お力添え 意味。 お力になれずの意味と使い方は?お役に立てずやお力添えできずなどの類語も

就活にも使える「ご尽力」「お力添え」の正しい意味と使い方【例文あり】

お力添え 意味

敬語は、社会人として必須のスキルの1つです。 正しい敬語で話すことができる人は、周囲や上司、取引先からも信頼されやすく、反対に上手く敬語で話せない人は、周囲から常識がない人や失礼な人だと思われやすいと言われています。 しかし、敬語はなかなか難しいものです。 また職場では、学校のように1つ1つ言葉の使い方などを教えてもらえる機会が少ないので、誤った使い方や意味のまま覚えてしまうというケースも少なくありません。 ですから、少しでも意味が分からなかったり使い方に疑問を覚えたりした言葉については、必ず調べて意味や使い方を学んでおくことをおすすめします。 今回は、ビジネスシーンでも使われることが多い、「口添え」という言葉をテーマにして、意味や使い方、敬語への言い換えやビジネスシーンでの使用方法などをご紹介していきます。 「口添え」の意味と使い方 まずは、「口添え」とはどのような意味を持つ言葉なのか、意味について御紹介していきます。 「weblio辞書」によると、「口添え」という言葉には、「ある人の依頼・交渉などがうまく行くように,はたから言葉を添えてとりなすこと。 上記の解説から、口添えとは、特定の物事などがうまくいくように、第三者が言葉を添えて介入することであると読み取れます。 「口添え」の使い方 続いて、「口添え」という言葉の、一般的な使い方についてご紹介していきます。 例えば、新入社員Aが、新しいプロジェクトを企画します。 しかし、そのプロジェクトが実現させるには、各部署の部長が賛成しなければなりません。 新入社員Aの企画を実現させる為に、上司である部長Bは、他の部署の部長に、新入社員Aの企画に賛成するよう、お願いをします。 このような状況について、「口添えする」という言葉が当てはまります。 上記のような状況で、新入社員Aがプロジェクトを実現した場合、部長Bは、「新入社員Aの企画が実現したのは、自分の口添えがあったからだ」などと言うことができます。 上記のような使い方が、「口添え」の一般的な使い方だと言えるでしょう。 「口添え」を使った例文 「口添え」という言葉の意味や使い方について、例文を通して確認した所で、続いては目上の人などに「口添え」を使う場合について考えていきます。 基本的に、目上の人に対する言葉遣いは、敬語や丁寧語がマナーとされています。 ですから、「口添え」という言葉を使う場合も、敬語表現に置き替える必要があります。 敬語で「口添え」という言葉を使う際、どのように言い換えれば良いのか考えていきましょう。 「口添え」の敬語表現 「口添え」の敬語での伝え方や使い方を見ていく前に、まずは「口添え」を敬語に言い換えるとどのようになるのか、ご紹介していきます。 「口添え」を敬語表現に言い換えると、「お口添え」となります。 ですから、目上の人などに対して「口添え」という言葉を使いたい場合は、「お口添え」と言い換えるのがマナーとなります。 基本的に、口添えは誰かにしてもらうもの、もしくは誰かの為にするものです。 相手が目上の人であれば、自分が口添えをしてもらう側の立場に立つケースが多くなるので、「お口添え」と表現し、相手に失礼な印象を与えないようにしましょう。 「口添え」の敬語での使い方 続いて、敬語で「口添え」を使う場合の例文を通して、敬語での「口添え」の使い方を見ていきましょう。 ・お口添えをいただきまして、ありがとうございます。 「口添え」は、「してもらう」といった言葉と共に使われることが多い言葉ですが、目上の人に対して使う場合は、「してもらう」の部分も言い換えます。 「お口添えいただく」といったように、「してもらう」は「いただく」などの表現に言い換えましょう。 ビジネスにおける「口添え」の意味 続いて、ビジネスシーンで使われる「口添え」がどのような意味を含んでいるのか、ご紹介していきます。 ビジネスシーンにおける「口添え」は、誰かを紹介してもらいたい時などにも使われることが多々あります。 また、手回しのようなニュアンスで使われるケースもあります。 このように、ビジネスにおける「口添え」は、紹介や協力、手回しのようなニュアンスを含んでいることがあるので、相手がどのように受け取るのか、またどのような意味で相手が使っているのか、慎重に考えることが大切です。 いかがでしたでしょうか?今回は、「口添え」という言葉をテーマにして、口添えの意味や一般的な使い方、敬語表現やビジネスシーンでの使い方、同義語や類義語などをご紹介しました。 「口添え」は、基本的には第三者が行う行為です。 部下の仕事がスムーズに進むように、上司が他の部署の上司に掛け合うような場合などに使うのが一般的です。 ですから、自分の仕事などが上手くいくように上司などに掛け合うことは、「口添え」とは言いません。 「口添え」を上司などの目上の人に対して使う場合は、「お口添え」などのように、敬語表現に言い換えます。 その際は、「してもらう」「してもらいたい」といった部分も「いただく」などに言い換え、「お口添えいただく」といったように表現するようにしましょう。 上記のように、使い方や敬語表現が少々ややこしい「口添え」という言葉ですが、意味などを理解し、使い方を覚えておくと、いざという時に大変便利です。 同義語・類義語も含めて、正しい意味と使い方を覚えておきましょう。 ・就職の口添えをする。 ・先生の口添えで解決した。 」 そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。 実はその悩み、転職すれば解決できる可能性があります。 転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができるかもしれません。 転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

