ディズニー キャスト 裏話。 ディズニー閉園後の怖い都市伝説!隠れて残ったために目撃した恐怖の瞬間とは? | マジマジ情報局

元キャストが伝授!ディズニーリゾートの裏話6選!楽しみ方が変わる?

ディズニー キャスト 裏話

キャストさんどこから来たの? あれは、僕がレジで商品の支払いをしていた時のことでした。 ディズニーリゾートのキャストさんって 意外と話しかけてくれます。 『今日は何が一番楽しかったですか?』 『ディズニーで何のキャラクターが一番好きですか?』 とかって。 最初はそんな他愛もない会話だったんだけど、 少しずつキャストさんと仲良くなったので、 いろいろ裏話聞いてみた。 で、最初はジャブってことで、 『キャストさんってどこから来てるんですか?』 って、質問してみた。 そのキャストさんは、 大学生のアルバイトの女の子だった。 キャストさん、ホンマにディズニーが好きな人多いんだなって 改めて知った。 こういう人たちがディズニーリゾートで働いているから ディズニーって楽しんだろうなって。 企業的にはブラックとか言われているけど、 本当に、こういったキャストさんを大切にすべきだと思う。 だって、 ホンマに心からディズニーを愛してくれているからこそ、 ディズニーに遊びに来ている僕たちを 心から楽しませてくれるし、 笑顔で対応してくれるんだし。 どうか、 オリエンタルランドさん もっと待遇を良くしてあげてくれ! で、そんなキャストさんに いろんな裏話や小ネタを聞き出した 笑 ディズニーのキャストさんって特典あるの? 誰もが思ったことあるはず! ディズニーリゾートで働けば、 アトラクションとかって無料で遊べるの? って。 この質問尋ねてみた。 『キャストさんって、閉園した後とか バイト終わった後、ディズニーリゾートで 無料で遊べるの?』 って。 すると、 『そんなことないです。 そういった特典は無くて、 逆に、 年パスを自分で買って バイトの仕事前の時間に遊んだり、 早く終わった時に遊んだりすることがあるくらいです』 って。 ちょっとこの裏話聞くと、 切ないな。 だって、 頑張って働いて貰った給料を ディズニーリゾートの年パスの購入費にするって めっちゃ搾取されてる感じがする 笑 まぁ、本人たちは、 好きで年パスかってディズニーで遊んでるんだろうけど、 めっちゃ、ディズニーでお金回ってるやんって。 ビジネスするなら、 こういったサイクルになるように考えると 絶対稼げるはず。 さて、続いての裏話 ミッキー誰入ってんの? これ、究極的に聞いたらダメな裏話w マジでディズニーファンならマジギレしちゃうレベルの裏話かも! だけど、聞いちゃったw 『バイトしてるなら、 今日は、ミッキーに誰々さんが入ってるとかって 知ってるの?』 こんな質問、キャストさんにしてみました。 すると、 『え、いや、そんなの分からないですよ。 誰が入ってるとかって・・・ あ、違います! ミッキーは、ミッキーです! 誰が入っているとかじゃなくて ミッキーはミッキーなんですよ~』 って、最後は上手く逃げられちゃいました 笑 と、このように いくらバイトさんと言っても しっかりと夢を壊さないようにキャストさんは いつも神対応しておられます。 裏話w それに、 やっぱりディズニーってホンマにたくさんの人達から 愛されてるんだな~って再認識した。 だって、 遠くからだって働きに来るし、 僕たちだって遠方から遊びに来てるし。 この世界観が何とも言えない。 ホンマにスゲー。

次の

ディズニーキャストの裏話!秘密11選を徹底公開します!

