五 等 分 の 花嫁 107。 【五等分の花嫁】122話最終回ネタバレ!鐘キス(68話)の相手は四葉で確定

アニメ『五等分の花嫁』声優まとめ!主要キャラを演じるキャスト陣を紹介!【五等分の花嫁】

五 等 分 の 花嫁 107

四葉、学園祭で働きすぎて… 今回 学園祭 後夜祭が終わった四葉は、全てのスケジュールが終了したアナウンスを、校庭で聞いています。 後輩から演劇部を手伝ってもらった事を感謝されていますが、本番はこれから三日間続くんですから!と気合を入れています。 風太郎が四葉はえらい大根役者だと言っていたと心配していますが、実際の四葉の演技は未経験とは思えないほどで、らいはもかっこいいと褒めています。 後輩からも再び感謝され、四葉は自分が役にたって皆から頼られている事をうれしく思います。 すると、限界に来ている風太郎を四葉は発見します。 その時、風太郎の腹が鳴り朝から何も食べていないと風太郎が言うと、四葉はさっきもらったからあげ屋の無料券を渡します。 風太郎からいいのか?と言われますが、私はお腹いっぱいと返事をしますが四葉もお腹が鳴ってしまいます。 そんな四葉に、風太郎はお前がいてくれてよかった、と感謝の言葉を口にします。 四葉は頑張ってよかったとさらに頑張ります。 その姿を見た風太郎は、なんつー体力と四葉の体力に驚きます。 その直後、たこ焼き屋が家事を起こした事を知ります。 新しいパンフレットを運んだあと少し無理をしているような表情をする四葉ですが、三玖から大丈夫か心配されても、三玖より少しだけ力持ちだからね、へーき へーきと軽口で応えます。 後ろ姿で表情は分かりませんが、四葉はさらにお仕事ください、と仕事を増やそうとします。 この時、二日目の12時前でしたが、その後場面が切り替わります。 そばには二乃がいて、四葉に全然余裕持ってやれていないじゃないと言います。 四葉は二乃に心配かけてごめんと謝った後、まだやり残したことがたくさんあるんだと、学園祭に戻ろうとします。 しかし既に夜で、もう学園祭 二日目は終わっていると二乃は四葉に告げます。 演劇部のお手伝いが出来なかったと分かり、ショックを受け絶望的な表情をする四葉です。 特に演劇部のファンタジー風の劇でのお手伝いでは、演技を評価され二日目から出番を増やさして欲しいとまで言われています。 風太郎からも感謝されて、四葉は全てが報われたと喜び、最終日に私を選んでくれたらと妄想までしていましたが、自分のクラスのたこ焼き屋が火事を起こしたと知った時から状況が変わります。 自分を追い込むようにお手伝いを増やしていき、最後は倒れて病院に運ばれています。 しかし、竹林と会った後何があったか今回は描かれていませんが、竹林とのやり取りも気になります。 次回、過労で倒れ病院に運ばれた四葉は迷惑をかけた皆に謝りに行こうとします。

次の

【五等分の花嫁】107話ネタバレ!学園祭で倒れたのは四葉だった!

五 等 分 の 花嫁 107

一花、二乃、三玖、四葉、五月の五つ子の中で主人公・風太郎と結婚する相手は誰なのか。 これが五等分の花嫁という作品を楽しむ上での楽しみのひとつであり、Twitterをはじめとして、大きく盛り上がっていました。 僕も毎回新しい話を読み終わるたびに、Twitterでファンの皆さんの考察を見るのがとても楽しみでした。 最初のうちは本当に誰が結婚するのか分かりませんでした。 なんとなく五月がセンターポジションというか、正統なヒロインっぽい感じがしたので、五月なのかなあとかなんとなく思ったりもしましたし、一花推しとしては、一花に報われてほしいというような気持ちもありました。 同じショートカットの西野つかさは、いちご100%の最終回で最後に報われましたから…(笑) 四葉 or 五月 ただ話が進むにつれて、ずっと読んでいた人たちは、これは四葉か五月があやしいんじゃないかと感じ始めた人が多かったのではないでしょうか。 僕はその点ではおそらく四葉であろうとずっと思っていました。 過去に風太郎とすでに会ったことがある(風太郎にとって初恋?の人)とか、四葉の風太郎に対する気持ちだけずっと描かれていなくて、どっちなんだろうって感じだったんですが、満を持して、ずっと好きだったということが明かされるなど、とにかく四葉に関してはひとり特別な強いポジションにいたというのが読んでいて伝わってくるシーンが多々ありました。 そして、四葉の気持ちが判明した時点で、僕は完全に四葉を応援したい、四葉に何がなんでも報われてほしいと思うようになりました(笑) 風太郎は、いつから? そこで、風太郎は一体どこで四葉を恋愛対象として意識したのか。 作中では、結局最後まで四葉が過去に風太郎にあったとがある(京都のあの子)のが私だとカミングアウトするシーンは描かれなかったんですよね。 風太郎が、京都のあの子を四葉に重ねていたようなシーンはありました。 ですが、その時点ではおそらく風太郎は気づいていないと思いますから。 (でもほんとは気づいてたりして…?) そんな感じで、かなり細かい部分の話ではありますけど、風太郎が心が動いて自分の気持ちをハッキリ分かった瞬間はどこですかとか、他にも色々と細かいあれって結局どういうことだったんですかという部分を、何かしらのカタチで作者の春場ねぎ先生が今後伝えてくれたら嬉しいです。 原作は終わりましたけど、アニメの二期は10月から始まるということで、五等分の花嫁という作品はまだまだ終わりを迎えません。 原作では明かされなかった部分を、アニメで明かしてくれたりしたら、それも嬉しいですね。 【五等分の花嫁の記事まとめはこちらから】.

