ファモチジン 市販 薬。 逆流性食道炎におすすめの市販薬

胃痛の対策|くすりと健康の情報局

ファモチジン 市販 薬

ファモチジン錠「クニヒロ」はガスター10と同成分 ファモチジン錠「クニヒロ」もガスター10も同じ「ファモチジン」という成分になっています。 ガスター10と同じ成分の薬は他にも 「ベッセンH2」なども同じ成分になります。 どうして同じ成分の薬が複数発売されているのか簡単に言うと、ファモチジン錠「クニヒロ」はガスター10の ジェネリック医薬品の様な位置付けになるんです。 ジェネリック医薬品というものをざっくり説明しますと、薬は大きく2つから成り立っています。 1つは効果を発揮する「主成分」、もう1つは薬を作る過程で必要な「添加物」で成り立っています。 この2つで薬ができているんですが、そもそも薬を開発するのは時間が数十年かかり、さらに数千億円かかるとも言われています(ただし薬によって異なります)。 しかし薬は10数年経つとその作り方や成分の特許が切れてしまうんです。 すると他の会社がその成分や作り方を利用して一斉に作り始めるんですが、最初に作った会社とは違い数千億の開発費がかかっておらず、さらに効果はお墨付きですから広告を打たなくても済みます。 するとその分値段を安くする事が可能となるんです。 つまりファモチジン錠「クニヒロ」はそんなガスター10と同じ主成分になり、さらに値段はガスター10よりも安くて販売されています。 効能・効果や飲み方は全く一緒になります。 定価はファモチジン錠クニヒロもガスター10も1580円(12錠)ですが、実際の販売価格は ファモチジン錠クニヒロは半額程度になっています。 ファモチジン錠クニヒロの胃への効果 ファモチジン錠クニヒロの成分はその名の通り 「ファモチジン」になりますが、このファモチジンはどのような働きがあるのかと言うと 「胃酸の分泌を抑えてくれる」働きがあります。 では胃酸の分泌を抑えるとどうなるのか説明します。 胃は食べ物を溶かすために胃酸を出しています。 当然胃酸は胃を傷つけるためではなく 食べ物を溶かすために分泌されています。 そして胃酸は非常に強力です。 歯を溶かすぐらいの強さは余裕であります。 そんな胃酸から胃を守るために様々なものが分泌されています。 これを 「防御因子」と呼びます。 胃酸から胃を防御するため防御因子ですね。 通常胃の中は「胃酸」と「防御因子」のバランスが保たれて胃を傷つける事はありません。 しかしストレスや食生活などが影響し、胃の働きが悪いとこのバランスが崩れて胃酸の方が強くなってしまう事があります。 その結果胃酸が食べ物だけでなく「胃自体」を攻撃してしまい、胃痛だったり胃潰瘍を引き起こしてしまうんですね。 そしてファモチジンにはそんな 胃酸の分泌を抑えてくれる効果があり、胃を胃酸から守ってくれる事につながります。 ファモチジン「クニヒロ」が人気な理由 ファモチジン錠クニヒロやガスターは大変人気がある商品です。 胃薬と言えば色んな成分を何種類も配合しているイメージがありますが、このファモチジン錠クニヒロやガスター10の成分は「ファモチジン」しか入っておりません。 それでも大人気です。 その理由としてはやはり 「胃酸を抑える力が圧倒的に強い」事が挙げられるでしょう。 胃酸を抑える成分はたくさんあります。 同じ様な働きのある「シメチジン」や「ラニチジン」などもあります。 しかしそれらと比較しても「ファモチジン」はかなり強く胃酸の分泌を抑えてくれるんです。 市販薬の中で 胃酸を抑える作用は現時点では一番強いと言って間違いありません。 この効果の強さが多くの人に支持される理由となります。 ファモチジン錠クニヒロがおすすめな人 胃痛や胸やけがある人にはファモチジン錠クニヒロは大変適しています。 また、これまでガスターを使用して症状の改善が見られた人や、ガスターは少し高いなあと思っていた人などには効果はほぼ同じと考えてもらっていいので、結果値段が安い薬となりますのでかなりおすすめの薬となっています。 ただ問題なのが症状によってはファモチジンでは治らず、 早めに病院を受診した方が良いケースがありますので紹介します。 ・周りにも同じような症状が起きている場合 ノロウイルスやロタウイルスなどによる感染性の胃腸炎の可能性があります。 下痢や嘔吐を伴う場合は特に脱水症状に注意してください。 ・出血がある場合 胃潰瘍や十二指腸潰瘍が起きている場合があります。 もし 吐血したり黒っぽい嘔吐物があったり、便が黒くなっていたりする場合は注意してください。 ・症状の改善がない場合 もし 3日経っても改善が見られない場合や、薬を使用していても 全く症状が変わらない場合は受診するようにしましょう。