ディズニー キャスト 裏話

ディズニー裏話|王女に扮した女の子の人種差別にディズニーが神対応! ディズニーは夢の国。 夢の国には夢の国ならではの素晴らしいキャストがいます。 今回はそんなディズニーキャストの神対応エピソードを紹介! 人が沢山集まる場所ですし、屋外で冬は寒く夏は炎天下な場所もあるので、体調を崩してしまったことがある人もいるのではないでしょうか。 その様なハプニングがあった際のディズニーリゾートの神対応もまた話題に挙がっているので、エピソードを紹介したいと思います。 調べてみると、やはり小さいお子さんが急な発熱に見舞われる、というハプニングが多くありましたが、キャストの神対応のおかげでどのゲストも残念というよりは、感謝の気持ちや「また来よう」といった前向きな気持ちを持っている人が多いようです。 ある日子供連れのファミリーがディズニーランドに入園した際、途中で子供が寒気を訴え、体調を崩してしまいました。 母親は急いで中央救護室に子供を連れて行ったところ、とても丁寧に対応してもらい、母親も安心出来るほどのものだったそうです。 薬剤師も常駐しており、近くの病院まで案内をしてくれる手厚い対応。 その子供はしばらく眠ったら体調が回復し、再度入園することが出来たそうですが、特に再入園希望のスタンプも押してもらわず、焦って病院へ行ったにも関わらず、入り口で再度名前を伝えたところ快く再入園させてもらったそうです。 母親はこの一連の対応に心から感謝の気持ちを述べていました。 この様な臨機応変の対応にも親身になってくれるところがさすがですね。 ディズニー裏話|ディズニーキャラクターの神対応 ディズニーリゾートのキャスト達が子供だけでなく、大人にも神対応をすることは広く知られていますが、ディズニーキャラクター達も神対応をしている噂はご存知でしょうか。 今日はそんなキャラクター達を代表するミッキーの神対応についてご紹介したいと思います。 これを見たらミッキーのファンはますます増えてしまうことでしょう。 〇寝ている子供に神対応 あるファミリーがミートミッキーに並んでいた際、やっとミッキーに会えた時に子供が寝てしまっていました。 キャストやその子のお母さんがその子供を起こそうと必死になっていると、ミッキーは「シー!」とジェスチャーをし、起こさないよう静かにしてと周りのゲスト達にも促したそうです。 その子供は寝たままミッキーと記念撮影し、その後お母さんたちとミッキーが最後の挨拶をしていた所、最後の最後に子供が目覚め、ミッキーは大喜び。 ミッキーがなんともう一枚写真を撮ろうと提案をしてくれたそうです。 ただ提案するだけでなく、ここがミッキーの素晴らしいところなのですが、後ろに並んでいる他のゲストにも「もう一枚良い?」と丁寧に確認をしてくれたそうです。 このファミリーはもちろんのこと、周りのゲストのことも幸せな気持ちにしてくれたミッキーの対応は「神」と言えるものですよね。 〇目の不自由な夫婦への対応 こちらもミートミッキーでの出来事。 盲目の夫婦が杖をついてミートミッキーのミッキーの部屋へ。 キャストが夫婦に付き添い、「これがミッキーの耳ですよ」と言いながら耳に夫婦の手を持っていき対応していたそうです。 その後ミッキーは自分の鼻の位置を教えてあげたり、沢山ハグをしていっぱいキスもしてあげていました。 最後、その夫婦を出口までミッキーは手を取って誘導し、ご挨拶をしており、その対応を見ていた後ろのゲストが感動して泣くほどの丁寧さだったそうです。 それだけで終わらず、ミッキーはその泣いているゲストの頭も優しく撫でてあげたそうで、とてもミッキーの優しさが伝わってくるエピソードですよね。 身体の不自由なゲストにもしっかり楽しんでもらえるような仕掛けは、ミッキーを始めとするキャラクター達の優しい対応が大きく関わっているのだと感じました。 ミッキーの丁寧で優しい神対応エピソードは、心温まるエピソードでしたね。 その他にも、あれだけの人気者で、グリーティングでは沢山のゲストに囲まれてしまうのに、手紙を書いていった子供から丁寧に手紙を受け取り、嬉しいという仕草をしてくれるなど、一生忘れることが出来ないようなエピソードが沢山あるようです。 ディズニー裏話|王女に扮した女の子の人種差別にディズニーが神対応 ディズニーキャラクターやキャスト達の神対応について素敵なエピソードが沢山ある中で、ある人種差別を受けた幼い女の子にディズニーが行った神対応が話題になっています。 ある黒人の幼い女の子が、ディズニーの仮装イベントで「アナと雪の女王」のエルサに仮装をして母親と参加しました。 その時、他の白人の子供たちから「エルサは黒人じゃない!」などといった酷い人種差別を受け、黒人の女の子は酷く傷つき、心に深い傷を負うことになってしまいました。 自分の体をこすり、白人になりたいと塞ぎこんでしまうきっかけになってしまったこの事件を、母親は辛く感じ、事件をSNSで発信しました。 その結果、世界中の人々からの励ましだけでなく、ディズニー側の主催者が知ることとなり、なんとその黒人の彼女にエルサ本人からメッセージが届きました。 そのメッセージには「ありのままのあなたでいて」と書かれており、映画の中でエルサが歌う「Let It Go」とリンクするメッセージでした。 さらにその後、ディズニー主催のイベントに二人は呼ばれ、本物のエルサと再会することとなります。 もちろん黒人の彼女は大好きなエルサの格好をしていき、「エルサのことが大好き」と本人に伝えることが出来たそうです。 ディズニー(エルサ)の神対応で、酷く傷ついた彼女たちを救うことが出来て本当に良かったと感じますし、なかなか無くならない人種差別に対する酷い事件に関して、ディズニーがメッセージを世界中の人に発信することで、一つでもこの様な事件が減るようにというディズニーの思いが込められているのではないでしょうか。 「大人も子供も、人種も関係なく楽しめる夢と魔法の王国」をテーマに掲げているディズニーリゾート。 とてもシンプルな言葉ですが、このテーマを実現させる為に、並々ならぬキャストやキャラクター達の努力があるのだと感じます。 私たちゲストも、この様な神対応が当たり前と思わず、なかなか普通では出来ないような対応や接客をしてもらっているという感謝の気持ちを持って、ディズニーリゾートに遊びに行きたいと思います。

