トリプル グレート コン ジャンクション。 占星術師Keiko ☆2020年を見据えた、2019年駆け込み月星座占い☆

Articles from ARI

トリプル グレート コン ジャンクション

このブログを読んでいただいている方や、何かをググってここにやってきた方、あるいは私のツイッターをフォローしていただいている方のなかには、占星術をご存じの方が多いと思います。 なので、なんとなく聞いていらっしゃるかもしれませんが、2020年は天体が珍しい配置をとります。 それは、木星と土星が見た目に重なってみえるグレートコンジャンクションといわれる配置です。 さらにこの木星、土星に今回は、冥王星もほぼ近くに位置することになるので、トリプルコンジャンクションとも呼ばれます。 このグレートコンジャンクションについては、 グレートコンジャンクションは、20年に1度起きます。 社会的なリセットで、社会の仕組みをちょっと見直しましょう、社会や政治はたいへんそうだけど、私は関係ないわ、くらいかもしれません。 でも、今回はちょっと違う。 なんかプレッシャーがある。 それは、冥王星がからんでいるからかもしれません。 ただ、ひとつひとつを分解していけば、 1.1月13日 冥王星と土星が山羊座でコンジャンクション 2.3月22日 土星が山羊座から水瓶座へサインの移動(7月2日土星が水瓶座から山羊座で逆行してもどる) 3.4~11月に合計3回 冥王星と木星が山羊座でコンジャンクション 4.12月17日 土星が山羊座から水瓶座へサインの移動 5.12月19日 木星が山羊座から水瓶座へサインの移動 6.12月22日 土星と木星が水瓶座でコンジャンクション というイベントがおこります。 これが1年でおきるのか、と思うとせわしない。 でも、要はコレなわけです。 そして、占星術の長所として過去に同じようなイベントがあったときは、過去の歴史をみればわかる。 過去、同じような天体配置のとき、どうだったかみていけば、来年のグレートコンジャンクション、トリプルコンジャンクションの大きさも見えてくる、と考えました。 で、1100年から2700年までを調べました。 A.グレートコンジャンクションがあること。 そして、できたのはこの表(また表です、申し訳ない) 月数とは何ヶ月か、度数、月数ともまるめてあって、正確さはあまりだしていません。 この月数や度数が少ないほど、短期間に天体がコンジャンクションするということです。 2020年はあしかけ12ヶ月。 度数で8度くらいのなかで冥王星、土星、木星が集中するという事です。 ちなみに、前回のグレートコンジャンクションは、2000年。 グレートコンジャンクションは、割ときちんと20年ごとに起きます。 次は、2040年。 書きました。 一方、前回のトリプルコンジャンクションについては、冥王星の公転周期から250年に1度だとか、いろいろ書かれておられますが、冥王星の軌道は楕円なのもあって、けっこうバラバラ。 1681年のイベントをトリプルコンジャンクションとされている方もおられますが、この時はコンジャンクションのイベントが、あしかけ4年だったので、この表には入っていません。 度数として考えると、イベント同士の度数が離れているという事は、影響はあるかもしれないけど、3つの天体が集っている状態と言えないと思うのです。 また、あしかけ4年だと、季節は何度かめぐるし、実感として別モノの感じがすると思うのです。 あくまでも当社比(笑 ですが。 なので、前回のトリプルコンジャンクションがいつだったかは、バラバラだと思います。 でも、ここではそこを決着させたいわけじゃなくで、あくまでも、2020年のグレートコンジャンクション、トリプルコンジャンクションがどのくらいのインパクトがあって、似ている時期はいつだったかを見つけたいだけです。 そして、2020年と似たように短期間に天体が集中しているのが1146年のあたりです。 1146年あたり何があったのかも調べました。 世界的には十字軍。 日本では、1146年には平清盛が安芸守(あきのもり 広島の県知事イメージ)に任官されています。 ここから「おごる平家は久しからず」(平家物語)の始まりです。 崇徳院となる崇徳帝の譲位が1141年。 そこから、保元の乱が1156年。 その結果、崇徳院が流罪となり四国で崩御されるのが、1164年。 亡くなったあと、崇徳院は怨霊となります。 この時期は、平安時代の末期。 貴族から武家へパワーバランスが動いていった時だと思うのです。 そして、2020年のグレートコンジャンクション、あるいはトリプルコンジャンクションがいかに、短期集中なのかがわかります。 そして、今回のグレートコンジャンクションが水瓶座の0度、入ってすぐの時に起きるというのも特徴。 土の活動宮(山羊座)から風の不動宮(水瓶座)へ。 活動宮の山羊座は、すでに土星が山羊座に入ったあたりから助走をつけているけれど、不動宮の牡牛座にはすでに天王星があって着々と変化をすすめています。 グレートミューテーションも起こります。 グレートコンジャンクションやトリプルコンジャンクションは、グレートミューテーションは別モノだと思いますが、いずれにしても土の山羊座が象徴するローカルな物質から、風の水瓶座が象徴するユニバーサルな情報へ変化します。 グレートミューテーションについては、 なのでやはり、2020年は大きな歴史のターニングポイントだと思います。 そして短期決戦。 でも、大きな全体をみて、そしてイベントのひとつひとつをみること。 さらに、ここにからむ月、特に日食、月食の影響が個人のイベントに影響することも大きいし、他の天体の動きも無視しないことで、さらに細かく個人におとしていくことまでしておかないとな、と思います。 しかし、もちろん、大きな全体の流れを見失わないこと。 なんとなくわからないまま、イメージだけで、不安に思っていても解決しません。 そういう細かい、メンドくさい作業をしていくのが必要だし、占星術のおもしろいところだと思うのです。 決まり文句なので最後に書きます。 で、「私はどうなの?」は、から、どうぞ。

