マスター リーグ。 【ポケモンGO】トレーナーバトルの鬼がオススメする「マスターリーグ用に育てたいポケモン」第3弾

【ポケモンGO】マスターリーグおすすめポケモン!活躍度ランキング別に紹介|ポケらく

マスター リーグ

どさいどん 攻撃・耐久力がトップレベルの高さ 「ディアルガ」は攻撃だけでなく防御面も含めて ステータス(種族値)が非常に高いです。 特に優秀なのはタイプ耐性で、「ドラゴン/はがね」という 現状のポケモンGOでは「ディアルガ」しか存在しない非常に優秀なタイプを持っています。 これにより、「ドラゴン」タイプを弱点としないため 同じ「ドラゴン」タイプのポケモンに対しても非常に有利にバトルすることができます。 「りゅうのいぶき」が強力 基本的な攻めはノーマルアタックの 「りゅうのいぶき」です。 高威力なため連打するだけで相手のHPを削ることができます。 ただし、「ドラゴン」タイプに2重耐性のある「フェアリー」ポケモンにはダメージが通らないため要注意です。 スペシャルアタックは発動が速い「アイアンヘッド」に加えて、「りゅうのいぶき」でダメージが与えにくいメルメタルなどの「はがね」タイプに 等倍でダメージが入る「かみなり」がおすすめです。 対策必須のポケモン マスターリーグで「ディアルガ」は非常に強力なポケモンでよく選出されるため、 対策必須です。 強力な「りゅうのいぶき」のダメージを抑えるため、ドラゴンタイプに2重耐性のある「フェアリー」タイプ、または耐性のある「はがね」タイプポケモンがおすすめです。 「フェアリー」タイプからは 「トゲキッス」、「はがね」タイプからは攻撃面でも有利となる「メルメタル/ヒードラン」が活躍します。 また有利とまでは言えませんが、 以下ポケモンで弱点を突く「じめん/かくとう」タイプの技を使い上手く立ち回る・シールドを使うことで互角以上のバトルができます。 さざんどら ー ー 幅広いポケモンに通る攻撃 「ギラティナ・オリジン」の 主力となる「ゴースト」タイプの攻撃は、「あく/ノーマル」タイプ以外の 幅広いポケモンに等倍以上のダメージが入ります。 覚える技構成 「シャドークロー・シャドーボール」が威力速さともに優秀な点も魅力的です。 タイプ耐性優秀 ギラティナは「かくとう/ノーマル」タイプ技に2重耐性があるため、カビゴン・カイリキーを始め、マスターリーグでよく選出されるポケモン カビゴン・カイリキーに強いです。 また「でんき・ほのお・みず」タイプにも耐性があるため 、メルメタル・ヒードラン・カイオーガにも強く出ることができます。 ただし、「ドラゴン」タイプが弱点となる 「ドラゴン・フェアリー」タイプには弱くなるため要注意です。 がぶりあす ー ー 覚える技が優秀 「メルメタル」の 主力となる技構成「でんきショック/いわなだれ」は 非常にゲージ増加が速くスペシャルアタックを短い間隔で撃つことができます。 また 「いわなだれ」は広い範囲のポケモンにタイプ等倍以上のダメージが入り、「ばかぢから」はマスターリーグでよく選出される「はがね」タイプやカビゴンに効果抜群です。 ディアルガ・トゲキッス対策 「メルメタル」は マスターリーグで脅威となる「ディアルガ」とその最適対策ポケモンの「トゲキッス」 どちらにも有利にバトルができます。 環境トップのポケモンに対応できる技・耐久力・耐性持ちが大きな魅力です。 「ばかぢから」の使うタイミングに注意 「メルメタル」は 「ばかぢから」を覚えさせて使うことで、「はがね」タイプ同士のバトルになったときにはこちらが有利な状況となります。 8倍)。 続けて撃つことでどんどん下がっていきます。 できるだけシールドで防御されないタイミングを狙って撃ちましょう。 また一度交代すれば下がった能力は戻ります。 この辺りの駆け引き・読み合いもPvPの面白さの一つですね。 かいりゅー 弱点が少ない耐久型 「カビゴン」は 弱点タイプが「かくとう」のみです。 またHP種族値が非常に高く ステータス耐久も マスターリーグトップクラスの高さです。 バトルで非常に有利なポケモンは少なめですが不利なポケモンも少なく、幅広いポケモンと互角のバトルができるところが大きな魅力です。 様子見目的の最初の1体として、または 最初に出した1体が不利対面だったときの交代要員としてもおすすめです。 攻撃範囲が広い 「カビゴン」はスペシャルアタックの種類が非常に多いところが魅力的でもあり何を選択するか悩みどころでもあります。 