アレックス ティゾン。 アレッサンドロ・ザナルディ

アレックスペティファー歴代彼女リスト 若いとき美少年子役→激イケメンへ、性格や結婚、インスタや話題のタトゥー、エンドレスラブやスターウォーズ、マジックマイクなど過去出演作

アレックス ティゾン

2014年 基本情報 フルネーム Alessandro Leone Zanardi 国籍 出身地 同・ 生年月日 1966-10-23 (53歳) での経歴 活動時期 1991 - 1994 , 1999 所属チーム '91 '92 '93-'94 '99 出走回数 41 タイトル 0 優勝回数 0 表彰台 3位以内 回数 0 通算獲得ポイント 1 0 0 初戦 初勝利 - 最終勝利 - 最終戦 獲得メダル 男子 金 金 2012 ロンドン 銀 2012 ロンドン アレッサンドロ・レオーネ・ザナルディ( Alessandro Leone Zanardi, - )は、・出身の、選手。 通称として、特にでは「 アレックス・ザナルディ」( Alex Zanardi とも。 1991年から1994年と1999年にドライバーとして活動したほか、で2度シリーズチャンピオンに輝いた。 また2012年ののハンドサイクル・タイムトライアル、ハンドサイクル・ロードレースで金メダルを獲得した。 プロフィール [ ] F1前 [ ] カートレースからキャリアを始め、1988年よりに参戦。 1991年にはへステップ・アップを果たし、10戦で2勝・2位4回を記録し、チャンピオン争いを展開。 注目を浴びることとなった。 F1第1期 [ ] ジョーダン [ ] 1991年 1991年第14戦スペインGPにて、ジョーダンからF1デビューし、最終戦オーストラリアGPまでの3戦をドライブ。 チームへの参加は第13戦を迎える前に決定していたが、日程が折り合わず、スペインGPがデビュー戦になったという経緯がある。 この年のジョーダンは、中盤からの連続入賞や第11戦におけるの一時2位走行など、新鋭チームながら活躍を見せ注目を浴びていた。 しかしザナルディが参戦した時点では、既に勢いを欠いており、入賞を記録することは出来なかった(9位2回、リタイヤ1回)。 ミナルディ [ ] 1992年 翌1992年はからエントリーされていたが、開幕直前で資金を持ち込んだデ・チェザリスにシートを奪われたため、のテストドライバーとして活動した。 中盤には、クラッシュで負傷したの代役として、第9戦から第11戦の3戦に、ミナルディから参戦。 しかし、うち2戦は予選不通過、唯一決勝に進出した第10戦もリタイヤに終わる。 ロータス [ ] ロータス時代(1993年) 1993年 1993年からは、ロータスのレギュラードライバーとして参戦。 第2戦で6位に入り最初で最後の入賞を記録している。 その後も時折上位に顔を出す一方で、第4戦では炎を挙げたまま、第5戦スペインGPでは白煙を挙げたままの走行を続けるなど、物議を醸す場面も見られた。 中盤以降はリタイヤが続き、第12戦のフリー走行において、オー・ルージュで大クラッシュを起こし負傷。 シーズン途中で戦線離脱する。 1994年 当初はテストドライバーとしてロータスと契約。 しかし前年よりザナルディに代わってステアリングを握っていたが、テスト中のクラッシュで重傷を負った為、第5戦スペインGPより正規ドライバーに繰り上がることとなった。 しかしマシンの性能に悩まされ、最高位はスペインGPでの9位と入賞することは出来なかった。 結局、この年限りでF1のシートを喪失。 ザナルディが乗っていたロータスは信頼性が悪く、また戦闘力の低いマシンの限界をさらに引き出そうとする様なアグレッシブな走りはクラッシュと紙一重で、結果として「壊し屋」の異名も取っていた。 CART [ ] CART時代(1998年) 活躍の場をアメリカ大陸に求め、1996年からよりCARTシリーズに参戦、トップ争いを繰り広げる。 参戦初年度より6・3勝を記録し、ランキング3位を獲得。 特に最終戦ラグナセカのファイナル・ラップで見せた、前代未聞のショートカットオーバーテイク "The pass" は注目を浴びた。 この頃、ザナルディに目をつけたのが北米進出を目論むだった。 自らもレーシングドライバーだったを役員に持つこのイタリアのパスタメーカーがザナルディのパーソナルスポンサーにつくことになり、彼のヘルメットとキャップにバリッラのロゴが入るようになった(2012年現在もスポンサーを続けている)。 その後1997年には5勝、1998年には7勝を挙げ、圧倒的な強さで2年連続チャンピオン獲得。 