オンコリス。 オンコリス株主サービスエリア by com*****

【オンコリスバイオファーマ】2019年の株価分析と将来展望【株式投資】

オンコリス

日中~5年のチャートがラインチャートや4本足チャートなどで閲覧可能です。 現在値:2,076. 0円 始値:1,982. 0円 高値:2,114. 0円 安値:1,956. 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

😷 社長が新型コロナの話で伝えたかったことは?

オンコリス

バイオ株!それはテンバガーの可能性を秘めるテーマ株です! 特にバイオベンチャーは値動きが激しく大きな利益を上げたい投資家に大変魅力的です! 最近はアンジェスがコロナワクチンの思惑もあり、2ヶ月で株価6倍になりましたね。 (いやぁ、時価総額2,000億超えて本当びっくりしましたよ笑) また、そーせいのように8年で株価が250倍になる銘柄もあれば、 サンバイオのように1週間で80%下落するような株価もあります。 どの銘柄か?・・これって結構悩みますよね! バイオ株に投資する上で一番やってはいけないことは、その銘柄のことをよく理解せず 「なんかSNSで盛り上がっているから」「今急騰しているから」という理由で買ってしまう。 いわゆるイナゴです。 運良くうまくいくこともあるかもですが、このスタイルを続けたらいつか全資産を失います!• バイオ株の投資は、徹底的に銘柄分析をして将来性があり、注目されておらず、安いときに仕込む!これが重要です! 買いを検討している人へアドバイスをまとめましたのでご紹介できればと思います! 目次• オンコリスバイオファーマ 4588 の株価予想!今後どうなるか? オンコリスは将来性があり今後株価上昇が見込まれます!事業内容と株価指標を見ていきましょう! 【医薬品事業】 <OBP-301:テロメライシン> テロメライシンは、放射線治療や化学療法との併用に強力な抗腫瘍活性が導き出せることが明らかになっています。 また、 重篤な副作用や抜け毛や吐き気の副作用がなく、患者様のQOL向上に高い期待が持たれている。 現在は下図の臨床試験の推進に加え、今後放射線治療や免疫CP阻害剤等との併用に関する更なる検討も考えられている。 ~主なアライアンス~• 2016年に ハンルイ社(中国)に中国・香港・マカオにおけるライセンス導出。 2019年に 中外製薬と日本・台湾における開発・製造・販売に関する再許諾権付き独占的ライセンス、日本・台湾・中国・香港・マカオを除く全世界における開発・製造・販売に関する独占的オプション権を中外製薬へ付与するライセンス契約を締結。 同年、先駆指定制度の対象品目に選ばれた。 <OBP-702> 次世代テロメライシンでスーパーテロメライシンと言われてますね テロメライシンの遺伝子構造を一部改変し、p53を組み込むことでテロメライシンの 10~30倍の活性を持つと言われています。 テロメライシンでは有効性を示さないようながん腫に対しての有効性が期待されている。 まだ非臨床研究段階。 【検査事業】 <OBP-401:テロメスキャン> テロメライシンにクラゲの発光遺伝子を組み入れ、がん細胞や炎症性細胞などのテロメラーゼ陽性細胞で特異的に蛍光発光を促す検査用ウイルス。 血中循環がん細胞(CTC)検出に応用すべく研究開発を進め、様々な がん患者のCTC検出を可能にしてきた。 <OBP-1101:テロメスキャンF35> OBP-401の基本構造をもったウイルス遺伝子配列に、正常な血球細胞でその増殖を抑制するマイクロRNA標的配列を組み込み、更に35型のアデノウイルスのウイルスファイバーを導入した新規特異的がん検査用遺伝子改変ウイルス これら2種類のテロメスキャンにより、従来では検出が困難であったCTC検出が可能となり、幅広いがん種の検出を行い、 がんの超早期検査、予後予測、体外検査などへの応用を考え、開発が進められている。 特に、既存技術では効率的に検出できなかった肺がんや、今後罹患数の増加が予測される前立腺がん等のCTCに焦点を当て、血液中のCTCの個数ばかりではなく、悪性度の評価をするサービス(T-CAS)を行い、 がん患者の予後予測や治療法の選択を可能にすることが期待される。 米国では研究開発段階にあるがん治療薬の臨床試験での有効性を検証するために、テロメスキャンを用いたCTC測定が活用されるなど、新たな応用の展開も期待されている。 2020年5月13日現在の株価は「1,408」円 2020年5月1日時点での信用買残数は1,175,400株• 2018年11月頃から出来高増加とともに株価も上昇トレンドに転換しました• 2019年5月から出来高減少とともに株価も下降トレンドに転換しました。 