次の

病院と同じ市販の胃薬を紹介!|おすすめの市販薬を最速で選ぶ

ファモチジン 市販 薬

ガスモチンは、胃腸の働きを高めて胸やけや吐き気などを鎮める胃腸薬です。 慢性胃炎や逆流性食道炎などの治療で用いられることが多い処方薬で、ジェネリック医薬品(後発医薬品)もたくさんありますが、 まったく同じ作用を持つ市販薬はありません。 忙しくてすぐに病院に行けない場合など、ガスモチンの代用として市販薬を選ぶ場合、どのような点に注目すればよいのでしょうか。 効能効果もあわせて紹介します。 ガスモチンの効能効果 胃や腸など消化管の動きが鈍くなると、食べ物の消化に時間がかかり胃腸の負担が大きくなります。 ガスモチンは胃腸のぜん動運動を高めて胃酸の逆流を防いだり、消化を促進するよう働きかける薬で、慢性胃炎に伴う消化器症状(胸やけや悪心・嘔吐など)や、逆流性食道炎の治療に用いられています。 モサプリドクエン酸塩は、消化管に存在するセロトニン受容体を刺激して、神経伝達物質であるアセチルコリンの分泌を促進。 その結果、副交感神経の働きが高まって、次のような効果をもたらします。 ・ 薄い唾液を大量に分泌させ、消化を助ける ・ 胃の消化運動を促進する ・ 腸のぜん動運動を促進する ・ 胃液や膵液など、消化液の分泌を増加させる等 セロトニン受容体は私たちの体のあらゆる部分に存在しますが、ガスモチンは胃や大腸にあるセロトニン受容体だけを選択的に刺激するよう開発されました。 これにより、他のセロトニン受容体作動薬で心配される脳や脊髄に対する作用やホルモン系に関わる副作用を軽減できたことが、ガスモチンの大きな特徴です。 ミナカラおくすり辞典 : 、、 ガスモチンの代わりに使う市販薬は? 市販の胃腸薬には、有効成分にモサプリドクエン酸塩水和液を使用した薬がないため、残念ながらガスモチンと まったく同じ効能効果をもつ市販薬はありません。 病院に行く時間がない等、ガスモチンを処方してもらうのが難しい場合、次のポイントで市販薬を選んでみましょう。 ・ 胃酸の分泌を調整する作用があること ・ 胃腸の運動機能を改善する作用があること 慢性胃炎には胃食道逆流型と運動不全型があり、胃酸の分泌過多や運動機能の衰えによってさまざまな不快な症状を引き起こしています。 逆流性食道炎も、胃から食道への逆流を防ぐ機能が衰えたり、胃酸の分泌が増え過ぎたりして起こるので、これらを改善する成分が配合された胃腸薬が選択のカギとなります。 胃酸の分泌調整にはH2ブロッカー 食べ過ぎ・飲み過ぎやストレスなどで体内でヒスタミンが作られると、胃粘膜にあるH2受容体を刺激して胃酸の分泌が盛んになって胃酸過多となります。 H2ブロッカー(H2受容体拮抗剤)は、ヒスタミンより先に胃粘膜のH2受容体と結びついて過剰な胃酸の分泌を抑える薬です。 H2ブロッカーの働きをもつ有効成分には ・ファモチジン ・ニザチジン ・ラニチジン ・ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩 などがあります。 これらの成分が配合された市販薬の主なものは、次のとおりです。 胃の運動機能改善には健胃(整胃)剤 健胃剤とは弱った胃の働きを高める薬のことで、食前に服用します。 主に漢方が使われ、生薬の成分の独特の味や香りの中には、唾液や胃液の分泌を促し、胃の働きを活発にする作用があるとされています。 センブリ: 苦味成分が胃粘膜を刺激し、唾液や胃液の分泌を促進。 胃腸の運動も改善します。 ウイキョウ: 甘い香りが唾液の促進を促すとともに、血行を促進して胃腸の働きを高めます。 ケイヒ: クスノキ科の樹皮を乾燥させたもので、胃腸の機能を整え、血液循環を改善する作用もあります。 チョウジ: 胃を温め、停滞しているものを動かす作用があります。 チンピ: ミカン科の果皮を乾燥させたもので、香り成分がストレスを和らげ、血流を改善する作用があります。 総合胃腸薬は複数の成分が配合されているので、自分の症状に合った成分が入っているかを確認して選んでください。 おわりに 慢性胃炎には過度の喫煙や飲酒、加齢による胃の老化、ストレスなども関係しており、薬の服用をやめると再発することが多いとされています。 ピロリ菌感染によって慢性胃炎が起きている場合は、薬による除菌治療を考えなければなりません。 症状がなくなったとしても胃炎が治ったとは限らないので、自覚症状がなくなっても油断せずに、医師の指示のもと薬の服用など治療を続けてください。 また薬だけに頼るのではなく、規則正しい生活を送り、胃に負担をかけない食事を心がけましょう。

