エスター 続編。 大ヒットホラー『エスター』前日譚映画が始動 ─ 恐るべき少女の語られざる物語、新鋭クリエイターと前作スタッフのタッグで描く

エスター : 作品情報

エスター 続編

コンテンツ• エスターの作品詳細情報 公開:2009年10月10日(全米公開2009年07月24日) 原題:Orphan 上映時間:123分 監督:ジャウム・コレット=セラ 製作:ワーナー・ブラザーズ 出演:ヴェラ・ファーミガ、イザベル・ファーマン、ピーター・サースガード 自分の正体を偽りながら、徐々に家族を追い詰めていく少女の姿を描いた本作は、公開と同時に大ヒットを記録しました。 ホラー映画好きの方も、思わずうなった「衝撃のラスト」は、必見です! また不気味な笑みで観客を恐怖のどん底に落とす、エスターを演じたイザベル・ファーマンの高い演技力も話題になりました。 エスターのあらすじ ケイト・コールマンと夫のジョンには、2人の子どもがいました。 長男のダニエルと長女のマックスです。 ダニエルは元気な少年でしたが、マックスは生まれつき難聴を患っており、聾学校に通っていました。 やがてケイトは3人目の子供を妊娠しますが、流産をしてしまいます。 自分を責めるケイトに、ジョンは孤児院で養子をもらうことを提案します。 ふたりは孤児院を訪れます。 そこで、ひとり、熱心に絵を書いている少女に出会います。 少女の名前はエスターと言い、明るく話すエスターに夫婦は好印象を抱きました。 エスターはロシア生まれの9歳で、最初にエスターを引き取った夫婦は火事で亡くなっており、再び孤児になった、と孤児院のシスターは言います。 エスターを引き取ることにした夫婦はエスターにダニエルとマックスのことを伝えます。 マックスは話せず手話を使って会話するというと、エスターは必死で手話を覚えようとします。 すぐに家族と打ち解けたエスターでしたが、ダニエルは、両親がエスターばかり構うのが気に食わないでいました。 以降は結末に向けてネタバレを含みますので、結末が知りたくない場合は飛ばしてください。 ある日、ダニエルが空気銃を使って、鳩を打ちます。 鳩はそのまま瀕死状態になります。 苦しんでいる鳩を見たエスターは、楽にさせたいといい、石で鳩を潰します。 ダニエルは、簡単に鳩を殺すエスターに恐怖を感じます。 その後もエスターは、不思議な行動や言動をします。 クラスメイトに首のリボンを取られそうになり学校で奇声をあげたり、入浴の際に必ず施錠をしたり…。 そんなある日、ジョンは子どもたちと一緒に公園へ向かいます。 そこへ馴れ馴れしくジョンに話しかける女性をエスターは見つけます。 エスターはその女性に苛立ち、女性の子供を滑り台の上から突き落とします。 その日の夜、ケイトはなぜすべり台から突き落としたのか、と尋ねると、エスターはただ滑っただけだとしらばっくれます。 エスターの不思議な行動に疑問を持ち始めたケイトは、自宅に訪問に来た孤児院のシスターに相談します。 するとシスターは以前にもエスターは暴力事件を起こしていたといいます。 そして、前の養子先の火事もエスターが何かしたのではないかとと疑っているといいます。 シスターは車で帰ろうとするところを、エスターに襲われます。 エスターはマックスを車道に突き飛ばし、それを避けたシスターを背後からハンマーで殴り殺したのです。 エスターは、誰かに今起きたことを言うとあなたも刑務所行きよとマックスを脅します。 その様子をダニエルは物陰から見ていました。 それに気がついたエスターはその夜、ダニエルの部屋に忍び込み、脅しました。 失禁するダニエルを笑いながら、エスターは部屋を出ます。 ケイトはエスターを精神科医の元へ連れていきます。 しかし精神科医はエスターよりケイトに問題があるといいます 帰り道、孤児院から、ケイトの家に行ってからシスターが戻っていないと電話がかかってきます。 その頃、警察は殴打され、亡くなっているシスターを発見します。 シスターが亡くなったことを知ると、ケイトはジョンにエスターが怪しいのではと伝えますが、ジョンは気にしすぎだと言います。 ケイトはダニエルやマックスにもエスターのことを聞きますが2人とも脅されているため何も言いません。 ケイトは悩みます。 ある日、悩んでいるケイトを慰めようとエスターは白いバラをプレゼントします。 その白いバラは、亡くなった娘のために植えたものでした。 エスターは、そのバラがケイトにとってどれほど大切なものであるか知りつつ、摘み取りました。 ケイトはエスターの腕を掴み、感情的になりますが、ジョンが止めに入ります。 