相模原市給付金いつ振り込まれる。 特別定額給付金 (新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)/東村山市

コロナ一律10万円給付【鹿児島】の申請や支給の時期は何時?手続き方法は?

相模原市給付金いつ振り込まれる

オンライン申請には「マイナンバーカード」が必須である 次に、オンライン申請は、マイナンバーカードのポータルサイトである「マイナポータル」というWebサイトで行ないます。 しかし、マイナポータルにログインするためには、「マイナンバーカード」が必須です。 「通知カード」でマイナンバーが分かっているだけではダメで、「マイナンバーカード」が必要なのです。 さらに、パソコンでアクセスするためには、マイナンバーカードに対応したカードリーダーが必要です。 マイナンバーカードとカードリーダーを揃えているのは、国税庁の「e-tax イータックス 」システムを使って確定申告をしている自営業の人ぐらいで、一般の人は、そこまで準備していないでしょう。 スマホの場合は、対応機種であればカードリーダーはいりません。 オンライン申請のメリット こうして見ると、「特別定額給付金のオンライン申請」は、デメリットが目立ち、どこにメリットがあるのかわかりません。 もちろん、ちゃんとメリットはあります。 オンライン申請の最大のメリットは、市区町村から送られてくる申込書を待たずに手続きができることです。 例えば、人口が多い東京特別区の大半では、住民に申込書をいつ送るのかを明らかにしていません。 多くの区では、5月中に発送が始まれば良い方で、6月以降になる可能性が高いでしょう。 そこから、書類を返送して、初めて振込手続きが始まるのですから、入金まではかなりの日時が必要です。 オンライン申請が済んでいれば、市区町村が支払いできるようになったら、すぐに振込手続きが始まります。 1日でも早く、現金が必要な人にとっては、振込が早くなるというのは、とても大きなメリットなのです。 なお、オンライン申請の壁の一つは「マイナポータル」へのログイン方法です。 もし、うまくログインできない場合は、が参考になります。 オンライン申請ができない人はどうすれば良いか 今の時点で、オンライン申請ができない人はどうすれば良いのでしょうか。 「マイナンバーカード」とカードリーダー、または対応スマホが手元にあれば、自分が住んでいる市区町村がオンライン申請を始めるのを待ちましょう。 「マイナンバーカード」が手元にない場合は、オンライン申請を諦めて、郵送によって申請書類が手元に届くのを待ちましょう。 なぜなら、新しく「マイナンバーカード」を取得するには、1カ月から2カ月かかるからです。 これから取得すると、郵送と同じか、もっと遅い時期になってしまいます。 それならば、おとなしく郵送を待っていれば良いでしょう。 ただし、あなたが個人事業主であれば、この機会に「マイナンバーカード」の取得をしておくと良いでしょう。 役所関係の手続きにおいて便利な場合が増えてきているので、取っておいても無駄にはなりません。

