シャドウサイド 小説。 妖怪ウォッチ シャドウサイドの既刊一覧

妖怪ウォッチ シャドウサイド 002

シャドウサイド 小説

ケータも大人になると妖怪が見えなくなり、役目を終えた妖怪ウォッチは時空のかなたに葬り去られることに。 そんなとき、地球を襲う妖怪ウィルス・鬼まろの魔の手が伸びてくるわけです。 鬼まろは数千年に一度宇宙からやってくる「かいま」。 人々の悪意に感染して増幅させていきます。 鬼まろにとりつかれると餓鬼となり、元の心は失われ死ぬまで悪意を増長させ狂暴になり悪さを繰り返します。 迎え撃つ道具こそ「妖怪ウォッチ」。 いにしえの力を秘めた「妖怪ウォッチエルダ」、「鬼眼ギア」の浄化により変化した「妖怪ウォッチオーガ」2本の妖怪ウォッチの登場です。 昨年12月16日に映画版が全国公開を迎えましたが、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて初日舞台挨拶がありました。 製作総指揮・原案・脚本の日野晃博さんからのコメントをみてみると 「妖怪ウォッチ」はスタッフ一同が、毎回毎回「何か新しいことをしなければ」という想いを抱いて作っています。 「妖怪ウォッチ」の妖怪は本当に皆さんに愛していただいていますが、それは妖怪に可愛さがあるからなんです。 でも、本来の妖怪というものは、怖かったり、攻撃性があったりする面がありますよね。 引用: 本来の妖怪の要素を取り入れることによって、子どもから大人まで幅広い層に楽しんでもらいたいという思いや妖怪の怖さ・妖怪のカッコよさを知ってもらいたいという思いが伝わってきますね。 この思いはTVアニメ版にも引き継がれています。 このためTVアニメ版も「妖怪ウォッチ」の時よりはホラー色やバトル色が強くなっているようです。 スポンサードリンク 【登場人物一覧!ケースケとナツメはケータとフミちゃんの子供】 平凡なケータでしたがクラスの男子の憧れだったフミちゃんと無事結婚し、姉のナツメと弟のケースケ、2人の子宝に恵まれました。 映画版でケータが一部登場していたそうですが、相変わらずの平凡ぶりでした。 登場人物を一覧にします。 ・天野 ケースケ(あまの ケースケ) 今のケータと同い年の小学5年生で今回の主人公。 UFO・幽霊・妖怪などオカルト的なことは全く信じていませんでしたが、ナツメ達の結成した妖怪探偵団事務所の存在を知ります。 ・天野 ナツメ(あまの ナツメ) 13歳の女子中学生で、ケースケの姉。 「妖怪ウォッチエルダ」の持ち主として、妖怪探偵団の活動により妖怪退治をしていきます。 幼少期に川でおぼれ、人間以外の存在に助けられた記憶の持ち主。 幼馴染のトウマを心配して遠くから見守っている頼れる存在です。 ・月浪 トウマ(つきなみ トウマ) ナツメの同級生の男子。 「妖怪ウォッチオーガ」の持ち主として、自分に4体の幻魔をひょうい召喚させて自ら闘います。 妖怪探偵団員として活動中。 ・有星 アキノリ(ありほし アキノリ) ナツメの同級生の男子でムードメーカー的な楽し性格。 妖気を操ることができ、光弾を放つ妖空術を使えます。 妖怪や妖怪ウォッチについて詳しく、妖怪探偵団員として活動中。 ・ウィスパー 「妖怪執事」を自称していたウィスパーですが今やエンマ大王の使い。 出世街道に乗ったんでしょうか? シャドウサイドの姿は、頭髪も生えてタキシード姿で執事らしくなりました。 しかし、ライトサイドの姿は不明でありこれからの楽しみです。 ・ジバニャン トラックに轢かれて死んだ猫が成仏できず地縛霊となったジバニャンですが、技も成長し「百猫列弾」を使用します。 ライトサイドの姿は、以前より身長が伸びた大人のジバニャンです。 シャドウサイドに変身すると怖さとワイルドさが増した姿に変身します。 30年前の方が可愛い…。 まとめ ・妖怪ウォッチから30年後の世界で、映画版の続編 ・天野ケースケと天野ナツメの姉弟はケータとフミちゃんの子供 ・いにしえの力を秘めた「妖怪ウォッチエルダ」に選ばれたのは天野ナツメ ・月浪トウマは「妖怪ウォッチオーガ」の持ち主 ・有星 アキノリは妖気を操ることができ、光弾を放つ妖空術使い ・妖怪は、ライトサイドとシャドウサイドに姿を変える 参考: 別冊コロコロコミック12月号増刊 妖怪ウォッチまるごとともだちファンブック第9号.