その夜、エスターは自分で自分の腕を折り、ジョンに痛みを訴えます。 まるでケイトが掴んだことが、原因のように…。 その頃、ダニエルは、シスターを殺した時の武器をエスターがツリーハウスに隠したと知り、証拠を探そうとします。 ダニエルの異変に気づいたエスターは、武器を探すダニエルをツリーハウスに閉じ込め、ハウスにガソリンをまき、火を放ちます。 ツリーハウスが燃えていることに気づいた、ケイトは慌てて、ダニエルの方に向かいます。 一命を取り留めたダニエルは入院することになります。 ケイトは、エスターが常に持っている日記のなかを調べた際に、記されていた「サールン・インスティチュート」という精神病院のことが気になっていました。 そして、ケイトはジョンに、昔、エスターはこの精神病院に入っていたのでは、と話します。 ジョンは信じようとはしません。 エスターは両親の隙をみて、ダニエルの病室に入り、ダニエルの呼吸器を止めます。 病室に医師が駆けつけ、なんとか助かりますが、ケイトはエスターがやったと思い、エスターを平手打ちします。 しかし虐待と取られ、ケイトはそのまま入院させられます。 ジョンは、マックスとエスターとともに帰宅します。 その夜、エスターはおしゃれな服を着て、ジョンを誘惑しますが、ジョンは止めようとします。 そのことにエスターは腹を立て部屋に戻ります。 一方、入院をしているケイトの携帯には着信が入っていました。 かけ直してみると、サールン・インスティチュート精神病院の医師からでした。 そして医師は「エスターは少女ではなくホルモンの異常で老化しないだけの33歳の女性だ」と言います。 また「首や手首には拘束具の跡があり、知る限りでは7人の人を殺している。 最後は放火で家族を殺しているはずだ…」と告げます。 ケイトは急いでジョンに電話しますが、繋がりません。 その頃、家では、エスターがジョンを殺していました。 ケイトは自宅に強盗が入ったと通報し、慌てて家に戻ります。 ジョンやマックスらがいる自宅に着いたケイトは、玄関に入るとジョンが殺されているのを目にします。 ケイトはマックスを探します。 その頃、温室に逃げたマックスをエスターが追いかけ、銃で殺そうとしていました。 ケイトはエスターを止めます。 エスターとケイトは凍った湖の氷上で争います。 そのとき、湖の氷が割れ、2人とも湖中に入ります。 ケイトはなんとか陸に上がろうとしますが、エスターがケイトの脚にしがみつき、なかなか上がれません。 ケイトはエスターを蹴り飛ばします。 蹴られたエスターはそのまま湖に沈んでいき、二度と上がることはありませんでした。 エスターをみての感想 — 2020年 2月月1日午後2時37分PST 「エスター」の最大の魅力は、イザベル・ファーマンの演技力の高さにあります。 撮影当時11歳の少女だったイザベル・ファーマンですが、見た目は9歳、しかし中身は33歳の精神異常の女性という難しい役どころを見事に演じています。 見るシーンによって、少女にも見え、大人の女性にも見えてしまう彼女の演技は必見です。 そんなイザベル・ファーマンの演技力もあり、どこかエスターは同情してしまうキャラクターになっています。 エスターの行った凶悪な事件の数々は決して許されるものではありません。 しかし、心は大人であるものの、見た目は子どものままであるという彼女は、大人にも、子どもにも、自分の気持ちを理解してくれる者はいません。 ただ普通に恋愛がしたいだけなのに、男の人に近づくと、子どもだからと避けられる…。 悲しい顔をしたエスターを見ると、ひとりでもエスターの気持ちを理解してくれるものがいれば…と思ってしまいます。 犯罪が生まれる経緯は、決して本人だけの問題ではなく、環境に左右されることもあるのだ、と「エスター」は言っているような気がするのです。 そんな「エスター」ですが、本作の前日譚を描く新作の公開も決まっています。 監督は「ザ・ボーイ 〜人形少年の館」を手掛けたウィリアム・ブレント・ベルです。 エスターはどうやって精神病院から脱出を図ったのか? エスターはなぜ1度目の養子先を放火をしたのか? 「エスター」では語られることのなかった彼女の知られざる物語が紡がれます。 まだ新作の公開予定は決まっていませんが、こちらの公開も待ち遠しいですね。 面白かったけど精神ゴリゴリに削られた。 最後がハピエンでスッキリしたけどバドエンだったら一生引きずりそう。 感情のある人間が一番怖い。 — せいちゃんの視聴録 mifrimaf エスターのキャスト情報 ケイト・コールマン役(ヴェラ・ファーミガ).

