豚肉 パスタ レシピ。 豚肉とマッシュルームのクリームパスタ|レシピ|ゆとりの空間

豚肉とマッシュルームのクリームパスタ|レシピ|ゆとりの空間

豚肉 パスタ レシピ

お買いもの• キッチン用品・調理道具• お弁当・水筒• お箸・カトラリー• キッチン雑貨• エプロン• ファッション• ファッション雑貨• 生活雑貨• テレビで使用したアイテム•

次の

バターに白ワイン、粒マスタード。家パスタの「必勝パターン」で「豚肉とブロッコリーのショートパスタ」【ツジメシの付箋レシピ】

豚肉 パスタ レシピ

小松菜と豚肉の殿堂入りや人気レシピをご紹介! アクが少なくクセもないので炒め物や和え物等どんな料理にも合わせやすい小松菜は、カルシウムが豊富でビタミン、ミネラル等栄養価が高い緑黄色野菜の代表選手。 【ビタミンエース(A・C・E)】は若さを保つ3大ビタミンとして女性の味方で、インフルエンザが猛威をふるう今こそ免疫力アップでたくさん摂りたい食材です。 豚肉には 疲労回復効果があるビタミンB1や、血行促進作用と拡張作用があるナイアシンが含まれていて、末端冷え性の改善、寒気や貧血の解消などに効果が期待できそう。 また、オレイン酸がコレステロールの抑制効果を発揮して悪玉コレステロールを減らし動脈硬化を防いでもくれそうです。 小松菜はたっぷりめで。 ゴマ油のひと垂らしが効きますね~。 とろみのひき肉とも合うし生姜がすごい決め手になっています。 我が家では仕上げには大好きなゴマ油必須です。 お弁当用のアレンジも教えていただけて助かりました。 炊きたてのご飯に最高!ご飯が冷めている時にバターライスにして混ぜてみたら味がちょっと変わって風味があって美味しかったです。 2回目、3回目と小松菜を徐々に増やして作っています。 スクランブルエッグを混ぜて色をつけても美味しいです。 ダンナにはナイショ!手をかけて作った感があって美味しいので作っているところは絶対に見せない方がいいですよ。 大根おろしも一緒にチンしちゃうんですね。 にんにくの香りと黒故障のスパイシーなピリリ感がなんともいえないマッチ感でご飯にもお酒にも合います。 強めの火加減で手早く!でがんばってみました。 このシャキシャキ感にからしが合うんです。 美味しい!でも食べる直前に作らないと美味しさ半減ですよね。 豚バラの脂の旨みも重なって味わい深かったです。 和風好きなダンナから豚バラをレバーに変えて!とリクエストがあったので作ってみたら美味しかったみたい。 自分はレバーが苦手なので。 味もみ海苔をたっぷりかけました。 うどんじゃないけどあげ玉をかけても実は美味しかったです。 一度お皿に戻してから炒めた小松菜と合わせたらきれいに出来て万歳でした。 全部香りが大好きなごま油で作りました。 水と片栗粉を多めにしてご飯にかけて小松菜丼! まとめ 豚肉と小松菜のレシピを紹介してきました。 小松菜の保存方法は、全体を濡らして新聞紙で包みビニール袋に入れて立てて冷蔵庫の野菜室保存で3~4日は大丈夫。 冷凍保存する場合は固ゆでしてからでも良いのですが、 茹でずにそのまま保存した方が栄養価が残せるようですよ。 でも冷凍保存の場合は炒め物等に使うにはちょっとムリがありそうなので、シャキシャキ感を活かしたかったらやっぱり生がおすすめです! 小松菜ってなんとなくクセがありそうで、苦手意識があったのですがとんでもない!ずっとほうれん草のように一度ゆでてから使うものだと思っていました。 苦手だと思うとなかなか調理法も確認しませんよね。 栄養価もおすすめでそのまま使えてシャキシャキ感がおいしい小松菜を使わなかったのは、最大の汚点でした。 レシピを参考に色々とアレンジをして豚肉と小松菜の料理を取り入れてみたいと思います。