次の

葬祭費給付金制度とは?支給金額や申請方法など各都道府県別まとめ

相模原市給付金いつ振り込まれる

オンライン申請には「マイナンバーカード」が必須である 次に、オンライン申請は、マイナンバーカードのポータルサイトである「マイナポータル」というWebサイトで行ないます。 しかし、マイナポータルにログインするためには、「マイナンバーカード」が必須です。 「通知カード」でマイナンバーが分かっているだけではダメで、「マイナンバーカード」が必要なのです。 さらに、パソコンでアクセスするためには、マイナンバーカードに対応したカードリーダーが必要です。 マイナンバーカードとカードリーダーを揃えているのは、国税庁の「e-tax イータックス 」システムを使って確定申告をしている自営業の人ぐらいで、一般の人は、そこまで準備していないでしょう。 スマホの場合は、対応機種であればカードリーダーはいりません。 オンライン申請のメリット こうして見ると、「特別定額給付金のオンライン申請」は、デメリットが目立ち、どこにメリットがあるのかわかりません。 もちろん、ちゃんとメリットはあります。 オンライン申請の最大のメリットは、市区町村から送られてくる申込書を待たずに手続きができることです。 例えば、人口が多い東京特別区の大半では、住民に申込書をいつ送るのかを明らかにしていません。 多くの区では、5月中に発送が始まれば良い方で、6月以降になる可能性が高いでしょう。 そこから、書類を返送して、初めて振込手続きが始まるのですから、入金まではかなりの日時が必要です。 オンライン申請が済んでいれば、市区町村が支払いできるようになったら、すぐに振込手続きが始まります。 1日でも早く、現金が必要な人にとっては、振込が早くなるというのは、とても大きなメリットなのです。 なお、オンライン申請の壁の一つは「マイナポータル」へのログイン方法です。 もし、うまくログインできない場合は、が参考になります。 オンライン申請ができない人はどうすれば良いか 今の時点で、オンライン申請ができない人はどうすれば良いのでしょうか。 「マイナンバーカード」とカードリーダー、または対応スマホが手元にあれば、自分が住んでいる市区町村がオンライン申請を始めるのを待ちましょう。 「マイナンバーカード」が手元にない場合は、オンライン申請を諦めて、郵送によって申請書類が手元に届くのを待ちましょう。 なぜなら、新しく「マイナンバーカード」を取得するには、1カ月から2カ月かかるからです。 これから取得すると、郵送と同じか、もっと遅い時期になってしまいます。 それならば、おとなしく郵送を待っていれば良いでしょう。 ただし、あなたが個人事業主であれば、この機会に「マイナンバーカード」の取得をしておくと良いでしょう。 役所関係の手続きにおいて便利な場合が増えてきているので、取っておいても無駄にはなりません。

次の

【藤沢市】特別定額給付金が振り込まれるのはいつ?オンライン申請と郵送申請の給付(振込)予定日。

相模原市給付金いつ振り込まれる

オンライン申請には「マイナンバーカード」が必須である 次に、オンライン申請は、マイナンバーカードのポータルサイトである「マイナポータル」というWebサイトで行ないます。 しかし、マイナポータルにログインするためには、「マイナンバーカード」が必須です。 「通知カード」でマイナンバーが分かっているだけではダメで、「マイナンバーカード」が必要なのです。 さらに、パソコンでアクセスするためには、マイナンバーカードに対応したカードリーダーが必要です。 マイナンバーカードとカードリーダーを揃えているのは、国税庁の「e-tax イータックス 」システムを使って確定申告をしている自営業の人ぐらいで、一般の人は、そこまで準備していないでしょう。 スマホの場合は、対応機種であればカードリーダーはいりません。 オンライン申請のメリット こうして見ると、「特別定額給付金のオンライン申請」は、デメリットが目立ち、どこにメリットがあるのかわかりません。 もちろん、ちゃんとメリットはあります。 オンライン申請の最大のメリットは、市区町村から送られてくる申込書を待たずに手続きができることです。 例えば、人口が多い東京特別区の大半では、住民に申込書をいつ送るのかを明らかにしていません。 多くの区では、5月中に発送が始まれば良い方で、6月以降になる可能性が高いでしょう。 そこから、書類を返送して、初めて振込手続きが始まるのですから、入金まではかなりの日時が必要です。 オンライン申請が済んでいれば、市区町村が支払いできるようになったら、すぐに振込手続きが始まります。 1日でも早く、現金が必要な人にとっては、振込が早くなるというのは、とても大きなメリットなのです。 なお、オンライン申請の壁の一つは「マイナポータル」へのログイン方法です。 もし、うまくログインできない場合は、が参考になります。 オンライン申請ができない人はどうすれば良いか 今の時点で、オンライン申請ができない人はどうすれば良いのでしょうか。 「マイナンバーカード」とカードリーダー、または対応スマホが手元にあれば、自分が住んでいる市区町村がオンライン申請を始めるのを待ちましょう。 「マイナンバーカード」が手元にない場合は、オンライン申請を諦めて、郵送によって申請書類が手元に届くのを待ちましょう。 なぜなら、新しく「マイナンバーカード」を取得するには、1カ月から2カ月かかるからです。 これから取得すると、郵送と同じか、もっと遅い時期になってしまいます。 それならば、おとなしく郵送を待っていれば良いでしょう。 ただし、あなたが個人事業主であれば、この機会に「マイナンバーカード」の取得をしておくと良いでしょう。 役所関係の手続きにおいて便利な場合が増えてきているので、取っておいても無駄にはなりません。

次の