次の

エスターには実話がある?実際に起こった事件を徹底調査!|むびぱら

エスター 続編

エスターは人気が高い作品なだけあって、2週目でもやっぱ面白い。 幽霊が出るわけでも、怪奇現象が発生することもないのですが、じわじわと忍び寄る恐怖が実に心地良いです・・・! てなわけで今回は映画「エスター」を観た感想を書いていきます。 ネタバレ感想になりますので、まだエスターを観ていない方はHuluで見れるのでよければチェックしてみてください。 ・ Huluは月額933円のサービスで「海外ドラマ」「邦画」「洋画」「アニメ」などのコンテンツが見放題です。 二週間の無料体験期間があるのでその期間中にエスターを視聴すればお金はかかりません。 この機会にどうぞ。 映画「エスター」の基本情報・予告編 映画「エスター」の基本情報 監督 ジャウム・コレット=セラ 脚本 デヴィッド・レスリー・ジョンソン 原作者 アレックス・メイス 配給 ワーナー・ブラザーズ 制作国 アメリカ合衆国 公開日 日本では2009年10月10日に公開 上映時間 123分 メガホンを取ったのはスペイン出身のジャウム・コレット=セラ監督。 2009年に公開されたので、すでに9年前の映画。 映画のジャンル的にはサイコホラーになります。 身寄りがいないため孤児院で暮らしていたが、コールマン夫妻に養子として引き取られる。 年齢の割に賢くどこか不思議な雰囲気を持つ少女。 が、徐々にエスターの様子に疑問を抱くようになる。 元アルコール依存症。 3人目の子供を流産させてしまい悩んでいるケイトを献身的に支える。 そして、エスターを養子に向かい入れる。 耳が聞こえないため補聴器をつけて手話で会話している。 エスターを姉のように慕うが、だんだんエスターに対して恐怖を抱くようになる。 また、マックスを演じたアリアーナは、実際に聴覚障害を患っている。 エスターが養子として家にやってきて、家族の注目がエスターに集まったことに不満を感じている。 映画「エスター」のあらすじ ケイト・コールマンは3人目の子供が流産してしまったことにずっと悩んでおり、度々悪夢を見ていた。 そんなケイトのためにか、夫のジョンは養子を探すためにケイトと一緒に孤児院に行き、そこで9歳の女の子エスターを養子として向かい入れるのだった。 息子ダニエルはエスターが家に来たことを快く思っていない。 自分の両親がエスターに取られるかもしれないという恐怖があったからだ。 それに対して娘のマックスはエスターを姉のように慕う。 そんなこんなでコールマン家にエスターが加わったのだが、ケイトはエスターに対して違和感を感じるようになる。 というのも、エスターは入浴中に必ず入り口を施錠したり、歯医者に行くのを拒否したり、常に手首にリボンをつけていたりと、独特のこだわりを見せていたからだ。 どこか不思議な少女エスター。 そして、エスターの周囲で次々と不可解な事件が起こり、ケイトの中で違和感は恐怖に変わっていくのだった。 映画「エスター」のネタバレ感想 基本的にホラー映画は苦手なのですが、本作エスターは音で脅かしたり幽霊が出てくるわけでもないので、安心して見られました。 冒頭でも書いたとおり、じわじわ恐怖が忍び寄ってくるみたいな感じの映画。 これぞサイコホラーです。 では本作の内容に触れていきましょう。 あらすじからも分かる通り、3人目の子供を流産させてしまったコールマン夫妻は、どうしても3人目の子供が欲しくなり、孤児院で9歳の少女エスターを引き取るりますが、このエスターこそがトラブルを生む元凶。 ケイトは最初はエスターを可愛がっていたけど、エスターが同級生の女の子を滑り台から突き落としたという疑惑が上がったあたりから、エスターに違和感を覚えるようになります。 ここでエスターの悪行を列挙してみると、 ・ 同級生の女の子を滑り台から突き落とす ・ ダニエルが悪ふざけでペイントボールを鳩に当ててしまい、弱った鳩をエスターが躊躇することなく叩き殺す ・ 孤児院のシスターをハンマーで殴り殺す ・ 自分の悪行を見られたかもと思い、ダニエルを小屋ごと燃やそうとする(失敗に終わった) ・ 小屋から落下し病院に運ばれたダニエルに対して、強引に吸引器を外し殺害 ・ 自分の腕をプレス機のような機械で骨折させケイトにやられたと主張する ・ 車を勝手に動かしマックスを殺そうとすると共に、それをケイトの不注意のせいにする とても9歳の女の子とは思えないほど凶悪な一面を見せています。 