次の

大きな変容を迎えるとき【グレートコンジャンクションとトリプルコンジャンクション】|月と星の道しるべ AstroCompass

トリプル グレート コン ジャンクション

今だけ! LINEの友だち追加で2大特典プレゼント!! 1.動画セミナー 『一流の心理セラピストが伝える!DNAを変える技術』 2.有料の体験会セミナーへの無料招待券! 20年に一度、土星と木星の大会合があります。 前回が2000年だったので、来年はグレートコンジャンクションが起こる特別な一年となるのです。 2020年といえば、東京オリンピックがあるため特別感を持っている人は多いですよね。 けれど、それ以上に星の変化は特別なものとなっています。 そして、 星が動くとなれば時代が変わります。 来年は240年ぶりに時代が変わるとも言われているので、このグレートコンジャンクションに興味を持っている人はたくさんいるのです。 とはいえ、グレートコンジャンクションがどういうもので、何をしたらいいのかがわからない人も多いですよね。 そこで今回は• グレートコンジャンクションって何?• グレートコンジャンクションの「時代に変化がある」ことで私たちに影響はある?• 2020年のグレートコンジャンクションに取り残されないためにできることは? この3点をお伝えしていきます。 最後までお付き合いしていただければ、グレートコンジャンクションで起こる時代の変化について行くための準備を行えるようになりますよ。 約20年に一度のグレートコンジャンクションの意味とは? グレートコンジャンクションは、20年に一度木星と土星が重なる状態のことをいいます。 これだけでもかなりレアな現象なのですが、2020年は冥王星も加わったトリプルコンジャクションになるのです。 このトリプルコンジャンクションは、かなりレアな現象で前回がいつだったかの明確な記録はありません。 250年に一度だという人もいれば、1681年だったという人までかなりバラバラなのです。 つまり、それだけレアな現象が来年見られるということなので、しっかりと準備をしない手はありませんよね。 まずは• 2020年のグレートコンジャンクションはどういう状態?• 2020年のグレートコンジャンクションまでにやるべきことは?• グレートコンジャンクションの時にある時代の変化って?• グレートコンジャンクションのミューテンションとは? この4点について一つ一つ解説していきます。 2020年のグレートコンジャンクションはどういう状態になる? グレートコンジャンクションとは、木星と土星が同じ位置で重なり合うことをいいます。 木星は約12年かけて星座を1周するのに対して、土星は29年かけて12星座を一周する計算です。 この移動にかかる時間が違う2つの星座がぴったり重なるのがグレートコンジャクションなのです。 星がぴったり重なるのにどのくらいの時間がかかるのかは、それぞれの公転周期によっても変わってきます。 木星と土星の場合、グレートコンジャンクションの状態になるまで20年かかります。 この20年周期がここまで注目をされる理由は、その性質の違いです。 木星は、古くから幸運の兆とも言われています。 1年同じ星座にいるので、 木星の位置は基準にしやすく木星の位置によって運気が上がるという印象がありますね。 この運気が上がるというのは、今までの努力が実になったり、新しいアイディアが浮かびやすかったりということ。 努力しなくてもいいことが起きるというような、真のラッキーとは少し違って 「あなたの撒いた種が芽を出す」という感じでしょうか。 一方の土星はというと、あまりいいイメージはありません。 土星には• いらないものを捨てる• 物事を建設的に固める• 価値観の変更を迫られる などの印象があります。 つまりは、 今まで平和に暮らしていた人に大きな課題が与えられるイメージです。 来年やってくるグレートコンジャンクションは、可能性を広げる木星といらないものを捨てていく土星がぴったり重なる時期。 それまでにきちんと努力をした人は、その才能が開花する可能性が高いといえますよね。 反対に、 今までの環境や価値観にしがみついて何もしなかった人には辛い現実を突きつけられる可能性が高くなってしまいます。 2020年のグレートコンジャンクションでも、世の中が激しく変化するため痛みを伴う可能性が。 その痛みを乗り越えられるように、しっかりとグレートコンジャンクションに対応できる自分を作り上げる必要があるのです。 木星と土星がぴったりと重なるグレートコンジャンクション。 2020年はそれに加えて冥王星が重なるトリプルコンジャンクションも起きると言われています。 激動の一年になることは間違いなさそうなので、しっかりと準備をしていきたいものですね。 2020年のグレートコンジャンクションまでにやるべきことは? 2020年のグレートコンジャンクションを無駄にしないためには、人生の土台を作る準備をしましょう。 人生の土台というと、壮大なことをイメージしがちですがごく普通のことで大丈夫。 2020年以降 自分がどうしたいのかをしっかり考えてその準備をするということです。 具体的にいうと、例えばあなたが今の仕事をやめて別のことをしたいと思っていたとします。 