小銭 両替 恥ずかしい。 土日に小銭の硬貨を大量に両替の手数料は無料? 小銭を両替する方法!

貯まった小銭を銀行口座へ入金するのにおすすめの方法

小銭 両替 恥ずかしい

貯金箱の小銭を両替しに銀行へ行った 銀行に行って初めて知ったのですが、いつの間にやら 小銭の両替をしてもらうのは、手数料が必要になったのですね。 業者でもなく、子供の貯金箱に貯まったお金の両替でもです。 これにはびっくり。 貯金箱の小銭の両替手数料はいくらだったか? 銀行の窓口に出向き、貯金箱に入っていた小銭を両替してくださいと言うと、手数料がかかると言われました。 「ちなみにいくらかかるのですか?」と尋ねると432円とのこと。 手数料は小銭の枚数で違います。 貯金箱に入っていた小銭はたったの 257円ですから、「貯金箱の小銭の金額よりも両替手数料の方が上回ってしまいますね」と、銀行員さん笑っていました。 つまり、257枚もの硬貨の数ってことですね。。 銀行での小銭の両替手数料を無料にする方法 顔なじみの銀行員さんなので思わず「貯金箱の両替に手数料を取るなんてケチだなぁ・・」などと言ってしまった私。 そしたら銀行員さん、「 両替したお金を現金で持って行かずに、通帳にいったんそのまま入れれば手数料は無料ですよ」と教えてくれました。 なるほどね~・・さっさと教えてくださいよ。。 他にも銀行に用事があったついでに小銭の両替をしたので通帳は持っています。 そこで、両替してもらった小銭257円の入金伝票書き、そのまま出金の伝票も書きました。 257円なんて通帳に入れたままにしておけばいいものを、なんとなく銀行への反発なのか257円を引き出したへんてこな私です(笑) というわけで、無事に貯金箱に入っていた小銭の両替。 銀行で手数料無料でしていただけたのでした。 子供の貯金箱に1円玉しか入ってなかった理由 当時、子供は貯金箱に1円玉だけを貯めていたわけではなかったのです。 貯金の楽しさを味わってもらおうと私が用意したペットボトルの貯金箱。 今、このペットボトル貯金箱を見ると、私だけがひとり楽しんでいたのが分かりますが・・ 笑 私も協力して、10円や50円100円玉と入れていたのですが、いつの間にか息子がペットボトルにカッターで四角く穴を開け、そこから1円玉以外を抜いていたというわけです。。 ちなみにこのペットボトル貯金箱は1. 8Lのペットボトルです。 貯金箱を作ったお母さん(私ですが)欲張り過ぎ。 一番小さなペットボトルで貯金箱を作ってたら彼の人生も変わったかも? 笑 小銭を両替してもらう手数料は銀行によって違う 貯金箱に貯めた小銭を銀行で大きなお金に両替してもらうには手数料がかかりますが、銀行によってその手数料は違います。 私が口座を開設している最寄の信用金庫では、50枚までの硬貨であれば手数料が無料。 51枚~200枚までだと216円。 201枚~400枚までが432円。 つまい硬貨の枚数によって手数料は上がっていきます。 近くにある地方銀行の方も調べてみましたが、ほぼ両替手数料は同じ設定でした。 これでも高いなと思ったのですが、大手のみずほ銀行や三菱UFJ銀行を調べると、さらに両替手数料が高いことがわかりました。 みずほ銀行(2018年8月現時点での場合) 1枚~30枚まで手数料無料(みずほ銀行に口座をお持ちのお客さま。 それ以外のお客様324円) 31枚~100枚まで324円 101枚から500枚まで432円 501枚以上864円(以降、500枚ごとに432円) 三菱UFJ銀行(2018年8月現時点での場合) 1枚~10枚までが両替手数料無料(三菱UFJ銀行に口座をお持ちのお客さま。 