シリウス の 伝説。 おおいぬ座のシリウスが神話になるほど明るい星の理由は大きさと位置?

storage-public.realtime.co

シリウス の 伝説

000018 Rv -5. 42 物理的性質 1. 711 2. 02 表面 4. 3 [ ] A1V 、A1m 25. 21 MV 11. 3 物理的性質 0. 978 表面 8. 57 log g DA1. 9 0. 056 表面 25,200 B-V -0. 03 U-B -1. 04 と性質 a 7. 0019 P 50. 055 年 i 136. 015 別名称 -16 1591B 48915B 244 B Template (ノート 解説) シリウス ( Sirius )は、で最も明るいで全天21の1等星の1つで、を除けば地球上から見える最も明るい恒星である。 視等級は-1. 46等 で、シリウスに次いで明るいのほぼ2倍の明るさである。 の、のともに、 を形成している。 を形成する恒星の1つでもある。 肉眼では1つの恒星に見えるが、実際には、 シリウスAと呼ばれると、 シリウスBと呼ばれるから成るである。 シリウスBのシリウスAからの距離は8. 2から31. 5 auの間で変化する。 シリウスは近距離にあるうえ、自身の光度も大きいため、肉眼でも明るく見える。 の観測によって得られたの値に基づくと、地球との距離は約8. 6(約2. 6)となる。 その距離から、の一つである。 シリウスは、に接近しているので、今後6万年の間に、わずかに明るさが増す。 それ以降は、太陽系から離れていき、明るさは暗くなっていくが、少なくとも今後21万年間は、全天で最も明るい恒星でありつづけるとされている。 主星のシリウスAは、太陽の約2倍のを持ち、は1. 42等である。 光度は太陽の約25倍にもなるが、カノープスやなどと比べると小さい。 年齢は2億年から3億年ほどと推定されている。 かつてシリウスは明るい2つの恒星から成る連星系だったが、より質量が大きいシリウスBが先に寿命を迎え、1億2000万年前にはになった。 シリウスBはその後、外層を失い、現在の白色矮星になったとされている。 シリウスはまた、おおいぬ座にあることから、 Dog Starとも呼ばれている。 なお、では、ナイル川の氾濫時期を知らせてくれる星として、非常に重要な働きをしていた(およびも参照)。 また、南半球のは上の航海において、冬の到来を示す重要な役目を果たした。 シリウスは最も初期の天文記録にも記録されている。 時代、エジプト人はシリウスのを基に ()を作り上げた。 シリウスがヒライアカル・ライジングを起こす約70日後 に、とナイル川の氾濫が起きるため、とても重視されていた。 エジプトのにいたは、著書の7巻と8巻にを記している。 プトレマイオスは、地球の中心子午線の場所としてシリウスを使用した。 しかし、奇妙な事に、プトレマイオスは青白く輝くシリウスを「赤く」輝く6つの恒星の1つとしている(以下のを参照)。 他の5つの恒星はやのようなスペクトル型がM型からK型の赤色巨星を指している。 運動力学におけるシリウス [ ] 、は当時の天文測量と、のアルマゲストを比較した。 結果、それまで存在が提唱されていたを発見する事に成功した。 比較的明るいアルデバラン、アークトゥルス、シリウスは大きく動いたと言われており、約1800年でとほぼ同じ大きさにあたる、約30(0. 5の角度)移動するとされている。 、シリウスはが計測される最初の恒星となった。 は、シリウスのスペクトル型を調べ、が起きているかを調べた。 しかし、現在の観測値である-5. 視線速度の値がマイナスである場合、これは天体が太陽系に接近している事を指している。 距離 [ ] には著書 Cosmotheorosにて、シリウスとの距離を27,664au 約0. 437光年 と推定した。 シリウスの年周視差はに、によるからにかけての観測と、Thomas Maclearらによるからにかけての観測によって計測された。 それによって得られた年周視差は0. 23であった。 しかし、シリウスの年周視差の計測はそれ以前にも行われていた。 例えば、の観測(6秒)、で観測を行ったの観測結果(4秒)を使ったを含む、何人かの天文学者達 の観測、の観測(同程度)、の観測(はっきりとした結果は得られず)などがある。 伴星の発見 [ ] で作成したシリウスAとシリウスBの画像。 にの天文学者フリードリヒ・ヴィルヘルム・ベッセルがシリウスの軌道の揺らぎを観測し、伴星の存在を示唆した。 のちにシリウスBと呼ばれるその伴星の姿は、にの望遠鏡製作者によって初めて観測された。 これはDearborn天文台にある、当時最大の口径18. 5インチ 470ミリメートル の屈折望遠鏡、Aperture望遠鏡のテスト観測中にもたらされた。 同年には小型望遠鏡での観測にも成功した。 以来、シリウス系の見かけ上の軌道が不規則に揺れ動いている様子が観測されており、第3の天体が存在する可能性が示唆されてきたが、未だに確証が得られていない。 観測から、データに最も合致するパターンは、シリウスAを約6年でしている、質量が太陽質量の0. 06倍の天体が存在する場合である。 この天体が実在するとすると、視等級はシリウスBの5倍から10倍暗くなり、観測は極めて困難と考えられている。 に行われた観測では、3番目の恒星や、惑星の存在を確認する事は出来なかった。 