アクシデントで大きく出遅れても、特殊なピット戦略を使うこともなく、コース上で挽回しあっさり優勝してしまう強さは専門誌をして「意味不明」と評された。 また、勝利した時にメインスタンド前で見せるは名物となった。 F1第2期 [ ] ウィリアムズ [ ] 1999年 ウィリアムズ時代() CARTでの活躍が評価され、1999年にはウィリアムズと2年契約を結び、5年ぶりにF1にカムバック。 トップチームからの参戦で期待されたが、シーズンが始まると予選で二桁グリッドに沈むことが多く、決勝でもポイント圏外を走行した後、気がつけばストップしているパターンが目立った。 第9戦では、給油の周を間違えてピットインし損ね、そのままガス欠でリタイヤというミスも犯している。 それでも、母国である第13戦では、予選で自身ベストとなる4位グリッドを獲得し、決勝でもスタートを決め一時2位を走行。 しかしペースが上がらずに後退してゆき、最終的には入賞圏外の7位に終わった。 結局この年はこれがハイライトとなり、一度も入賞出来ずに終わった。 リタイヤも16戦中10度を記録し、チームと合意の元で契約を解除した。 ラストレースとなった最終戦日本GPでは、電気系トラブルで1周も消化出来なかった。 ウィリアムズは丁度低迷期でもあったが、11度の入賞(うち3度の表彰台)を記録した同僚とは、対照的な結果しか残せなかった。 この時期急激にハイテク化とトータルパッケージ化が進んだF1に、全く馴染めなかった為とされている。 特にグルーブドタイヤとカーボンブレーキのフィーリングに苦しみ、後半ではCARTでも使われるスチールブレーキに変更したが、重量過多となりマシンバランスが悪化すると言う悪循環を引き起こしていた。 CART復帰 [ ] 1年間の休養を挟み、2001年に再びCARTに参戦したが、かつての栄光とはかけ離れた結果が続いていた。 だが9月15日、・で行われた第16戦においては、序盤からトップを走行。 久々の優勝が目前となっていた。 しかし残りも16周となった際、ピットアウト直後のピットロード出口でスピンしコースに飛び出した。 ザナルディは立て直しを図るもマシンが左を向いた瞬間、モノコック側面に後続ののマシンが時速約200マイル(時速約320キロ)で突っ込み2台は大破。 特にザナルディのマシンの損傷は激しく、前部が完全に失われた。 この事故で脚部に大きな損傷を受け、ザナルディは両足を膝上で切断された。 出血多量によりザナルディは生命の危険にさらされたが、最終的に一命を取り留めた。 事故後、WTCC [ ] 両足切断という状態となっても、レースに対する情熱は衰えず、現役を続行することとなった。 事故から20ヶ月後の2003年5月11日には、事故のあったラウジッツリンクで特別仕様のマシンに乗り込み、前年のレースの残り周回を走り切った。 周囲からは「無理することなく走り切れ」と言われたが、本番になると実際のレースさながらの速さを披露。 当時の5位に相当するタイムを叩き出した。 2003年からはレース界に本格復帰、ツーリングカー選手権で活躍。 2008年 ハンドサイクリング転向 [ ] 2009年限りでWTCCを引退、数年前から並行して取り組んでいたに2012年の出場と、メダル獲得を目指して本格的に転向した。 2007年には既にで4位に入っているが、2009年の9月にはローマで行われたのロードに出場、ハンドサイクルのタイムトライアル部門で優勝した(同種目金メダリスト)にわずか4. 5秒差の15位と健闘を見せた。 2010年3月21日にはのハンドサイクリング部門で優勝を飾っている。 2012年3月14日、同年開催のイタリア代表に選ばれ 、かつてカーレースで走った事のあるサーキットで行われた 、16kmのH4ハンドサイクル・タイムトライアル、 ハンドサイクル・ロードレースの2種目で金メダル、ハンドサイクル・チームリレーで銀メダルを獲得した。 2016年9月14日、のH5タイムトライアルで金メダルを獲得した。 2020年6月19日、イタリア国内のハンドサイクルレースに参加した際、トラックと衝突事故を起こし重傷を負った。 レース戦績 [ ] 国際F3000選手権 [ ] 年 チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント 16 NC 0 1 Ret 2 1 Ret Ret 2 2 Ret 2 2位 42 F1 [ ] 年 所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント 9 Ret 9 31位 0 DNQ Ret DNQ 35位 0 Ret 6 8 Ret 14 7 11 Ret Ret Ret Ret DNS 20位 1 9 15 30位 0 Ret Ret Ret 13 Ret 16 13 Ret Ret Ret 11 8 Ret Ret Ret 11 Ret Ret Ret 8 7 Ret 10 Ret 19位 0• 太字は、 斜字は。 