次の

口添えの意味と使い方の例文|敬語で口添えを伝える表現は?

お力添え 意味

スポンサーリンク 「お力添え」の意味は? まず最初に 「お力添え」の詳しい意味について見ていきましょう。 「お力添え」を1つずつ分けて解釈すると、「お」は接頭語で次に続く言葉を丁寧な表現に変える言葉です。 「力」は文字通り「ちから」ですが、「力強い腕」のイメージから「力」という漢字が成り立ちました。 この「力」には 「モノを動かす働き」という意味のほかに 「何か物事をするときに助けとなるもの」という意味があります。 「添」は漢字の左側の偏は水の流れを表すさんずい、右側は天に対するときの心という意味から天に対して心がそうを示す「添」という漢字が成り立ちました。 「添」という漢字には 「ぴったりとくっついて離れない」という意味もありますが、 「付け加える」という意味もあります。 まとめてみると 「力添え」という言葉は 「何か物事をするときに助けとなるものを付け加える」と表現できます。 改めて「お力添え」と表現することによって相手を敬う表現に変わりますので目上の方や先輩に対しては「お力添え」と表現します。 「お力添え」の正しい使い方は? 次に 「お力添え」の正しい使い方について見ていきましょう。 「お力添え」は 2パターンの使い方があるのでひとつずつ詳しく解説していきますね。 1,相手から協力頂いたことに対するお礼を述べる時に使う! 例えばイベント実施などの場合です。 イベントは主に休日を利用して実施されますよね。 普段は会社勤務で仕事に専念し、休日は普段の疲れを癒すとともにプライベートの時間として利用します。 大切な時間をイベント実施のために費やすことになるため、イベント終了後にお礼として述べます。 2,相手からの協力を求める時に使う! 仕事を進めるためには協力を必要とする場合があります。 例えば自社製品を売り込むために営業による訪問を何度も繰り返し行ってきたことで訪問先から熱意が認められてもう少しで商談がまとまりそうなときには先輩や上司の協力が必要となります。 スポンサーリンク このような場合に「お力添え」を使うということですね。 「お力添え」の類語を教えて? 次に 「お力添え」の類語を見ていきましょう。 1,力を貸して助けることの意義を持つ類語• ご助力• ご支援• ご協力• サポート• バックアップ• 助けの手• フォロー• 手助け• 助太刀• アシスト• 賛助 2,援助の丁寧な表現としての類語• お力添え• お引き立て• ご支援• ご声援 「お力添え」を上司や先生に使う場合の例文は? 最後に 「お力添え」を上司や先生に使う場合の例文をご紹介したいと思います。 目上の方、上司や先生、先輩となる相手方には接頭語の「お」を付けて使います。 下記に例文をまとめておきますね。 皆様におかれましては日頃より大変なお力添えを賜り、厚く御礼申し上げます。 ここにおいでになる皆様方のお力添えがなければ、成功に至りませんでした。 どうか一層のご指導とお力添えのほど、お願いいたします。 これもひとえに皆様方のお力添えの賜物と心より感謝申し上げます。 何とぞお力添えいただきますよう、お願いいたします。 ~についてお力添えいただければ幸いです。 これからも引き続き、お力添えいただきますようお願いいたします。 今後ともお力添えさせていただきます。 「お力添え」の例文をまとめてご紹介しました。 普段、上司の方や先生、目上の方に使う場合は是非、参考にしてみてくださいね。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「お力添え」の 詳しい意味や使い方、そして上司や先生、目上の方に使う場合の例文をご紹介しました。 言葉の意味や使い方をしっかりと頭に入れ、相手に対して正しい認識でしっかりと伝えたいものですね。