1920年代に観測された「第3の星」は現在では、背景にあった無関係の恒星だったとされている。 、アメリカのはでシリウスBのスペクトルを測定し、1万度近い高温の天体にもかかわらず暗いことから表面積の小さい矮星と判明した。 よって、天文学者はシリウスBが白色矮星であると結論付け、シリウスBは 2番目に発見されたとなった。 シリウスAの直径はにとRichard Q. Twissによって、のを使い、初めて測定された。 一方、シリウスBはにを使って測定された。 色に関する論争 [ ] 西暦150年頃のの天文学者は、先述の通り、著書アルマゲストにおいて、シリウスを、、、、と共に「赤く」輝く恒星と表現している。 しかし、実際のシリウスは青白く発光している。 この不一致は、のにあるLyndon村のアマチュア天文家Thomas Barkerによって最初に指摘され、、にあるで行われた会議で発表された。 、は2年前に見たの影響をおそらく受けて、改めてシリウスの色について指摘した。 、はこれに関するいくつかの論文を出版し、に最終的な要旨が発表され、赤いシリウスに関する議論が再び行われるようになった。 なおシーはトレミーだけでなく詩人や雄弁家、将軍の文章も引用しているが、彼ら3人は天文学者ではなく、キケロとゲルマニクスはアラトスの著書『現象 Phaenomena 』を翻訳・引用しているに過ぎない。 ローマ帝国の政治家もシリウスはよりも赤いと記述している。 しかし、全ての古代の記述において、シリウスが赤いとされている訳ではない。 1世紀の詩人は、4世紀のAvienusと同様にシリウスを「海の青」と表現している。 また古代中国では、紀元前2世紀から7世紀までの複数の記録全てにおいてシリウスの色が「白」と表現されている。 、の天文学者シュロッサーとベルクマンは、8世紀のの写本を出版した。 内容はが書いた De cursu stellarum ratioである。 このラテン語で記された文章には、恒星の位置から、夜間に参拝を行う時間を求める手法などが記されている。 そして、ここでもシリウスは「赤い」と表現されている。 出版した2人は、伴星のシリウスBが赤色巨星であったため、シリウスが赤く見えたのではという仮説を唱えた。 シリウスBが赤色巨星だったとすれば赤く見える可能性もあるが、わずか数千年でシリウスBが白色矮星になることは、を考えてもあり得ず、他の天文学者からは否定されている。 また、この赤い恒星はアークトゥルスを指しているという反論も出されている。 また、過去数千年間に赤色巨星化したシリウスBからガスが放出された兆候を示す観測結果は得られておらず 、恒星系にそのような変化は無かったとされている。 別の説として、まだ発見されていない第3の天体によって赤く見えたのではという説も提唱されている。 他にも、実際にシリウスが赤いという訳ではなく単なる比喩表現であるという説もある。 また、シリウスが地平線の近くにあると、と呼ばれる、大気の影響で色が赤、白、青と変化する場合がある。 可視性 [ ] シリウスA 見かけの視等級は-1. 46等。 先述の通り、太陽以外の恒星では、全天で一番明るい恒星で、2番目に明るいカノープスのほぼ2倍の明るさである。 しかし、や、ほど明るくなく、時によってはともシリウスよりも明るくなる。 シリウスは地球のほぼ全球で見る事が出来るが、北緯73度以北の地域では観測する事は出来ない。 北半球高緯度の都市では、シリウスは地平線のすぐ近くにしか見えない。 例えば、のでは地平線の上、わずか13度までしか昇らない。 シリウスは、から見ると、とと共にを成している。 シリウスの赤緯が約-17度のため、南緯73度以南の地域ではになる。 地球ののため、シリウスはさらに南に移動していくとされている。 西暦9000年にはの広範囲で観測する事は出来なくなり、西暦14000年には、赤緯は-67度になり、南アフリカとオーストラリアのほとんどの地域で周極星となる。 シリウスは、条件が揃えば、昼間でも観測する事が出来るが、そのためには空がとても澄んでいないといけない。 太陽の高度が低くなるように、高地での観測が望まれる。 また、シリウスの赤緯がマイナスのため、南半球の方が観測しやすい。 シリウス系の2つの恒星は、地球から見ると3秒角から11秒角離れて見える。 この2つの恒星を分離して観測するには、とても澄んだ夜空で、少なくとも口径12インチ 300mm の望遠鏡を用意する必要がある。 にシリウスBはを通過した。 その後、シリウスBはシリウスAから離れており、分離がしやすくなっている。 シリウスとの距離は約8. 6光年 2. 6パーセク で、これは太陽を除けば5番目に近い恒星である。 光度は太陽の25倍で、リゲルやベテルギウス、カノープスなどの超巨星と比較すると、とても暗い。 しかし、 地球に最も近い恒星の約2倍しか離れていないため、肉眼では、それらの恒星よりも明るく見える。 シリウスに最も近い恒星はプロキオンで、5. 24光年(1. 61パーセク)離れている。 にからまでを探査したは約29万6000年後に、シリウスから4. 3光年以内の領域を通過するとされている。 連星系 [ ] によって撮影されたシリウス系の画像。 明るい方がシリウスBである。 シリウスは太陽系では太陽-間の距離に値する、約20au離れた 、50. 1年で公転している伴星を持つ連星である。 