追い打ちをかけるように2020年2月にコロナショックにより急降下しました。 ここ3ヶ月の株価はもみ合いが継続し落ち着いています。 しかし、 2020年5月1日時点では1,175,400株と非常に減っており、ここ4年間の買残数としては、非常に低い水準になっています。 バイオ株の信用買残数が減る背景に2つ理由があると思います。 それは、新薬の開発がぽしゃる。 または、注目度が下がるで現在の状況は後者かと思います。 オンコリスは、2019年始めテロメライシンの開発進捗や中外との提携で大変盛り上がり注目された銘柄ですが、現在はその熱も冷めています。 買残数から ここ4年間で一番冷めている状態といえるでしょう。。 ですが、安心してください! 最近オンコリスから何も悪材料は発表されていないですし、将来性のある企業です! 冒頭でバイオ株は注目されていない時に買うと述べましたが、現在の指標はこれに見事に合致している状況と言えるでしょう。 オンコリスはここから3年で事業内容の進展を遂げ、大きな株価上昇が見込める銘柄だと考えます! オンコリスバイオファーマ 4588 の分析【2020年5月1日現在】 配当金はいくら?配当利回り 株価指標 目安 配当金 0円 配当利回り —% 配当性向 —% 株主優待の内容 オンコリスに株主優待はありません。 株価指標 株価指数 目安 PER —倍 PBR 5. 73倍 ROE -28. テロメライシンは高い有効性があるこれからぐんぐん伸びる!• 先駆けに指定されており早ければ2022年内に申請完了できるのでは?• 治験の進捗による中外からのマイルストン次第では、2020年12月には通期黒字となるのでは? 売り予想の声• 新型コロナの影響で治験が遅滞しているし、治験計画延期の悪材料が発表されるのでは?• パイプライン品目数が少なく、テロメライシンがぽしゃったら企業価値は皆無に等しい!• 信用買残1,000,000株はまだまだ多い。 経済産業省の調べではバイオベンチャーの赤字率はおよそ9割と発表されています• 2019年通期では中外からのマイルストン収益により 売上10億を突破した 配当金目当ての投資• 配当目当ての投資には不向き• テロメライシン上市により安定した ロイヤリティ収益を作り出せれば、配当も可能になるのでは。 優待目当ての投資• 優待目当ての投資には不向き• バイオ株は パイプラインの価値に投資すべき 割安かどうか• 中外と500億以上の提携をしテロメライシン上市が大いに期待される中、 時価総額200億は安いです• テロメライシン以外の事業にも可能性はあり進捗次第ではもっと企業価値は上がるでしょう• テロメライシン1本で1,000億の価値があるのではと考えています 将来性はあるか 【テロメライシンは高い安全性と有効性で期待の新薬】 岡山大学で食道がんに対する放射線とテロメライシンの併用による臨床研究が実施され、 12例中11例に腫瘍縮小効果が得られました。 臨床的完全寛解(cCR)はStage Iでは 83. また、テロメライシン投与による重篤な副作用は報告されていません。 これまでオンコロジー領域の治験データを複数見てきたことがありますが、症例数が少ないとはいえ、 標準治療と比較してここまでの大きな優位性を示すのは大変珍しいです。 それに高い安全性が確立されており患者さんのQOL向上に貢献すると考えられています。 今後期待が現実になっていくといいですね。 【中外製薬とのライセンス提携を軸に業績黒字転換するか】 ライセンス提携によるマイルストン総額は500億で、 開発が順調にいけば近い黒字化が期待できます。 中外製薬といえば、時価総額7兆と日本の製薬企業の中では一番評価されており、オンコロジー領域にフォーカスした企業で、 最高のパートナーに巡り会えたなあと思っています。 それに中外の決算説明資料では、2ページにわたりテロメライシンが言及されておりその期待感が伝わります! 研究開発力の優れた中外であればテロメライシンの開発をスピード感持ってやってくれることだと思います。 もしかしたらですが、中外の製品であるアバスチン、テセントリク、そして開発パイプラインとの併用も展開されるのではとの期待も持てます。 そうなってくると ピーク時の売り上げ1,000億のブロックバスター化するのではないでしょうか。。 まずは、食道がん適応に2022年承認申請、2023年販売までにこぎ着けて、販売ロイヤリティにより安定した収益を確保、黒字達成してほしいです。 