ノースロップ グラマン。 ノースロップ・グラマン アメリカ海軍向け超軽量魚雷を開発 | ガジェット通信 GetNews

[NOC]ノースロップグラマン 企業概要・株価・配当金・利回り・増配状況

ノースロップ グラマン

ノースロップ・グラマン社とは ノースロップ・グラマン社(Northrop Grumman Corporation)は、アメリカを代表する軍需企業の一つです。 米軍需産業の市場シェア3位。 前身のノースロップ社は1927年創業、グラマン社は1929年創業。 ノースロップ・グラマン社のセグメント別利益 航空宇宙システム(Aerospace Systems) 数値のソースは同社のアニュアル・レポートです。 航空宇宙システムは、有人飛行型の航空機(戦闘機)、宇宙船、レーザーシステムなど。 イノベーション・システム(Innovation Systems) イノベーション・システムの防衛システム部門は戦術ミサイル、弾薬、防衛システム、宇宙システム部門は商業衛星、軍事衛星などを担当。 ミッション・システム(Mission Systems) この部門では、国防総省(ペンタゴン)、各種情報機関などに、軍事的なシステムやソルーションを提供。 技術システム(Technology Services) 軍事的な物流プラットフォームなどの提供。 ノースロップ・グラマン社の業績 営業利益の推移 アニュアル・レポートによると、最大のリスク要因は主要な取引相手であるアメリカ政府に深く依存していることです。 アメリカ政府がノースロップ・グラマン社との契約を減らしたり、各種兵器の納入プログラムに政治的な要因から遅れが生じることは、同社にとっては大きなリスクとなります。 個人的な評価 米中新冷戦は長期化する可能性もあり、業績も長いスパンで期待できそうです。 トランプ政権下で米国の軍事費が上昇に転じたことを考えると、大統領選挙はリスクになりますね。 エリザベス・ウォーレン上院議員のような、左派が大統領になる可能性もあります。 トランプ政権継続であれば、市場のショック時などを押し目と考えて、狙ってみるのも良さそうです。 ノースロップ・グラマン社はB-2 スピリット、B-21 レイダーなど、戦略爆撃機の形状がカッコいいですよね。 F-22 ラプターに選定で破れたYF-23も、ラプターより個人的には好きでした。

次の

ノースロップ・グラマン アメリカ海軍向け超軽量魚雷を開発 | ガジェット通信 GetNews

ノースロップ グラマン

ノースロップ・グラマン社とは ノースロップ・グラマン社(Northrop Grumman Corporation)は、アメリカを代表する軍需企業の一つです。 米軍需産業の市場シェア3位。 前身のノースロップ社は1927年創業、グラマン社は1929年創業。 ノースロップ・グラマン社のセグメント別利益 航空宇宙システム(Aerospace Systems) 数値のソースは同社のアニュアル・レポートです。 航空宇宙システムは、有人飛行型の航空機(戦闘機)、宇宙船、レーザーシステムなど。 イノベーション・システム(Innovation Systems) イノベーション・システムの防衛システム部門は戦術ミサイル、弾薬、防衛システム、宇宙システム部門は商業衛星、軍事衛星などを担当。 ミッション・システム(Mission Systems) この部門では、国防総省(ペンタゴン)、各種情報機関などに、軍事的なシステムやソルーションを提供。 技術システム(Technology Services) 軍事的な物流プラットフォームなどの提供。 ノースロップ・グラマン社の業績 営業利益の推移 アニュアル・レポートによると、最大のリスク要因は主要な取引相手であるアメリカ政府に深く依存していることです。 アメリカ政府がノースロップ・グラマン社との契約を減らしたり、各種兵器の納入プログラムに政治的な要因から遅れが生じることは、同社にとっては大きなリスクとなります。 個人的な評価 米中新冷戦は長期化する可能性もあり、業績も長いスパンで期待できそうです。 トランプ政権下で米国の軍事費が上昇に転じたことを考えると、大統領選挙はリスクになりますね。 エリザベス・ウォーレン上院議員のような、左派が大統領になる可能性もあります。 トランプ政権継続であれば、市場のショック時などを押し目と考えて、狙ってみるのも良さそうです。 ノースロップ・グラマン社はB-2 スピリット、B-21 レイダーなど、戦略爆撃機の形状がカッコいいですよね。 F-22 ラプターに選定で破れたYF-23も、ラプターより個人的には好きでした。

次の

ノースロップ・グラマン アメリカ海軍向け超軽量魚雷を開発

ノースロップ グラマン

東京、2019年2月19日 — ノースロップ・グラマン・コーポレーション(ニューヨーク証券取引所: NOC、以下ノースロップ・グラマン)は、日本とのパートナーシップの強化に向け、オム・プラカシュ氏をノースロップ・グラマン・ジャパンの最高責任者に任命しました。 プラカシュ氏は、米国本社のバイス・プレジデント兼チーフ・グローバル・ビジネス・オフィサーであるデイブ・ペリー氏にレポートします。 ノースロップ・グラマンのCEO兼社長であるキャシー・ウォーデン氏は、プラカシュ氏の就任について次のように語ります。 「軍士官や戦略専門家としての経験をもとに、ノースロップ・グラマン・ジャパンの最高責任者として日本のクライアントに的確なアドバイスを提供し、当社の事業拡大に貢献してくれるものと期待しています。 」 プラカシュ氏は、ノースロップ・グラマン・ジャパンの最高責任者として、日本での現行プログラムの着実な実行、及び日本における成長のためのプログラム開発を統括します。 ノースロップ・グラマンの前職において、プラカシュ氏は企業戦略ディレクターとして、事業施策を分析しつつ戦略立案プロセスを監督し、企業ポートフォリオを強化することで、複数の技術部門にわたる、ソート・リーダーとしてのノースロップ・グラマンの地位を確立した実績があります。 さらに、前々職では海外ビジネス開発を担任していました。 プラカシュ氏は、ノースロップ・グラマンへの入社前、米空軍大佐として、運用、教育訓練、飛行開発試験の分野における様々なリーダー職を経験しました。 米空軍長官及び同参謀総長の直属部下として、戦略・政策の策定を担当したほか、製造及び産業基本政策を担任する国防次官補代理の上級軍事顧問として、企業の吸収合併や主要産業及び技術の維持に関する案件に尽力しました。 このほか、戦闘機のテストパイロットとして、60種以上の航空機による合計3000時間以上の飛行経験を有しています。 プラカシュ氏は米空軍士官学校の工学学士号を取得しており、同校在籍中に日本語と日本文化について学習しています。 また、マサチューセッツ工科大学の航空宇宙工学修士号、国防大学の国家安全保障戦略修士号も取得しています。 プラカシュ氏は、日本での海外任務から米国に戻るスタン・クロー氏の後任となります。 ノースロップ・グラマンは世界有数のグローバル・セキュリティー・カンパニーとして、各国の政府機関及び民間企業の皆様に、無人システム、サイバー、C4ISR、ロジスティクス、近代化の分野で、革新的なシステム、製品、ソリューションを提供しています。 詳しくは当社ウェブサイトをご覧ください:。 最新情報については、Twitterで をフォローしてください。

次の