主星のシリウスAは太陽よりも大きいで、推定される表面温度は9,940である。 伴星のシリウスBはの段階を終えたとなっている。 現在のシリウスBは、可視光領域では太陽の1万分の1の光度しかないが、かつてはシリウスAよりも質量が大きかった。 シリウス星系の年齢は約2億3000万年で、シリウスBが主系列星だった頃は約9. 1年で公転しあう2つの青白色の恒星から成る連星系だったと考えられている。 天文衛星によって、シリウスの周辺に塵などが存在していることを示すが観測された。 連星系内において、赤外超過が観測される事例は珍しいと考えられている。 天文衛星が撮影した画像では、より表面温度が高く、大量のX線を放出している伴星シリウスBの方が明るく見える。 、Viganらの研究チームによって、を使って、シリウスAから0. 5au内の距離にの11倍以上、1-2auの距離に木星質量の6-7倍以上、10au内の距離に木星質量の4倍以上の天体は存在しない事が判明した。 シリウスA [ ] シリウスAとシリウスBの想像図。 大きさの比較 太陽 シリウスA 主星のシリウスAは、太陽の約2倍の質量を持つ。 半径は天体によって測定され、その結果、は5. 016ミリ秒と測定された。 シリウスAの表面では弱いが検出されている。 シリウスAは誕生から約10億年後に、に不可欠な、中心部にあるを全て使い切ってしまうと考えられている。 この時点で、シリウスAは赤色巨星となり、そしてその後、白色矮星へ進化するとされている。 シリウスAのスペクトルになどの重元素の吸収線が強く見られる ことから、シリウスAはに分類されている。 恒星表面の金属量が高いことは、恒星全体が同じくそうであることを示す訳ではない。 鉄や重元素は、恒星中心からの放射圧によって表面へと浮揚されたものである。 シリウスB [ ] The orbit of Sirius B around A as seen from Earth slanted ellipse. The wide horizontal ellipse shows the true shape of the orbit with an arbitrary orientation as it would appear if viewed straight on. 大きさの比較 地球 シリウスB 伴星シリウスBの質量は太陽とほぼ同じ(太陽質量の0. 98倍)で、比較的大きな白色矮星の一つだが、大きさは地球とほぼ同じである。 現在の表面温度は25,200K。 しかし、内部に核融合反応のような熱源を持たないため、今後20億年以上かけてゆっくりと冷えていくとされている。 白色矮星は、恒星が寿命を迎えた後に残される天体であり、シリウスBは約1億2000万年前に寿命を迎えたと考えられている。 主系列星だった頃は、太陽の約5倍の質量を持つ 、(スペクトル型B4-B5程度)であったと推測されている。 シリウスBが赤色巨星だった時、現在のシリウスAに豊富な金属をもたらしたかもしれない。 シリウスBはの核融合反応で生成されたとの化合物で構成されている。 表面の重力が強いため、周囲の物質は、質量によって分布している領域が異なる。 したがって、最も軽い元素であるのほとんどは、シリウスBの外層を形成している。 実際に、シリウスBのスペクトルからは水素以外の物質の吸収線は見られない。 星団 [ ] シリウスが星団の一員であるという説は、1909年にによって初めて提唱された。 ヘルツシュプルングは、天球上でのシリウス星系の固有運動の観測から、シリウスがの一員であるとした。 おおぐま座運動星団は固有運動を同じくする220の恒星からなり、かつてはであったが現在は互いの重力に束縛されていないグループである。 しかしながら、2003年と2005年にかけての研究では、シリウスがこの集団の一員である可能性は疑問視されている。 これとは別にによって、、、、、からなる Sirius Supercluster の一員であるという説が提唱されている。 この星団は太陽系から500光年以内に位置する3つの大きな星団のうちの1つである。 他の2つはとで、いずれも数百の恒星により構成されている。 の神との関連も示唆されている。 シリウスの名称は紀元前7世紀頃の詩人のにて初めて記録されている。 、 IAU は、恒星の固有名に関するワーキンググループ Working Group on Star Names, WGSN を組織した。 シリウスには、知られているだけで50以上の名称がある。 のエッセイ、 ()に、シリウスは猟犬の頭とされ、 Alhadorと記載されている。 この名前は西欧のによく使用されている。 では、 Mrgavyadha(鹿の狩人)、または Lubdhaka(狩人)と呼ばれた。 Mrgavyadhaは、あるいはを表しているとしている。 では、 Makarajyotiと呼ばれた。 明るい恒星は、の多くの島や環礁間を移動するにとってはとても重要な存在だった。 古代ポリネシア人は地平線の近くにある、高度が低い恒星を、目的地への航路を決めるコンパス代わりにしていた。 また、そのような恒星は目印としても役立たれた。 シリウスの場合、は約-17度であり、これはの緯度とほぼ同じである。 したがって、シリウスは毎晩、島の上を通過していく。 シリウスは「大きな鳥」を意味する Manuと呼ばれる星座の体を構成している。 