ワールド ワイド キッズ フォニックス。 こどもちゃれんじイングリッシュ|ワールドワイドキッズとの違いは?Wユーザーが徹底比較!

追加購入!ワールドワイドキッズ、フォニックス新教材の感想は?

ワールド ワイド キッズ フォニックス

ワールドワイドキッズからついに教材が誕生です! 買おうかな、どうしようかな、と悩むこと約1日。 早っ(笑) 実際は大して悩むことなく即買いした私であります。 そこで今回はワールドワイドキッズの追加教材の内容や、実際に使ってみた感想などを紹介していこうと思います! 教材を買うまでのあれこれはこちら。 まず入っている教材はこちら。 思ってた以上に結構なボリューム。 この教材、何がすごいってアルファベットワーク以外の物、ほとんどすべてタッチペンで音が出るってとこです。 とりあえず順を追って使った感想を見ていきましょう。 DVD DVDが2枚ついてきますが、実は中身が重複しているコンテンツがかなりあります。 だけのDVDなのでそれほど内容もないのかもしれませんが。 ただ、やはり毎回感心するのは、さすがベネッセさんは子供心をつかむのが上手です。 音楽とか映像とか、子供が興味をもつようによく作られています。 一回観ただけでうしゃこちゃんはハマって、1日に2回は観ています。 また出てくるキャラがほぼMimiとManiだけなので、Mimi好きのうしゃこちゃんにとっては安心して観ていられるのかもしれません。 他にもよくわからないの生き物?みたいなキャラも出てきますが、それもまた可愛くて子供心をくすぐります。 DVDの最後には両方ともダンスというものが入っているのですが、これがうしゃおくんともども大のお気に入り! いつも二人で仲良く踊っています。 ただ今までのDVDのようにお話が入っていたり歌がたくさん入っていたりということはありません。 見事にに特化したつくりになっています。 Touch Dictionary こちらは従来のプレイボードで使っていたカードをひとつの本に取りまとめたようなものです。 見てわかるように、結構ボリュームがあります。 それだけでなく1~6までにそれぞれMimiたちの新しいお話も載っていたり、音楽やゲームも満載です。 このゲームが楽しいようで、うしゃこちゃんは何回もやっていました。 音楽も基本的に今までのDVDでやっていた音楽ばかりなので、うしゃこちゃんもなじみがあるため喜んで聞いていました。 またプレイボードだとどうしてもうまく押せなかったりして、うちのうしゃこちゃんはほとんど使っていなかったのですが、こちらだとタッチペンで簡単に音が出せるので喜んで音を聞きまくっています。 Alphabet Poster こちらは従来のものについていたアルファベットポスターとまったく一緒ですが、タッチペンで音が出るように改良してあります。 アルファベットをタッチすると「アルファベットの読み」「」「イラストの単語」を読み上げてくれます。 musicボタンで曲が流れるのですが、これも新しいDVDでやっていたの曲と連動しています。 うしゃこちゃん、ノリノリで何回も聞きまくっています。 Talking Book の簡単な絵本です。 子供にもわかりやすく簡単に読めます。 すべてDVDと連動しているので、DVDを観てから読むとわかりやすいですよ。 うしゃこちゃんは中でも特「I am Mimi」と「Mimi's Magic e」の絵本がお気に入りです。 すでに自分で読めるようになって、よく一人で声に出しながら読んでいます。 Talking Puzzles 遊びながらを学べるパズルです。 「C」「P」など頭の音と「at」「ig」など後ろの音でわかれており、それを組み合わせてひとつの単語を作るパズルになっています。 もちろんこちらもタッチペンで音がでます。 アルファベットをタッチすると、イラストをタッチするとそのイラストの英語を読み上げてくれます。 Mimiちゃんのほうは、アルファベット部分をタッチすると。 Mimiちゃんをタッチすると「ox ox Box Fox」というように、片割れのピースの正解を読み上げてくれるので、子供がパズルがわからなくても探し出しやすくなっています。 ちなみにすべてMimiちゃんの声で読み上げてくれます。 小さな子でも親が教えてあげれば簡単にできそうです。 一度塗ってしまうとおしまいなのでコピーして使っていますが、3歳のうしゃこちゃんにはまだ上手に塗ったりできないようです。 55 SPECIAL TALLKING STICKERS Mimiたちの可愛いシールがたくさんあります。 もちろんタッチペンで音が出ます。 どこにはってもいいのですが、もったいなくてなかなか使えていません(^^;) おうちのかた向け 声かけシート 声かけシートはシーン別に英語での声かけ例が色々載っています。 もちろんタッチペンで音の確認ができるので、発音がわからなくても安心です。 裏側にもたくさんフレーズが載っています。 追加教材を買うべきか? 結論から言えば、我が家では追加教材は買って良かったと思っています。 買ってばらくの間は、うしゃこちゃんはずっとこれで遊んでいるくらいこの教材がお気に入りでした。 少し時間がたつとやはり飽きてきて使う頻度も少なくなってきましたが、それでもはもう完璧に覚えてしまいました。 そのおかげかどうかはわかりませんが、うしゃこちゃん、知らない英単語でもなんとなく読めます。 今までの教材でもはありましたが、やはり数が少なかったり他の歌やダンスにうもれてあまり目立っていませんでした。 そのためあまり「」というものを理解していませんでしたが、この教材はオンリーなのでがどんなものか感覚的に理解できたようです。 などでも無料で観れる教材は山ほどありますが、大好きなMimiちゃんってことで、はまり具合が天と地ほどの差です。 うしゃこちゃんにとってはとても役立つ教材でした。 以上、我が家で追加教材を使ってみた感想でした。 もし追加教材で悩んでいる方がいましたら参考になさってください。 [スポンサーリンク].