けれど、そのまま無計画に行動をしてしまうと、失敗する可能性もありますよね。 グレートコンジャンクションは時代に大変化をもたらす時。 今までの価値観では通用しないこともたくさん出てくるでしょう。 となれば、 新しい価値観に対応できる柔軟性としっかりと土台を固めるための準備は不可欠です。 あなたが転職を計画しているのなら、• 新しい仕事には何が必要か• いつ行動するのが一番なのか• 本当に転職がベストの選択肢なのか これらのことをしっかり考えましょう。 そして、必要なものとタイミングが見えれば、それまでに資格をとるなどの準備が出来ますよね。 グレートコンジャンクションは、 今まで努力したことが花開くタイミングでもあります。 何もしていないのにラッキーが訪れるタイミングではありません。 そのため、グレートコンジャンクションまではしっかりと成果を得るための土台作りをする必要があるのです。 土台を作るのは、自分の精神的なものも含まれます。 その辺りの詳しいことは、していきますね。 2020年のグレートコンジャンクションは、かなりの大変化が起こると言われています。 そのため、自分のメンテナンスや新しいことに挑戦するための準備はかなり重要です。 しっかりと「土台」を作ることを忘れなければ、グレートコンジャンクションの波に乗れるはずですよ。 グレートコンジャンクションの時に時代に変化があるって本当? グレートコンジャクションのタイミングで、少しづつ時代が動いていくと言われています。 グレートコンジャンクションは20年に一度の現象。 その度に少しずつ時代が移り変わっているのです。 直近の20年を考えてみても、2000年頃といえば個人が携帯電話を持ち始めたころ。 それまでは高すぎて一部のビジネスマンしか持っていなかった携帯電話が小型化して手頃な値段になったことから、急速に普及し始めましたよね。 そして、今まで電話しか出来なかった携帯にiモードが導入され、メールができるようになりました。 当時はそれだけでも画期的なこと。 けれど、今の若者からすれば信じられないアナログさですよね。 それから20年たった今、スマートフォンが当たり前になりました。 当時はついていなかったカメラも当たり前についていて、誰もが写真を気軽に投稿できるように。 さらにはスマホで動画撮影や画像の編集までできるようになったのです。 20年単位で見てみると、 どんどん私たちの生活は豊かになり物に困らなくなってきましたよね。 この少しの時代の変化を20年スパンで繰り返し、200〜240年に一度あるミューテンションに繋がっていくのです。 時代はどんどん移り変わっていきますが、そこに星の動きが関係しています。 グレートコンジャンクションが時代の変化の目安となっているとしたら、その瞬間に関われるのはとても魅力的ですよね。 さらに2020年にはミューテンションもあるので、大きな時代の変化が起きそうですよ。 グレートコンジャンクションのミューテンションとは? グレートコンジャクションのミューテンションとは、エレメント交代のことです。 グレートコンジャクションは20年に一度起きていますが、エレメントの交代は200〜240年に一度のレアイベント。 12個ある星座は、それぞれ4つのエレメント(元素)に振り分けられます。 火…牡羊座・獅子座・射手座• 地…牡牛座・乙女座・山羊座• 風…双子座・天秤座・水瓶座• 水…蟹座・蠍座・魚座 火から地へそして風、水と移り変わっていきます。 前回のグレートコンジャンクションは2000年に牡牛座で起きていて、来年のグレートコンジャンクションが水瓶座なので、まさに時代の変化に立ち会えるというわけです。 ちなみに、各エレメントの意味するところは• 火…生命力、上昇思考• 地…物質的な意識、安定を求める• 風…思考力、横の繋がり• 水…共感、色々なものが混ざる意識 ざっくりですが、このようになっています。 この4元素が約200〜240年に一度切り替わり、時代が変わっていると考えられています。 グレートコンジャンクションのミューテーションは200年以上に一度しか見られないものすごくレアなイベントです。 そんな時代の変わり目に立ち会えるのは、すごく貴重なことなのでしっかりと変化についていきたいもの。 ミューテーションのタイミングは、2020年12月です。 あと1年で地の時代が終わってしまうので、次の時代に対応できる状態を作りたいものですね。 次のグレートコンジャンクションで地から風の時代?どんな影響がある? 2020年のグレートコンジャンクションを機に地の時代は終わり風の時代になります。 星の担当が変われば、私たちの価値観も変わると言われているのです。 そこで、皆様にお伝えしていきたいのが• 地から風になると価値観はどう変わる?• 前回の「風」はどんな時代だったの?• 2020年のグレートコンジャンクションで地球がアセンションするって本当?• 2020年の風の星座には何か変化があるの? この4点です。 地の時代から風の時代へ変わるということが、どういうことなのかをわかりやすく解説していきます。 地から風になると価値観はどう変わる? 地の時代が終わり、風の時代になると 今までの価値観が全く通用しなくなると言われています。 地の時代は、物質的な意識をメインにしていますが、風は思考力やフラットな関係性をメインにしています。 つまり、日本的な縦社会から横のつながりにというように、 私たちが持っている価値観を大きく変える必要があるのです。 今までの地の時代は物質的な豊かさを求めてきました。 この200年を振り返ってみると、どんどん近代化し物質的に豊かになりました。 