ちびまる子ちゃん 関口くん。 はまじ&ブー太郎&関口くん|ちびまる登場人物

関口しんじ (せきぐちしんじ)とは【ピクシブ百科事典】

ちびまる子ちゃん 関口くん

ここがポイント!• 消えたキャラ、えびすくんとは 噂となっている消えたキャラは、その名もなんと「 えびすくん」。 なんとも幸運そうな名前の持ち主だ。 しかしこんな噂をされるのだから名前負けとは良く言ったものである。 とは言え、もしかしたら彼のことを覚えている視聴者も多いかもしれない。 Sponsored Link 性格こそちびまる子ちゃんでは珍しく普通のキャラだったが、名前のインパクトはもちろんルックスも意外とイケメンでそれなりに人気が高かった。 1990年代前半のちびまる子ちゃんに良く登場していて、出番は少ないものの 準レギュラー扱いされていたほどである。 またどちらが学級委員長になるかで丸尾君と争ったことがあるなど、脇役でありながらスポットを浴びたエピソードも持っている。 そんな彼だが、不思議と2000年を前後にして 登場回数が徐々に減っていった…そして、最近のちびまる子ちゃんではその存在すら消えたキャラとして噂されている。 ちびまる子ちゃんの中でも人気は高い方だったのに、なぜ「 消えたキャラ」として扱われてしまったのだろうか? えびすくんが犯罪者に!? 彼が登場しなくなった理由について、ある都市伝説では「 犯罪者になったから」と伝えられている。 とは言っても、実際に彼がちびまる子ちゃんの中で犯罪をしたわけではない。 彼の「 モデルになった人物」が現実世界で罪を犯してしまったのだ。 そして警察に捕まり、 今は刑務所にいるとも言われている。 そんなモデルの経歴に対し、何も考えずに登場させ続けるわけにはいかない。 クレームだって来るだろうし、国民的アニメちびまる子ちゃんの名前に傷がついてしまう。 Sponsored Link しかし、人気も高いキャラだったので急にいなくなっても不自然さが残るだろう。 ちびまる子ちゃんスタッフが悩んだ結果、 徐々にフェードアウトさせるという方法を取ったそうだ。 だが結局は、消えたキャラとして都市伝説などで噂される状況を作ってしまった… 消えたキャラはもう一人いた? 実はちびまる子ちゃんにはえびすくんの他に、もう一人消えたキャラが存在していた。 それは「 なべちゃん」というアダ名で呼ばれていた「 渡辺くん」だ。 彼が消えた理由も都市伝説などで語られている。 「渡辺くんのモデルになった人が 罪を犯して捕まってしまったから」 おおむねこういったものである。 …おや。 どこかで聞いたような話だ。 などとトボケるつもりはない。 そう、えびすくんのエピソードと 全く一緒なのだ。 偶然にも、ちびまる子ちゃんから「2人」も犯罪者が出たと考えるべきだろうか? いや、筆者はむしろ「 犯人説」という話題性の高いキーワードに2人を当てはめただけと考える。 本当は別の原因で消えたキャラだったのに、インパクトの強い「犯人説」を押し付けられただけなのではないか。 つまりこの推理が正しければ、えびすくんや渡辺くんはむしろ被害者と言える。 では 本当の原因は何なのか。 それは きっと誰にもわからない… 以前にも少し説明したが、アニメちびまる子ちゃんでは2000年を前後にして大幅な キャラクター整理が行われた。 おそらくは彼らもその最中に消えたキャラだったのだろうが…やはり真実は「誰にもわからない」のだ。 特に視聴者からの人気も高かったえびすくんに至っては、謎が深まるばかりである。

