中央 日報。 中央日報

韓国政府、日本のアビガンを新型コロナ治療薬に使用しない方針…「臨床的根拠が不十分」

中央 日報

韓国政府が新型コロナウイルス感染症の治療のために輸入特例を検討していた日本の新型インフルエンザ治療薬「アビガン」(Favipiravir)を導入しない方針を決めた。 アビガンを新型コロナ治療薬として使用するほどの臨床的根拠が十分でないという国内専門家らの意見に従ったのだ。 韓国の食品医薬品安全処は16日、疾病管理本部からアビガンを国内に導入してほしいという要請がなく、医薬品輸入特例を検討していないと明らかにした。 アビガンは富士フイルムの子会社の富士フイルム富山化学が開発した新型インフルエンザ治療薬。 日本政府は2014年、従来のインフルエンザ治療薬が効かない場合に使用できるという条件で承認した。 日本は最近、新型コロナ患者にアビガンを投薬して一部効果が見られたと明らかにした。 食品医薬品安全処の李儀卿(イ・ウィギョン)処長は先月25日、アビガンについて「まだ国内使用が許可されておらず、輸入特例など導入案を検討中」と述べた。 しかしその後、疾病管理本部などは特に要請をしなかった。 疾病管理本部は医療界がこの薬物の効能・効果を疑問視しているという点に注目した。 新型コロナ感染者の治療を担当した主治医らで構成された中央臨床委員会などは、アビガンを新型コロナ治療に使用するほどの根拠が十分でないとみている。 国際学術誌『ネイチャー』などに掲載された論文を分析した結果、アビガンが新型コロナウイルス抑制効果がなく、副作用も深刻であり、新型コロナ治療薬として使用しにくいという結論を出した。 中央臨床委員会のオ・ミョンドン委員長(ソウル大病院感染内科教授)は「アビガンは試験管研究で新型コロナウイルス抑制効果がなかった。 患者に臨床試験を施行したデータもない」とし「動物実験で胎児への毒性と死亡が報告されるなど深刻な副作用がある薬物」と述べた。 続いて「中国で治療薬として許可されたというニュースがあったが、ネイチャーの論文によると『単に臨床試験患者を募集する』と話しただけだった」と指摘した。 オ教授は世界保健機関(WHO)でも新型コロナ治療薬臨床試験「候補」にアビガンを挙げていないと伝えた。 オ教授は「アビガンはWHOが選別して公開した新型コロナ治療薬臨床試験医薬品候補目録に含まれなかった。 これ以上はアビガンが治療薬として許可されたというフェイクニュースが広がらないことを望む」と話した。

次の

《中央日報》停刊 平靜的謝幕

中央 日報

刊 期:日報 創刊日期:1928年2月1日 地址:臺灣臺北市八德路2段160號 電話:(8862)27765368 傳真:(8862)27775835 網址: 《中央日報》是中國國民黨機關報,于1928年2月1日由中國國民黨中央創刊于上海,一年後遷至於南京。 報社採總編輯制,社長由國民黨中央宣傳部長兼。 1932年改行社長制,直接對國民黨中央宣傳部負責,首任社長程滄波。 1938年9月1日抗日戰爭爆發一年後隨國民黨政府遷往重慶出版。 1945年抗戰勝利後,國民黨中宣部派人接收南京日偽《中報》、《中央日報》等,在舊址重建南京《中央日報》,于同年9月10日出版,由馬星野出任社長。 重慶《中央日報》則歸國民黨中央宣傳部直轄照常出版。 1947年該報成立中央日報股份有限公司及董事會。 1949年遷往臺灣,3月12日在臺北續刊。 1997年7月1日起開始推出網路版。 1999年4月推出以文教新聞為主的《中央捷報》。 發行:主要為臺灣地區。 港、澳及美、歐華僑華人社區亦有發行。 該報現編有國際版向海外發行,每期2張8個版。 版面:日出對開7張28版。 版面內容包括:《要聞》、《政治要聞》、《焦點新聞》、《重要新聞》、《熱門話題》、《兩岸經濟》、《兩岸三地》、《綜合》、《社會新聞》、《財經産業》、《國際新聞》、《全民論壇》和《文教焦點》、《教育圈》、《杏壇芬芳錄》、《藝文傳真》、《體育新聞》以及《中央副刊》、《北市新聞》、《影視娛樂》等。 董事長:徐抗宗 發行人:邵玉銘 總編輯:江偉碩 (來源:台灣網2004-03-05) 責任編輯:清水.

次の

中央日報

中央 日報

歷史 [ ] 《中央日報》於1965年9月22日由創辦人創立。 曾擁有同集團旗下的另一家公司(TBC),設有639千赫的電台波段頻道及電視第7頻道。 後來執政時,TBC被政府以「」強行解散並合併至(KBS)。 2011年,隨著韓國一系列與媒體相關的法律法規的通過,《中央日報》正式成立,為當年成立的四家之一。 《中央日報》是韓國第一份改用橫排刊登新聞的報章。 該報還同時發行英文版,名稱為《 ( 英語 : )》。 從2007年3月18日開始,《中央日報》每逢星期日都會推出星期日特別號《》,在韓國屬首創。 另外,香港版的《中央日報》每逢星期三會隨報附送一份有關在港韓國人生活消息的特刊。 國際合作 [ ] 《中央日報》與的、保持友好關係,日本分社位於時事通信大樓。 該報有一個教導中文的〈一二三中國語〉( 이얼싼중국어)。 參考文獻 [ ].

次の