なんj高校野球。 横浜DeNA、高校野球くじやってた : なんJ(まとめては)いかんのか?

横浜DeNA、高校野球くじやってた : なんJ(まとめては)いかんのか?

なんj高校野球

ヤクルト山田哲人内野手(25)が19日、都内の球団事務所で契約更改交渉を行い、20%減(7000万円)の2億8000万円でサインした。 今季は143試合でフルイニング出場をするも、レギュラーに定着した14年以降、打率2割4分7厘、130安打、24本塁打とここ4年で最低の数字となった。 「今年の成績というのは年俸にあった数字じゃない。 歴史的大敗もしましたし大減俸は当たり前と納得してはんこを押しました」とした。 今季を振り返り「今年はあまり感情がなかった。 今年に関しては緊張せずに、ただ単に野球をしてた」とモチベーションの低下があったとする。 来季に向けては「3回目のトリプルスリーを達成したいですし、早く来年になってほしいという気持ちが強い。 早くやりたい。 なぜか分からないけど、やる気に満ちあふれています」と巻き返しを誓った。 (金額は推定).

次の

なんJ野球速報

なんj高校野球

鹿児島城西の佐々木監督が、うれしい初甲子園に笑みを浮かべた。 グラウンドでは校長に続き佐々木監督が胴上げされた。 生徒から、お守りのクマのぬいぐるみが贈られ、OBからはグラウンドをかたどった大きな手作りケーキも贈られた。 就任して3年目。 佐々木監督は「選手たちに厳しいテーマを与えた。 自分で考えてよく頑張ってくれた。 チームが1つになれたからと思う。 勝ちたい、悔しい思いをしたくないという強い気持ちがあった。 甲子園出場は自分が思ってたより2年くらい早い」。 丸刈りをやめ、練習中に音楽をかけるなど改革も行った。 「たくさん苦しい思いをして、結果、野球が嫌いになる子が多いけど、もっと野球をやりたい、好きって思ってもらうことが大切。 好きで終われる環境つくりが大事」とセンバツ出場という成果が出たことを喜んだ。 Foorinの楽曲「パプリカ」が、3月19日に開幕する「第92回選抜高等学校野球大会」の入場行進曲に決定した。 米津玄師が作詞作曲を手がけた「パプリカ」は「<NHK>2020応援ソング プロジェクト」の楽曲として発表され、「2020年とその先の未来に向かって頑張っている全ての人を応援する」という主旨のもと、 東京2020オリンピック・パラリンピック大会に向けた「東京2020参画プログラム」の公認プログラムとしても認証を得ている。 今回行進曲に選ばれたことについて、Foorinのメンバーは「すごく嬉しいし、 ありがたいことだと思います。 『パプリカ』に合わせ、球児のみなさんが甲子園を行進する様子を想像するだけでワクワクします」とコメントしている。 「パプリカ」に合わせ、球児のみなさんが甲子園を行進する様子を想像するだけでワクワクします。 甲子園という 大舞台に緊張するかもしれませんが、曲に合わせて、踊るような気持ちで行進してほしいと思います。 球児のみなさんが行進しているところを見るのが楽しみです。 音楽ナタリー.

次の

甲子園決勝のあの1球 「なんでボール?」で大激論: J

なんj高校野球

19日のDeNA対巨人の一戦。 この試合でDeNA・ラミレス監督が見せた継投策が、球界OBやネット上のファンの間で物議を醸している。 問題となっているのは、「3-2」とDeNA1点リードで迎えた9回表の継投策。 この回、ラミレス監督は守護神の山崎康晃を投入し逃げ切りを図るも、山崎は巨人・坂本勇人の内野安打などで2死二塁のピンチに。 ここで打席に立った丸佳浩にタイムリー内野安打を浴び同点に追いつかれてしまった。 すると、この直後にラミレス監督は山崎を降板させ、代わりに国吉佑樹をマウンドへ。 しかし、国吉は次打者の岡本和真に勝ち越しとなる2ランホームランを被弾。 裏の攻撃で無得点に終わったDeNAは、「3-5」で逆転負けを喫してしまった。 筆者は2017年はじめ、まだ29連勝フィーバーが本格化する以前に 雑誌『文藝春秋』に掲載される記事の取材で、藤井四段(当時)のお宅にお邪魔して、インタビューする機会がありました。 その際、藤井四段には『文藝春秋』誌に連載されている、谷川浩司九段出題の13手詰を解いてもらいました。 雑誌などで詰将棋が出題される際にはだいたい、何分で解けたら棋力はどれぐらい、というおおよその目安が示されています。 その問題は「10分でアマ三段レベル」でした。 藤井四段は問題をちらりと見ました。 そして数秒で「はい」と一言。 ・・・。 えっ? 何が「はい」なのかと思ったら「もう解けました」という意味でした。 「これで四段はあるでしょうか?」 ははははは。 筆者は笑うしかありませんでした。 人間はあまりにすごいものを見せられた時には、笑うしかないようです。

次の