アシカ アザラシ オットセイ トド セイウチ の 違い。 見分けできる?セイウチ、アシカ、トド、オットセイ、アザラシの違いと特徴

アシカ・オットセイ・トド・アザラシ・セイウチ の違いを徹底解説!

アシカ アザラシ オットセイ トド セイウチ の 違い

生態 [ ] アシカ科のどの種も、繁殖期にはを形成する。 ハレムでは、ハレム・マスターあるいはビーチ・マスターとよばれる1頭のオスが、複数のメスを縄張りに囲い込んでいる。 ハレム・マスターになれなかった「あぶれオス」はハレム周辺に群れをつくり、ときにはハレムのメスを誘拐することもある。 魚を主食としているが、ときに地域的にはによりなどを襲って食すこともある。 知能は高く、飼い慣らすと人間に非常に懐き簡単な芸を覚える事が出来る。 後述の様に動物園や水族館で行われる『アシカのショー』は来園者に非常に人気がある。 ただし、不意に近づくと驚いて人間を襲う恐れがあるので危険である。 アザラシ科との違い [ ] 現生の鰭脚類は、アシカ科・(アザラシ)・(セイウチ)の3科に分かれる。 、、は、いずれもアシカ科に含まれる。 アシカ科は、一見アザラシ科と似ているが、いくつか明確な相違点が見られる。 形態的な特徴を知っていれば、アシカ科とアザラシ科の区別は容易である。 遊泳・歩行 [ ] アシカ科は後ろのひれを前に向けて歩行に役立てることができる。 一方、アザラシ科は後ろのひれ(後肢)を前に向けることができず、陸上では体をうねらせて前進するしかない。 だからアザラシ科は、アシカ科のように上体を高く起こすことはなく、常に腹ばいに伏した状態で前進する。 水中での遊泳方法が大きく異なる。 アシカ科は前脚が発達しており、左右の前脚を同調させてが羽ばたくような動作で推進力を得る。 この遊泳法では前脚が一種の翼として機能しており、前脚を振り下ろすときに翼面にが発生して前方に引っ張る力が生じ、これによってアシカの体は水中を前進する。 このアシカ類の遊泳方法は、やなどと基本的に同じである。 一方、アザラシは後脚が発達しており、左右の後脚を交互に左右に煽って、あたかもの尾びれのように用いて推進力を得る。 この遊泳方法に見られる形態の相違は、陸上での移動方法および歩行能力の違いにも現れている。 アシカ科は強靭で長い前脚と前方に曲げることが可能な後脚とを用いて、身体を地面から持ち上げた状態で、比較的上手に陸上移動を行うことが可能である。 一方、アザラシ科の前脚は身体を支えて持ち上げる程には長くはなく、後ろ鰭(後脚)を前方に曲げることもできず、陸上では前脚で這いずるようにして移動することしかできない。 耳介 [ ] アシカ科には(耳たぶ)がある。 一方、アザラシ科には耳介がなく、が開いているだけである。 ただし、アシカ科の耳介も陸棲獣に比べれば小さく、通常は体にそって伏せられているので、あまり目立つものではない。 分類 [ ] 海生哺乳類の中での位置づけ [ ] 海生の哺乳類には、それぞれ独立に進化してきた大きな3つの現生グループがある。 このほかに、孤立した種としてや、すでに絶滅したごく小さなグループとして、がある。 いずれも陸生の哺乳類から、水中の生活に再適応する形で分化した。 これらの海生哺乳類のうちで最大のグループは、現生、化石種を含めて見た場合でも、クジラ類に属するやの仲間であり、当初の生息場所である沿岸部から外洋への進出を果たしたこの動物群は、個体数の上でも、海の哺乳類の大部分を占めている。 なお、やは、鰭脚類とは別の海生哺乳類のグループであるジュゴン目に属する。 これらは海生哺乳類としては唯一、草食(海藻食)の動物群である。 はさらに別のグループであるクジラ類に属する。 やは、裂脚類のカワウソ亜科、や、は(齧歯類)の動物であり、いずれも、アシカやアザラシの仲間とは、系統的に特に近縁ではない。 上位分類 [ ] アシカやのグループである鰭脚類は、「目」ではなく「上科」の階層(アザラシ上科)としてとらえられている。 