次の

ディズニーキャストが「辞めたい…」と思う理由5つとは?辞めるまでの流れ

ディズニー キャスト 裏話

トイストーリー・マニアのコスチューム ディズニーキャストは、まず面接で採寸しますのでサイズはわかっています。 バックステージにはコスチュームを一括管理しているクリーニング屋さんのような場所があります。 そこで、自分の着ていたコスチュームを渡せば、洗濯された綺麗なコスチュームと交換してくれます。 決してコスチュームを持ち帰って洗うことはありません。 キャストのロッカーは、地図で言うと「カリブの海賊」の裏辺りになります。 しっかりシャワーも完備されているので、汗をかくお仕事には助かりますね。 「ビーバーブラザーズのカヌー探検」のカヌーのお兄さんなんて、夏はシャワーないと辛いですよね。 「ヴェネチアンゴンドラ」のお兄さんも夏場は辛いですね。 このように、環境はとてもしっかりしています。 ディズニーキャスト同士の恋愛事情は!? 世間では、ディズニーキャストはカッコイイ人やかわいい人が多いと言われていますよね。 確かに、ディズニーキャストの中にもダンサーではないのにファンレターをもらう人がいます! ダンサーさんにファンが付くのはわかる気がしますが、「普通のお仕事していて!?」と驚かれる方もいるますよね。 でも、年パスを持っているゲストさんは、ディズニーキャストのこともしっかり把握される方もいます。 世間で言う、お店の常連さんのような感じですかね。 お互いに顔を覚えてあいさつするようなこともあります。 ちょっと話がズレましたが、ディズニーキャスト同士の恋愛は多い方かと感じます。 なぜなら、学生も多いのでブレイクエリアでは出会いの場でもあるのです。 それにみんなディズニー好きです。 話も合いますし、お仕事が何より楽しくなりますよね! 仕事中は自分の担当エリアの休憩所しか使えませんが、コスチュームを脱いで私服でロッカー周辺のブレイクエリアにいると色々な場所で働いているキャストが一同にいます。 あと、意外とキャストは高学歴な人が多いです。 早稲田、慶応、上智、青山学院といった、そうそうたる大学の学生がいっぱいいました。 学生で趣味が似ていてバイト先で会えると自然とカップルも多くなりますよね! キャラクターはウロウロ歩いているの!? 園内でグリーティング中のミニー ディズニーキャラクターは、ブレイクエリアでは出会うことができません。 ただ、唯一会えるのはグリーティング前のスタンバイやパレード前のスタンバイの時です。 その時もキャラクターはしっかりキャラクターなのです。 言いたいこと、伝わりますか? 私たちバイトの前でも、キャラクターはゲストと同じように接してくれます。 ただ、ディズニーキャストにしか見られない光景は、キャラクターがパレードのフロートに乗せられる瞬間や、降ろされる瞬間です。 そして、キャラクター専用の移動車で運ばれていく姿です。 さすがにマニアにはたまらない瞬間なので、「働いていて良かった!」と思える時ですね。 ディズニーキャスト用語とは? ホーンテッドマンションのキャスト ディズニーキャストには、「キャスト用語」なるものがあるのです。 みなさんに少しだけご紹介しましょう! インパ ディズニーランドやディズニーシーへ、キャストではなくゲストとして入ること。 ブレイク 休憩します。 休憩する際も上司に「ブレイクいってきます」と一言行ってから行きます。 リハブ 休止中のアトラクションです。 ステーション アトラクションを乗り降りする場所です。 101 アトラクションが故障中です。 102 アトラクションの再開です。 MEC 入場制限のことです。 ・M=メンイ ・E=エントランス ・C=クローズ MEO 入場制限解除です。 ・M=メイン ・E=エントランス ・O=オープン まだまだ他にもありますがよく使う用語をまとめてみました。 ・ ディズニーキャストがしてはいけないこととは? カストーディアルキャスト ディズニーキャストには、してはいけないこともあります。 カストーディアルキャストはしゃがんではいけない カストーディアルキャストは、絶対にしゃがんで拭いたりしません。 