次の

妖怪ウォッチ シャドウサイド(2)(最新刊)

シャドウサイド 小説

世の中の全てのことには、 表と裏があります 社会、学校、政治、人間関係… あらゆるものに、裏の世界があるのです もちろんそれは、 妖怪にも… 概要 「」をプロローグとしたの新シリーズ。 2018年4月13日から2019年3月29日まで放送された。 テレビアニメ化により映画で出演した声優の都合上、ナツメは、トウマはに声優が変更された。 また前作の主要キャラクターを演じた声優の多くが引き続き続投している。 映画で活躍したナツメ、トウマ、アキノリ、そしてナツメの弟であるケースケで構成される妖怪探偵団が怪奇案件を調査するのが基本的な流れ。 前作に比べると暴行シーン等のハードな展開や「死」が描かれる展開が多い。 また、戦闘シーンがしっかりと描写されるようになったのも特徴。 ただ、前作同様「子供向けアニメ」として製作されていることもあって、話によっては呆れるオチがあったり、随所にコミカルなシーンがあったりと前作の要素も多く残している。 製作陣曰く「2期」にあたるらしいが、ゲームや漫画などでは従来のシリーズも並行して展開されており、ある種の作的な側面も存在している。 4年も続けていく内にあらゆる面で幼児向けに傾きつつあったため、もっと幅広い世代の視聴者に見てもらいたい(ぶっちゃけ 化回避)ということで制作に踏み切った。 対象年齢層が上がった事や路線変更などによる批判があった一方で男子小学生からの評判(関連グッズ売れ行き・世代別視聴率)は良かったらしい。 本作終了後の2019年4月から『』が放送されたが、妖怪ウォッチエルダや妖怪アークは引き続き登場し、ライトサイドとシャドウサイドの代わりにワンチャンサイドという新要素が追加された。 ゲームとしてはの「」として制作され、ケータが当作品の世界や、映画「」の世界を訪れる模様。 あらすじ ケースケは「東京・さくら元町」に住む小学5年生。 最近帰りが遅い姉のナツメを追ってたどり着いたのは、なんと妖怪探偵団! 幽霊やUFO・・・まして妖怪の類は信じないケースケ。 しかし、それ以来、世にも不思議な怪奇事件に巻き込まれることになる・・・。 主要人物• (声:) ケータの娘にしてケースケの姉である中学生。 2つの姿を持つ妖怪を呼び出す「」の持ち主。 (声:) かつて心に闇を抱えていたナツメの幼馴染。 自身とを一体化させる「」と、を憑依させるの一つ「フドウ雷鳴剣」の持ち主。 (声:) 代々妖術を用いた占いを生業とする有星家の跡継ぎ。 