お金を出せばなんでも手に入るので、自分にとって何が必要なのかを見失う人も出てきましたよね。 そして、 物質的に豊かになっても「幸せ」だと胸を張って言えないという人も現れました。 その原因として考えられるのが、心が満たされていないということ。 自分たちが食べきれない量の食事を捨てている一方、飢えてなくなる人々もいるわけです。 「自分さえ豊かならそれでいい」そんな意識がたくさん出てしまった地の時代はもう終わりです。 2020年は水瓶座でグレートコンジャンクションが起こり、風の時代がやってきます。 水瓶座の特徴は、 個人を大切にするということ。 今現在でも若い子が大人に敬語を使わなかったり、様々な国の人が自分の国以外で活躍していたりしますよね。 個人が努力さえすれば、どこでも活躍できる世の中になっていくと予想されています。 実際に、今でもSNSのフォロワー数がお金に換算されていますよね。 これは風の時代を象徴する「人とのつながりの重要さ」を意味しています。 この現象がさらに発展し、オフラインつまりリアルでの濃い人脈をいかに築き上げるかが成功の鍵を握ると言っても過言ではありません。 地の時代が終わり、 風の時代になると物質的な豊かさから人との繋がりが重要視されていきます。 信頼のおける人間関係をいかに築き、魂レベルの豊かさを手に入れられるのかが鍵になってくるのです。 今までの価値観をガラッと変えられてしまうのがミューテーションです。 置いてかれないようにまでしっかりと目を通してくださいね。 前回の風の時代はどうだった? 前回の風時代は、鎌倉時代〜室町時代前半までさかのぼります。 地の時代の終わりというのが、ちょうど鎌倉幕府ができた頃なので、平家の時代から武家の時代に切り替わったころ。 風の時代にあたる1186年〜1425年頃といえば、様々な文明の広がりがあった頃です。 この頃、宗教や文学が洗練され、平家物語などの有名な作品が生まれています。 日本の文化を見てみても、鉄砲が伝えられたり明との勘合貿易が始まりました。 世界に目を向けても、十字軍の遠征やオスマン帝国など戦争であらゆる国が領土を広げていた時代。 つまり、風にのって一つの国の文化文明が様々なところに広がっていくイメージです。 風の時代になると、今までの貴族や王族という権力の時代から、武家という力を持つ者の時代になっていきました。 そのため、 世界中で戦争が多発し文化文明が発展していったともいえますよね。 これからくる風の時代には、ネットワークを使い様々なことが広がりを見せると考えられています。 戦争もアメリカと中国の貿易戦争のように、実際の戦いというよりは頭脳戦のように形を変えていくのかもしれませんね。 地の時代が終わるのと同時に平家の時代が終わりを告げています。 そして、武家が力をつけていき、戦争が多い時代となりました。 このようにグレートコンジャクションのタイミングで、時代が変化し人々もその変化に対応してきましたよね。 来年のグレートコンジャクションでも、大きな変化があるのは間違いありません。 そのため、取り残されないためにも準備はしっかりと行いましょう。 2020年のグレートコンジャンクションを機に地球がアセンションする? 2020年に地球はアセンションすると言われています。 アセンションとは、上昇のことで、スピリチュアルの世界では魂のレベルアップというような意味で使われることが多いです。 つまり地球の星としてのレベルが一段上がるタイミングが2020年に訪れると言われているのです。 私たちの中で地球のアセンションに立ちあえた人は今のところいないので、どのような現象があるのかはわかっていません。 けれど、魂のアセンションというと少しだけピンとくる人もいるのではないでしょうか? アセンションに関しては、こちらにも詳しくまとめた記事がありますので参考にしてください。 魂のアセンションを実感しやすいのは、瞑想を行っている時です。 魂のアセンションが起きるかも? と感じるポイントとしては• 体が上に向けて浮き上がる感覚• まぶたの裏に様々な光が見える感覚• 何かに包まれているような感覚 このような感覚を感じとることができれば、魂のアセンションに近づけると言われています。 2020年に地球がアセンションするというのは、グレートコンジャクションで時代が変わることが関係しているはずです。 地から風の時代になるということは、 物質的な豊かさから精神的な満足度へとシフトしていくということ。 つまり、地球上の人たちの魂レベルが上がることで、地球の星レベルもアップするのではないかと考えられているのです。 地球が星としてのレベルを上げるためには、私たち一人ひとりの魂をアセンションしていく必要があります。 地の時代の価値観から脱し、風の時代の価値観に合わせることが出来なければ、魂のアセンションションはむずかしいでしょう。 今回のグレートコンジャンクションは冥王星も絡んでいるので、大きな変化になることは間違いなさそうです。 そのため、地球がアセンションする=私たちの価値観を柔軟に変化させることだとするなら、私たち一人ひとりの意識改革が必要となっていきそうですね。 2020年から始まる水瓶座(風)の時代ってどんな時代?星座別の気を付けるポイントは? 2020年のグレートコンジャンクションをきっかけにスタートするのは個性の時代だと予想されています。 実際にグレートコンジャンクションが起こるのは2020年12月22日。 つまりまだ1年程度あるので、しっかりと準備を行えば何も恐れる必要はありません。 2020年のグレートコンジャクションをきっかけに始まる水瓶座の時代を時系列でまずはご紹介します。 