ギターコード初心者。 ギター編:コードの覚え方にはコツがあります

Lemon〜初心者向け簡単Ver.〜(米津玄師) / コード譜 / ギター

ギターコード初心者

下記クリックで好きな項目に移動• パワーコードとは? パワーコードは、ギターの 「6弦」と「5弦」もしくは 「5弦」と「4弦」だけで構成されるコードで、 人差し指と 薬指の二本だけで押さえることができる簡単なコードです。 低音のみを鳴らすことで、非常に力強い音をかき鳴らすことができます。 グググッと左手に全神経を集中させて、ガッツリパワーを押し出していかないと、弾けたとしても迫力は半減。 簡単に弾けてしまう分、クオリティを高めるよう意識しなければなりません。 エレキギター初心者はパワーコードから練習すべし! エレキギター初心者は「Cコード」とか「Dコード」とか普通のコードから練習する人が多いですね。 エレキギター初心者は真っ先にパワーコードを習得してしまいましょう。 パワーコードは一つのフォームをマスターしてしまえば、20、30個くらいのコードが弾けるようになります。 ですから滅多なことが無い限り、1日…いや、2時間もあればそれっぽく弾けるようになってしまうんですね(もちろんクオリティは別として)。 後述していますが、パワーコードのみで弾ける名曲もあります。 エレキギター初心者は、とりあえずさくっと一曲弾けるようになって、とっととエレキギターの楽しさを実感してみてください。 パワーコードの弾き方 スポンサードリンク パワーコードに必要な指は 人差し指と 薬指の二本だけ。 押さえる場所は変わっても、指の形は一切変わりません。 パワーコードの基本の押さえ方 画像では「6弦と5弦のパワーコード」になっていますが、「5弦と4弦のパワーコード」でも形はまったく同じです。 人差し指で余計な弦をミュート 慣れてきたら、 人差し指の側面で余計な弦に触れるよう意識してみましょう。 触れることで余計な音が出にくくなります。 6弦と5弦のパワーコードの場合 5弦と4弦のパワーコードの場合 パワーコードの練習 それでは実際にパワーコードの練習をしていきましょう。 練習は全部で3つ。 TAB譜のテンポだと、右手は全部ダウンピッキングのみで十分弾き切ることができますが、余裕があればアップピッキングも適当に加えてみましょう。 6弦と5弦のパワーコード.

次の

Lemon〜初心者向け簡単Ver.〜(米津玄師) / コード譜 / ギター

ギターコード初心者

ギターコードとは 本来は「和音」を区別するために付けられた記号のことを「コード」と言います。 「ギターのための和音のコードネーム」という意味ですね。 ギタリストの間では、転じて和音そのもののことを「コード」と呼ぶのが慣例になってしまっています。 正しいフォーム 写真を参考にして下さい。 ポイントは。。。 フレットの近くを押さえること。 音がビビる場合、押さえる位置がフレットから離れているのが原因です。 指を立てること。 出ない音があるときは、指が隣の弦に触れていないかチェックしましょう。 手のひらをネックに付けないこと。 ネックは親指で支えるのが基本です。 手のひらとネックの間に小さなピンポン玉が一つ入っているようなイメージをすると良いでしょう。 安定しないときは コードフォームにもよりますが、指を少し斜に伸ばしてもたれあうようにすると安定します。 Fの押さえ方は少し特殊なので別に解説ページを設けました。 キーGのスリーコード ギターを始めたばかりの方はキーG(ト長調)の曲を練習することをオススメします。 よく使うギターコードにバレー(一本の指で複数の弦を押さえる奏法)が出てこないので比較的簡単に弾ける曲が多いからです。 G, C, D またはD7 の3つのコードを「キーGのスリーコード」と呼びます。 「スリーコード」はその調のコード進行の基本になる和音の組み合わせです。 調ごとにひとまとまりに覚えていきます。 DとD7がありますが、キーGではどちらもよく使います。 フォームの形がよく似ているのですぐ覚えられますよね。 Gコードの指使いは2種類有ります。 キーGのスリーコードとキーEmのスリーコードの6つを覚えてしまえば、弾ける曲のレパートリーがグンと広がります。 B7は指を4本とも使うので最初の難関かな? ちゃんと指を立てて他の弦に触らないよう気を付けましょう。 それでは簡単な練習曲を.