CART [ ] 年 チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 順位 ポイント 24 4 21 24 13 17 13 11 1 2 2 21 1 3 26 1 3位 132 MIA 7 4 LBH 1 NAZ 11 RIO 4 4 MIL 13 DET 26 POR 11 CLE 1 TOR 2 MIC 1 MID 1 ROA 1 VAN 4 LAG 3 DNS 1位 195 3 23 LBH 1 NAZ 2 2 GAT 1 MIL 8 DET 1 POR 1 CLE 1 1 MIC 3 MID 12 ROA 2 VAN 4 LAG 2 2 1 3 1位 285 24 LBH 26 NAZ 20 MOT 7 MIL 11 DET 24 POR 26 CLE 13 4 20 9 MID 19 ROA 13 VAN 24 20 HOU CAL 23位 24 世界ツーリングカー選手権 [ ] 年 チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 順位 ポイント 10 7 15 25 23 DNS 8 6 13 Ret 8 1 6 3 8 5 13 4 10位 36 BMW・320si 7 23 14 Ret 10 9 24 13 10 3 17 Ret 2 22 1 9 15 17 23 9 11位 26 BMW・320si 7 6 12 11 Ret DNS Ret 9 3 20 16 15 20 15 Ret 15 15 Ret 13 6 10 Ret 15位 14 BMW・320si 15 11 15 11 12 18 12 11 1 2 20 13 4 3 12 19 12 9 8 7 13 Ret 23 5 13位 36 BMW・320si 10 14 13 6 Ret DNS NC 5 12 5 1 Ret 12 10 12 12 17 Ret 4 4 15 17 9 9 12位 31 エピソード [ ]• F1では1994年まで「アレッサンドロ・ザナルディ」名義でエントリーしていたが、1999年に復帰した際にはCARTで使用していた「アレックス・ザナルディ」名義でエントリーした。 の名物であるコークスクリュー(コーナー)は、左・右の複合コーナー(シケインに近い)中に数mの高低差がある為、まるで崖を落ちるような感覚を覚えるとされる。 世界でも屈指の難度の高いそのポイントを、彼は半ばショートカットとも言える走路を通る攻略法(通称「アレックス・パス」)を見つけた。 しかしこの方法は危険度が高く、他のドライバーの模倣による事故を防ぐために、翌年から全てのドライバーに対し、その攻略法の使用が禁止された。 CARTでの優勝後のパフォーマンス「ドーナツターン」は、当初は危険行為として大会委員会から注意を受けていたが、しかしレース自体は終わっていることやファンサービスを重視するとする彼の姿勢、ファンからの要求、なにより彼の連戦連勝振りにより、次第に黙認されるようになった。 1993年、最終コーナーでコースアウトしてリヤエンド部分を損傷。 この損傷により車体後方から火が噴き上がり、まともに走れる状態ではなく、自身も他車にも観客にすら大変危険な状態となった。 通常ならば即座に車を安全なエリアに停めてマーシャルらに消火を任せ、自身は速やかに車を脱出するべきであった。 しかしザナルディは火を噴いた車で走行し続け、タンブレロコーナーのランオフエリアにマシンを止めた。 この行為は当然ながら、危険行為であったとしてレース後に彼は批判された。 ただしザナルディが危険を知りつつ走り続けたのには理由があり、それは1989年にがクラッシュした際に起きた出火を、タンブレロコーナーのマーシャルがすばやく消した事を覚えていたため、同コーナーのマーシャルのところまで行けばすぐ火を消してくれる、と思っていたからである。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 脚注 [ ] []• 後藤太輔 2012年9月7日. 朝日新聞デジタル. 2012年9月7日閲覧。 autosport web 2020年6月20日. 2020年6月21日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