次の

「お力添え」の意味と使い方は?上司や先生に使う場合の例文を教えて?

お力添え 意味

[スポンサードリンク] 基礎 意味 相手からの支援を謙譲語で表した言葉です。 支援を受けた時に、お礼を述べる際に使ったり、手伝ってもらえないかとお願いする時に使います。 この言葉の意味で重要なのが、「 相手からの」助けであるということです。 決して自分に向けて使用できる言葉ではないので、ご注意ください。 正しく使うには 「お力添え」は言葉の意味通り、 自分の行いに対しては使えない言葉ですが、ビジネスの場面で知らずに使ってしまうケースが多々あります。 以下に誤用例をいくつか挙げます。 「御社に対して少しでもお力添えになれたらと思います。 」 お力添えは相手からの支援を意味し、この文章では自分が相手に手助けをしたい事を伝えるので不適切です。 丁寧に表現しようと「添え」を使ってしまいがちですが、この場合は不要です。 この場合、「少しでもお力になれたらと思います。 」とするのが正しいです。 「お力添え出来なかったこと、誠に申し訳ございません。 」 何か仕事を任されたのに、結果を出せずに終わってしまい、お詫びする時に上記のような発言をする方がいらっしゃいますが、これは誤りです。 この場合は、「ご期待に添えられなかったこと、誠に申し訳ございません。 」と述べるのが適切です。 また、「お役に立てず、誠に申し訳ございません。 」という表現は、自分がサポートする程度の立場の場合なら可能ですが、仕事を任されるほど大きな役目を果たせなかった場合には、誠意不足のため、使い方に注意が必要です。 「今回のお問い合わせに対し、お客様のお力添えになれなかったこと、深くお詫び申し上げます。 」 このケースでは「お客様のお役に立てなかったこと、誠に申し訳ございません。 」と述べるのが適当です。 使い方・例文 相手にお願いをするときに このような件でご連絡させていただき大変恐縮ですが、今回の依頼の件でお力添えいただけますでしょうか。 お力添え頂ければ大変有り難いのですが、難しいようでしたらお断りして頂いても構いません。 今案件について、お力添えいただければと思っております。 お礼の言葉を述べるときに 本件についてお力添え頂けたこと、誠に感謝します。 これまで皆様のお力添えで多くの事業を成功させることができたこと、厚く御礼申し上げます。 大変多くの方のお力添えを賜りました。 心よりお礼申し上げます。 今回の件について、大変お世話になりました。 今後ともお力添えの程、宜しくお願い致します。 新年を迎える事が出来たのも、皆さまのお力添えの賜物と、心より感謝しております。

次の