次の

Lemon〜初心者向け簡単Ver.〜(米津玄師) / コード譜 / ギター

ギターコード初心者

さぁ、ギターを弾いてみましょう! ここからは、人それぞれ違う 1〜3まではどの方も共通でしたが、ここからは人それぞれ違います! ここからは実際にギターを弾いていくわけですが、 私は、 「この曲、このフレーズが、大好き!弾いてみたい! これをもし弾けたらすっごく楽しい!ときめく!」 という曲の中からチョイスして、最初の練習曲にするのをおすすめしています。 大好きでときめく曲を最初の練習曲にする なぜなら、 大好きでときめく曲をやることによって、モチベーションを保って、楽しく続けることができるからです。 ギターは特に、最初のうちは指の痛さもあり、挫折をしやすい楽器です。 ですが、しばらく続けてできることが増えてくると楽しくなります。 それまでは特に、好きな曲を練習曲にするのをおすすめします。 大好きと、簡単、のバランスをとる とはいっても、 「一番大好きな曲を、完璧にその通りの弾き方で、曲の頭から順番にやっていく」 というのは、めちゃくちゃ難しいです。 というか、はじめたてでそんなのは無理です! だったら、どうやっていけば良いのかというと、 はじめてでも簡単に弾けるように、工夫をしてやっていきます。 まずは、好きな曲を1曲だけではなく、数曲出しておく 2. そして、その数曲の中から、一番簡単な曲を選ぶ 3. その曲の中の、簡単なコードだけを、まずは弾いてみる セーハ(バレー)が無いコードの中で簡単に押さえられるものを左手でおさえて 右手でじゃらーんと弾いてみましょう。 最初はストロークなどはしなくて良いです。 その、じゃらーんと鳴らしたコードに合わせて、歌ってみるとなおよし! あの大好きな曲が弾けたー!歌えたー!と楽しい気持ちになれば、大成功! その楽しさのまま、ちょっとずつ練習をしていきましょう。 初心者さん基礎練習はやるべき? とにかく、最初は楽しい気持ちでやることが大事です。 間違っても、つまらない基礎練習や、好きでない練習曲などからはじめてはいけません!ギターがつまらなくなって、指の痛さもあいまって、挫折をしてしまいます。 初心者さん ギター教室には通うべき? ギター教室に通うことはやはり必要なのでしょうか? 私の思う答えは、必ずしもそうではないと思います。 今は、いろいろな教則本やビデオ、YouTubeにもレッスン動画など、調べればいくらでもあります。 なので、根気とやる気があれば、いくらでも一人でもがんばって上達していけるわけです。 ですが、ギター教室に通う一番のメリットは、本や動画などと違って、 実際にその先生と会って、教えてもらえること! もし、その先生のギター教室に通って、 楽しくギターが弾けて、ギターへのモチベーションが上がるのなら、 絶対に通うべきです! というわけで、ギター教室に通うべきかといったら無理に通う必要はない、自分に合う先生に巡り合えたなら通うべきと思います。 人間は一人一人違って、人の相性や好みはそれぞれ違います。 こちらも、 もし、紹介している曲が、おぉっこれを弾けたら楽しそう!と思うのなら是非やってください! そうでないのなら、自分で動画撮っておいてなんですが、やる必要は全くないです!(笑) 何度もいいますが、初心者さんのうちは、何より楽しんで弾くことが大事です! 初心者さんのうちは楽しんでギターを弾くことが何よりも一番大事 以上 ギター初心者さんがまずやるべきこと順番にまとめました! 楽しんで弾いて、弾けるようになってきたら、また次のステップに進みましょう! では、今日はこのへんで。 お読みくださり、ありがとうございました。 こちらもおすすめです 初心者さんにわかりやすいようにゆっくり順番に説明した、弦交換の動画をつくりました。 ギターになれてきたら、弦交換にチャレンジしてみましょう。

次の