【スーパーテロメライシンやテロメスキャンにも期待したい】 スーパーテロメライシンはテロメライシンの10~30倍の抗腫瘍活性があると考えられており、 テロメライシンでは有効性を示さないがん腫に効果があると考えられています。 現在はまだ非臨床段階ですが、人への投与がどのような結果を示すか非常に期待持てますね。 テロメスキャンは液性生検に比べ侵襲性が低いのがメリットです。 ただ、PET、MRI、CTなどの画像診断検査で検出不可能な5mm以下のがんを見つけられるのは良いのですが、CTCの検出システムが自動化されていないのが悩ましいです。 ただオンコリスは、 AIによる自動検出システムの構築して今後実用化することを目指しています。 テロメライシンはもちろんですがスーパーテロメライシンやテロメスキャンの進捗にも期待したいです。 買いを検討している人へアドバイス• バイオ株は将来性があり、安く、注目されていない銘柄へ投資を• オンコリスはテロメライシンを中心に将来性抜群のバイオ株です• 時価総額は200億円と安く、買残数が減って注目度が落ちている今がチャンスかも まとめ• オンコリスは腫瘍溶解ウイルス技術を軸に医薬品や検査の開発を手がけており期待が大きい• テロメライシンは高い安全性と有効性があり将来はブロックバスターになる可能性を秘めている• 中外との提携を軸に近い将来業績黒字化も可能 最後に オンコリスの時価総額は、ピーク時600億円でしたが、現在200億円と割安です。 近い将来テロメライシンが上市されることを鑑みてもふさわしくない額だと思います。 2020年3月26日の事業説明会の最後の方で浦田社長は、 「患者様の治療に貢献したい」「企業価値をもっと高めていきたい」「株主様の期待に応えていきたい」と力強く想いを述べていらっしゃいました。 浦田社長は大変熱意がありあまり多くを語らないタイプの方ですが、きっと今の事業に対して 多くの可能性と選択を持っていると思います。 近いうちに大きなサプライズがあると信じていますし、将来的にはテンバガー達成すると信じています! 私自身オンコリスバイオファーマのファンとして株主として末永く見守って応援していきたいです。

次の

オンコリスバイオファーマ (4588) : 発生中のテクニカルシグナル [Oncolys BioPharma]

オンコリス

2013年12月6日上場 本社所在地 〒105-0001 虎ノ門四丁目1番28号 ( 10階) : 設立 事業内容 腫瘍殺傷ウイルスの研究・開発・製造・販売・輸出入 医薬品及び癌検査薬の研究・開発・製造・販売・輸出入 代表者 (代表取締役社長) 資本金 70億89百万円 (2019年12月13日現在) 発行済株式総数 14,206,100株(2019年9月末現在) 売上高 約1. 68億円 (2018年12月期) 純資産 約36. 6億円 (2019年9月末現在) 総資産 約43. 0億円 (2019年9月末現在) 従業員数 34名 (2019年12月13日現在) 決算期 12月31日 会計監査人 主要株主 、、、当社代表取締役社長 、、、当社取締役 樫原康成、、(アジア)、 (2019年6月末現在) 主要子会社 Oncolys USA Inc. 関係する人物 (大学院および 教授)(当社共同創業者、特別顧問) 外部リンク 特記事項:コード : E30058 オンコリスバイオファーマ株式会社(英:Oncolys BioPharma Inc. )は、を技術基盤とした日本の発のである。 概要 [ ] 創設はで、創設者は、修士卒でそしてに勤務したと、教授のである。 、に上場した。 現在の代表取締役社長も。 本社は虎ノ門にある。 がんや重症感染症の患者の救済、「未来のがん治療にパワーを与えよう(Powering Future Oncotherapy)」、「 がんを切らずに治す」を標榜している。 主な開発中(治験中含む)薬剤に「」を中心とする複数の治療薬がある。 OBP-301 は台湾のメディジェン()(Medigen Biotechnology Corp. )と共同で研究開発・製造している腫瘍溶解ウイルス療法で、現在最先端のラインは実施中の段階。 また、販売中の検査薬に「 見えないがんを可視化する」というコンセプトのウイルス検査薬 テロメスキャンがある。 社内では創薬プラン開発を行い、一方製造、およびはする経営を採用して経費と期間を短縮している。 開発データに基づく、薬剤候補の開発・製造・販売権が当社の商品である。 ハンルイ()、等に導出が進んでいる(別項)。 これらはフェーズ差をもちながらも、並行して進捗させている。 