2020年11月01日〜12月16日:山羊座でトリプルコンジャンクション が起こる• 2020年12月22日:水瓶座でグレートコンジャンクション• 2023年03月23日:冥王星が水瓶座入り 1回目• 2024年01月21日:冥王星が水瓶座入り 2回目• 2024年11月20日:冥王星が水瓶座に完全に入る つまり、 グレートコンジャンクションが起きたからといって、いきなり時代がガラッと変わるわけではないのです。 2024年に水瓶座(風)の時代が完全スタートするまでに、しっかりと準備を整えれば風の時代に乗り遅れずに済むでしょう。 具体的に水瓶座(風)の時代というのはどんな変化があるのかというと• テレビなどのマスコミよりも個人SNSの力が増す• 大企業への就職よりも起業の方が成功率が上がる この2つの特徴に表されるように、今までの権力が全てだった時代は終わり、いかに個性を大切にするかがキーポイントになってきます。 特に水瓶座は情報や見えないエネルギーを得意とするため、通信技術などもどんどん進化すると考えられています。 水瓶座を生き抜くもう一つの大切なポイントが太陽です。 太陽には、自己表現のエネルギーがあると言われています。 そして、水瓶座の個性を重視する特徴と太陽の自己表現のエネルギーはとても相性が良いのです。 この水瓶座時代、星座別にどの程度影響があるのかを調べてみました。 影響が少なく、調和しやすい(牡羊座・双子座・天秤座・射手座・山羊座・魚座)• 影響が大きく、試練などの覚悟が必要(牡牛座・獅子座・蟹座・水瓶座)• 影響が未知数。 調整をしなければならない(蟹座・乙女座) かなり簡単ではありますが、影響が少ない人は来年以降とても生きやすくなると予想されています。 そのため、 今のうちに自分の望むことを知って「今までそうじゃなかった」とつまらない意地を張らずに、世の中の流れに従ってみてください。 影響が大きい人は、影響が少ない人に比べて課題は大きなものとなります。 けれど、その課題に負けずに乗り越える努力をした人には明るい未来が待っているはずです。 自分に与えられた課題の意味や自分がどうしたいのかをしっかりと見極めましょう。 今までの地の時代が生きやすいと感じていた人ほど、水瓶座時代への対応が難しいと感じるはずです。 最後に、影響が未知数だという人は発想の転換が必要になる可能性があります。 今の順調な人生を捨てて、新しい人生を歩む必要がある人もいるでしょう。 課題の大きさや難しさには個人差がありますが、その課題を乗り越えられれば新しいステージに移れるはずですよ。 山羊座(地)の時代から水瓶座(風)の時代になるということは、価値観が変わってしまうということ。 あなたの星座によっては、人生の試練が訪れる可能性もあります。 水瓶座(風)の時代への入り口までまだ時間があるので、魂の望んでいることが何か、潜在意識に傷がついていないかなど今できることを考えてみてください。 もし、潜在意識に傷がついていて魂の望みがわからないということであれば、これから紹介する対策を実践してみてくださいね。 2020年からの風の時代に乗り遅れないためにできる4つの対策とは? 来年のグレートコンジャンクションを機に時代が移り変わるとお伝えしました。 ここで不安に思うのが 「時代が変わるって言われても何をすればいいのかわからない……」ということですよね。 誰しも、今自分が正解だと思っている価値観に変化が起きると不安になるものです。 この不安だと思う気持ちは決して悪いものではありません。 大切なのは、変化に対応できる自分を作っていくことです。 固定概念から魂を開放する• 自分自身のスキルアップをする• 変化を恐れない精神を手にする• とにかく行動する この4点を意識すれば、どんな変化がやってきても対応できます。 全てに共通するのは、自分を信じ今の環境に拘らないということです。 そのための対策を今からお伝えするので、最後まで読んでくださいね。 風の時代対策1. 固定概念から魂を開放しよう 風の時代に取り残されないためには、固定概念から魂を開放してあげることが大切です。 私たちは生きていく中でさまざまな固定概念を作り上げてきました。 けれど、 その固定概念は地の時代のもので、風の時代に対応するためには柔軟に変えていかなければいけないのです。 固定概念から魂を開放するといっても、あまりピンとこない人は多いですよね。 私たちの持つ「〇〇しなければならない」「〇〇であるべきだ」という固定概念がすべていらないとまでは言いません。 けれど、 その固定概念があるがために、潜在意識にたくさんの傷がついている可能性があるのです。 固定概念や凝り固まった価値観が多ければ多いほど、柔軟な思考力は低下していきます。 そのため、周囲が求めることができないとなれば「自分はダメな人間なんだ」と自己否定に陥ってしまうのです。 例えばですが• 良い大学に入って良い会社に入らなきゃならない• そこそこの年齢で結婚しなければならない• 正社員で働かなければならない これらは全て今まで生きてきた中で「普通に暮らすための条件」として生まれてきた価値観です。 けれど、これらに当てはまらないからといって、ダメな人生かというとそんなことはありません。 「自分が幸せと感じるかどうか」が一番大切なはずなのに、いつの間にか「世間で普通だと言われている枠にはまること」が大切になっている人はとても多いのです。 そんな状態で、地から風へ時代が変わってしまえばどうなるでしょうか? 今まで自分が普通だと信じてきたものが変わってしまえば、どうしていいかわからなくなる人がほとんどです。 そうならないためにも、 「本当に自分が必要としているもの」を柔軟に感じ取り、権威の時代から個性の時代と言われる大変化についていけるようにしたいですよね。 