次の

クラスメイトが何十人も抹消 「ちびまる子ちゃん」の知られざる秘密

ちびまる子ちゃん 関口くん

概要 「」の主人公・が通う入江小学校の3年4組。 担任は(戸川秀幸)。 いい意味でも悪い意味でも団結力がある。 クラスメイト内では対立が起こることがあるが近年は少なくなっている。 ら作中では問題を起こす児童が在籍している。 初期の頃はいじめや体罰の描写があったが近年は問題化しているためそのシーンはない。 作中で劇をやるときはハプニングが起きることが多い。 詳細 名前 主役 ハプニング 結果 こぶとりじいさん まる子がこぶを付け忘れる。 不明 巌流島の戦い まる子、藤木 藤木が怖くなって逃げる。 成功 シンデレラ 前田さん ガラスの靴が前田さんのせいで壊れる。 不明 浦島太郎 花輪君 まる子とたまちゃんがセリフを忘れる。 不明 成功の基準は途中でハプニングが起こった場合でも結果的に成功したものとする。 クラスメイト 男子• (浜崎のりたか)• (富田太郎)• (丸尾末男)• (関口しんじ)• (花輪和彦)• (永沢君男)• (藤木茂)• (山根強)• (小杉太)• (山田笑太)• (大野けんいち)• (杉山さとし)• (長山治)• () 脇役• (えびす君)• (西村たかし)• (杉浦とくぞう)• (平岡秀章)• (中島)• (三沢)• (上田)• (若林)• (渡辺)• (内藤)• (青木としお)• (小川)• (坂田)• (荒井) 女子• (穂波たまえ)• (みぎわ花子)• (土橋とし子)• (城ヶ崎姫子)• (笹山かず子)• (野口笑子)• (前田ひろみ)• (冬田美鈴)• (山田かよ子) 脇役• (上杉まり)• (内田恵子)• (伊藤由美子)• (小長谷 まさえ)• (横田頼枝) 関連イラスト.