それ以外のお客さま540円) 11枚~500枚まで540円 501枚以上500枚ごとに540円を加算 いずれも窓口での両替手数料になります。 両替機だともっと安いようですが、硬貨の種類の制限や枚数制限、法人・個人事業主のみなど、多くの制限があるので、個人で使うのは難しそうな印象です。 いずれの銀行も両替手数料が近年に値上がりしたようですね。 郵便局で小銭を両替してもらう手数料 では郵便局ではどうなのでしょう。 ゆうちょ銀行をひんぱんに使う私としてはこちらも気になります。 近くにある郵便局に電話して尋ねてみました。 私 「貯金箱に入れて貯めた小銭はゆうちょ銀行で両替してもらえますか?」 ゆうちょ職員 「申し訳ありませんが、両替はできません。 」 私 「そうですか。 では貯金箱の小銭と通帳を窓口に持っていったら入金はしてもらえますか?こちらの方でいくらになるか数えなくても大丈夫ですか?」 郵便局職員 「はい入金ならできます。 ただ、貯金箱から出して来てさえしてくだされば(笑)」 といった返事でした。 ゆうちょ銀行では両替業務自体をやっていないのですね。 ですが、 ゆうちょ銀行で開設している口座への入金はしてくれるのです。 さらに、ゆうちょ銀行のATMが便利です。 ゆうちょ銀行にある硬貨の利用できるATMに小銭を入れると、大量の小銭をいっきに入金してくれます。 ただし、ゆうちょ銀行のATMでの硬貨取り扱いは 一度に100枚までが限度。 それ以上になると何回かに分けて入れることになります。 そうなると、わが家の 貯金箱のように、硬貨の数が多い場合はやはり窓口で通帳への入金となります。 まとめ わりと融通の利く信用金庫でも、両替手数料が取られるのかとびっくりしたのですが、みずほ銀行や三菱UFJ銀行の両替手数料を知ったら、今や当たり前なのだと納得しました。 いずれかの銀行やゆうちょ銀行を利用するにしても、 貯金箱の小銭は、口座開設している銀行に持って行って、窓口で通帳に入金するのが最も賢明ですね。 そうすれば、ほとんどの銀行では手数料が無料になるかと思われます。 とはいえ、1円玉や五円玉を大量に窓口に持ち込むのはちょっと恥ずかしい気もします。 となれば、100円玉貯金や500円玉貯金にして、ある程度貯金箱に貯まったところで、ゆうちょ銀行のATMを使うのがもっとも簡単で、人目も気にせず使いやすいかな、といった感じですね。 まあその点、わが家のように田舎の信用金庫などであれば顔なじみの職員さんなので「子供の貯金箱から持ってきたんですよ!」とでも言っておけば、1円玉ばかり大量にジャラジャラでも全然大丈夫ですけどね。 そういえば先ほど思い出したのですが、うちの息子が2、3年前、おばあちゃんが貯めた貯金箱の小銭をもらって、さっさとゆうちょ銀行のATMに行って通帳に入れ、お金のない彼はすぐにATMで引き出して使ったという話を思い出しました。 彼いわく「小銭がいっぱいで恥ずかしかった~」だそうです。 贅沢ですね。。 そのペットボトル貯金箱で貯められなかった彼は、二十歳を過ぎた今もお金を貯められないようです 笑 - name ぽゆら 50代からを楽しく豊かに暮らす情報をのんびり収集中。 子供はすでに手を離れて気楽になったけど、ちょっぴり淋しいかな、夫との二人生活。 40代は夫と別居したくて迷走してたけど、今はどーでもよくなった(笑)。 40代で持ち家ローン完済済み。 実家の近くにマンション買おうかともくろんでるけど、通帳の残高が減るのが嫌で躊躇中。。 老後はグレイヘアの素敵なマダム目指して健康美を追及してみたり。 損することが嫌いで、貯金大好き。 方向音痴なので主要都市の駅周辺の素敵なホテルでひとりまったりするのが趣味。 よろしくです。 カテゴリー•

