いちじく の 甘露煮 の 作り方。 いちじくコンポートの作り方(レシピ)

栗の甘露煮のレシピ/作り方:白ごはん.com

いちじく の 甘露煮 の 作り方

所要時間: 60分以上 カテゴリー:、 山形の庄内では、イチジクの甘露煮はごはんのおかずです 昔から、秋になると、近所の家々からイチジクを煮る匂いが漂ってきます。 イチジクを砂糖と酢少々で長時間煮る「いちじくの甘露煮」は、お菓子ではなく、ごはんのおかずという食べ方でした。 毎年、大きな鍋でたっぷり煮てはカメに詰め、秋から冬にかけての保存食にしていました。 ふっくら柔らかく煮上げる家もあれば、飴状手前まで煮詰める家もあったりと、煮加減は様々でした。 我が家は飴手前まで煮上げる派で、時々煮すぎて、ほぼ飴になってしまい、噛むたびに歯にくっつくなんてこともありました。 それでも、甘くてシコシコのイチジクを、白いごはんの上にのせて食べるのがたまらなく好きでした。 お弁当にはいつも入っていました。 今回は、山形県庄内地方に伝わる、いちじくの甘露煮の作り方を紹介します。 今風に少しあっさり味に仕上げました。 使ったのは日本いちじくの、少し若い果実です。 いちじくの甘露煮の材料( 作りやすい分量) 合計で1~2時間煮込む。 ふっくらにしたい場合は1時間強で止める。 シコシコにしたい場合は、焦げやすいので注意しながら1時間30分~2時間煮る。 画像は1時間煮た鍋の中。 今日は1時間40分煮て完成とした。 ガイドのワンポイントアドバイス 完熟1歩手前のいちじくを使うのが特徴です。 ヘタの部分もシコシコおいしいので、ヘタは浅く切り取ります。 一度に長時間とれないときは、1回火を止めて用を足してから続きを煮ます。 冷めてから密閉容器に詰めて冷蔵すれば、かなり長持ちします。 我が家ではごはんのおかずですが、ジャム代わりにパンにのせても、ヨーグルトをかけてもおいしく食べられます。 残ったシロップは、次回煮るときに使いまわすこともできます。

次の

【きょうの料理】いちじくのレシピ3品!(いちじくの天ぷら・いちじくの豆乳チーズ白あえ・いちじくと鶏のやわらか煮)柳原尚之さん(8月21日)

いちじく の 甘露煮 の 作り方

工程1で栗の皮がむけたら30分〜1時間ほど水にさらし、それから色をつけるために下ゆでします。 鍋にむいた栗とたっぷりの水を入れ、くちなしの実をペンチなどで割ってから加えます。 火にかけるとじんわりと湯が黄色に染まっていきます。 沸いたら火を弱め、栗に火が通るまで20分ほどコトコトと栗をゆでます。 ここでのゆで加減は少し硬めでも大丈夫なので、竹串や金串を刺して入るかどうかを確認したり、 ゆでている間に割れた栗などを食べてみて確認します。 火からはずしてそのまま冷まし、くちなしから出た色をしみ込ませます。 冷めるまで待ってから次の蜜と炊く工程に入ります。 そのくらい時間を置いてもOKです。 その時は栗が乾燥しないように鍋の表面にキッチンペーパーや和紙などをしいて置いておくとよいです。 このとき「栗を移す鍋の大きさは栗同士が重ならない程度のものにする」「蜜は別鍋で作っておく」ことがポイントです。 今回の甘露煮の蜜は 『水350ml+砂糖200g』です。 しっかり甘めの割合なので、あっさりめが好きな方は砂糖を1割ほど減らして作ってみてください。 水と砂糖を合わせて砂糖が溶けるまで軽く加熱したら、栗を入れた鍋に蜜を流し入れます。 鍋を火にかけ、 沸いたら火を弱めて15〜20分ほどコトコトと煮含め、火を止めて味をなじませます。 最低半日から1日ほどは味をなじませて完成です。 冷めたら煮沸殺菌した保存瓶などに汁ごと詰めておくとよいです。

次の

いちじくの甘露煮(秋田)のお取り寄せ通販サイトと作り方まとめ

いちじく の 甘露煮 の 作り方

工程1で栗の皮がむけたら30分〜1時間ほど水にさらし、それから色をつけるために下ゆでします。 鍋にむいた栗とたっぷりの水を入れ、くちなしの実をペンチなどで割ってから加えます。 火にかけるとじんわりと湯が黄色に染まっていきます。 沸いたら火を弱め、栗に火が通るまで20分ほどコトコトと栗をゆでます。 ここでのゆで加減は少し硬めでも大丈夫なので、竹串や金串を刺して入るかどうかを確認したり、 ゆでている間に割れた栗などを食べてみて確認します。 火からはずしてそのまま冷まし、くちなしから出た色をしみ込ませます。 冷めるまで待ってから次の蜜と炊く工程に入ります。 そのくらい時間を置いてもOKです。 その時は栗が乾燥しないように鍋の表面にキッチンペーパーや和紙などをしいて置いておくとよいです。 このとき「栗を移す鍋の大きさは栗同士が重ならない程度のものにする」「蜜は別鍋で作っておく」ことがポイントです。 今回の甘露煮の蜜は 『水350ml+砂糖200g』です。 しっかり甘めの割合なので、あっさりめが好きな方は砂糖を1割ほど減らして作ってみてください。 水と砂糖を合わせて砂糖が溶けるまで軽く加熱したら、栗を入れた鍋に蜜を流し入れます。 鍋を火にかけ、 沸いたら火を弱めて15〜20分ほどコトコトと煮含め、火を止めて味をなじませます。 最低半日から1日ほどは味をなじませて完成です。 冷めたら煮沸殺菌した保存瓶などに汁ごと詰めておくとよいです。

次の