イッツア クイズ ワールド。 イッツアクイズワールド

超問クイズ!ジャニーズ風間俊介がディズニーランド30問に挑戦!見逃した方のための問題内容一覧まとめ

イッツア クイズ ワールド

Advertisement 子供たちが歌う「小さく平和な世界」をモチーフにしたほのぼのアトラクション。 子どもにまつわる数々の恐怖体験が報告されています。 あるゲストは入り口にいた男の子に帰り際「また来てね」と話しかけられました。 そのゲストは何の気なしに「うん」と答えて手を振って帰ったらしいのですが、何となく気になって調べてみると、多くのゲストがその男の子と遭遇しているようです… ゲストとして来たにしては多すぎる目撃談、大人が周りにいない、キャストのはずがない… あの男の子は一体何者だったのか…。 また、ある閉園時間間際にアトラクションに乗った女の子がいました。 女の子が乗ったボートは青の6。 アトラクションが終了して6番ボートだけ帰って来ましたが、女の子は行方不明。 その後、捜索されるものの、女の子は見つからなかったといいます。 もしかしたら、私たちが見ている「小さな世界」は、実は「恐ろしい世界」だったのかもしれません。 Advertisement 関連する記事• 不動産屋で働く友人から聞いた話。 その友人が担当するマンションの空室に、一部屋だけ他と雰囲気の違う部屋があったそうだ。 その部屋に入るといつもと何[…]• ダ・ヴインチ・コードがウソかと論争すること自体、愚の骨頂 だがこれは、もともとノンフィクションではないし、仮想ドキュメントでもない。 所詮小説。 つ[…]• この都市伝説では青白い肌で独特な黒い目を持つ6歳から16歳までの子供が、主な登場人物として描かれている。 白目の部分がなく目全体が真っ黒になってい[…]• 2011年の夏ごろ、世界を騒がせた「終末の音」ことアポカリプティックサウンドについて。 結局何の音なのかは未だに不明だが、とにかく、どこからともな[…]• 太陽系から1200光年という気の遠くなる距離に 『ケプラー62c』と『ケプラー62f』 と名付けられた惑星が存在します。 それはNASA(アメリカ航空[…]• 『11月怪談』と呼ばれる都市伝説が韓国にはあります。 なぜか11月になると芸能界がらみの事件が多発するといわれているのです。 芸能人の自殺、麻薬の使用[…]• ツングースカ大爆発は、1908年6月30日7時2分(現地時間)頃、ロシア帝国領中央シベリア、エニセイ川支流のポドカメンナヤ・ツングースカ川上流の上[…]• UFOには色んな説があるが、その中の一つに「UFOはタイムマシンなのでは?」という話がある。 歴史的に有名な出来事の「第2次世界大戦」や「阪神大震災」[…]• 蓄音機や電球などのさまざまな発明品を生み出した偉人であるエジソン。 彼は発明家として生きていながら、オカルトについてもとても熱心に研究していました。 […]• 今私たちの生きているこの宇宙は、「ビッグパン」によって作られたという説が最有力な説として知られている。 そう思われていたのは、それもつい最近の件で[…].