次の

ワールドワイドキッズのフォニックス教材口コミ!自然に英語が定着できる仕組みがすごい

ワールド ワイド キッズ フォニックス

フォニックスセットの内容 中身の一覧はホームページ をご覧いただきたいのですが、息子が1歳時点で開封したのは以下です。 Phonics DVD 2枚• Wonder Touch タッチペン• Touch Dictionary 6冊• Phonics Talking Books どのように活用しているか Phonics DVD Worldwide kids のStage1のDVDを毎日1本見せていたのに加えて、Phonics DVDの1と2を毎日交互に1本追加で見せることにしました。 連続ではみせないようにしています しっかり勉強しようと思うと音も難しいし、ルールもたくさんあってなかなかしんどく感じるであろうフォニックスが、見事なまでに楽しく直感的に身に付くように作られていて感動しました。 ここも反応するの!?と驚くほど細かい部分まで情報が詰まっていて、内容の充実ぶりに驚きました。 タッチペンのWonder Touchは細いペン型ではなく、丸っこくて持ちやすい形です。 息子が平均より大きめというのもあるかもしれませんが、最初から問題なくタッチペンを持てていたので、形の工夫を感じました。 タッチすると音楽が流れるMusicボタンがあるのですが、それをしきりに指さしてWonder Touchくださいアピールをするようになりました。 最初の数日は思ったところをタッチできずにいましたが、すぐに慣れて3ヶ月経った今では自分で好きなところをタッチして音楽をながしたり、物語のページのナレーションを聞いたりしています。 一人遊び時間が増えて母はとても助かっています。 Phonics Talking Books ボードブックではないので破られてしまうのが怖く、ごくたまに出してきて遊びながら読むようにしています。 英語のリズムが楽しいようで、息子は時折笑いながら聞いています。 驚きの効果 毎日DVDを楽しそうに観ていて本当に気に入った様子の息子。 最初に効果を感じたのはPhonics DVDを見せ始めてから1か月経たないくらいの頃でした。 突然私が着ていたTシャツに書いてあったアルファベットを指さして、フォニックスらしき音を発し始めたのです! ちなみにABILITYって書いてあるTシャツでした。 なんか恥ずかしい・・・笑 それからはアルファベットを見つけるたびにニコッと笑っては、それらしき音を発するようになり、1歳3ヶ月になる頃にはアルファベット26のうち22個をフォニックスの音で読むようになってしまいました! すごいなと思うのが、 大文字と小文字が同時に頭に入っていることです。 DVDでは大文字・小文字・音をセットにして教えてくれるので、何の苦労もなくすんなり入っていったようです。 とにかく小さい間に英語特有の音を聞き分けて発音できるようにしたいと思っていたので、フォニックス教材既にかなり役目を果たしてくれています。 最近の懸念が、さすがに毎日交互には見せすぎだったのか若干DVDに飽き気味なことです。 少し見せる感覚をあけるようにしています。 DVDにPhonics Danceというのが収録されているのですが、息子と一緒に踊れる日が楽しみです!.