固定概念に囚われた魂を最短で開放するためには、潜在意識の書き換えがおすすめです。 今「こうするべきだ」「こうしなければならない」と固定概念でがんじがらめになっている魂を自由にするためには、潜在意識が何を必要をしているかを読み取らなければなりません。 潜在意識が必要としていることがわかれば、固定概念に縛られることはなくなります。 世間がどうしたいとか自分の理想はこれのはずだというものではなく、自分にはこれが必要なんだと気づくことが大切なのです。 潜在意識が何を必要としているかを知るためには、潜在意識について知る必要があります。 今潜在意識について何も知らない状態なのであれば、当サイトの無料メルマガを読んでみてください。 当サイトのメルマガは潜在意識のプロである西澤さんが執筆しています。 潜在意識について何も知らない人にもわかりやすい内容になっているので、無料で0から潜在意識を学ぶにはベストな内容になっています。 潜在意識について詳しく知り、あなたが魂レベルで何を必要としているかを感じ取ってください。 そうすれば、 今あなたの魂を支配している固定概念から魂を開放できる可能性は高くなります。 固定概念から魂を解放するというと、なんだか難しいことのような気がしてしまいますよね。 難しく考える必要は何もなくて、ただあなたが魂レベルで本当に必要としていることを感じ取るだけで良いのです。 「〜しなければならない」という古い固定概念に捉われることなく、自分が本当に必要としていることだけを考えて行動できるようになると、時代が変わっても取り残されなくなります。 新しい時代の価値観に柔軟に対応できるように、地の時代が終わる前に準備をしておきたいものですね。 風の時代対策2. 自分自身の力を高めよう 風の時代に取り残されないためには、自分自身の力を高めていく必要があります。 自分自身の力を高めるといっても、特別難しいことをする必要はありません。 今までやってきたことの精度を高めることに集中するのが大切なのです。 今までの地の時代は権威の時代だったため、企業やマスメディアなどの社会的な権威が中心の時代でした。 それが、個人の能力や知性そして情報力にシフトしていきます。 つまり、 今なかなか上司にハマらなくて努力しても結果が出ていない人も、2020年のグレートコンジャンクションを機に結果を出せるようになるのです。 2020年以降に結果を出すためには、自分力を高める必要があります。 自分力とは、自分が本当に必要としていることをどんどん実践していくというもの。 仕事に対して、やらなければならないと感じてやっている人がほとんどですよね。 けれど、 これからの時代「言われたことだけを渋々やる」人はどんどん淘汰されていくはず。 「自分で考え、自分のやるべきミッション」を導き出せる人が、風の時代には活躍します。 今の日本には、「個」を大切にする生き方はあまり浸透していませんよね。 そのため「自分のやりたいと思うことをやる」という生き方は馴染まないと感じる人もいます。 けれど、時代の移り変わりに乗り遅れず結果を出していくためには、自分の力を高めていくことが必須です。 地の時代と風の時代では、キーポイントとなる能力が変わってきます。 そして、 肩書きなどだけで勝負してきた人にとっては辛い時代になるでしょう。 権威や肩書きという表面だけのものではなく、自分自身の力をしっかりと高めていくことがとても重要になってくるのです。 風の時代対策3. 変化を恐れない精神を手に入れよう 人は基本的に変化を恐れるものですが、その変化を恐れない精神を手に入れることが風の時代に取り残されない大切なポイントです。 変化を恐れない心を手に入れるためには、心を満たし幸せだと感じることが大切です。 なぜなら、変化を恐れること自体が、「幸せだと思えない」人の特徴と一致しているから。 幸せで心が満たされている人というのは、常に成長を意識しています。 現状に満足せず、よりよい自分になるために悪いところは直していこうと考えている• 思いやりを持って他人に接する• 人からの善意に感謝を持てる このように、自分自身の成長と人生の充実を目標に人生を歩いていけます。 一方で今幸せだと感じられないという人は• 人生の悪い部分にばかり目を向ける• 常に不平不満を口にする• 自分ばかり人から何かを得ようとする このような特徴があり、 現状を改善することができません。 現状と同じなら確かに楽ですよね。 けれど、それでは何も進歩しませんし、あなたの成長も望めないのです。 2020年のグレートコンジャンクション で時代が変わります。 つまり、強制的な変化を強いられるわけです。 そこでも、「変わりたくない」と意地を張ってしまえば、あなたは時代に取り残されてしまいます。 新しい時代で活躍するためにも、変化を恐れない心を手にしてください。 そのためには、自分が幸せだと感じ、満たされた生活を送るように心がけましょう。 人生を満たされたものにするためには、こちらの記事も参考にしてください。 変化を恐れない精神を得るためには、誰かを頼ってみましょう。 誰かに頼ることで、自分は1人じゃないと思えますし人に感謝する気持ちを思い出すことができます。 1人で頑張りすぎないというのは、とても大切なこと。 心が充実すれば、変化を楽しめるようになるので、ぜひ今の人生の課題を乗り越えてください。 風の時代対策4. とにかく行動しよう 風の時代に取り残されないためには、とにかく行動を起こしてください。 自分が必要としていることが分かっても、行動を起こせなければ意味がありません。 行動を起こせない人というのは、失敗を恐れすぎていることが原因です。 