次の

小銭貯金の両替・入金は郵便局(ゆうちょ)の窓口でやってもらえる

小銭 両替 恥ずかしい

小銭からお札への最良の両替方法 銀行や信用金庫、郵便局など金融機関ならどこでも大丈夫ですが、まず 大前提として、その金融機関の口座が必要です。 口座を持っている前提で、両替の流れをご説明していきます。 一般的な両替方法• 銀行に小銭を持参• 手数料を支払って、両替完了 普通はこのような感じで両替しますが、手数料がもったいないですよね。 また、 事前に金額を数えて行かないといけない場合が大半なので、小銭の枚数が多くなると面倒です。 次に、私のやっている 手数料が無料の両替方法です。 小銭を事前に数えなくて良い場合が大半 なので、ぜひやってみてください! 手数料無料の両替方法• 大量の小銭を金融機関に持参。 その時は口座の通帳・カードを忘れずに。 所定の「入金 預入れ 用紙」に記入して、「入金お願いします」で窓口へ行く。 「入金」であれば、事前に 「何円分あるのか」を数えなくて良い場合が大半。 窓口の人に小銭を渡せば、機械で数えてくれる。 OK!と言えば、自分の口座に入金されて、通帳に記入される。 ATMで自分の口座からお札を引き出す。 大量の小銭が自宅にある人や、ご商売で小銭が増えてしまった人は、ぜひこの方法をおすすめします。 ATMに小銭を入金しても良いのか? 窓口で入金するのも良いのですが、「 カードでATMに預入れすれば良いのでは?」という疑問もあると思います。 でも、ATMの硬貨投入口には 1回で最大100枚くらいしか入金できません。 100枚を何度か繰り返しても良いかもしれませんが、時間もかかるし、窓口に行ったほうが断然早いです。 ATMに小銭を預入れすると、機械の中で「チャリーンチャリーン」と数えている音が聞こえてきますが、 100枚のカウントが終わるまでに約1~2分くらいかかるんです。 100枚を超えた分は返却されるので、また同じことを繰り返します。 ATMに列が出来ている状態だとプレッシャーもかかりますし、時間ももったいない。 100枚以上の硬貨を両替したい場合は 素直に窓口に急ぎましょう。 ここまでは口座を持っている銀行などでの両替 入金 をご紹介しましたが、最寄りの 銀行や郵便局で口座を持っていない場合についてもご紹介していきます。 スポンサードリンク 口座を持ってない金融機関での両替 基本的に郵便局 ゆうちょ銀行 では、硬貨から紙幣などの両替だけのサービスはやっていません 外貨両替は除く。 銀行では両替してくれますが、窓口に両替をお願いすると原則として 手数料がかかります。 金融機関によって手数料はバラバラですが、1,000枚の小銭をお札に両替した場合、手数料は約600~700円ほど。 ハッキリ言って、高いですよね。 しかも両替の場合は、事前に大量の小銭が 「全部で何円分あるのか」を数えてから持っていかないといけません。 でも、口座を持ってない金融機関で早く両替を済ませたい方には、手数料はかかりますがコレが最善の方法です。 スポンサードリンク 両替機で硬貨から紙幣への両替は出来ないの? 残念ながら、出来ません。 三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行に問い合わせしましたが、全部ダメ。 「窓口で両替をお願いします」と言われてしまいました。 前述の通り、 郵便局には両替機もないので、当然ダメです。 小売店などのお店をやっている方は頻繁に利用すると思いますが、毎回両替手数料を支払っていると、積もり積もって結構大きな金額になります。 そんなときは、一番最初にご紹介した「 窓口で金種を指定して預金・貯金を引き出す」方法だと、手数料がかかりません。 両替目的でお金を引き出すときには必ず 金種の指定をしましょう。 500円硬貨 50枚 25,000円• 100円硬貨 50枚 5,000円 こんな感じです。 こちらも念のため銀行や信用金庫、郵便局に 直接電話して確認しましたが、 「自分の口座からの引き出しであれば、金種指定しても手数料はかかりません」との回答が多かったです。 汚れた紙幣の新札への両替や、紙幣から硬貨への両替は、お年玉や結婚式、お祝いなどで機会が多いと思いますが、大量の硬貨を紙幣に両替するケースは少ないですよね。 でも、いざという時はきっと役に立つと思いますので、「 自分の口座に一旦預けてから引き出す」方法を選びましょう! スポンサードリンク.