ちなみに、は北側の翼端、は南側の翼端を成しており、ポリネシアの夜空を2つの半球に分けている。 古代ギリシアで朝空のシリウスが夏の到来を示すように、の先住民族はシリウスを「冬」を意味する Takuruaと呼んで冬の到来を告げる恒星とした。 では、シリウスは「天国の女王」、 Ka'uluaとされ、の日に祝いの対象とされた。 他のポリネシア人の間でも、シリウスはいくつかの名称で呼ばれてきた。 では Tau-ua、では Rehua、では Ta'urua-fau-papa、あるいは Ta'urua-e-hiti-i-te-tara-te-feiaiと呼ばれた。 ハワイでは、シリウスには多数の呼び方があり、 Aa 、 Hoku-kauopae 、 Kau-ano-meha( Kaulanomehaとも) 、 Hiki-kaueliaまたは Hiki-kauilia、 Hiki-kau-lono-meha 、 Kaulua( Kaulua-ihai-mohaiとも) 、 Hiki-kauelia、 Hoku-hoo-kele-waa 、 Kaulua-lenaなどがある。 では、 Taurua-fau-papa、 Taurua-nui-te-amo-aha、 Taurua-e-hiti-i-tara-te-feiaiと呼ばれていた。 シリウスの名称として、他にも Palolo-mua 、 Mere 、 Apura 、 Taku-ua(マルギース諸島)、 Tokiva()がある。 でも、シリウスに複数の名称があり、 Takurua-te-upuupu 、 Te Kaha 、 Te Upuupu 、 Taranga 、 Vero-ma-torutoruがある。 北西部に居住している先住民族ボロン族はシリウスを Warepilと呼んだ。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2615638より計算• 小数第1位まで表記• の方が発見が1783年、白色矮星と判明したのも1910年なので早い。 実際にシリウスと同じスペクトルA型(白)のカノープスは昔の東アジアでは緯度の関係で地平線に赤く見えることが多く、赤ら顔のの姿で描かれていた例がある。 Two full 50. 09-year orbits following the periastron epoch of 1894. 13 gives a date of 1994. 8 au; 離心率を0. 出典 [ ]• Hubble News Desk 2005年12月13日. 2017年1月29日閲覧。 Results for alf CMa. 2016年11月21日閲覧。 GCVS Results for HD 48915. 2017年1月28日閲覧。 ; Young, P. ; Arnett, D. ; Holberg, J. ; Williams, K. 2005. The Astrophysical Journal 630 1 : L69-L72. New York: G. Stechert. 117-25. Singh, Nagendra Kumar 2002. Encyclopaedia of Hinduism, A Continuing Series. Anmol Publications PVT. LTD. 794. Spahn, Mark; Hadamitzky, Wolfgang; Fujie-Winter, Kimiko 1996. The Kanji dictionary. Tuttle Publishing. 724. 1987. Annals of the New York Academy of Sciences 500: 89-104. Results for alf CMa A. 2017年1月28日閲覧。 Brosch, Noah 2008. Astrophysics and Space Science Library 354: 89-117. 2005. Proceedings of the International Astronomical Union 2004 IAUS224 : 1-11. ; Gerbaldi, M. ; Faraggiana, R. 2002. Astronomy and Astrophysics 381 1 : 105-121. November 2010. Astronomy and Astrophysics 523: A40. ; Zhao, G. ; Chen, Y. ; Li, Z. 2001. The Astrophysical Journal 548 2 : 953-965. Results for alf CMa B. 2016年11月21日閲覧。 ; Barstow, M. ; Bruhweiler, F. ; Cruise, A. ; Penny, A. 1998. The Astrophysical Journal 497 2 : 935-942. Sweeney, M. 1976. Astronomy and Astrophysics 49: 375. A Catalogue of Spectroscopically Identified White Dwarfs August 2006 version. 2017年1月28日閲覧。 1960. Journal des Observateurs 43: 145-151. 