新しいことにチャレンジするときには、失敗はつきものです。 失敗するのが怖い• 失敗するのはかっこ悪い• 失敗なんかしたくない こんなふうに考えてしまう人は、とても多いですよね。 けれど、 失敗をしなければ成功もできません。 なぜなら、失敗を次に生かすことこそが、成功の鍵となるからです。 新しいことにチャレンジした時点で、一つ目の壁はクリアできましたよね。 次の壁は、失敗を次に生かすこと。 なぜ失敗したのか、次成功するためには何が必要なのかをしっかりと検証していかなければならないのです。 失敗を恐れずに行動できる人というのは• 積極的• 向上心がある• 好奇心が旺盛• ポジティブ このような特徴があります。 先ほど紹介した 「魂を固定概念から開放してあげる」というのも、この行動を起こすためなのです。 固定概念にがんじがらめになっていると、行動を起こしたくても「できない理由」ばかりが頭をよぎって身動きが取れなくなってしまいます。 そのため、魂を固定概念やできない理由などのネガティブ思考から解放することはとても重要です。 ポジティブに物事を捉えられるようになれば、行動を起こしやすくなり気持ちの切り替えもしやすくなります。 自分が何を求めているのかを知り、的確に行動を起こせるマインドを持つことで新しい時代にも順応できるようになります。 大切なのは、心を整理し自分が何を求めているのかを知ることです。 そして、失敗を恐れすぎずにまずは行動してみること。 失敗を恐れすぎで行動を起こせなくなってしまうと、新しい時代に取り残される可能性が高まってしまいます。 【まとめ】グレートコンジャンクションの変化に対応できる魂を手に入れよう 2020年のグレートコンジャクション をきっかけに、時代が大きく動くと言われています。 今までの価値観が通用しなくなるわけですから、不安になる人も多いですよね。 新しい時代に取り残されないためには 「物事に柔軟に対応できる心」を持つことです。 固定概念に囚われた心を解放してあげるためには、潜在意識についた傷を癒し「自分が何を求めているか」をしっかりと知ることが大切です。 潜在意識を癒し、潜在意識が何を求めているのかを知るためには、潜在意識について詳しく知る必要があります。 潜在意識を詳しく知るためには、当サイトのメルマガを読んでみてください。 当サイトのメルマガは、潜在意識のプロである西澤さんが執筆していて、 無料で読むことができます。 そのため0から潜在意識を知るにはベストな方法なのです。 2020年のグレートコンジャンクション で時代に取り残されたくないと感じているなら、今すぐ準備をはじめてください。 後回しにしてしまうと一瞬で2020年のグレートコンジャンクションはやってきてしまいます。 準備をするのは早いに越したことはありませんので、興味を持った今を見逃さないでくださいね。 【オススメ記事】自分らしく生きるための方法 自分なりに努力しているのに、なんだか人生がうまくいかない… 自分らしい人生をイキイキと歩んでいきたい… そんな悩みを抱えてモヤモヤしていませんか? 私たちの人生をコントロールしているのは、意識の 97%を占める「潜在意識」であると言われています。 たった3%の意識で頑張っていても、潜在意識が邪魔をすると、私たちの人生はなかなか変化しません… 反対に、潜在意識さえ書き換えてしまえば、自然と自分らしい理想の人生に近づいていきます。 「潜在意識の書き換えなんてできるの!?」と疑問に思う人や、スピリチュアルやカウンセリング、ヒーリングに興味がある方に絶対に知ってほしい、理想の人生を引き寄せる方法とは? 続いて読みたい記事: -.

次の

大きな変容を迎えるとき【グレートコンジャンクションとトリプルコンジャンクション】|月と星の道しるべ AstroCompass

トリプル グレート コン ジャンクション

2020年以降に予想される社会の一大変革に向けて、少し整理を進めておきたいと思います。 関連するイベントをまとめると以下のようなものが考えられます。 1.2020年12月に生じるグレート・コンジャンクション(以下、グレコンと言う。 )において、合が生じるエレメントが200年ぶりに本格的にシフトし、地から風の時代に突入する。 2.現在は2000年5月に牡牛座23度で生じたグレコンによって支配される20年の最後の3年間の冒頭辺りにいる。 3.2020年には、冥王星、土星、木星の3天体がすべて山羊座に入ることになり、山羊座で次のイベントが起きる。 4.2020年12月22日に水瓶座1度においてグレコンが生じ、本格的にグレコンの風の時代200年間の幕開けとなる。 前回のグレコン以降の牡牛座23度に支配される20年間(2000年5月~2020年12月)の間の時代の特徴をサビアンから見てみます。 (私訳):貴重な宝石に満ちた宝石店。 対向する蠍座の23度及びスクエアの位置にある獅子座と水瓶座の23度のサビアンシンボルと比較検討した結果、この牡牛座23度は、物質至上主義的な傾向が促進される20年間であると言え、誰もが セレブリティな存在であることを志向することになります。 物に対する執着が高まり、五感を満たしてくれるあらゆる刺激というものが、強く求められることになります。 その結果として、抑圧され勝ちになる精神主義的なものを志向する内圧が、副作用的に次第に高まってくることになるでしょう。 しかし、あと3年経つと、現在のセレブ至上主義的な風潮は一掃されることになる可能性があると考えるべきでしょう。 続いて、2020年に木星と土星が冥王星と合する山羊座の23度を見てみましょう。 