キユーピー 株価 なぜ 下がる。 世界中で株価下落、なぜ拡大 引き金は米国の雇用好調:朝日新聞デジタル

キユーピー (2809) : アナリストの予想株価・プロ予想 [Kewpie]

キユーピー 株価 なぜ 下がる

今から重要な上げ要因探すのは大変ですが最近のだと。 買いが先行し、前週末比28円(1. 8%)高の1580円と、2日に付けた1565円を上回って年初来高値を更新した。 2013年5月22日以来約1年ぶりの高値を付ける場面があった。 7日付の日本経済新聞朝刊が「13年12月~14年5月期の連結営業利益は110億円強と前年同期に比べ4%減ったようだ」と報じたが、嫌気した売りは目立っていない。 会社側の従来予想である116億円には届かないが、市場予想の平均であるQUICKコンセンサス(5月30日時点、1社)が110億円だったため、懸念したほど収益が悪化しなかったとの見方から買いが優勢になっている。 原材料の鶏卵の価格が想定以上に上昇し、卵加工品など一部の製品で価格転嫁が追いつかず利益を抑えた。 冬の大雪で出荷に支障が出たのも利益を押し下げる要因になったが、「鶏卵などの原材料高は6月以降は沈静化し、収益性は改善に向かう」(外資系証券のアナリスト)との見方が出ている。 マヨネーズの値上げが浸透し単価が上昇したほか、ドレッシングも容量の減少で採算が改善しており「業績が回復に向かうとの期待が高まっている」(ネット証券の株式情報担当者)との指摘が出ていた。 〔日経QUICKニュース(NQN)〕.

次の

キユーピー、業績好調でも株価急落のワケ

キユーピー 株価 なぜ 下がる

今から重要な上げ要因探すのは大変ですが最近のだと。 買いが先行し、前週末比28円(1. 8%)高の1580円と、2日に付けた1565円を上回って年初来高値を更新した。 2013年5月22日以来約1年ぶりの高値を付ける場面があった。 7日付の日本経済新聞朝刊が「13年12月~14年5月期の連結営業利益は110億円強と前年同期に比べ4%減ったようだ」と報じたが、嫌気した売りは目立っていない。 会社側の従来予想である116億円には届かないが、市場予想の平均であるQUICKコンセンサス(5月30日時点、1社)が110億円だったため、懸念したほど収益が悪化しなかったとの見方から買いが優勢になっている。 原材料の鶏卵の価格が想定以上に上昇し、卵加工品など一部の製品で価格転嫁が追いつかず利益を抑えた。 冬の大雪で出荷に支障が出たのも利益を押し下げる要因になったが、「鶏卵などの原材料高は6月以降は沈静化し、収益性は改善に向かう」(外資系証券のアナリスト)との見方が出ている。 マヨネーズの値上げが浸透し単価が上昇したほか、ドレッシングも容量の減少で採算が改善しており「業績が回復に向かうとの期待が高まっている」(ネット証券の株式情報担当者)との指摘が出ていた。 〔日経QUICKニュース(NQN)〕.

次の

ニチレイ【2871】株の基本情報|株探(かぶたん)

キユーピー 株価 なぜ 下がる

日経平均株価が2万円を超えて永遠に上げ続けると考えている人はいない。 個人投資家が今、一番知りたがっていることは「下げがいつ来るのか」「売り時はいつか」「買いそびれた人はいつ買ったらいいのか」であろう。 筆者は長期投資派なので、調整局面に入ってもばたつくなと説くが、投資家の心理はデリケートなもの。 目の前でドカンと下げられるとココロは揺れる。 もう株なんて売って楽になりたい、という心理になりがちだ。 そこで2万円超え後の下値のめどについて考えてみたい。 最近の投資セミナーで頻繁に受ける質問だ。 「どこまで上がるか」より「下がるとすればどこまでか」が気になるようである。 下げのきっかけを考えると、やはり海外マネーの動向。 東京市場の株式売買の7割が外国人投資家という構図は変わらない。 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)や少額投資非課税制度(NISA)の長期マネーが入っても、レバレッジを効かせたヘッジファンドの売りが集中すると短期的な価格急落は不可避だ。 具体的に想定されるケースとしては、市場が期待する4月の日銀追加緩和がなかった場合だろう。 企業業績に関わらず、ヘッジファンドがいわゆる「5月は売り」攻勢をかけてくる公算が大きい。 彼らの多くが5月に決算期を迎えるので、買いポジションの手じまいが出やすい。 ギリシャの債務危機も5月11日がXデーである。 20日付の本欄「ギリシャ、Xデーは5月11日か」を参照されたい。 中国株の爆上げも、中国のゴールデンウイークまで持つか。 プロでも読み切れない動きをする巨大な初心者個人投資家集団による買いなので、さすがのヘッジファンドももてあまし気味だ。 そもそも、減速中の中国経済に投入された緩和マネーが株価の更なる上昇期待を生むという現象は健全とは言い難い。 中国経済については、21日付の本欄「中国株波乱の影響と日本への警鐘」に詳述した。 4月の米国の雇用統計次第では、米利上げの開始時期が再び揺れる可能性がある。 3月の雇用者数の増加幅の激減で「利上げ後ずれ説」が台頭しているが、4月の数字次第で、後ずれが一転して前倒し観測に振れるリスクをはらむ。 例えば、失業保険申請者数を見れば趨勢的に減少傾向にあるのだ。 インフレ期待の低下についても、原油価格はやや持ち直し気味である。 米国がいよいよ引き締めに向かえば、世界的緩和ストーリーに水が差される。 以上、リスクばかり書いてきたが、基本的には15日付の本欄に書いたように、欧米機関投資家は「2万円は通過点」と見ている。 つまり、当面は買い続行が予想される。 ただ、長期マネーの欧米年金は運用方針の決定に時間を要する。 足元ではやはり、ヘッジファンドの動きが焦点。 3~4月に買って、5月にはいったん手じまうことにより、日経平均が瞬間的に1万8000円程度まで下落する可能性は覚悟しておくべきであろう。 とはいえ、日本の年金あるいは公的マネーの買いによる下支えで底割れは考えにくい。

次の