鰭脚類の上位グループである「食肉目(ネコ目)」は、陸生肉食動物のグループである「(現及びの陸生群)」と、そこから分化した海生肉食動物(主に魚食)のグループである鰭脚類とをまとめたものである。 鰭脚類は、アシカ科・・の3つに分けられる。 このうちセイウチ科は、かつて北で最も繁栄した鰭脚類のグループであり、化石では10以上の属が確認されているが、現在は、巨大な牙(上顎犬歯)を発達させた現生の(1属1種)しか生存していない。 魚食が多い鰭脚類の中で、セイウチは貝類食に特化している。 セイウチを除くすべての現生鰭脚類は、アシカ科とアザラシ科に二分されるが、より水中での生活に適応したアザラシ類はアシカ類よりはるかに優勢であり、個体数で言えば、現生鰭脚類の約9割はアザラシ科が占めるとまで言われている。 かつては、血清学的な研究などから、アシカ類は裂脚類のクマ科に、アザラシはイタチ科に近く、陸生哺乳類の異なるグループからそれぞれが別々に分化してきたものとする説が優勢であり、両者を鰭脚類という同じグループにまとめるのも、単に便宜的な扱いに過ぎないとされていた。 しかし、その後の分子生物学的な研究などから、現在では、すべての鰭脚類は、単一の系統であると考えられている。 化石の証拠から、祖先はクマに近縁な仲間である類であろう。 アザラシ上科()• アシカ科• 下位分類 [ ] 現生のアシカ科は7属に分かれる。 伝統的には、これらの7属は Otariinae と、 Arctocephalinae に分けられてきた。 その下位分類では、アシカ亜科は5属で構成され、それぞれが1種のみからなり、オットセイ亜科は2属で構成され、キタオットセイ属は北に生息する C. ursinus1種のみからなり、ミナミオットセイ属はに主に生息する8種からなるという分類がされていた。 オットセイ亜科(オットセイ)は豊かな下毛を持つが、アシカ亜科にはそれがなく皮がなめらかである。 しかしそのほかに、一般性のある違いはない。 世間で「アシカとオットセイの違い」として説明されているものは主に、(特に)との違いである。 近年の研究では、それまで見なされていたよりもアシカ亜科の種は系統学的に独立しており、例えば伝統的にのと見なされていたは独立した種であったと見なされている。 これらの研究結果を踏まえた場合、アシカ科は7属16種2亜種で構成されることになる。 ( )• アシカ属 ( 1種のみとすることもある)• トド属• オーストラリアアシカ属• オタリア属• ニュージーランドアシカ属• ( )• キタオットセイ属• pusillus pusillus• オーストラリアオットセイ A. pusillus doriferus• 系統 [ ] 近年の分子系統学的な研究では、アシカ亜科・オットセイ亜科のいずれも、性を否定された。 はアシカ科の中で基底的である(最初に分岐した)一方、ミナミオットセイ属はやに近縁である。 またミナミオットセイ属自体が多起源であるとする説もある。 次のような系統樹が得られている。 南半球クレード 出典 [ ]• 2nd ed. 1989. OED Online. Oxford University Press. Accessed November 2007• King 1983. Seals of the World 2nd ed. New York: Cornell University Press. Brunner, S. 2003. Systematics and Biodiversity 1 3 : 339—439. November 2007閲覧。 Wynen, L. et al. 2001. Mol. Phylog. Evol. 21, 270—284• 2007. BMC Evol Biol 2007, 7:216 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ウィキスピーシーズに に関する情報があります。 に関連するメディアがあります。