次の

『イッツアワンダフルワールド』『同拡張:戦争か平和か』日本語版、6月25日発売

イッツア クイズ ワールド

ここがポイント!• ピノキオを持った男の子が…不気味な都市伝説 およそ550体ものロボット(子供や動物)が登場する「 イッツアスモールワールド」。 踊ったり回ったりしているために一度では全部見ることは出来ないと言われており、それがまた「飽きさせない」ための魅力につながっている。 Sponsored Link だがそんな中、明らかに 様子の違うロボットが一体紛れ込んでいるとの都市伝説がある。 それは ピノキオを持った男の子の姿をしている。 世界中の子供たちが歌い踊る中、その男の子だけが異質な雰囲気を放っているという。 ちなみに彼は終盤によく現れるようだが、神出鬼没とも言われていて目撃情報も様々だ。 また、その人形を見かけたゲストは出口で見知らぬ子供に「 もう行っちゃうの?また来てね」と声を掛けられるらしい。 にも関わらず、彼の詳細を知るものは誰もいない。 噂では 人間になったピノキオを待っていると言うが、少々不気味な都市伝説である。 魂の宿った人形が話しかけてくる魔法の国なら十分に起こり得ることなのかもしれない… イッツアスモールワールドで自殺者が出ていた!? また、イメージが壊れるような信じがたい都市伝説まであがっている。 ディズニーを解雇されたキャストがイッツアスモールワールドのアトラクション内で 首つり自殺 をしたというのだ。 自殺したキャストはイッツアスモールワールドの清掃担当を務めており、 不祥事を起こし解雇されたとのこと。 しかし、アトラクション内で自殺を図ったとすれば 相当な怨念を感じざるを得ない。 Sponsored Link 事件後、彼の供養のためにスイス人形を増やしたという。 深い恨みを持って亡くなったようだが、幽霊が出てくると言った情報はあがっていない。 都市伝説の詳しい背景や証拠が見つからないことから、筆者の視点で見ると少々信じがたい。 とは言え、ディズニーの各キャストは 意識が高い事で有名なのは周知の通り。 そんな気持ちの強さが、良くも悪くもこのような都市伝説を生み出したのだろう。 イッツアスモールワールドに秘密の第二ルートが存在した? イッツアスモールワールドは 比較的待ち時間も短く、気軽に楽しめることで有名だ。 しかし、忙しいシーズンになると待ち時間がどこも二時間を超えることは少なくない。 そんな中、イッツアスモールワールドは過去に混雑対策のために 第二のルートを開設し、回転率を上げていたという都市伝説がある。 現在そこは使われていないものの、昔のまま残されていると言う。 また第二ルートに迷い込んでしまうゲストも稀にいて、上記のピノキオを持った子に遭遇した奇妙な体験者まで存在した。 しかし調べたところ、実際には 第二ルートがあった過去はないとのこと。 確かに乗り場は二つに分かれているものの、 ルートは一つのみである。 また、アトラクション途中でカーテンにかけられた怪しげな入り口があるが、それは車庫や設備点検のための入り口であり、都市伝説とは関係なさそうだ。 もっとも他の人気アトラクションで設けられていない混雑対策が、元々待ち時間の少ないイッツアスモールワールドだけに設置されていたとは考えにくい。 という訳で、今回はイッツアスモールワールドに関する3つの都市伝説たちを紹介した。 一見賑やかで楽しい反面、人形達が大量に出てくることに異様な恐怖感を感じた人も少なくないだろう。 人形を題材にしたホラー映画も多く、苦手な人には平和な世界どころか 恐怖の館にすら思えてくる。 そのような固定概念が不気味な都市伝説を生み出したのかもしれない。

次の

超問クイズ!ジャニーズ風間俊介がディズニーランド30問に挑戦!見逃した方のための問題内容一覧まとめ

イッツア クイズ ワールド

Advertisement 子供たちが歌う「小さく平和な世界」をモチーフにしたほのぼのアトラクション。 子どもにまつわる数々の恐怖体験が報告されています。 あるゲストは入り口にいた男の子に帰り際「また来てね」と話しかけられました。 そのゲストは何の気なしに「うん」と答えて手を振って帰ったらしいのですが、何となく気になって調べてみると、多くのゲストがその男の子と遭遇しているようです… ゲストとして来たにしては多すぎる目撃談、大人が周りにいない、キャストのはずがない… あの男の子は一体何者だったのか…。 また、ある閉園時間間際にアトラクションに乗った女の子がいました。 女の子が乗ったボートは青の6。 アトラクションが終了して6番ボートだけ帰って来ましたが、女の子は行方不明。 その後、捜索されるものの、女の子は見つからなかったといいます。 もしかしたら、私たちが見ている「小さな世界」は、実は「恐ろしい世界」だったのかもしれません。 Advertisement 関連する記事• 不動産屋で働く友人から聞いた話。 その友人が担当するマンションの空室に、一部屋だけ他と雰囲気の違う部屋があったそうだ。 その部屋に入るといつもと何[…]• ダ・ヴインチ・コードがウソかと論争すること自体、愚の骨頂 だがこれは、もともとノンフィクションではないし、仮想ドキュメントでもない。 所詮小説。 つ[…]• この都市伝説では青白い肌で独特な黒い目を持つ6歳から16歳までの子供が、主な登場人物として描かれている。 白目の部分がなく目全体が真っ黒になってい[…]• 2011年の夏ごろ、世界を騒がせた「終末の音」ことアポカリプティックサウンドについて。 結局何の音なのかは未だに不明だが、とにかく、どこからともな[…]• 太陽系から1200光年という気の遠くなる距離に 『ケプラー62c』と『ケプラー62f』 と名付けられた惑星が存在します。 それはNASA(アメリカ航空[…]• 『11月怪談』と呼ばれる都市伝説が韓国にはあります。 なぜか11月になると芸能界がらみの事件が多発するといわれているのです。 芸能人の自殺、麻薬の使用[…]• ツングースカ大爆発は、1908年6月30日7時2分(現地時間)頃、ロシア帝国領中央シベリア、エニセイ川支流のポドカメンナヤ・ツングースカ川上流の上[…]• UFOには色んな説があるが、その中の一つに「UFOはタイムマシンなのでは?」という話がある。 歴史的に有名な出来事の「第2次世界大戦」や「阪神大震災」[…]• 蓄音機や電球などのさまざまな発明品を生み出した偉人であるエジソン。 彼は発明家として生きていながら、オカルトについてもとても熱心に研究していました。 […]• 今私たちの生きているこの宇宙は、「ビッグパン」によって作られたという説が最有力な説として知られている。 そう思われていたのは、それもつい最近の件で[…].

次の