当初は妖怪ウォッチを持ってはいなかったが、後にを呼び出す「」の持ち主となる。 (声:) ケータの息子にしてナツメの弟である小学生。 ふとした事から妖怪が引き起こす恐怖案件に巻き込まれる事になる。 怖がりで認めたくないという気持ちからオカルトを否定する発言をする一方で、意外に強情な面がある。 各話の冒頭で登場する妖怪の解説をする。 強力な妖術の持ち主で色々な発明をこなす器用さもある。 (声:) 第15話から登場。 ナツメとトウマの通う中学校に転校して早々、ファンができる程の美貌の持ち主。 勉強も運動もできる才女。 妖怪たち• (声:) ずいぶんと姿は変わったが、中身は全く変わっていない妖怪執事。 以前より出番は減ったが、サポート面で活躍する場面が多くなっている。 (声:) かつてのドルオタな少年から、色々と擦れた中年と化したネコの地縛霊。 (声:) マイペースな白き狛犬。 元々は若きオババの愛犬だったが、狛犬の像に下敷きになった事で妖怪となった。 これまでアニメなどに登場したコマさんとは同名であるが、全く別の妖怪。 (声:) 邪悪な大蛇から一転、ヒーローを志している元祖ボス妖怪。 ナツメを守ろうと日々、体を鍛えているのにそこまで強くない。 (声:) ある妖怪と深い関係がある妖怪。 自分が見たものであれば変身できる能力を持っている。 (声:) 第27話から登場。 強い正義感を持っているカエルの妖怪。 コマさんと同じく狛犬の像に下敷きになって妖怪になった。 コマさんとは強い絆で結ばれている。 これまでアニメなどに登場したコマじろうとは全く別の妖怪。 ハルヤ一派• (声:) ナツメが通う学校に転入してきた、謎の少年。 正体は。 洞潔やフクロウを動かして、 「姫」と呼ばれる存在を探している模様。 さらに姫の力を覚醒させるために必要な5本の妖聖剣を探している。 妖聖剣の一つである「アシュラ豪炎丸」を所有している。 (声:) ハルヤの配下だが、組織内での立場は洞潔より格下。 姫を捜索する為、欲望を抽出した「兆しの矢」を妖怪などに撃ち込み事でへと変えてしまう。 謎の妖怪• 戦いに敗れて力尽きようとするフクロウに力を与えて異形の怪物に変化させるなど、強大な力を持っている。 その目的と正体は……。 関連動画 関連タグ :系列では、シャドウサイドの前に放送される繋がりのサッカーアニメ。 :こちらもがコミカル要素が強かったのに対し、ハード路線で製作された作品で、前作から未来の出来事を描いた作品であることも共通している。 また前作との間に何があったのかが明言されてないという共通点もある。 関連記事 親記事.