次の

トドとセイウチの違いと見分け方は?生息地と食べる餌についても

アシカ アザラシ オットセイ トド セイウチ の 違い

この地球上には様々な生物が生息していますが、その中でも海洋生物は約18万種程生息していると言われています。 海の生き物の中でも様々な種類が存在していますが、海に生息する「哺乳類」も多種存在しています。 所謂「海獣」と言うカテゴリーで分類される生き物ですね。 もう少し平たく言うと、水族館でお目に掛かる事が出来る大型哺乳類とでも言いましょうか、クジラやイルカ、アザラシ・アシカ等々ですね。 今回はその中でもとりわけ見た目がキュート(個人的な意見ですが)な「セイウチ」について色々ご紹介していこうかと思います。 セイウチはしばしば「トド」と混同されたりしがちですが、セイウチとトドの違いやセイウチの生態、その他諸々セイウチに関して下記より記載していきます。 セイウチとトドの違いが分からないあなた、セイウチが余り可愛くないと思っているあなた、食わず嫌いをせず少しだけ覗いていってください。 セイウチの生態 まず初めにセイウチとは、と言う部分から説明しようと思うのでセイウチについて簡潔に説明していきましょう。 セイウチとは分類上、食肉目セイウチ科セイウチ属と言う分類になりセイウチのみで形成されています。 余談ですが、500万年程前迄遡るとセイウチ科は繁栄していたみたいなんですが、今ではセイウチのみと言う事ですね。 次にセイウチの分布域ですが、ユーラシア大陸北部・北アメリカ(カナダやアラスカ)等に生息しています。 体長はオスが約350㎝前後でメスが約300㎝前後、体重はオスが約1,600㎏、メスが約1,100㎏となっています。 ご覧の通り、かなりの大型で体重は「t(トン)」ですよ、トン。 そしてセイウチの最大の特徴でもある「牙」、シンボルみたいなもんですよね。 これに関しては後程別に解説致します。 セイウチの生態に関してですが、オス同士の熾烈な争いを経て覇者がメスを囲う所謂「ハーレム」を形成して生活しています。 セイウチと言えば特徴的な牙と共に沢山蓄えられたヒゲにも目がいきますよね。 このヒゲなんですが、触覚の様な役割を果たしており、このヒゲを使って海底に潜んでいる貝を探し当てるみたいですよ。 ただ単純にヒゲがもじゃもじゃしているだけじゃないんですね。 ではここからはセイウチとトドの違いについて説明していきましょう。 特別、この2種のみならず海洋生物に興味が無い方はその名前が分かっていてもどっちがどう、って説明するとなると言葉に窮する場合もあるかも知れませんよね。 確かに私も、子供に「何がどう違うの?」って言われたらキチンと説明出来るかどうか・・・。 万が一、尋ねられた場合に備え簡潔に知識武装しておきましょう! まず、双方の分類から見ていきましょう、セイウチは先程記載しましたが改めて記載しておきます。 セイウチ・・・食肉目セイウチ科セイウチ属 トド・・・・・・・食肉目アシカ科トド属 分類上からは違いが見てとれますが、これだけでは違いを説明するには少し難しそうですよね(子供に対して、と言う意味でね)。 では一番分かり易い「見た目」での違いを見ていきましょう。 一番手っ取り早く違いを説明するなら「牙」の有無です。 成体である事が前提ですが、セイウチには牙がありトドには牙がありません。 この見出しの上記写真は「トド」です。 これが一番分かり易いんじゃないでしょうか。 次に分かり易いのはヒゲの多さでしょうかね。 セイウチの方がヒゲがもじゃもじゃで、トドのヒゲはセイウチに比べると少ない。 この2つでセイウチとトドの違いを説明出来るんじゃないでしょうか!? なぜ牙はあんなに大きいの? 先程からセイウチの牙に関して話をしてきましたが、セイウチの牙って結構立派な牙をしていますよね。 まずこの牙の役割について少しだけ触れておきましょう。 セイウチの牙についてですが、役割としては下記の様な事が挙げられます。 この牙なんですが、オスメス共に牙があり上顎の犬歯が発達した物でオスの場合、この牙が約100㎝程に迄伸びる事もあるそうです。 因みにこの牙は生涯伸び続けるみたいです。 これだけセイウチの牙が長いと自分に刺さりそうで心配ですよね。 結論から言うと自分に刺さる事は余程の事が無い限りは無いみたいです。 なんかの弾みで自分以外に刺さる事は無いとは言い切れないみたいですが、なんせセイウチの皮膚はぶ厚い脂肪で覆われておりホッキョクグマの攻撃でも致命傷は与えられないと言われていますからね。 ただ水族館に行くと牙の無いセイウチを見た事がある方もいらっしゃるかも知れませんが、あれは虫歯になって抜かれてしまったから牙が無いセイウチがいるみたいですよ。 セイウチの鳴き声 セイウチの鳴き声に関してですが、文字に表すと「オウ~ン」とか「アウ~ン」みたいな感じに聞こえます。 ただ、聞く人によっては若干表記の仕方が違う可能性が高い事はお伝えしておきます。 何と言うか、非常に文字に起こし難いと言うか確信を持って「オウ~ン」です!とは言えない自分がいます。 犬みたいに「ワンワン」みたいに分かり易ければ表記しやすいんですけどね・・・。