2017年アメリカで最も読まれた記事 Part1 masaさんの日記

アレックス ティゾン

アレックス・ティゾン著。 ピューリッツァー賞受賞。 著者の両親はフィリピンから移民。 その時家事奉公人として連れてきた女性がいた。 そのメイド、ローラは、母が娘の頃父親からプレゼントされた奴隷だった。 一度も給料を払われることもなく、家事、子供の世話、犬の世話までこき使われた。 フィリピンの親が病気になって薬を買うお金がない、といっても雇い主である著者の父親はお金を出してくれなかった。 ローラには、寝るベッドがなく、いつもその辺で寝ていた。 両親は子供には優しかったが彼女にはつらく当たった。 著者は老後ローラを引き取り、個室と給料を与えた。 看取って火葬し、フィリピンの故郷に、遺灰を運んだ。 読後、ふと、日本の専業主婦の多くは、これに近いんじゃないか?と思った。 3食作って掃除や洗濯、育児と犬の世話、義両親の世話までする。 夫の定年後も3食作って家事をし、病気になったら看病する。 奴隷と違って、夫が先に死ねば相続と言う報酬があるが。 dollyosaka.

次の

怪奇ゾーン グラビティフォールズ

アレックス ティゾン

私の家には奴隷がいた 著者 発行日 2017年6月 発行元 [ ] 『 私の家には奴隷がいた』は、受賞ジャーナリストのアレックス・ティゾンによる。 の月刊誌「アトランティック」の2017年6月号に掲載された。 「アトランティック」誌の編集部が掲載を決めた2017年3月23日、著者のティゾンが死去した。 死去は掲載決定の知らせが届く前のことだった。 その内容は、著者の家族に56年間、奴隷として仕えたフィリピン人女性エウドシア・トマス・プリドの一生である。 ピューリッツァー賞受賞ジャーナリストの家族が、現代のアメリカで奴隷を使っていたという衝撃の事実に、米国とフィリピンで議論が沸き起こった。 フィリピンではティゾンの正直な告白を肯定的に評価する声が多かったが、欧米の評論家の間では著者への批判が多かった。 日本語訳は、発行のオンライン雑誌「」に掲載された。 記事への反応 [ ] フィリピンの雑誌「スカウト」には「世界的な批判の声は、文化的な背景を十分に理解していないことに起因している」とティゾンを擁護する論調の記事が掲載された。 一方、米国の主要日刊紙「」は次のように評した。 「この記事は広く絶賛され、読者はティゾンの正直さを称賛した。 雑誌でこれほど胸に迫る記事を読んだのは記憶に久しいと述べる読者もいた。 だが、一部の読者は、この記事を強く批判した。 『奴隷の主人』が人情味をもって描かれていることが批判されたほか、ティゾンも『フィリピン人家政婦の抑圧システムの共犯者』として糾弾された 」 脚注 [ ].

次の