次の

ちびまる子ちゃんの登場人物

ちびまる子ちゃん 関口くん

Noritaka Hamazaki はまじ• 浜崎のりたか。 クラスの男子。 弟がいる。 あだなは「はまじ」。 お調子者でみんなを笑わす。 まる子と噂(うわさ)になったことがある。 これはまる子からもらった「南の島」のお土産のバッジに 「I LOVE YOU」と書かれていたから。 好きなタレントは加藤茶。 将来お笑いタレントになりたいと思っている。 おじいちゃんの名前は辰五郎。 誕生日は7月28日。 (授業中) 戸川先生「立春の一日前、今日は何の日でしょう?」 ハマジ「はい。 立春の一日前の日です。 」 (大野、杉山、花輪のように女子から"かっこいい"と言われたいB級男子トリオ。 まる子 からアイドルみたいにすればとアドバイスされ 翌日 3人は教室で鉢巻をしめウインクをしたりとアイドルっぽくしたつもりだったが、軽くあしらわれた。 ) ハマジ 「どーなってんだよ さくら! 」 関口「全然かっこいいって言われないじゃないかー! 」 ブー太郎「話が違うブー! 」 まる子「・・ど どうしてかねぇハハ・・」 ハマジ「俺達は真剣なんだぞ! 」 まる子「あ、そうだ 汗が光る男ってのはどう?スポーツマンって感じでさ ー 」 ハマジ「 汗が・・ 」 関口「 光る・・ 」 ブー太郎「 男ブー・・ 」 (キラキラと汗が光る男をイメージする3人) ハマジ 「良いかもしれねーなぁ」 関口「アイドルより良さそうだな」 ブー太郎「やってみるブー」 (走り幅跳びで大野、杉山、花輪が飛ぶ。 それを見ていた、 クラスの 女子3人。 ) 冬 田 「やっぱりステキ〜 」 みぎわ「花輪君サイコ〜」 かよ子「はぁ〜・・」 (B級男子トリオの3人もかっこよく飛ぶが) ハマジ 「 ハーッ! 」 関口「 それー! 」 ブー太郎「 ブー! 」 ( 誰も見てはいなかった。 ) ハマジ 「なんだよ 誰も見て無いじゃん」 関口「汗もっとかいた方がいいんじゃないか? 」 ハマジ「よし その辺走ってこようぜ」 ブー太郎「歯も、もっと見せるブー」 (歯を見せながら適当に走りまくり、汗びっしょりになって疲れているところに、 クラスの女子3人。 ) 女子達 「 ねぇねぇ 」 3人 「!? 」 ハマジ(M)「 まさかっ!? 」 関口(M)「 これはっ!? 」 ブー太郎(M) 「 "かっこいいわねー"だってブー! 」 3人「に〜」(にやける) (しかし、女子3人から"冷静"に言われる、B級男子トリオ) 内田 「〜(省略)〜」 マキ「〜(省略)〜」 小長谷「〜(省略)〜」 3人 「・・ ・・・・。 」 (教室で) ハマジ「どーなってんだよ さくら! 」 ブー太郎「ちっとも上手くいかないブー」 どうしても上手くいかない3人だったが結局はまる子に 「そのままでいいよ あんた達だっていいとこあるんだから」と言われ 3人も 「・・俺達は俺達だよな」と納得して普段通りに戻った。 柏倉つとむの他の役:お姉ちゃんのクラスの小山くん、えびすくん 武者小路琢磨(とんでぶーりん)、ビシュヌティキ(スーパービックリマン) 浅羽くん(きんぎょ注意報!) 、吉田郁也(こっちむいて!みい子) Shinji Sekiguchi 関口くん• 関口しんじ。 クラスの男子。 第一期の最初の方からすでに登場している。 まる子に自転車の乗り方を教えた。 意地悪する事もあるが本当は悪い奴ではない。 関口君のお母さんはメガネをかけているが登場回数は少ない。 本名は2004年になって明かされた。 2006年1月放送「クラスの人気者になりたい」の巻は珍しく関口君がメインの話だった。 2009年2月放送「仲直りさせるのは大変だぞ」の巻では、お母さんが「しんじー、ご飯だよー」と 名前で呼ぶシーンがあった。 アニメで関口君の名前が出てきたのは放送20年目にして初めてだった。 ちなみに"B級男子トリオ"とは、「はまじ・関口・ブー太郎」を指す。 91年に発売したCD「 」にはB級男子トリオの歌が収録されている。 (自転車の練習をするまる子だが、何回やっても転ぶし上手く乗れないまる子は完全に諦めたと言い出す。 ) 関 口「やめちまえやめちまえ!やめちまえってんだー!」 まる子「・・?」 関 口「お前みたいな根性の無い奴、自転車に乗る資格なんかないぞー!」 俺なんかな、父ちゃんにビシバシしごかれて、お前なんかよりずーっといっぱい転んでも 泣かなかったんだぞー!自転車はな、半端な気持ちで練習したってダメなんだ! 絶対乗りたいって頑張らなきゃダメなんだ!分かったか!」 まる子「・・わかったっ」 ナレーション「単純な娘である」 (関口君、たまちゃん、ゆみ子ちゃん、花輪君が見守る中、自転車の練習を再開。 ) 関 口「そうそう!その調子!」 (いつの間にか転ばないでスラスラ乗れるようになっていった。 ) まる子「わたし、乗れた?・・」 たまえ「うん!凄いよー!」 ゆみ子「上手よー」 関 口「上手いじゃないかー」 (翌日学校で) たまえ「ねぇねぇ、関口君て昨日なんか凄い真剣で見直しちゃったね」 ゆみ子「ほんとっ!」 まる子「意外だったなぁ・・自転車のコーチまでしてくれるなんて」 <こぼればなし> 関口君の名前は、2004年「momoko's Character Book」(さくらプロダクション発行)で初めて明かされました。 しかし1991年のエピソードの中で、教室の後ろに貼ってある習字に「関口さとし」と薄っすら書いてあるのを 私管理人は見つけてました(2002年時)。 名前が見えるのはたった一瞬だけ。 本名に間違いないので2002年から2004年まではこのサイト上では「さとし」と記述。 その為、他の情報サイトにも広まりほとんど「さとし」と書かれていた。 笑 しかし「momoko's Character Book」に載った事で、現在の正確な名前は「しんじ」です。 津久井教生の他の役:山根君の父、川田さん 坂口まこと(あずきちゃん)、NHK教育「ニャンちゅう」 Copyright(C)2002-2018 CHIBI MARU JOHO-KYOKU (C)さくらももこ/集英社/フジテレビ/日本アニメーション.

次の