生粋のアタッカー。 生粋(末広町)高級焼肉コースが6300円の高コスパ!一度は行くべし!

生粋(末広町)高級焼肉コースが6300円の高コスパ!一度は行くべし!

生粋のアタッカー

生放送でリミットブレイクが発表 2019年12月10日 火。 FFRK公式生放送で発表された新しい機能、リミットブレイク必殺技 以下LB。 LB必殺技とリミットゲージとは LB必殺技とは、新しく設けられる「リミットゲージ」を溜めることで発動できる必殺技です。 リミットゲージを消費することで発動できるため、LB必殺は今までの必殺ゲージには関与しません。 また、リミットゲージはパーティ内で共有するゲージなので、どのキャラがLB必殺を使用してもリミットゲージは減ります。 リミットゲージは時間経過で溜まる リミットゲージは、時間経過でのみ溜めることができます。 ゲージ数は1〜3まであり、最大3ゲージ分までストックされます。 発動できるタイミングは? LB必殺技はリミットゲージを消費して発動でき、消費量は発動時のリミットゲージを 全て消費します。 ゲージは全て消費はされますが、消費した量に応じてLB必殺の効果が変動するものもあるようです。 また、LB必殺はリミットゲージが 1ゲージ以上溜めておけば発動できます。 注意点 LB必殺技の注意点は3つあります。 リミットブレイク詠唱中の味方がいると他のキャラは発動できない• マルチダンジョンでは使用不可能• 気になる効果ですが、公式wikiによると「消費するリミットゲージの量に応じて威力が変わるダメージ限界突破の防御or魔防無視攻撃」と書かれています。 公式生放送では「エレメントボール」という名称で披露されており、4連の限界突破攻撃を行なっていました。 また、必殺技超錬で威力を上げられるので、シンクロ奥義のように、必殺時の威力アップや詠唱時間短縮のような効果がついていることは間違いないです。 ここまでが、生放送や公式wikiで公開されている情報です。 ここからは想像の世界 ここからは自分が考えている、いわば想像の世界です。 〜30秒まで戦うことを前提としています。 リミットゲージが登場したことにより、必殺ゲージを使わなくても発動することができるようになりました。 では、恩恵を受けやすいのはどのようなキャラでしょうか? チェイン役 チェイン役はチェイン更新のために、他の必殺技にゲージを回すことが困難でした。 2ゲージ溜められる星6閃技で、ゲージ消費や他の必殺技との併用で幅広く運用できるようにはなりましたがそれでも足りない時は足りない。 チェイン役がLBオーバーフローを使用したらどうでしょうか。 パーティ全体での1ターンの瞬間火力が一気に跳ね上がります。 チェインキャラがOF奥義発動までにゲージが届かないのであれば、LBオーバーフローを持つことで、恩恵を大きく受けると思っています。 短縮ばら撒き系ヒーラー&サポート ウララをはじめとした短縮系必殺を扱えるキャラですが、LBオーバーフローだけで見ると、新しい装備の実装は難しいと思います。 なら「LBオーバーフロー以外」でなら? 今でこそ実装前なので、LBオーバーフローしかありません。 しかし、時間が経てばLBバーストとかLB超絶必殺とか出る可能性も捨てきれません。 必ず攻撃手段や纏い重式が付与されるので、頭を悩ませているのかもしれません。 そう考えるとLB必殺技は、新しいヒーラーを出すための要素にもなり得ます。 もしかしたら、シンクロよりもLB必殺が先に出るかもしれません。 ただし、これはもはや妄想の域です。 仮に今後LB必殺にサポート系の効果を含むものを出してきたら、環境が激変すると思います。 生粋のアタッカー 生粋のアタッカーはもう言うまでもありません。 上でも記述した通り、4連限界突破だけでもダメージ効率が激変します。 さらに、覚醒奥義のような限界突破レベルを上げられるLB必殺技なんて出てしまった暁には、もう凄いことになります。 こちらも妄想の域ですが。 まとめ LB必殺技が登場することになり、色々と期待が膨らみます。 これからより深く、幅広いやり方ができるかもしれませんね。 1つ明白になっていない点を挙げるなら• 対象はアグリアスLBOF。 5連撃タイプです。 最大威力はLBゲージ3で2. 5倍アップ 効果量Lv1での LBゲージ1、2、3をそれぞれ1. 0倍とした時、各超錬での倍率は以下の通りです。 LBゲージ1 LBゲージ2 LBゲージ3 効果量Lv1 1. 0倍 とすると 1. 0倍 とすると 1. 0倍 とすると 効果量Lv2 1. 5倍 1. 2倍 1. 75倍 効果量Lv3 2倍 1. 4倍 2. 5倍 効果量Lv2にするには錬度Lv3、効果量Lv3にするには錬度Lv5まで上げる必要があります。 詠唱時間は最大で0. 31秒、Lv2で約1. 57秒、Lv3で約1. 19秒、Lv4で約0. 95秒、Lv5で約0. 81秒まで短縮します。 33秒• 結論:LBOFは超錬MAXがおすすめ 威力、詠唱時間が見違えるほどに強くなります。

次の

生粋 (ナマイキ)