一方、これもをベースにして蛍光機能を付加した「見えないがんを可視化する」 テロメスキャンは、OBP-401からOBP-1101に強化され、検査薬として販売され売上に寄与しはじめている。 さらに、患部を可視化しながらの診断や治療への応用も研究されている。 医薬品 [ ]• (; Telomelysin)• 説明:5型ののの中に、ヒト(hTERT)の(転写開始制御領域)を挿入したもの。 適応症:(・など)• 開発段階:導出先のによるが2019年12月12日より開始していて、2020年3月31日に第一被験者組入れ予定で進行中。 そのほか各種適応症あるいは各種併用療法で複数の治験が進行中・準備中である。 詳細は「」を参照• OBP-702(Pfifteloxin)(別名:次世代テロメライシン、第2世代テロメライシン、武装化テロメライシン)• 説明:(OBP-301)を、がん細胞を自然死()に招くを組み込むことで強力にしたもの• 適応症:固形がん(・など)• 開発段階:製造が終わり、進行中• 特記事項:2017年から事業に採択され補助金受領。 P1開始努力目標は2022年(までに)。 岡山大学からOBP-702ののうち、製造法並びに品質試験法の開発検討を受託したと発表。 OBP-801• 説明:(HDAC)阻害剤(がん治療薬)• 適応症:眼疾患分野で最高のソリューション候補。 また、、、、婦人科がん等幅広い固形がんの治療• OBP-401(テロメスキャン; TelomeScan)• 説明:特許を取得したウイルスを使用して、と系との両方の表現型の、生きている循環腫瘍細胞()を検出することのできる、がん診断プラットフォーム• 適応症:、、の各検査• OBP-1101(テロメスキャンF35; TelomeScan F35)(総称「テロメスキャン」にOBP-401と共に含めることもある)• 説明:35型のアデノウイルスのウイルスファイバーを導入することで感染性を高めた、改良型テロメスキャン 開発・製造・販売権の導出 [ ] OBP-301の開発・製造・販売権は、まず2016年11月30日、、およびに関してハンルイ()(略称:恒瑞) Hengrui ; Jiangsu Hengrui Medicine Co. , Ltd. )への導出(ライセンスアウト)とハンルイからの契約一時金受領(金額非開示)の契約を締結した。 さらに2017年12月15日、ハンルイからの第一回マイルストーン(開発進展に応じた報酬)の受領(金額非開示)に成功と発表した。 2019年4月8日、への日本国内の開発・製造・販売権導出と中外製薬からの契約一時金(5. 5億円)受領に成功した。 同日(一部地域を除く)全世界の開発・製造・販売権の独占的オプション権もオンコリスバイオファーマから中外製薬に付与した。 中外製薬は本独占的オプション権を行使した場合、オンコリスに支払う総額は500億円以上で、それと別に販売ロイヤリティを支払うことが記載されている。 はグループであり、本オプション権の行使が待望されている。 2019年12月13日には、現在進行中のOBP-301ので事前設定基準を満たしマイルストーンを達成したとして、から契約に基づき第1回マイルストーンとして5億円を受領することになったことが発表され 、順調に進捗している。 先駆け審査指定の獲得 [ ] 上市までのスピードアップとして、(OBP-301)はの の対象品目への指定に応募し、2019年4月8日、指定を得た。 画期性が高い。 テロメライシンの日本国内導出に伴い、本指定を受けた申請者はオンコリスバイオファーマからになった。 誤解されがちであるが、制度として先駆け審査指定が受けられても、が不要になるわけではない。 「場合によっては第III相試験の結果の承認申請後の提出を認める」となっている。 これでも、通常は第III相試験が終わるまで承認申請できずに待つ期間が、オーバラップによって節約できることがある。 事業所 [ ]• 神戸リサーチラボ(兵庫県神戸市中央区港島南町6-7-4 (HI-DEC) 2階)• オフィス• 検査センター 子会社 [ ]• (本社:)(President: 樫原康成, VP: Talia Biran) 主要投資先 [ ]• (アンリーシュ)…スーパーテロメライシンの共同開発先であり投資先• (プレシジョン)…アデノウイルスのプラットフォームを使ったジカウイルス等へのワクチンの研究開発の投資先 創立の経緯 [ ] 詳細は「」を参照 社名の由来 [ ]• 浦田社長によれば、当社は腫瘍溶解ウイルス療法を開発する会社なので、腫瘍(がん)を意味するラテン語の onco- と、溶かしてしまうことの lysisとから、「がんを殺す」とか「がんを溶かしてしまう」という意味でoncolysisという医学用語にしようとした。 