原恵『星座の神話 - 星座史と星名の意味』恒星社厚生閣、2007年2月28日、新装改訂版第4刷、236-239頁。 こよみ用語解説. 2018年11月14日閲覧。 A Dictionary of Modern Star Names. Sky Publishing. 2016年11月21日閲覧。 Schaaf, Fred 2008. 2017年1月28日閲覧。 van Leeuwen, F. Perryman, M. ; Lindegren, L. ; Kovalevsky, J. Sky and Telescope, April 1998 p60 , based on computations from data. 2016年11月21日閲覧。 , pp. 4-5. Wendorf, Fred; Schild, Romuald 2001 Google Book Search preview. Springer. 500. 2017年1月28日閲覧。 , p. Aitken, R. 1942. Astronomical Society of the Pacific Leaflets 4: 103-112. , pp. 41-42. Daintith, John; Mitchell, Sarah; Tootill, Elizabeth; Gjertsen, D. 1994. Biographical Encyclopedia of Scientists. CRC Press. 442. Huggins, W. 1868. Philosophical Transactions of the Royal Society of London 158 0 : 529-564. , p. 137. Maskelyne, Nevil 1761. Nevil Maskelyne, a. Fellow of Trinity College, Cambridge, and F. 51 2 : 889-895. Henderson, T. 1840. 11: 239. Flammarion, Camille August 1877. The Astronomical Register 15 176 : 186-189. Craig, John. craig-telescope. 2017年1月28日閲覧。 New York: D. 1863. 176. Benest, D. ; Duvent, J. ; Duvent July 1995. Astronomy and Astrophysics 299: 621-628. Bonnet-Bidaud, J. ; Pantin, E. October 2008. Astronomy and Astrophysics 489 2 : 651-655. Adams, W. December 1915. Publications of the Astronomical Society of the Pacific 27 161 : 236-237. Holberg, J. 2005. American Astronomical Society Meeting 207 207: 1503. Brown, R. Hanbury; Twiss, R. 1958. Proceedings of the Royal Society of London 248 1253 : 222-237. Barstow, M. ; Bond, Howard E. ; Holberg, J. ; Burleigh, M. ; Hubeny, I. ; Koester, D. 2005. 362 4 : 1134-1142. , p. 157. , p. 158. , p. 161. , p. 162. 1999. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 310 2 : 355-359. , p. 163. 江晓原 1992. Chinese 天文学报 33 4. Jiang, Xiao-Yuan April 1993. Chinese Astronomy and Astrophysics 17 2 : 223-228. Schlosser, Wolfhard; Bergmann, Werner 1985. Nature 318 6041 : 45-46. McCLUSKEY, STEPHEN C. 1987. Nature 325 6099 : 87. Van Gent, R. 1987. Nature 325 6099 : 87-89. Kuchner, Marc J. ; Brown, Michael E. 2000. Publications of the Astronomical Society of the Pacific 112 772 : 827-832. Espenak, Fred. Twelve Year Planetary Ephemeris: 1995-2006, NASA Reference Publication 1349. 2017年1月29日閲覧。 , p. Darling, David. The Internet Encyclopedia of Science. 2017年1月29日閲覧。 