次の

ファモチジン錠「クニヒロ」はガスター10と違う!?|おすすめの市販薬を最速で選ぶ

ファモチジン 市販 薬

はじめにお読みください 当サイトは医学的な根拠(医師による意見・厚生労働省ホームページ・薬剤師による意見等)を示し、実際に自分自身が逆流性食道炎を治療した際の実体験に基づく情報だけをご紹介するように心がけておりますが、すべての方に同じように効果があるわけではありませんので、予めご了承いただければ幸いです。 『逆流性食道炎の症状があるけれど、忙しくてなかなか病院に行けない』『とりあえず市販薬で何とかしたい』と考えている方も多いのではないでしょうか。 私自身も、逆流性食道炎の症状があった時には、仕事を休むことができなかったため、病院に行く暇もあまりありませんでした。 病院に行けない時は、市販薬に頼るしかないですよね。 もちろん、病院での適切な検査は必要ですが、市販薬でも症状が緩和される場合があります。 今回は、逆流性食道炎におすすめの市販薬について、ご紹介したいと思います。 逆流性食道炎で特にこんな症状がある時におすすめ 普段から胃痛や 胸焼けがある方 逆流性食道炎が軽度の場合は、市販薬『ガスター10』で症状が改善することもあります。 ガスター(一般名:ファモチジン)は「 H2受容体拮抗薬(通称:H2ブロッカー)」に分類される 胃酸の分泌を抑える薬です。 胃酸の分泌を抑えるので、不快な胃痛・胸焼けなどの症状が改善する可能性があります。 なお、市販薬『ガスター10』が 第1種医薬品のため、 薬剤師がいる薬局でないと購入できませんのでご注意ください。 従来の市販の胃薬は、出すぎた胃酸を中和するものが主でしたが、 H2ブロッカーは胃酸の分泌をブロックして治療します。 引用: 逆流性食道炎で特にこんな症状がある時におすすめ ストレスで 胃の痛みを感じる方 前項にて『ガスター10』をご紹介しましたが、『ガストール』は同じ胃痛でも、 ストレスで胃痛を感じやすい方におすすめの市販薬です。 『ガストール』は、 「M1ブロッカー」が配合された市販薬です。 『ガスター10』の 「H2ブロッカー」のほうが 胃酸を止める効果は強いですが、『ガストール』の 「M1ブロッカー」には ストレスによる胃酸分泌を抑える効果があります。 私の場合、ストレスで胃痛を感じやすいタイプなので、『ガスター10』よりも『ガストール』のほうが身体に合っていました。 「ガストール」に配合されているピレンゼピン塩酸塩(M1ブロッカー)は、アセチルコリンがECL細胞に作用するときのM1受容体をブロックし、アセチルコリンによる「ヒスタミンの放出」を抑えます。 結果的に、胃酸が多く分泌されるのを抑えるため、とくに 「ストレスなどで胃酸が多く出て胃痛が起こってしまう人」が服用すると、本来必要のない 胃酸の過剰分泌を抑え、胃痛を楽にしてくれます。 引用: 逆流性食道炎におすすめの市販薬 エーザイの「サクロン」 逆流性食道炎で特にこんな症状がある時におすすめ 胃もたれ・消化不良の症状がひどい方 「胃にベ~ル、セルベール」のCMでお馴染みの『セルベール』。 『セルベール』は、 弱った胃を粘液のベールで整える胃薬です。 そのため『セルベール』は、逆流性食道炎に加え、 胃もたれ等の症状があり、 胃が弱っている方におすすめしたい市販薬です。 私の場合は胃弱なので、『セルベール』には普段からよくお世話になっています。 ちなみに、 『セルベール』と 『新セルベール整胃』がありますが、 効果効能はほぼ同じです。 『新セルベール整胃』には脂肪の消化酵素である 「リパーゼAP6」が追加配合されています。 普段から胃の弱りを感じる、このような方におすすめです。 ・「胃もたれ」「胸やけ」などの症状を漫然と繰り返す方 ・少し無理をしたり、少し胃に負担がかかるだけで不快な症状を感じる方 セルベール整胃錠は、胃酸などの刺激から胃の粘膜を守る「胃粘液」を増やし、さらに胃の運動を活発にして弱った胃の状態を整えます。 セルベール整胃錠は、1回1錠で効く飲みやすい錠剤です。 引用:.

次の