ジュースがこぼれていたら足で拭きます。 なぜだかわかりますか? 一見、「足で拭くなんてどうなの?」と思ってしまいますが、これにも理由があるんです。 多くのゲストは、「次何に乗ろう」「あの建物はなんだろう」など、下を向いて歩くことがありません。 そんな時に、足元にしゃがんで拭いていたら、ゲストがつまずいて転んでしまいますよね。 ゲストの安全性を考えたことなんです。 「わからない」とは言ってはいけない ディズニーキャストは、基本ゲストに質問された内容に「わかりません」は使いません。 必ず調べますし、わからないことは調べて伝えるようにします。 その日の状況はしっかりリアルタイムで共有できるように情報はまわってきます。 売り切れたグッズや、ファストパスが終了した、アトラクションが止まったなど最新の情報がわかります。 「いらっしゃいませ」とは言ってはいけない 「いらっしゃいませ!」は絶対に使いません。 エントランスを入っても、お店に入っても絶対に言われません。 なぜかと言うと一方的なあいさつをディズニーキャストはしないためです。 「いらっしゃいませ!」のあとには何も続きませんよね。 それに、その一言で従業員とお客様感がすごく出てしまいますよね。 全て、パーク内では「こんにちは!」と言います。 ゲストに声をかけるときは「こんにちは!」から始まります。 ゲストの夢は壊してはいけない ディズニーキャストは、不意に思いもよらない質問をされたりします。 筆者も小さな子どものゲストに、 「なんでプーコーナーに行ってもプーさんいないの?ここはプーさんの家じゃないの??」 と聞かれたことがあります。 仕事中に急にそんな質問されても、「えっ?」となりますよね。 でも、とっさに 「ハニーハントには乗った?プーさんは百エーカーの森に遊びに行ってるのかも。 ハニーハントで探してみてね」 と焦りながら話した事を覚えています。 このようなかわいい質問ならまだ良いですが、たまに意地悪で、 「パレードにミッキー出てるのに、なんでミートミッキーで会えるの?」 といい大人が質問してきます。 これも、ディズニーキャストそれぞれの答えがあると思いますが、決して夢を壊さないよう、気を遣いながら話します。 決して夢は壊しません。 ディズニーキャストが困ってしまうことも! ディズニーキャストは、働いていて意外に困ることもあるんです。 それは、ディズニーキャストはゲストを注意することができないため、モラルのない行動する人を目にした時や、お話してもわかってもらえない時。 筆者の体験談 例えば、パレードが1時間前からでないと、シートを広げることができません。 しかし、日本語がわからないふりか無視してるのかわかりませんが、お願いを聞き入れてもらえない時がありました。 他にも、トイレの鏡の前で長時間メイク直しに独占されてしまうと、他のゲストには不愉快ですよね。 やはり注意はできないためお願いをしますが、ゲストに伝わらないことがあります。 みんなが気持ちよく過ごすためには、ゲストの方の理解も必要です! ディズニーキャストは、訪れた全てのゲストに気持ちよく過ごしてもらいたい、全てのゲストがVIPとして接しています。 そのため、エントランスの前は床が赤くなっているのは知っていましたか? みなさんは、知らず知らずにディズニーが用意したレッドカーペットを歩いているんですよ! パークには幅広い年齢層のゲストがいます。 みんなが気持ちよく過ごすためには、それなりのルールがあることはゲストの方にもぜひ理解してもらいたいです! 社員食堂のカレーはあの味?! ハングリーベアレストラン ディズニーキャストには社員食堂があり、カレーが提供されています。 「ディズニー+カレー」で思いついた方、いますよね! そうです。 ディズニーランドの中にある「ハングリーベア・レストラン」のカレーの味です。 もちろん、園内で販売されているような豪華なカレーではありませんが、社食らしいシンプルなカレーです。 安くておいしいんです! 他にも定食やおにぎり、ラーメンなど種類は豊富です。 一生懸命働いた後に食べるご飯は美味しいですよね。 ブレイクエリアはランドには3箇所あります。 