自分の唾液すら泣きながら飲み込むほどの痛みになる場合もあるとのことです。 毎年、ウイルスの種類が同じでないことも大きな大きな恐怖になります。 手足口病にうつらないための大人が実行すべき予防方法は? 手足口病に対して特別な治療法はありません。 発症を抑える薬やワクチンもないのです。 高熱や手足の痛みや口内炎など、 それぞれの症状は対症療法でしか和らげる方法がないのです。 だから、手足口病には絶対に感染しないように予防することが重要です。 手足口病の初期症状は風邪に似ていて、感染しても発症しないままウィルスを約1か月間にわたり排出するので、完全に予防するのは難しいのですが、 手洗いと うがいをしっかりする事が、高い確率で感染を防ぐ事ができます。 もしも万が一、子供が手足口病に感染した場合、親はしっかりと手洗いうがいをして、家族での タオルの併用や 同じ食器でご飯を食べるのは避けましょう。 子供が一度口に入れたものを食べたり、 スプーンなどを共用したりするのも避けた方がよいでしょう。 鼻水を拭いたり、ヨダレを拭いたり 育児をする場面が要注意です。 可愛くて思わず 子供に「チュー」、これも控えた方が良いですね。 また子供が排出した便にもウィルスが出ているので、 オムツの後処理は慎重にしっかりと行いましょう。 ただ何度も言いますが、手足口病は子供が多くかかる病気です。 必要以上に怖がる必要はありません。 大人が子供の手足口病に感染するのは、ストレスや普段の不規則な生活のせいで、体力や免疫力が低下しているのが原因です。 だから手足口病にかからないようにするには、 日頃からしっかり栄養をとり、健康には注意を配り規則正しい生活に心掛け、ストレスを溜めない生活を送ることが一番の予防法です。 まとめ 手足口病は大人にも感染しますが、体力や免疫力が普通にある大人にはほぼうつりません。 しかし、万が一移ってしまうと大人でも症状はきつく辛いので、うつらないように日頃からしっかり栄養をとり、健康には注意を配り規則正しい生活に心掛け、ストレスを溜めない生活を送りましょう。 こちらの記事も参考にしてください。

次の

手足口病は大人もうつる!症状が重いので感染予防は必須

手足 口 病 大人 うつる

この病気は子供はかかりやすいものの、ママやパパもうつったという話しを聞いたことがありませんでした。 しかし、実は手足口病は大人にもうつる病気だったのです。 では上の子は保育園や幼稚園に通っていてて手足口病の流行に乗ってしまったという場合、自宅で妊婦のママにうつる可能性もあるというわけなのです。 そうなると看病もしなければいけないものの、妊婦が手足口病になるとどうなってしまうのか、胎児への悪影響は起こらないのかなども心配になりますよね。 そこで今回は妊婦が手足口病になってしまったときの胎児への影響や手足口病への予防法などについてご紹介していきます。 手足口病とは?大人にもうつる? 手足口病はその名の通り、手や足、口の中に水ぶくれに似た発疹が現れます。 ウイスル性の感染症でコクサッキーウイスル、エンテロウイルスが原因となり発症してしまいます。 ウイルス性の感染症であるため、人から人にうつります。 感染経路としては、飛沫感染や経口感染、接触感染であるため、感染の拡大が早いです。 そのため幼稚園や保育園でプールがはじまると感染症となり流行しやすくなります。 手足口病の感染者は5歳以下が多く、乳児期によくかかります。 一度感染すると同じウイルスが原因で手足口病が発症するということはありません。 しかし、手足口病の原因となるウイルスが一種類ではないので、b熱のウイルスの影響により再度発症するということも有り得ます。 そのため大人は子供の頃に何度か手足口病にかかっていると、同じウイルスによる発症はしないため、発症することが少ないものの、大人になってからでも抗体を持っていなければ手足口病に発症することはあります。 発熱を伴うこともありますがあまり高熱にはならない傾向があります。 大人が感染した場合も、ほとんどの場合は子供と同じ症状がでることがほとんどです。 しかし重症化してしまう危険性もあります。 高熱が出てしまったり、水ぶくれのような発疹に強いかゆみを感じたり、痛みを感じることもあります。 通常は1週間ほどで発疹は自然に収まります。 しかし途中で発疹が潰れてしまうことで二次感染が起こる可能性もあります。 発疹はできるだけ潰さないようにしたほうが良いです。 子供よりも大人が感染すると重症化してしまう可能性があるのですね。 妊婦が手足口病になると胎児への影響は?! 妊娠中は免疫力が低下してしまいます。 免疫力が低下しているため、手足口病の上の子の看病をしていたりするとすぐにうつってしまうことがあるのです。 大人が手足口病に感染してしまうと重症化してしまうこともあるというこおで、胎児への影響も気になりますよね。 しかし、日本婦人科医会の情報によれば、手足口病により直接的に赤ちゃんに悪影響を与えてしまうということはないと言われています。 対処療法を行い、経過観察していくべきだと言われています。 ところが稀に手足口病が原因で流産、死産、胎児水腫などが起こるという場合もあります。 ごく稀にですが手足口病にかかったことで子供が生まれた時に重篤な疾患があるという場合もあるのです。 妊娠中に手足口病にかかった場合、過度に心配することはないものの、赤ちゃんへの影響が一切ないと言い切れるわけではないということです。 感染しないように注意すべきですし、もし感染してしまった場合は医療機関へ早めに受診し正しい対処が必要となります。 妊婦が手足口病になってしまった場合の対処法、治療法! 妊娠中に手足口病になってしまった場合、胎児への影響が出ないように早く治したいですね。 しかし、実は手足口病には特効薬はありません。 特別な治療法もないのです。 そのため、大人も子供も手足口病を発症しても対処療法を行いながら自然に症状が落ち着くのを待つということになります。 発疹によるかゆみを抑える薬、高熱を避けるための解熱剤、栄養や水分補給ができない場合は点滴をして補給するなどという対処療法により経過観察します。 すると発熱から10日ほどで症状が収まります。 自然に治るものといえばそうなります。 しかし妊婦さんで胎児もお腹にいるということで、手足口病の感染が疑われる場合、できるだけ早く通っている産婦人科に受診しましょう。 産婦人科に受診する前に他の妊婦さんや生まれたばかりの赤ちゃんへの感染を防ぐためにも、向かう前に電話で手足口病に感染したという旨を伝えてから受診しましょう。 妊婦は手足口病の徹底的な予防を! 妊婦は手足口病にかからないように予防することが大切です。 子供保育園や幼稚園に送り迎えする時に自分が感染してしまうということもあるので丸くの着用や手洗いうがいをしっかりと徹底しましょう。 また、上の子が手足口病になってしまい看病しなければ行けないという時は、マスクの着用、おむつを替える時は(使い捨てのビニール手袋を着用)密封した状態で捨て手を石鹸で洗いましょう。 手洗いうがいをこまめに行い、こまめな換気も大切です。 食器やタオルなども共有しないように注意してください。 また免疫力を低下させないためにバランスのよい食事を摂取し、規則正しい生活を贈りましょう。 疲れを溜めないようにすることがポイントです。 まとめ 子供がかかりやすい手足口病ですが、大人にも感染します。 妊婦さんも感染することがあります。 大人の場合時に重症化してしまうことがあるので、感染が疑われる時はかかりつけの産婦人科に受診しましょう。 受診前に手足口病の感染について伝えておくことも大切です。 上の子がかかったときの看病などもあるので、あまり心配しすぎるとストレスになってしまうので、心配しすぎなくてよいです。 ただしできる限り予防することと、うつってしまった時は速やかな受診で対処しましょう。