次の

『五等分の花嫁』第90話がもう見ていられない辛すぎて悲しすぎてまともに見ていられない:なんおも

五 等 分 の 花嫁 107

パンケーキ屋で二乃と五月から話を聞き、四葉だと推測したようです。 竹林は四葉に会えて良かったと言いこの事は風太郎に言っているのかと聞こうとしますが、四葉は秘密にして欲しいと訴えます。 竹林が理由を聞くと、風太郎は五年間正しく努力したのに、自分は無駄なことに執着した意味のない五年間だった、だから風太郎にがっかりされたくないからだと四葉は言います。 演劇部やお手伝いを引き受けながら手伝えなかった四葉は、皆に頭を下げて回ると言います。 自分のせいで迷惑をかけた人たちに、なんて言えば…、と四葉は涙目になりうつむいてしまいます。 四葉が過労で倒れたことを演劇部に説明し風太郎が代わりに謝罪すると、演劇部の皆は四葉がそこまで溜め込んでいたのを気づけなかった自分達も悪かったと言います。 しかし四葉の代役を探すのは難しいと話していましたが、結果的に初日の公演から観覧していた陸上部の部長が代役をする形で、演劇部の公演は二日目も行うことが出来ました。 公演の初日、陸上部の部長がカメラで撮影していますが、近くに勇也らしき人物も見えます。 実はらいは達の近くに陸上部の部長もいたようですね。 風太郎は持ちつ持たれつだろ…、たまにはお前が持たれたっていいんだ、仕事を託してやれと言います。 それを聞いた風太郎は、任せろと力強く返事をします。 そしてその後風太郎の所に行くと、風太郎は疲れて眠ってしまっています。 そこで四葉は竹林との会話を思い出します。 風太郎もかつて自分は無意味で必要のない人間だと言っていましたが、今では前を向いて過去から踏み出していると教えられます。 四葉は気にせず話続け、風太郎にずっと約束を覚えてくれてありがとう、自分は守れなかったよ、と謝ります。 風太郎は気にすんな、昔のことより大切なのは今だろ、と言います。 四葉も同意し、もう君との思い出に頼らない、自分で自分の価値を探していくよ、と話した後…。 風太郎は恥ずかしい夢を見たと心の中で呟いており、四葉?零奈?との会話やキスは、夢だったと思っているようです。 一方、四葉は思いきったなー、と先ほどのキスを恥ずかしがりながらも、これで私も前に進める気がすると独り言を言います。 今日は保健室で寝てなきゃいけないが、もう心配いりません!と笑顔で風太郎にこたえます。 結局、一花たち三人とは違い、四葉は風太郎に分かるようにキスをすることなく終わります。 しかし、皆が四葉の抜けた穴を助け合ってフォローしてくれている事を風太郎から聞き、四葉は無理をせず自分の仕事を皆にお願いします。 竹林や風太郎との会話から、昔を引きずるのをやめて前を向いていくと決めた四葉ですが、最後の思い出作りと風太郎にキスをします。 風太郎はそもそも四葉でなく、零奈と思っていたようですが、さらにキスは夢だと思い込んでいてとりあえず四葉とのキスは無かったことになっているようです。 風太郎と四葉との関係は今後どうなるのか、そしていよいよ最後の五月の番、そして風太郎が誰を選ぶか、と今後の展開が気になります。 次回、受験勉強を頑張っているが成果が出ず悩む五月です。 自分はアニメで五等分の花嫁にはまり原作を読み始めたのですが、ちょうどシスターズウォーのころでネットやTwitterでの誹謗中傷で荒れていて、好きな作品が荒れているのが嫌で一度読むのはやめてしまい、逃げてしまいました。 最終回になりまた読み始め、自分自身が三玖のような内気な性格で得意なものがなく、四葉のように自己評価が低く、自己犠牲で問題を抱え込んでもで周りに頼らず失敗した過去があったため、竹林の「かつて自分は無意味で必要のない人間だと、そしてその人は前を向いて歩き始めています」と風太郎の「昔のことより大切なのは今だろ」は、四葉と同じく失敗や後悔ばっかりでそれに縛られている自分自身も肯定され救われた気がして、しばらく涙が止まらなかったです、もっと早くこの漫画に出会えたらよかったです。 長々と暗い自分語りして、すみませんでした。

次の