次の

小銭がたくさんあります

小銭 両替 恥ずかしい

窓口で小銭を入金 銀行の窓口に小銭を持っていく時、銀行によっては入金する小銭をあらかじめ数えておく必要があります。 小銭を数えていくべきかは銀行の窓口に行く前に確認した方がいいでしょう。 小銭の確認方法• 自分で小銭の金額を数えておく必要がある銀行• 銀行の現金処理機で数えて教えてくれる銀行• 金額を数えなくても入金してくれる銀行 銀行の窓口に小銭を入金する流れ 小銭を入金する際、入金伝票を書きます。 名前や入金する小銭の金額を記入して提出しますので「小銭がいくらあるのか」事前に数えておく必要があります。 銀行によっては、入金する小銭を事前に数えていかなくても銀行の現金処理機で数えた金額を教えてくれるところもあります。 銀行によってはトラブルを避けるために、自分で数えた金額を書くよう言われることが多いようです。 また、銀行が数えた金額に意義を申し立てないという書類にサインする銀行もあるようです。 小銭の入金の流れ• 入金伝票を書く 入金伝票に名前や入金する小銭の金額を書きます。 入金する小銭を銀行の現金処理機で数えてくれる銀行の場合は、金額欄は未記入でOKです。 入金伝票と小銭と通帳を窓口に提出する 小銭を入金する通帳を持っていくとその金額がいくらあったか確認できるので大量の小銭を入金する際は通帳を必ず持参しましょう。 入金が記載された通帳を返してもらったら完了 銀行別小銭の金額の確認方法 ゆうちょ銀行の場合 ゆうちょ銀行は、入金する小銭を自分で数えていかなくても大丈夫です。 入金伝票の金額は未記入のままでOK。 小銭と一緒にカードまたは通帳を窓口に出すと機械で小銭を数えて枚数を教えてくれます。 これは楽ですね。 みずほ銀行の場合 みずほ銀行は、事前に入金する小銭を数えていかなくても大丈夫です。 但し、支店によって事前に入金する小銭を確認した方がいいところがあるようですので、銀行の窓口で確認してください。 りそな銀行の場合 りそな銀行は支店によって違うようです。 「事前に自分で小銭を数える」「総額を教えれば良い」「種類別に数える支店」。 小銭を入金する支店に事前に問い合わせましょう。 三菱UFJ銀行・三井住友銀行の場合 三菱UFJ銀行、三井住友銀行は事前に金額を数えていく必要があります。 数え方は、「1円玉が50枚、10円玉が100枚、50円玉が20枚…」という貨幣の数ではなく、「合計50万です」というように金額が分かればOKです。 小銭の数え方 事前に小銭を数えるといっても、大量の小銭を数えるのは結構大変ですよね。 大量の小銭を数えるのに便利なのは「コインカウンター」です。 100均でも販売されいますので試してみてください。 ゆうちょ銀行の「あるだけ入金」 ゆうちょ銀行のサービスで「あるだけ入金」という両替サービスがあります。 小銭の入金は小銭を貯金することを目的としていますが、「あるだけ入金」は、両替を目的としています。 「あるだけ入金」の流れ• 入金伝票を書く 入金票に名前を書く。 金額は書かなくても大丈夫。 「あるだけ入金をお願いします!」 小銭と通帳と入金票を窓口に出し、「あるだけ入金をお願いします!」と言います。 現金処理機で計算 入金する小銭を数えてくれるのを待ち、金額を確認します。 入金 窓口で入金した小銭が自分の口座に入金されます。 通常、両替というと、窓口で小銭を紙幣に交換しますが、ゆうちょ銀行では一旦口座に入れることで、紙幣や貨幣に両替するのと同じことになります。 銀行では両替をすると手数がかかりますが、ゆうちょの場合、両替と言っても、お金は口座に入っていますので、そのまま引き出さずにいれば小銭の入金と変わりませんね。 