生粋のアタッカー

ミドキャス(ミドラーシュのキャスター、シバの女王)はクリティカルパーティー(以下クリパ)のサブアタッカーに特化したキャラです。 以前に始皇帝、婦長とクリパを組めるサブアタッカーを探していてミドキャスに行き着くぐらい、サブアタッカー適正に目を見張るものがあります。 にも関わらず召喚したけど使っていない、そんなマスターも多いのではないでしょうか? そこで今回はそもそもクリパのサブアタッカーがどういうポジションなのか解説した上で、ミドキャスがどんなキャラで、どう活躍してくれるのか紹介します。 自己強化バフや星集中スキルがあると向いている。 自身だけで無く味方にもバフが掛けられ、かつメインアタッカーのカードが来なかった際、代わりに殴れるキャラがいい わざわざメインとサブを分けるのは、限りあるバフや星を受けとる優先順位を決めておくことで、より効率的にパーティーを回すためです。 自分で殴らない以上、星は極力集めない方が望ましい 2.ミドキャスの特徴 【概要】 非常にわかりやすいサブアタッカー。 ただし星集中率が低く、クリティカルバフを生かすには工夫が必要。 この時のポイントは、ミドキャスよりも星集中率の低い鯖をサポーターにすることです。 これによりメインアタッカーのカードを引かなかった際、ミドキャスに星が集中し、クリティカルが狙えるようになります。 4.パーティー紹介 始皇帝 メインアタッカー ・中心に据えることで攻守両面で大活躍する鯖。 今回はサブアタッカーの星集中率が低いため、宝具を展開せずとも星が始皇帝に集まる。 そのため騎士の矜持を持たす意味が殊更大きい。 ミドキャス サブアタッカー ・ここまで書いてきたサブアタッカーの役割を完璧に遂行してくれる。 ・始皇帝に足りないカードバフを掛けつつ、始皇帝のカードが来なかった際は代わりに殴る。 婦長 サポーター ・キャスターよりも星集中率が低いサポーターという難しい条件を満たすバーサーカーのサポーター。 ・ミドキャス同様に始皇帝が欲するカードバフを提供できる。 終わりに ここまで書いておいてなんですが、実は私ミドキャスを持っていません 笑 あまりに彼女が使いた過ぎて、Twitterでミドキャスをサポに出してる方を探し、お借りしてます。

次の

【ポケマス】カイリキーは生粋のアタッカー!

生粋のアタッカー

実測328キロをマークする生粋の最高速アタッカー! エクステリアは闇夜の公道に溶け込むステルスメイク チューニングの歴史を紐解く時、絶対に避けては通れないジャンルがある。 そう、最高速だ。 加えて、走行性能の観点から車高は落としすぎずストローク量を最大限に稼げる適正位置で留め、タイヤ&ホイールも過度のインチアップを避ける…など、他ジャンルと比較すれば、最もノーマルに近いエクステリアなのである。 全盛期の湾岸を駆け抜け、OPTION誌の最高速企画では328キロという記録マーク。 レヴォルフェS. の名を全国区に伸し上げた原動力であり、溝田代表が新車から育て上げた相棒だ。 1L化。 そこにワンオフEXマニを介してギャレット製タービンをツインで装着。 ワンオフの純正加工大容量サージタンクやアルミパイピング等を組み、ブースト1. 5キロ時に600psを発揮する。 なお、シリンダーヘッドポート研磨や各部バランス取りなど、エンジン内部の細かい部分までキッチリと仕上げられている。 「ファイナルは昔ニスモから出ていたハイギヤードの3. 3に変更して、レブは8000rpmに設定しています。 リヤセクションは、76. カーボンで製作されたディフューザーが大きな威圧感を放つ。 速度レンジの高いステージでは、安定性向上に絶大な効果を発揮する。 アブフラッグ製フロントディフューザーを加工し、カーボンリップを組み合わせたフロントバンパー。 飛び石により剥がれた塗装が、このクルマの戦歴を物語っている。 ちなみに、ダクト付きボンネットは純正品を加工したものだ。 ワイド化されたフェンダーに収まるのは、ボルクレーシングTE37&ミシュランパイロットスーパースポーツだ。 サイズは18インチで、フロント9. 5Jに245幅、リヤ10. 5Jに275幅を装着する。 なお、キャリパーはブレンボ製へグレードアップし、フロントはF50タイプ、リヤがF360タイプとなっている。 ロールケージはクロモリ&ジュラルミンの11点式を装着し、剛性&乗員保護性能を確保。 トランクにはエンジンルームより移設した軽量ドライバッテリーが搭載されている。 ここまでアグレッシブなスタイリングながら、完全車検対応車という一面を併せ持っているのもこのチューンドの特徴。 なお、車高に関しては90mmを確保していないが、法改正前に公認取得済みだ。 現役引退後は、気分転換用のドライブ仕様になっているそうだが「ずっと無茶させてきたので、もうボディはガタガタです。 でも、コイツで出かけたりすると、やっぱり良いクルマだなって思いますね」。 溝田代表とZ32のチューニングカーライフは、まだまだ続いていきそうだ。

次の