しかし、たいへん言いにくいので Oncolys(オンコリス) というちょっと可愛い名前にしてしまった、という。 受賞 [ ]• 文部科学大臣賞受賞(主催:フジサンケイビジネスアイ)(2007年9月)• (アメリカ、カナダ)年次総会 産官学連携部門 平成23年度 Deals of Distinction Awards 受賞: OBP-601(Censavudine)ライセンス導出に対して(2011年11月) 次世代の治療のビジョン [ ] 社長コラムに『がんを切らずに済ます』として記されている。 (略)当社のテロメライシンは,まず食道がんを狙い,初期の状態であれば侵襲性のない放射線治療と組み合わせることにより,切らずに食道がんを根治できる可能性が出てきました。 では,この先の治療はどうなるのでしょうか?私が考えるには,がんががんでなくなればいいのではないかということです。 (略)新しい遺伝子編集の技術を使ったり,新しいメカニズムによってがん細胞からがんの性質をとことんなくしてしまえば,がんは体の中で「たんこぶ」のようなものになってしまいます。 それが神経を圧迫していたり,臓器機能を阻害していなければ「たんこぶ」のまま放っておけばいいわけです。 (略)当社はいま何人かの研究者と「がんを切らずに済ます」コンセプトを実現できるかどうかを模索しています。 — 社長、 沿革 [ ] オンコリスバイオファーマの沿革 年 月日 項目 2004年 5月18日 会社設立(2-3-9 ユニオン六本木) 2005年 5月 テロメスキャン(OBP-401)が、助成事業に採択 2006年 3月 米国に(OBP-301)の治験を申請 6月 米Yale大学から新規HIV感染症治療薬の全世界独占的ライセンスを導入し、OBP-601と命名して研究開発 10月 京都研究センターを京都府京都市に開設 (OBP-301)のPhase I 臨床試験を米国にて開始 2007年 6月 Tacere Therapeutics, Inc. (米国)とC型肝炎治療薬OBP-701に関する戦略的共同研究契約を締結 11月 京都研究センターを兵庫県神戸市に移転し、神戸研究センターとする 2008年 3月 Medigen Biotechnology Corp. (米国)とOBP-601(Censavudine)に関するライセンス導出契約を締結 2011年 4月 独立行政法人医薬基盤研究所と新規検査薬テロメスキャンF35(OBP-1101)の全世界における独占的ライセンス導入契約を締結し、研究・開発に着手 6月 テロメスキャン(OBP-401)を初めとする検査薬事業を承継させるために、新設分割によりオンコリスダイアグノスティクス株式会社を設立 10月 Bristol-Myers Squibb Co. (米国)から第1回マイルストーンを受領 2012年 3月 OBP-601(Censavudine)のPhase IIb 臨床試験がBristol-Myers Squibb Co. (韓国)とテロメスキャンF35(OBP-1101)の韓国でのライセンス導出契約を締結 2015年 5月 エピジェネティックがん治療薬OBP-801のPhase I 臨床試験を米国にて開始 7月 テロメスキャン(OBP-401)をキナーゼ阻害剤の開発に特化したDeciphera Pharmaceuticals, LLC(米国)へ有償販売開始 8月 第2世代テロメライシンOBP-702及びOBP-405の研究・開発に着手 11月 Liquid Biotech USA, Inc. (米国)とテロメスキャン(OBP-401)のライセンス契約の締結及び北米での事業展開に関する業務提携開始 12月 テロメスキャン(OBP-401)がDeciphera Pharmaceuticals, LLC(米国)の抗がん剤開発において有効性検証に用いられることが決定 2016年 3月 Liquid Biotech USA,Inc. をに設立し、で活動開始 10月 テロメスキャン(OBP-401)について、株式会社と、去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)治療薬のコンパニオン診断薬としての可能性を検討する共同研究契約を締結 11月 ハンルイと、(OBP-301)の中国、香港、マカオにおける独占的ライセンス契約を締結 2017年 3月14日 