ATMで小銭を入金 銀行の窓口での対面が苦手な方や、待つのがイヤな方などは、小銭を入金できるATMの利用をおすすめします。 銀行内のATMで小銭を入金する 小銭を入金できるのは、銀行内にあるATMだけです。 コンビニやデーパートや病院などにある銀行外のATMでは小銭の入金ができません。 ATMで小銭を入金できる銀行• メガバンク:三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行• 都市銀行:りそな銀行• ゆうちょ銀行 小銭が入金できる銀行でも小銭の入金ができるATMは限られていますので、銀行に問い合わせましょう。 確実に小銭を入金したい場合は、それぞれ銀行内にあるATMをご使用することをおすすめします。 小銭の入金枚数に制限がある ATMで小銭が入金できる銀行でも、一度に投入できる小銭の枚数は決まっています。 ATMの投入口にどばっと小銭を入れて後は勝手にATMが数えてくれる…それが理想でしたが、入れるだけならいいのですが、いっきに全額投入することはできません。 銀行別小銭の入金可能枚数• 三菱東京UFJ銀行:100枚• 三井住友銀行:50枚• みずほ銀行 :100枚• りそな銀行 :100枚• ゆうちょ銀行:100枚 三井住友銀行の50枚以外は100枚入金できるようですね。 ATMに大量の小銭を投入した場合、ATMがお金を数えるのに時間がかかりますので、気がついたら後に行列が…後の人のイライラ視線が辛くなりますので混雑時はさけた方が良いと思います。 またATMに小銭が詰まってそのATMが使えなくなり、後ろに並んでいた人にひらすら頭を下げた経験をした方は少なくないようです。 ATMで入金する時の注意点 錆や酷い汚れがないかをチェックしましょう。 錆びているものや汚れの酷いものは、ATMがエラーをおこしたり詰まらせる可能性があります。 また、貨幣では無い物(コインなど)や異物は必ず取除いてください。 ATMに行く前に小銭をざっと広げて確認して、汚れを拭きとってください。 大量の小銭の入金は手数料がかかる? 銀行によっては、小銭が100枚以上になると、硬貨精査手数料、硬貨入金手数料、大量効果入金手数料などの名目で手数料がかかってしまう場合があるので小銭を持参する前に問い合わせてみましょう。 また、口座への入金手数料がかからない銀行でも、両替のみの場合、手数料がかかる銀行もあります。 三菱東京UFJ銀行 8:45~18:00 三井住友銀行 8:45〜18:00(平日のみ) みずほ銀行 8:45〜18:00)平日のみ) りそな銀行 8:45〜19:00(平日のみ) ゆうちょ銀行 8:45~21:00(平日) 9:00~17:00(土日祝) 土日、祝日の小銭が入金ができない理由は、小銭の過剰な入金などでATMに不具合が起きても休日には対処できないからです。 ATMへの小銭の入金は平日の営業時間内に入金しましょう。 まとめ 小銭の入金の方法や手順をはいかがでしたでしょうか?小銭が大量にある場合、金額を数えるのはとても面倒ですし、1円でも間違えると数えなおししなければならない銀行もあります。 そう考えると、事前に小銭を数える必要がないゆうちょ銀行の窓口が一番楽かもしれませんね。 ATMで入金する場合、小銭を入れる枚数は投入口の大きさにかかってくるようです。 小さい投入口の場合は、少しずつ分けて入金しなければなりませんし、たくさん入れたら詰まって動かなくなることもあるようです。 昼休みを避け、ATMの台数が多い銀行で入金することをおすすめします。 もし、ATMで辛抱強くちまちま小銭を入金するのがイヤな方は窓口にいきましょう。

次の