次の

手足口病 【医師監修】 原因・症状・予防法 大人にもうつる 何度もかかる可能性 【病院なび】

手足 口 病 大人 うつる

手足口病はうつるの? 手足口病は夏風邪の一種で、ウイルス性なので 大人でもうつる可能性があります。 大人が感染すると症状が重症化するため注意が必要です。 感染経路は? それでは、手足口病はどのような経路で感染してしまうのでしょうか? 飛沫感染 くしゃみや咳により病原体が飛散して他者の粘膜に付着すると感染します。 風邪やインフルエンザと同じ感染経路です。 予防はマスクである程度はできます。 接触感染 皮膚や粘膜などの物理的な接触により感染します。 感染者がウイルスがついた手で触ったものを他者が触り、その手で目などの粘膜に触れることで感染する間接的な接触でも感染します。 その為に完全に防ぐことができません。 糞口感染 感染者の排出物にウイルスが含まれています。 そのウイルスが他者の口に入ることで感染します。 トイレやおむつ交換の後に手洗いが不十分な状態で食べ物を扱うと感染します。 特に潜伏期間に感染しやすいので手洗いをするなどして予防する必要があります。 *手足口病の予報薬やワクチンが現在はない為、完全に予防することが不可能です。 手洗いやマスクの着用が唯一の予防法です。 スポンサードリンク 感染する可能性のある期間は? ウイルスに感染してから発症までの期間を潜伏期間と言います。 潜伏期間中は発疹が出るなどの手足口病の症状は現れません。 潜伏期間は個人差がありますが、 2~5日程です。 手足口病は症状が現れてから周囲に感染する可能性が高くなります。 手足口病のウイルスは唾液や排出物、発疹の中にあり、ウイルスがこれらの中から無くなるまで感染する可能性があります。 唾液・鼻水の中にウイルスがいる場合:発症から約 2週間• 発疹:かさぶたになって元通りに直るまで 約2週間• 排出物:発症から 約1ヶ月は、排出物にウイルスが存在します。 大人の手足口病の症状 子どもの手足口病の症状と同じで、手や足、口に水泡ができて、頭痛や筋肉痛、発熱や悪寒の症状が現れます。 大人の場合は症状が重くなることがあり、40度まで発熱したり、指の先にできた水泡の影響で爪が剥がれることがあります。 手や足にできる水泡は子どもの場合はかゆみや痛みはありませんが、大人はかゆみや痛みを感じます。 感染の疑いがある場合は早目に病院受診をしましょう。 感染率はどれくらい? 手足口病の感染者の約9割が5歳以下の子供で、大人に感染する確率は 約0. 6%となっております。 まとめ 手足口病は子どもが感染する確率が高いですが、子どもに接することが多い大人も感染する病気です。 手洗いを小まめにする習慣を身につけておく、マスクを持ち歩くなどでも予防をすることができます。 手足口病は子どもの病気と油断をしない事が予防の第一歩です。

次の