日本国内初の(OBP-301 企業治験申請 3月24日 に関する戦略的アライアンス改訂契約締結 3月28日 次世代テロメライシンに関する共同研究契約締結 3月29日 ワシントン大学発新興感染症ワクチン事業への出資 6月27日 (OBP-301)と抗の併用に関する医師主導治験実施申請 7月7日 (OBP-301)食道癌Phase I企業治験第一例目への投与開始 7月28日 (OBP-301 メラノーマPhase II企業治験 第一例目投与 11月14日 テロメスキャンに関する順天堂大学との共同研究契約締結 12月13日 (OBP-301)と抗PD-1抗体ペムブロリズマブの併用に関する医師主導治験 第一例目への投与開始 12月15日 の中国ライセンス契約に関するマイルストーン達成 2018年 2月16日 新規腫瘍溶解ウイルス開発に特化した米国バイオベンチャーへの出資および株式譲受 3月26日 (OBP-301 食道がんPhase I臨床試験 高用量群(Cohort 2)への移行 5月23日 英Stabilitech社との製剤改良に関するライセンス契約締結 2019年 1月7日 米との・併用PhaseII医師主導治験契約締結 4月8日 「」の対象品目にがんのウイルス療法(OBP-301)が指定 がんのウイルス療法「(OBP-301)」に関する独占的ライセンス契約および資本提携契約の締結 資本業務提携及び第三者割当による新株式の発行 5月7日 テロメライシンの独占的ライセンス契約に関する契約一時金受領 5月13日 米における(OBP-301)とペムブロリズマブ併用Phase2医師主導治験 第一例目への投与開始 5月30日 第55回米国臨床腫瘍学会にて胃がん・胃食道接合部がんを対象としたと併用医師主導治験プロトコル発表 8月2日 がんのウイルス療法開発の戦略的な方針変更並びに資金使途変更 9月24日 放射線併用食道がんPhase1企業治験DSMB(データ安全性モニタリング委員会)評価完了 10月30日 次世代テロメライシンOBP-702に関するとの締結 11月29日 検査事業におけるライセンス契約 12月12日 がんのウイルス療法「(OBP-301)」のライセンス契約に係わる5億円達成 脚注 [ ] []• 2019年12月13日閲覧。 2019年12月13日閲覧。 2019年12月13日閲覧。 社長 2017年11月27日. 2019年12月13日閲覧。 2019年12月13日閲覧。 2019年12月15日閲覧。 2019年12月15日閲覧。 2019年8月2日. 2019年12月15日閲覧。 2019年12月15日閲覧。 JAPIC 2020年1月24日. 2020年1月26日閲覧。 2015年8月6日. 2019年12月15日閲覧。 2019年8月2日. 2019年12月15日閲覧。 2019年9月25日. 2019年12月15日閲覧。 2019年10月30日. 2019年12月15日閲覧。 2019年12月15日閲覧。 24 2017年2月24日. 2019年12月15日閲覧。 24 2019年8月2日. 2019年12月15日閲覧。 8 2019年8月2日. 2019年12月15日閲覧。 8 2019年8月2日. 2019年12月15日閲覧。 2019年12月15日閲覧。 2016年11月20日. 2019年12月27日閲覧。 2017年12月15日. 2019年12月27日閲覧。 2019年4月8日. 2019年12月13日閲覧。 2019年12月12日. 2019年12月12日閲覧。 2019年9月6日. 2019年12月17日閲覧。 2019年4月8日. 2019年12月17日閲覧。 2019年4月8日. 2019年12月17日閲覧。 ・ 2019年10月16日. 2019年12月17日閲覧。 2019年4月8日. 2019年12月17日閲覧。 - 52分18秒から52分46秒• - 52分46秒から52分46秒• 2018年12月13日 - 0分24秒から1分02秒。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] 公式ウェブサイト [ ]• (、、、、、、、)• (、)• ( など)• (、、、、、、、、、、、 など)• English• アナリストレポート [ ]• その他 [ ]• - EDINET• - ファイナンス• - Investing. com• - karauri. net• - 株式会社• - この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の