殺人に対してなんの躊躇もない上に、家族内でケイトを貶めるために、あれこれ工作する高い知能を持ち合わせています。 ケイトとエスターは激しく対立しますが、夫のジョンは完全にエスターの味方。 ここで浮かび上がる2つの疑問は、エスターが家庭を崩壊させようとする動機と、9歳の女の子とは思えない知能の高さです。 しかし、この謎は終盤で明らかになります。 なんとエスターは9歳の子供ではなく、33歳の精神異常の女だったのです。 エスターはホルモン障害の下垂体機能不全により発育不全になってしまい、見た目は9歳の子供。 しかし、中身は精神異常の33歳です。 この事実を知った時、身の毛がよだちました。 物語終盤にて、エスターは化粧をして父であるジョンを誘惑しようとしますが、父親は気味悪がります。 誘惑に失敗したエスターは激怒しジョンを殺害。 その後、家に駆けつけたケイトと命がけの死闘を演じ、最終的にエスターは沼に沈めらて死亡してしまいます。 登場人物全員が無駄なく機能していて、テンポよく進むストーリー展開に加え、終盤で一気に伏線を回収しクライマックスを迎える本作は、サイコホラー映画としてかなり完成度が高いと言えるでしょう。 2回目観た時はオチがわかっているのに、ハラハラしてやっぱり面白かったです。 エスターの半生に同情してしまう 映画を見終えた多分多くの人は「エスター怖かったー」「エスターサイコパス・・・!」という感想を抱くかもしれません。 しかし、自分はむしろエスターに同情してしてしまいました。 言うまでもなく殺人は許される行為じゃないし、彼女のしたことは断罪されるべきでしょう。 でも、彼女がこのような凶悪な人間になってしまったのは、自身の病気が大きく関係しているからだと思います。 発育不全でどれだけ歳を重ねても子供の姿のまま。 普通の人ができるとこが彼女にはできないのです。 エスターがケイトとジョンの仲を壊し、精一杯のおしゃれをしてジョンを誘惑しようとした背景には、子供の姿であるがゆえに普通の恋愛ができなかったからこそなのかもしれません。 普通の恋愛ができない自分の人生に絶望し、精神異常になってしまい、凶悪な性格が誕生したのではないのでしょうか。 エスターは、前の家でも誘惑に失敗してその家族を皆殺しにしてますから、男の愛に飢えていたのでしょう。 男と普通の恋愛がしたかったのでしょう。 心は大人、でも肉体は9歳のこ度のまま。 実に悲しき運命です。 もしエスターの周囲に、エスターのことをちゃんとサポートしてくれる人たちがいたらこんな結末にはならなかったのかもしれません。 そう考えるとやはりエスターに同情してしまいます。 エスターにはもう一つのエンディングがある? エスターはジョンの誘惑に失敗した後激昂。 ジョンを殺害し、マックスとケイトも殺そうとしますが、ケイトとの死闘の末、エスターは湖に沈められてしまいます。 これがエスターのエンデイングですが、 実は「エスター」のDVD特典では、エスターのもう一つのエンディングが収録されています。 その内容が以下。 エスターは自宅の割れた鏡の前で鼻歌を歌いながら化粧をし、階段をゆっくり降りたところで駆けつけた警察官に発見されます。 するとエスターは何事もなかったかのような顔で 「ハロー。 マイネームイズ、エスター」と自己紹介するのです。 しかし、その顔は返り血で血まみれです。 これがもう一つのエンディング。 つまり、アナザーエンディングです。 このアナザーエンディングを考察すると、状況から考えてエスターは「ケイト」「ジョン」「マックス」を全員惨殺したということになります。 この終わり方だと、かなり救いのない話になりますね(苦笑) 個人的にはハッピーエンドが好きなので、マックスとケイトが助かる方のエンディングがいいです。 このアナザーエンディングが見たい方はDVDを購入してください。 エスターを演じたイザベル・ファーマンの演技力がすごい エスターを演じたイザベル・ファーマンですが、彼女の演技力はすごいの一言に尽きます。 なんせ、当時イザベル・ファーマンは11歳の少女だったのに、33歳の精神異常者の役を完璧に演じきったわけですから。 