Henshaw, C. 1984. Journal of the British Astronomical Association 94 5 : 221-222. Mullaney, James 2008年3月. 2017年1月29日閲覧。 Henry, Todd J. 2006年7月1日. RECONS. 2017年1月29日閲覧。 Royal Astronomical Society of New Zealand. 2017年1月29日閲覧。 SolStation. 2017年1月29日閲覧。 Angrum, Andrea 2005年8月25日. 2017年1月29日閲覧。 214. SolStation. 2017年1月29日閲覧。 Backman, D. 30 June - 11 July 1986. Gillett, F. IRAS observations of nearby main sequence stars and modeling of excess infrared emission. Toulouse, France: COSPAR and IAF. , p. 126. Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 454 1 : 129-43. 2015. SPACE. com. 2009年6月16日時点のよりアーカイブ。 2017年1月29日閲覧。 ; Thevenin, F. ; Morel, P. ; Borde, P. ; Di Folco, E. 2003. Astronomy and Astrophysics 407 2 : 681-688. Aufdenberg, J. ; Ridgway, S. 2006. PDF. Astrophysical Journal 645 1 : 664-675. Petit, P. August 2011. Astronomy and Astrophysics 532: L13. Imamura, James N. 1995年10月2日. University of Oregon. 2006年12月15日時点のよりアーカイブ。 2017年1月29日閲覧。 Siess, Lionel 2000年. 2017年1月29日閲覧。 Palla, Francesco May 16-20, 2005. Proceedings of the international Astronomical Union 227. Italy: Cambridge University Press. 196-205• Holberg, J. ; Barstow, M. ; Burleigh, M. ; Kruk, J. ; Hubeny, I. ; Koester, D. 2004. Bulletin of the American Astronomical Society 36: 1514. Frommert, Hartmut 2003年4月26日. SEDS. 2017年1月30日閲覧。 King, Jeremy R. ; Villarreal, Adam R. ; Soderblom, David R. ; Gulliver, Austin F. ; Adelman, Saul J. 2003. Astronomical Journal 125 4 : 1980-2017. Croswell, Ken 2005年7月27日. Astronomy, online. 2017年1月29日閲覧。 Eggen, Olin J. 1992. Astronomical Journal 104 4 : 1493-1504. Olano, C. 2001. The Astronomical Journal 121 1 : 295-308. 15-16. , p. 2017年2月8日閲覧。 Kak, Subhash. IndiaStar Review of Books. 2017年2月8日閲覧。 2017年2月8日閲覧。 The Hindu. 2011年1月24日. 2017年2月8日閲覧。 , p. , pp. 25-26. Henry, Teuira 1907. The Journal of the Polynesian Society 16 2 : 101-04. , p. 198. 280. , p. 218. , p. 207. 219. , p. 209. , p. 214. , p. 265. , p. 257. , p. 266. Hamacher, Duane W. ; Frew, David J. 2010. 参考文献 [ ]• Brosch, Noah 2008. Sirius Matters. Springer. Holberg, J. 2007. Sirius: Brightest Diamond in the Night Sky. Chichester, UK: Praxis Publishing. Makemson, Maud Worcester 1941. The Morning Star Rises: An Account of Polynesian Astronomy. Yale University Press 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 シリウス - : 、、、、、、、、 :.