次の

「アザラシ」と「アシカ」「オットセイ」の違いは?

アシカ アザラシ オットセイ トド セイウチ の 違い

アシカとアザラシ、オットセイというと、鰭脚類(ききゃくるい)の中でも見た目かわいい系です。 しかし、「セイウチは長い牙」「トドはデカい!」と一目でわかる特徴がありますが、どうもアシカ、アザラシ、オットセイは区別がつきにくいです。 また見た目アシカの「オタリア」まで加わると、もうどれが何かわかりません。 というわけで、今回は「アシカ」「アザラシ」「オットセイ」「オタリア」の違いについて解説していきたいと思います! スポンサードリンク アシカとアザラシの違いとは? まず、アシカとアザラシの違いについて解説していきましょう。 アシカとアザラシは、見た目も非常に似ていますが、耳に注目すると見分けがつきます。 また前後ろ足の形も違うのも特徴的です。 アシカ…耳がある、前足はヒレ状、後ろ足は左右に開いている• アザラシ…耳がない、前足は爪がある、後ろ足はまっすぐに伸びている また、見た目も比較的アシカとアザラシは似ていますが、生物学上で「アシカはアシカ科」で、「アザラシはアザラシ科」です。 この「科」は、イヌ科ネコ科というように、犬と猫ぐらい違うことなので、じつはアシカとアザラシは全然違うのですね。 アシカとオットセイの違いとは? では、次に「オットセイ」ですが、オットセイは「アシカ科」です。 そのため、アシカとオットセイはアザラシよりも区別が難しいですが、最も特徴的なのは「体毛」と言われています。 アシカは、長い毛1本と短い毛5本がワンセットになっているのですが、オットセイは長い毛1本に対して、短い毛が約50本もついているので、体温の保温効果が高く、見た目に毛深いです。 また、体はアシカの方が大きく、丸顔です。 あとはオットセイの方がヒレは長いです。 とはいえ、「長い毛に短い毛が何本ついている?」なんて見極めも、見比べないと難しいのが本音です。 スポンサードリンク オタリアとは? オタリアという名前は、アシカやアザラシに比べてなかなか聞かないですが、オタリアはアシカの仲間です。 よく見かけるアシカ(カリフォルニアアシカ)よりは、体は大きいです。 特徴的なのは、オタリアのオスには「たて髪」があります。 ライオンのたて髪をイメージすると、ちょっと微妙ですが後頭部と胸の部分に毛が生えています。 また鼻も上向きで特徴がありますね。 しかし、これらは大人のオスだけの特徴です。 アシカとオタリアの違いとは? では、アシカとオタリアの違いですが、体の大きさ以外にも一目でわかる部分があって、それは下半身の体毛です。 先ほどのオスのオタリアの写真を見て頂くと、上半身には体毛があるのに、下半身には体毛が無いのがわかります。 意外とまっすぐ分かれているので、見やすいと思います。 最後に 如何でしたでしょうか? アザラシは耳が無い、 アシカ、オットセイ、オタリアは「アシカ科」で耳があるというのは、1つわかりやすい違いでしたね。 子供に聞かれても、耳の有無については自信も持って説明できます。 また個人的には、オタリアのたて髪が気に入りました。 調べてみると、以外にもウチの近所で見れるようなので、一度見てみたいです。 スポンサードリンク.

次の