次の

豚肉としめじのバター醤油パスタ 作り方・レシピ

豚肉 パスタ レシピ

こんにちは。 プロダクトデザイナーときどき料理人、ツジメシこと辻村哲也です。 僕がかれこれ長い間作り続けているパスタのレシピに、 「バターで肉や野菜を炒めて、白ワインで軽く煮て、仕上げに粒マスタードで香り付け」というものがあります。 バターと白ワインの香り、粒マスタードの酸味と風味で、たいていの食材はこれで美味しくなるという「必勝パターン」のひとつです。 今回は、その必勝パターンを豚肉とブロッコリーの組み合わせで。 肉はかたくならないよう軽く火を通し、ブロッコリーはじっくり煮て、フォークでほろりと崩れるくらいの仕上がりにします。 今回のレシピメモはこちら。 ツジメシの「豚肉とブロッコリーのショートパスタ」 【材料】(1人分)• ニンニク 1かけ• ブロッコリー 90g• 豚肩ロース(厚さ5mmくらいのもの) 80g• バター 10g• 白ワイン 50ml• ショートパスタ(11分茹でを使用) 80~90g• オリーブオイル(仕上げ用) 小さじ2• 粉チーズ、黒コショウ 適量 作り方 1. ニンニクはみじん切り、ブロッコリーは小さめの小房に分けて、茎は(太い茎のかたい皮は剥いて)5mm幅に切る。 豚肩ロースは筋に切り込みを入れて、3cm角ほどに切り、軽く塩(分量外)を振っておく。 水1Lに10gの塩(いずれも分量外)を入れて沸かし、パスタを茹でる準備をしておく。 フライパンにオリーブオイル、バターを入れて中火にかける。 ここでパスタを茹で始める。 パスタとブロッコリーの茹で上がりを揃えたいので、11分茹でのパスタを使う今回はここで茹で始めるとぴったりです。 バターが溶けてきたら豚肩ロースを加えて炒める。 肉がかたくならないように、火は中火弱程度で。 肉の色が半分くらい変わったらニンニクを加え、 ニンニクの香りが出たらブロッコリーも加えて炒め合わせ、油が回ったら白ワインを加え混ぜ合わせる。 ワインを一度しっかり沸騰させアルコールを飛ばす(火が出ることがあるので注意してください)。 豚肩ロースはかたくなるのを防ぐため、全体が白っぽくなったら取り出しておく。 3のフライパンにパスタの茹で湯を70~80ml加え、蓋をして、沸騰を保つ火加減に調節してブロッコリーを煮る。 ブロッコリーは8~10分ほど煮ます。 煮ている間水分がなくなりそうなら適宜茹で湯を足してください。 パスタが茹で上がったら、3で取り出した豚肩ロースとともにフライパンに加え、オリーブオイルを加えてよく混ぜながら煮詰める。 味をみて塩(分量外、マスタードとチーズの塩気もあるのでやや薄めに)で調整。 フライパンの底に大さじ1、2程度の汁気がある状態で火を止め、粒マスタードを加えてさらによく混ぜ合わせる。 粒マスタードは香りと酸味を生かすため、火を止めてから加えてください。 器に盛り、粉チーズ、黒コショウを振り、オリーブオイル小さじ1程度(分量外、あれば香りのよいエクストラバージンオリーブオイル)を回しかける。 ショートパスタなので伸びにくく「つまみ力」あり 噛むほどに旨味が広がる豚肩ロースとブロッコリー、そしてショートパスタの組み合わせです。 この料理に使うワインの量は50mlほど。 料理用でもいいですが、せっかくなので手頃なものを開けましょう。 そして、開けたら残りは飲みましょう。 このパスタ、白ワインとの相性ばっちり、 ショートパスタなので伸びにくく「つまみ力」がありますよ。 パスタはショートパスタ(らせん状のフィジッリがおすすめ)のほか、断面が楕円のもっちり食感のロングパスタ、リングイネなどでも美味しいです。 そして、春から初夏なら、 同様の作り方で豚肩ロールを砂肝に、ブロッコリーをそら豆に代えた「砂肝とそら豆」もおすすめです。 ショートパスタ1人分80~90gに対し、砂肝は白く硬い部分(銀皮)はそぎ取って、正味70~80gを5mm程度にスライスして使います。 砂肝は長めに煮たいので、上レシピの工程3で豚肩ロースのように取り出さず、そのまま煮込みます。 そら豆はさやから出し黒いところを外してから、薄皮をむいて(生でもむけますが、切り込みを入れて1分ほど茹でるとつるんとむきやすいです)使います。 上のレシピのブロッコリーと同じタイミングで入れます。 正味50~70g(軽くひと握り)あればいいと思います。 砂肝のざっくり歯ごたえと、そら豆のほろりとした食感の組み合わせで、こちらもワインが進みますよ。

次の