木星はこれに先だって冥王星と山羊座の25度でも合しますが、冥王星との3度目の合が23度で行われることから、25度で受けた影響はリセットされてチャラにされる部分があり、その間の8ヶ月間にだけその影響が発揮されるものと考えますので、説明は省くことにしたいと思います。 (私訳):戦闘での勇敢さを讃える二つの賞を受けた兵士。 土星は2020年1月に、木星は同年11月に、この度数で冥王星と合します。 冥王星との合は先にのべた周期で木星と土星に起こりますが、山羊座という本来のサインにある土星が、冥王星によって遺憾なくその力の発揮を促されるということには特に注意が必要であり、山羊座における同様の配置は500年ぶりということになります。 この度数においては、社会賞賛を得るためのスタンドプレー的な行為として、正義の名において強力な権力行使などが行われると予想されます。 23は3の関連度数ですので、創造と破壊の働きが衝動的な形で出て来ます。 山羊座は権力の主張を求めることからはじまるサインですので、どうしても覇権抗争的な流れが強く出てくるでしょう。 正直言って国家間の戦争の可能性は相当に高まると考えられます。 木星と土星が冥王星からのエネルギーチャージを同じこの度数で同じ年に受けるということで、その影響が相乗的なものとなる可能性があることに留意しなければなりません。 昨日書いてみましたように、日本においてはグレコンが地のエレメントにおいて生じる200年間というのは、大和朝廷の成立と武家政権の確立、そして近代資本主義国家の成立に該当するのではないか、という見方を今のところしております。 それでは、地に続く風のエレメントでグレコンが生じる200年間というのは、どのような時代になるのか、ということについて考えて見なければなりません。 地というのは、作り固める働きです。 そこで一定の概念の元に権力機構が成立し、人間が活動するための社会基盤というものが確立されていきます。 社会というものは本来であれば、か弱い個人を守りながら、個々の人間性が最大限に発揮されることを一義的目標とするのでなければなりません。 しかしながら、社会基盤の創設期に際しては、どうしても物質至上主義的に陥らざるを得ない部分があるのではないかと思われます。 すなわち人間というものが、社会を構築し、維持安定させるための 道具として 使役されてしまい、人間性が 阻害されていく面が生じ勝ちなのではないか、ということになります。 風の要素というのは、地という現実に対する智恵の要素であり精神的要素であると言えるのではないか、と考えます。 社会という器が出来たけれども、そこに人間性が主体となった知恵工夫による絶え間ない改善が施されることにより、器に精神性という魂が籠められなければなりません。 現代の社会というのは、人間性を阻害する形で効率性と利潤だけを無機質に追い求める、単なる機械的システムに過ぎない、ということが言えるのではないかと思います。 風の時代に入りますと、このような社会の無機質な点を根本的にあらためて、人間性に即した有機的な社会に変質させて行こうとする流れが生じて来るものと思われます。 風の時代の200年間は、地の時代に築いた人間の活動基盤である社会を、人間性の発揮を本位としたものに作り替えていくことが主な流れになるだろうと、個人的には考えます。 本格的に人間性というものが謳歌されるのはその次の水の時代以降であって、風の時代の200年間というのは、既存の社会システムと取っ組み合いをしながら、ああでもないこうでもないと様々な智恵によってそれを改変していくようなことが、世の中の大きな流れとなるのではないか、という気がします。 最後に、2020年12月に水瓶座1度で生じるグレコン以降の20年間について考えて見ます。 (私訳):カリフォルニアの古いレンガ造りの教会。 1度というのは、そのサインが持つ可能性のすべてを内包しています。 この1度に、それから先の30度分のすべての可能性というものが内在しているのです。 水瓶座は対向する獅子座が常に主観に立脚しているのと正反対に、客観的な視点に根ざして、物事の中にある普遍的な要素を見出そうとします。 獅子座がすべてにおいて主観的であり、物事に対して主体的な当事者として振る舞おうとするのに対して、水瓶座というのは非常に客観的かつで間接的な形の自己表現を好みます。 自分自身に対しても批判的にクールでいたいという傾向が強くあり、自分自身のことを丸で人ごとのように扱ったりします。 獅子座も極端ですが水瓶座も同様に極端で、どこまでも現実の中の普遍的な真実に忠実であろうという立場が理想化され過ぎた結果、かえって極めて非現実的な色合いが濃く出てきてしまいます。 地の200年を脱却して最初に迎えるサインとして、水瓶座というのは中々良いように思われます。 しかもその1度という、水瓶座のエッセンスが最も濃厚に濃縮された度数が起点になるということは、そこに至った瞬間に、意識の一大転換が将来することは間違いないだろう、と感じられます。 「え、自分が今までこうだと信じてやってきたことって、本当はこういうことだったんだ!」という感じの、すこぶる大きな気付きがあるでしょう。 脱洗脳という単語を使って象徴してみるのも、面白いかもしれません。 今の世の中において、ほんの僅かな数パーセントの人達は既に気がついていることに、3年後以降は、社会全体が気づくことになり、意識が全体的に大きく変容していくことになると思います。 そうなりますと、社会のリーダーというのは、これまでのような金権力ではなく、精神的に人々を導けるような人へと変わっていくことになるだろうと考えられます。 今日はこの辺までとして、来たるべき風の200年間の迎え方については、また折に触れて考えていきたいと思います。

次の