次の

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活 (小学館ジュニア文庫)

シャドウサイド 小説

世の中の全てのことには、 表と裏があります 社会、学校、政治、人間関係… あらゆるものに、裏の世界があるのです もちろんそれは、 妖怪にも… 概要 「」をプロローグとしたの新シリーズ。 2018年4月13日から2019年3月29日まで放送された。 テレビアニメ化により映画で出演した声優の都合上、ナツメは、トウマはに声優が変更された。 また前作の主要キャラクターを演じた声優の多くが引き続き続投している。 映画で活躍したナツメ、トウマ、アキノリ、そしてナツメの弟であるケースケで構成される妖怪探偵団が怪奇案件を調査するのが基本的な流れ。 前作に比べると暴行シーン等のハードな展開や「死」が描かれる展開が多い。 また、戦闘シーンがしっかりと描写されるようになったのも特徴。 ただ、前作同様「子供向けアニメ」として製作されていることもあって、話によっては呆れるオチがあったり、随所にコミカルなシーンがあったりと前作の要素も多く残している。 製作陣曰く「2期」にあたるらしいが、ゲームや漫画などでは従来のシリーズも並行して展開されており、ある種の作的な側面も存在している。 4年も続けていく内にあらゆる面で幼児向けに傾きつつあったため、もっと幅広い世代の視聴者に見てもらいたい(ぶっちゃけ 化回避)ということで制作に踏み切った。 対象年齢層が上がった事や路線変更などによる批判があった一方で男子小学生からの評判(関連グッズ売れ行き・世代別視聴率)は良かったらしい。 本作終了後の2019年4月から『』が放送されたが、妖怪ウォッチエルダや妖怪アークは引き続き登場し、ライトサイドとシャドウサイドの代わりにワンチャンサイドという新要素が追加された。 ゲームとしてはの「」として制作され、ケータが当作品の世界や、映画「」の世界を訪れる模様。 あらすじ ケースケは「東京・さくら元町」に住む小学5年生。 最近帰りが遅い姉のナツメを追ってたどり着いたのは、なんと妖怪探偵団! 幽霊やUFO・・・まして妖怪の類は信じないケースケ。 しかし、それ以来、世にも不思議な怪奇事件に巻き込まれることになる・・・。 主要人物• (声:) ケータの娘にしてケースケの姉である中学生。 2つの姿を持つ妖怪を呼び出す「」の持ち主。 (声:) かつて心に闇を抱えていたナツメの幼馴染。 自身とを一体化させる「」と、を憑依させるの一つ「フドウ雷鳴剣」の持ち主。 (声:) 代々妖術を用いた占いを生業とする有星家の跡継ぎ。 当初は妖怪ウォッチを持ってはいなかったが、後にを呼び出す「」の持ち主となる。 (声:) ケータの息子にしてナツメの弟である小学生。 ふとした事から妖怪が引き起こす恐怖案件に巻き込まれる事になる。 怖がりで認めたくないという気持ちからオカルトを否定する発言をする一方で、意外に強情な面がある。 各話の冒頭で登場する妖怪の解説をする。 強力な妖術の持ち主で色々な発明をこなす器用さもある。 (声:) 第15話から登場。 ナツメとトウマの通う中学校に転校して早々、ファンができる程の美貌の持ち主。 勉強も運動もできる才女。 妖怪たち• (声:) ずいぶんと姿は変わったが、中身は全く変わっていない妖怪執事。 以前より出番は減ったが、サポート面で活躍する場面が多くなっている。 (声:) かつてのドルオタな少年から、色々と擦れた中年と化したネコの地縛霊。 (声:) マイペースな白き狛犬。 元々は若きオババの愛犬だったが、狛犬の像に下敷きになった事で妖怪となった。 これまでアニメなどに登場したコマさんとは同名であるが、全く別の妖怪。 (声:) 邪悪な大蛇から一転、ヒーローを志している元祖ボス妖怪。 ナツメを守ろうと日々、体を鍛えているのにそこまで強くない。 (声:) ある妖怪と深い関係がある妖怪。 自分が見たものであれば変身できる能力を持っている。 (声:) 第27話から登場。 強い正義感を持っているカエルの妖怪。 コマさんと同じく狛犬の像に下敷きになって妖怪になった。 コマさんとは強い絆で結ばれている。 これまでアニメなどに登場したコマじろうとは全く別の妖怪。 ハルヤ一派• (声:) ナツメが通う学校に転入してきた、謎の少年。 正体は。 洞潔やフクロウを動かして、 「姫」と呼ばれる存在を探している模様。 さらに姫の力を覚醒させるために必要な5本の妖聖剣を探している。 妖聖剣の一つである「アシュラ豪炎丸」を所有している。 (声:) ハルヤの配下だが、組織内での立場は洞潔より格下。 姫を捜索する為、欲望を抽出した「兆しの矢」を妖怪などに撃ち込み事でへと変えてしまう。 謎の妖怪• 戦いに敗れて力尽きようとするフクロウに力を与えて異形の怪物に変化させるなど、強大な力を持っている。 その目的と正体は……。 関連動画 関連タグ :系列では、シャドウサイドの前に放送される繋がりのサッカーアニメ。 :こちらもがコミカル要素が強かったのに対し、ハード路線で製作された作品で、前作から未来の出来事を描いた作品であることも共通している。 また前作との間に何があったのかが明言されてないという共通点もある。 関連記事 親記事.

次の