個人的に彼女の演技で一番印象深かったのが、カッターでダニエルを脅すシーン。 エスターはダニエルに自分の犯行が見られた可能性を危惧して、カッターを持ってダニエルを脅すのですが、その時の彼女のセリフが 「もし嘘だったらそのつるつるのちんちんちょん切るから。 本当の使い方を知る前にね。 」です。 (日本語吹き替え版) このセリフを11歳の少女が言うのですから、凄まじいインパクトです。 こんなセリフを言わさせられる子役ってどんな風に成長していくんですかね・・・。 物語後半、エスターはケイトとマックスを殺すために銃を持って家の中を徘徊するのですが、その時のエスターの姿はとても11歳の女の子には見えません。 メイクなのか彼女の演技力の賜物なのかわかりませんが、最初と顔が全然違います。 超怖い・・・! 見事に33歳の精神異常者を演じきっています。 役者さんってすごい・・・! 本作「エスター」は設定が面白い名作ですが、エスター役を演じたイザベル・ファーマンがいてこその作品と言えるかもしれません。 エスターの病気は実在するのか?2つのケースから考察する 作中ではエスターの病気について、ホルモン異常による垂体機能不全と説明されていました。 要するに年を取らないという病気です。 しかし、エスターのように年を取らない病気が果たして実在するのでしょうか? いろいろ調べてみると、2つの可能性が浮上しました。 一つは 「ハイランダー症候群」という病気。 ハイランダー症候群とは簡単に説明すると不老です。 一切老化することがない病気で、グーグル画像検索でもハイランダー症候群にかかってるであろうタバコを持った幼女の写真がヒットします。 また、数十年全く見た目が変わらないイザベル・アジャーニという女優もハイランダー症候群ではないかと言われています。 しかし、このハイランダー症候群が本当に実在するかというとかなり怪しく、医学系データベースにハイランダー症候群の報告が1件も確認されていないのです。 参考リンク: なので、おそらくハイランダー症候群は架空の病気です。 2つ目の可能性は、日テレの 「世界仰天ニュース」で紹介された時が止まった少女の例。 参考リンク: ブラジル北部に住むマリア・オウディーティさんは、体重17. 6kg、身長は76cmの赤ちゃん。 しかし、 実はこの赤ちゃん年齢が34歳なのです。 彼女は34年間赤ちゃんの姿をしているのです。 医師によれば、マリア・オウディーティさんは先天性甲状腺機能低下症にかかっており、首の前面にある甲状腺の働きが弱くなり、分泌される甲状腺ホルモンが不足してしまい、その影響で体の成長や知能の発達に問題が生じる疾患だそうです。 彼女は34年間歩くこともできずハイハイで移動し、喋ることもなく、ずっと赤ちゃんとして生きているのです。 もしかしたらこのマリアさんの例が、エスターの成長を止めた病気の正体なのかもしれません。 ただ、エスターは体の成長はしていないものの、知能は普通の大人なのでそこに矛盾が発生しますが。 というわけで、エスターのように身体が成長せず子供のままの姿という病気は確かに実在するものの、エスターのように知能だけ成長するというケースは確認できませんでした。 まとめ いろいろ書きましたがエスターは非常に面白かったのでおすすめです。 すんごい個人的な意見を言うと、エスターを演じたイザベル・ファーマンが可愛かったです。 (別にロリコンじゃありません) 映画のジャケットはマジで恐ろしい顔をしていますが、実際は超絶かわいい女の子。 あんなかわいい幼女が養子として家に来たら猫かわいがりしてしまいそう。 もしロリコンのパパがいる家に行ってれば、本作はもっと違うストーリー展開になったのでしょうね。 そんなイザベル・ファーマンの現在は、彼女のインスタで見れるので要チェックです。 とても美人さんです。 さてさて、本作エスターですがホラー系が苦手な方にもぜひ見てほしい作品です。 冒頭でも書きましたが、Huluの二週間のお試し期間を利用すれば無料で見ることができるので、ぜひチェックしてみてください。 ・ それでは。 以上、【ネタバレあり】映画「エスター」のあらすじと感想。 時が止まった女の苦悩... でした。 youkenwoiouka.