次の

こどもちゃれんじイングリッシュとワールドワイドキッズとの違いは?両方使って比較してみた!|ママと赤ちゃんの応援サイト

ワールド ワイド キッズ フォニックス

しまじろうの英語「 こどもちゃれんじEnglish(イングリッシュ)」ってどんな教材? どんな人に向いてるの? ワールドワイドキッズとはどこが違うの? こどもちゃれんじEnglish(イングリッシュ)はベネッセの幼児向け英語教材です。 教材にしまじろうが出てくるので、「しまじろうの英語」としても知られています。 ベネッセが販売している幼児向け英語教材は、 こどもちゃれんじEnglishと ワールドワイドキッズがあります。 同じベネッセの教材ということもあって、こどもちゃれんじEnglishとワールドワイドキッズとの違いが気になるって方は多いのではないでしょうか。 我が家は生後2カ月から ワールドワイドキッズでおうち英語をしています。 一括購入の場合は収納を考える必要がありますね。 こどもちゃれんじイングリッシュとワールドワイドキッズの比較表 こどもちゃれんじEnglishとワールドワイドキッズの違いを比較表にしました。 2020年4月時点) こどもちゃれんじEnglishの価格表 MEMO3月開講号から受講して、1年一括支払いをした場合の1回あたりの金額です。 一般価格 こどもちゃれんじ会員価格 ぷち(1歳~2歳) 3,637円 2,933円 ぽけっと(2歳~3歳) 3,637円 2,933円 ほっぷ(3歳~4歳) 4,180円 3,476円 すてっぷ(4歳~5歳) 4,180円 3,476円 じゃんぷ(5歳~6歳) 4,180円 3,476円 2カ月に1回でこのお値段です! 毎回払いもできますが、一括払いでも中途解約すれば返金がありますので断然一括払いがおススメです。 こどもちゃれんじEnglishはフル受講しても10万円くらい。 ワールドワイドキッズは2倍以上しますね。 ワールドワイドキッズのメリット・デメリット ユーザーから見たワールドワイドキッズのメリット・デメリットをまとめています。 メリット1「0歳から始められる」 こどもちゃれんじEnglishは1歳からですが、 ワールドワイドキッズは0歳向け教材があるので赤ちゃんから始められます。 しかも、赤ちゃん向けに刺激の少ない優しい内容になっているのもポイント。 うちは生後2カ月から使い始めましたが、1年使ってすっかりステージ0ファンになりました。 あわせて読みたい メリット2「英語だけで構成されている」 教材のすべてが英語だけで構成されています。 そのため、子どもには英語を英語のまま理解する力が身につきます。 大人になって日本語脳が形成されてから英語を学ぶと、どうしても英語の理解に日本語での変換が必要になってしまいます。 おうち英語業界では、「自分で英語を読み書きできる子を育てる」として、ここ最近フォニックスが注目されています! ワールドワイドキッズでは、音声ペン対応の絵じてんやDVDの映像でフォニックスを覚える仕組みがたくさん。 フォニックスに興味のある方は、ぜひ取り入れたいですね。 メリット5「英語の声がけや英語絵本で親も英語を学べる」 ワールドワイドキッズでは、親が英語の声がけをすることでおうち英語に積極的にかかわることが推奨されています。 そのため、教材のオモチャを使った英語の声がけや場面・季節別の英語の声がけの例が紹介されています。 英語絵本も、ステージごとに4冊も届きます。 もちろん音源もありますが、親が積極的に英語で絵本を読んであげることで英語学習の効果は上がります。 英語の声がけや英語絵本の読み聞かせで親子で一緒に英語の勉強ができますよ。 英語の声がけを家庭に取り入れたい 親子で一緒に英語を学びたい こういう姿勢の方には向いている教材です。 デメリット1「好きなところだけ買うことはできない」 ワールドワイドキッズは必ずステージ1(またはステージ0)から買わなくてはなりません。 「ステージ3だけ欲しい!」ということはできないので、その点が好きな教材のときだけ入会できるこどもちゃれんじEnglishとは違います。 ただ、お届け方法をステージごとお届けを選択すれば途中退会はできます。 デメリット2「親のサポートが必要」 一括購入を選んだ場合は全ステージがいっきに届きますし、分割お届けを選んでもある程度まとまって教材が届きます。 年齢に合わせて定期的に教材が送られてくるわけではないので、 子どもの興味や発達に合わせてうまく教材を活用できるように親がサポートする必要があります。 メリットにも書きましたが、ワールドワイドキッズでは親の英語の声がけが推奨されています。 有名なディズニー英語システム(DWE)は「親は再生ボタンを押すだけでいい」を売りにしていますよね。 英語の声がけは英語が苦手な方にとってはちょっと抵抗があるかもしれませんね。 子どもと一緒に英語を頑張る!という気持ちの方じゃないと挫折してしまうかも。 デメリット3「修了した後の上位の教材がない」 こどもちゃれんじEnglishの場合、最高レベルのじゃんぷを終えるとChallenge Englishという小学生用の教材があります。 ワールドワイドキッズはありません。 6歳で修了したら、その後は親が工夫して英語教育を考えなくてはならないんです。 ベネッセとしてはChallenge Englishを受講してほしいみたいですが、ワールドワイドキッズからChallenge Englishだとレベル的に物足りないと思います…。 ほかの教材を検討したり、英文多読を始めたり、ワールドワイドキッズ修了後のことも考えないいけないですね。 こどもちゃれんじイングリッシュに向いている人.

次の