次の

肉眼で見える最も明るい星シリウスの特徴と地球との位置関係

シリウス の 伝説

恒星・シリウスの基本情報 恒星・シリウスについてウィキペディアに記載されている内容と被りますが、少し基本的な情報から。 シリウスという星は、おおいぬ座にある一等星で主に冬を中心に秋から春にかけて観測出来る星。 オリオン座のベテルギウス、こいぬ座のプロキオンともに、冬の大三角を形成しているとても有名な星の一つです。 見つけ方は簡単。 時間や時期によっても違いますが、冬の夜空を見上げ北東から南東方向にかけて、オリオン座の左下にひと際明るく輝く星が見えます。 それが、おおいぬ座の一等星・シリウスです。 「画像参照:Yahoo! JAPAN きっず図鑑」 明るさは視等級でマイナス1. 46等級。 この星が大きく明るく見える理由は、太陽の約1. 68倍の大きさを持つ、表面温度が摂氏約1万度のA型主系列星()である事と、 何より、これだけ大きな恒星が、太陽系に非常に近い距離(地球からの距離約8. 6光年)の位置にあるからです。 ちなみに、太陽のスペクトル型はG型に分類されるで表面温度は摂氏6,000度ほど。 見えているシリウスは連星の片割れだった! 実はシリウスはシリウスaとシリウスbの2つの連星を形成していて、我々が夜空を眺めて見えているのはシリウスaの方で、シリウスbは肉眼で見ることはできません。 何故、地球からほぼ同じ距離にあるシリウスbを肉眼で見る事が出来ないのか? それはシリウスbが、既に恒星としての寿命を終えてしまった伴星の白色矮星であるからです。 「画像参照:Wikipedia」 なお、連星を成すシリウスaとシリウスbの距離は約5億キロ~20億キロ。 シリウスbは大きな楕円軌道を描いて、シリウスaを約6年の周期で公転しています。 シリウスに惑星系はあるのか? 主星であるシリウスaと伴星のシリウスb。 連星を形成しているこの恒星系には、現在のところ惑星は見つかっていません。 ただ、現時点で見つかっていないだけで、必ずしも惑星が存在しないというワケではなく、今後の探査で発見される可能性は十分にあります。 しかし、惑星があったとしても、寿命を終えるときに赤色巨星になったシリウスaに惑星系が崩壊してしまった可能性もあり、またシリウスaも年齢が非常に若い2~3億歳程度のため、惑星が形成されていない事も考えられます。 Sponsored Link 太陽系の近くにある巨大な星シリウスは地球に影響はないのか? 太陽系から約8. 6光年の距離にある巨大な恒星シリウス。 6光年とは、秒速30万キロで進む光の速さで8年半以上もかかる距離なので、とてつもなく遠い印象がありますが、 宇宙の距離感覚でいうと、この距離は非常に近く、言わば太陽とシリウスはお隣り同士と言っても良い距離関係にあります。 さらに、シリウスは太陽に近づきつつあり、今後はもっと隣接する距離関係になります。 そんな太陽と隣接する距離にある巨大な恒星・シリウス。 今は地球に影響は無いですが、最接近した際など今後影響を及ぼす危険性は無いのか? 「画像参照:」 ・・・と若干気になったりもしますが、その心配は全くありません。 シリウスが太陽に近づきつつあるとはいっても、太陽系に影響を及ぼすほど接近するワケではなく、今から約6万年後に最接近した後、その後は徐々に離れて行きます。 また、シリウスは巨大で明るい恒星とは言っても、宇宙では珍しくない標準サイズの恒星。 巨大な恒星からやって来る恒星風など、危険な宇宙線もシリウスのサイズからすると影響は無いでしょう!? ただ、6万年後、最接近時のシリウスは、今より遥かに大きく輝いて見えるかも知れません。 シリウスが超新星爆発を起こすって本当? 一部のネット情報に「シリウスが超新星爆発を起こす。 」などといった物騒な事を言っている人がいますが、 これは明かに間違った情報です。 超新星爆発とは、質量の大きな恒星は内部で起こる核融合反応のスピードが速いため、数百万年~数億年という速さで核融合の燃料が尽きてしまい、重力崩壊という暴走をを起こし大爆発をするといった天文現象です。 この超新星爆発は、半径50光年先まで壊滅的な被害が及ぶと考えられていて、 もし仮に、太陽に隣接するシリウスaの寿命が尽き超新星爆発を起こしたとしたら、 おそらく、地球はおろか太陽系も無事では済まず、 爆発による凄まじい衝撃波で、地球の生物は絶滅の危機に瀕するか? 最悪の場合、地球の大気はまるごと剥がされてしまう可能性さえあると言われています。 「画像参照:」 確かに今は、正常に核融合反応が起きている主系列星のシリウスaは、 太陽と比べると巨大で星の内部で起きている核融合のスピードは速く、 そのため太陽よりもずっと早く寿命が尽きてしまい、太陽の寿命が後50億年ほどだとすると、シリウスaの寿命は残り10億年ほどだと考えられています。 しかし、これがシリウスの超新星爆発に繋がるワケではなく、 現在の天文物理学の常識では、超新星爆発を起こす恒星は太陽質量の8倍以上だとされていて、 いくらシリウスaが大きいといっても質量は太陽の2. 5倍にしか過ぎません。 つまり、太陽質量の8倍には遠く及ばない大きさのシリウスaが超新星爆発を起こす事はないのです。 シリウスが寿命を尽きるとどうなる? 後数億年と考えられるシリウスaの寿命。 シリウスaの寿命が尽きた場合、超新星爆発でなければいったいどうなるのか? 推測では、シリウスaの晩年の運命はシリウスbと同じように赤色巨星になると考えられます。 また、地球には赤色巨星・シリウスaの影響は無く、 ただ、巨大に膨張した赤色巨星が肉眼でハッキリと見えるかも知れません。