次の

エスターを超える衝撃!? 映画「ネスト」の内容と見どころを一挙ご紹介!

エスター 続編

「エスター」を引き合いに出してくるものだからどんな映画かと思ったら、誰ですかこの煽り文句考えたの。 ある意味天才です。 「エスター」の名前に惹かれてこの作品を取った人が何人いることか。 そして騙された人が一体どれだけいることか。 想像しただけでぞっとします。 ラストの衝撃は皆無です。 あ、そう、ふーんで終わってしまいます。 ホラーではなく、どちらかというとサイコサスペンス寄りでしょうか。 クライマックスの主人公モンセの狂気っぷりは見ていて鬼気迫るものがありましたが、ラストはそれを帳消しにしてしまうようなハートフルな展開になってしまいます。 台無しです。 そんなの求めてなかったの。 もっと後味の悪さを極限まで追求してくれていたら、まだ救いはあったんですけどね。 100点満点で換算したら、42点くらいの出来ですかね。 ホラーにしては雰囲気や空気感がちょっと明るかったですし、追い詰め方も足りない感じでした。 最後の骨折した脚を思いっきり踏みつけるところなんかは思わずうわーっとなってしまいましたけど、ホラーでも何でもないんですよね、そこの部分は。 というかカルロスは単なる噛ませ犬というか、狂言回しのような役回りでしたね。 必要な存在だったのでしょうけど、それならもっとそこに色々な要素を絡ませて欲しかったです。 と、こんなボロクソな評価にも拘わらずAmazonでは高評価だったりします。 俺の感性が間違っているのか、いやそれとも……? いえ、深くは追及しません。 今は情報社会ですからね。 ライターやっていると、そういったグレーゾーンも見えたりするんですよね、これが。 まとめ 本編とはあまり関係ないのですが、妹役の女優さんがどことなく黒木華に似ているのが気になりました。 日系なんですかね。 どこか和を思わせる顔立ちをしています。 はい、印象に残ったのはそれくらいです。 「エスター」を観たことがある方は正直言って失望しか感じません。 それでも観たい方は怖いもの見たさにどうぞ。 また、「エスター」を観たことがないという方は、まあそれなりに楽しめるのではないのでしょうか。 なにはともあれ、興味のある方はぜひ観てみてくださいということですね。 責任は負いませんけどね。

次の