園内から一部バックステージが見えてる!? リクルートスーツ 「就活している時に企業ウケの良いアルバイトはオリエンタルランド」と聞いたことありませんか? スタバなども就活に良いアルバイトと言われていますよね。 なぜかと言うと、ディズニーキャストへの徹底した教育があるからです。 そして、接客としてのマナーや親切心などが学べているからです。 徹底したマニュアルをベースに教育を受け、教育を実践するという社会経験をしているからです。 人とのコミュニケーションも学べていますし、最高峰のサービス業なわけですから企業ウケは良いですよね。 それに、筆者の経験上、就活の面接官はみな「ディズニーで働いていたんですね」と、ちょっとした話題につながります。 ディズニーキャストとしてどんなことをしていたのかなど話すと、面接では意外と緊張なく話せるものです。 筆者個人としては、大学生には本当におすすめの仕事だと思います。 ディズニーはインスタ映えする場所がいっぱい! 元ディズニーキャスト筆者からすると、ゲストのみなさんは意外とディズニーの景色を楽しんでいないように思います。 筆者は日々園内の様子をまじまじ見ていたからか、今もちょっとした変化にも気づきます。 最近はインスタ映えするスポットが人気ですよね。 みなさん、ディズニーはお揃コーデだけだと思っていませんか? もちろんお友達、カップル、家族でお揃いのコーデで写真を撮るだけでも十分楽しいのですが、よーく周りを見渡してみて下さい。 普段と違うパークが見えてくると思います。 筆者が特にインスタ映えするスポットとしておすすめしたいのは、アドベンチャーランド周辺です。 壁がカラフルだったり、タイルが貼ってあるような場所は異国を感じられるエリアです。 写真の撮り方によってはとてもオシャレな写真が撮れると思います。 ・ ディズニーシーでは、アメリカンウォーターフロント周辺が良いと思います。 NYのような町並みなので海外に行ったようなオシャレな写真が撮れるはずです。 ディズニーをよく知ってるキャストの方に、おすすめの場所を聞いて写真を撮るのも楽しいですよ! ・ 最近始まったサービス知ってますか? デビューシールを書くキャスト 2017年8月1日から始まった新サービスをご紹介します。 それは「」です。 初めてディズニーを訪れるお子さんをお祝いするシールです。 初めてディズニーを訪れる時は、パパやママにとっても初めて子供と一緒に行く素敵な記念日。 こんな素敵な日を祝ってくれるシールはキャストに伝えてくれるだけで大丈夫です。 その場で、ディズニーを訪れた日と、お子さんの名前を書いてくれます。 これだけで世界でひとつの特別なシールのでき上がりですね! この他にも、ディズニーランドとディズニーシーでそれぞれデビューシールを貰える場所があります。 ディズニーランド ・メインストリート・ハウス ・ベビーセンター ・トゥーンタウン・ベビーセンター ・ベビーカー&車椅子レンタ ディズニーシー ・ゲストリレーション ・ベビーセンター ・ベビーカー&車椅子レンタル パークで使った後はしっかりアルバムに残して下さいね! 初めてパークを訪れた時の感動がご家族で思い出せると思いますよ。 このように、情報を集めていないと気づかないような素敵なサービスがあります。 パークを訪れる前は色々と調べる事をオススメします。 まとめ ゲストを見送るキャスト ディズニーのキャストになりたいと思ってた方も、ただキャストに興味があった方も、キャストの事情を読んでどう感じたかわかりませんが、世の中には色々な裏事情が飛び交っていますよね。 筆者は、決して夢を壊すことのないオリエンタルランドの徹底したマニュアルや、バックステージの事情は素晴しいと思います。 ディズニーキャストはゲストの前では笑顔で対応し、少し違和感を感じる方もいるかもしれませんが、本当に心から仕事を楽しんでいるんです。 残念ながら、ディズニーキャストのアルバイトの離職率は高い事も事実。 でも、戻ってくる割合も高いんですよ。 他の仕事をして、改めてディズニーの良さを知る方も多いのです。 裏事情と言ってはいけないようなことをお伝えしているような感じがしますが、今回はありのままの姿をお伝えしました!.

次の