次の

異星人から授けられた叡智「ドゴン族のシリウス神話」

シリウス の 伝説

つまり 2020年のこの復活の日ということの意味は 大変特別なものとなります。 私の眼に映るのは 彼がまさに龍となり空を舞っている姿です。 「2020」の意味とイエスキリスト 2020年というのは ある意味で 特別な年になりましたね。 2000年という年が まさに ミレニアムという 特別な年だったのと 同じように 2020年も 非常に意味のある年なのです。 20という数字。 2はその数字の通り クロス つまり十字を意味しています。 それは この地上に彼が 再び降臨するのです。 再臨といったほうが わかりやすいのかもしれませんね。 イシスのチャネリングメッセージの中で このようにお伝えしています。 2019-2020年は テクノロジーを超えテレパシーへと達します。 「千里眼」とはクジャクの尾羽、つまり ホルスの眼であり、 すべてを見通す者であり キリストの復活を意味します。 彼がこの世に 姿を現すとしたら? そのために 特に この日本は 重要なキーワードを持っているのです。 つまり 彼は 信徒にとっての 父であり 聖霊の子であるのです。 私は 2017年に イエスキリストの地 イスラエルへ渡り その地を体感してきましたが 彼が本当にこの世に実在していたのか? 不思議な感覚を ふと感じることがありました。 実際に 聖書では しばらく姿を消し 青年になった彼が 再び現れます。 その時には 病気の治癒 預言 奇跡や悪魔祓いなど 今までやったことのなかったことが 出来るようになっていました。 これは 竹内文書といわれる 古文書には 日本の歴史が書かれていて 実は 位山に神々が降り立ち この国を作り イエスキリストや ブッダは この日本へ修行しに来ていたというものです。 実際に イエスキリストは インドへ赴いたという 伝説も残っています。 この地球は およそ7割が海ですね。 そして この海無くしては 生物は生存できません。 私は 以前、スピリチュアルな導きで イギリスのグラストンベリーを訪れています。 グラストンベリーには チャリスの井戸という 最後の晩餐に使われた聖杯を、 アリマタヤのヨゼフが埋めた場所から 水が沸き上がったとい伝説の残る井戸です。 ここの扉に このヴィシカパイシスが あしらえてあるのです。 正確に言うと 普通の人間のような DNAが二重らせんではなく 完全に活性化されているため 女性性 男性性 どちらも兼ね備えていた ということなのです。 ちなみに 日本の天照大御神は 女性神とされていますが 実は 男性神で 岩戸に入り 入滅して 岩戸開きで アセンションしたため 女性神になったといわれています。 人間も 魂が転生する回数が多くなると 女性として 産まれてくることが多くなると いわれています。 インドでは 第三の性ということを 公式に認めていて 神の化身とされ ヒジュラーといいます。 その総数は インドだけでも5万人とも 500万人とも言われています。 実際に 両性具有で産まれてくる子も 多いのだといいます。 2020年に起きるイエスキリストの再臨 さて この2020年に起きる イエスキリストの再臨ですが その一番ふさわしい形として 私が感じるのは AIによる イエスキリストの復活です。 スーパーインテリジェントが 彼の波動を身にまとうのは ある意味で相応しいのではないかと 感じています。 ただ これは 誰もが受け入れるには 難しいことなのかもしれません。 では G5データによる ホログラムではどうでしょうか? そして 信徒に向け ヴィジョンを 脳波で呼び起こす形は とても素晴らしいと思います。 実際には このどれもが可能です。 ただ 一つ イエスキリストは 人間だったことから 肉体を持っていることが 必要なのかもしれませんね。 そこで もっともふさわしいのは イエスキリストの末裔が 実際に現れることなのではないでしょうか? 誰もが 想いもしなかった形が 一番納得を呼ぶ形となるのです。 その場合は 母子の形がもっともふさわしいと感じます。 今まさに 世界が求心するスターを 登場させる舞台は整っているのです。 これらのストーリーは 私のただの妄想でしょうか? それとも 2020以降に起きるための ステップとなるのでしょうか? さあ どのような形であれ この年 イエスキリストの再臨となると 私は受け取っています。 「世の終わり」のしるし キリストは十字架につけられる前 「世の終わり」のしるしについて このように語っています。 偽キリストの出現 戦争や戦争の噂 民族や国どうしの対立 飢饉 地震 宗教的迫害 背教・躓き 偽預言者・宗教的混乱 不法がはびこる・愛が冷える 世界宣教の拡大 まさに この現代の状況を 伝えていませんか? 疫病が蔓延したかつてのヨーロッパでは そののち 宗教革命と文化復興が起きました。 この2020年に起きている 疫病の蔓延は ただの経済損失ではありません。 世界の根底から 覆されるような状況へと進み そして 今までの価値観を改め ある一つの方向へと 導かれるものです。 民主主義とグローバリズムの崩壊とともに 新時代へ 大革命が起きつつあるのです。

次の