高回転&高威力の 「のしかかり」は必須として、開放技に 「じしん」を覚えることでディアルガ・ヒードランなど「はがね」タイプに有効打を持つことができます。 高耐久&環境に有効な攻撃により 非常に幅広く活躍することができます。 どさいどん ドラゴンタイプポケモンに有効 「トゲキッス」は 「フェアリー」タイプで最も高いステータスを持つポケモンとして、マスターリーグでよく選出される 「ドラゴン」タイプポケモン対策になります。 「ドラゴン」タイプ技に2重耐性を持つためダメージを抑えながら、攻撃では強力なノーマルアタック「あまえる」が効果抜群です。 「はがね」タイプポケモンに注意 「トゲキッス」はマスターリーグでよく選出される 「メルメタル」などの 「はがね」タイプポケモンの攻撃を弱点としていることに注意です。 「トゲキッス」を加えるパーティ構成では「はがね」タイプに強いポケモンを入れておくことがおすすめです。 また弱点となる強力な「いわ」タイプ技「うちおとす/がんせきほう」を覚えた「ドサイドン」にも要注意です。 かびごん かくとう技を弱点としない耐性持ち メタグロスは 「エスパー」タイプを持つため、「はがね」タイプが一般的に弱点となる 「かくとう」を弱点としません。 「はがね」タイプの特性を活かしながらカイリキーなどとも互角のバトルができます。 ただし「ゴースト」技が弱点となってしまうため、 マスターリーグで良く選出される「ギラティナ」や「したでなめる」を持つ「カビゴン」とは不利対面になります。 「じしん」を覚えさせて幅広いポケモンに攻撃 攻撃面では 「コメットパンチ」を主力にしつつ、 ディアルガやメルメタルには「じしん」で応戦できます。 「メタグロス」を上手く活躍させることができるかどうかは、この「じしん」の活用がカギとなります。 らんどろす けしん ー クロスチョップが優秀 マスターリーグで活躍する 「かくとう」タイプポケモンでは、 「カイリキー」がおすすめです。 ノーマルアタックの「カウンター」が高威力なことに加えて、 スペシャルアタックの 「クロスチョップ」が非常に速く撃つことができて威力もあります。 この「クロスチョップ」を覚える点が、種族値が劣るローブシンよりも活躍できるポイントです。 はがねタイプに有効 「かくとう」タイプの技は メルメタルやヒードランなどマスターリーグでよく選出される 「はがね」タイプの弱点を突くことができます。 環境トップの「ディアルガ」も有利とまではいきませんが、互角のバトルができるところは非常に魅力的です。 さらにまともに戦うと不利ですが、 「いわなだれ」を覚えることで「トゲキッス」の弱点を突くこともできるなど対応できるポケモンの幅広さも持っています。 かいおーが 高威力のノーマルアタック 「ドサイドン」の覚える ノーマルアタック「どろかけ」と「うちおとす」は どちらも非常に高威力です。 メルメタルやヒードランなどの 「はがね」タイプポケモンには「どろかけ」を、トゲキッスなどの 「ひこう」タイプに「うちおとす」を使うことで有利にバトルを進めることができます。 「どろかけ」のほうが対応できるポケモンは多めですが、 どちらを覚えさせるかはパーティに入れる他のポケモンともバランスをとって決めるのがおすすめです。 「がんせきほう」が超強い コミュニティ・デイで覚えた特別限定技 「がんせきほう」が非常に強力です。 弱点を突くことができなくても相手にとっては大ダメージとなります。 スペシャルアタックの主力としてガンガン撃っていきましょう。 ただし、「どろかけ」や「うちおとす」で弱点を突くことができず相手も高威力技持ちの 「ギラティナ・オリジン」「カイリキー」「カイオーガ」などには不利なバトルとなるため要注意です。

次の

【ポケモンGO】マスターリーグおすすめ最強パーティの技構成や使い方

マスター リーグ

ディアルガ,ギラティナ アナザー ,ラグラージ,カビゴン,トゲキッス,メタグロス ディアルガ ギラティナ アナザー ラグラージ ドラゴン はがね ゴースト ドラゴン みず じめん SCP:3687 SCP:3709 SCP:2924 カビゴン トゲキッス メタグロス ノーマル フェアリー ひこう はがね エスパー SCP:3449 SCP:3243 SCP:3549 総評 タイプ・技範囲が優秀な ギラティナと ディアルガを中心に組んだパーティ。 取り巻きは ディアルガをはじめとする鋼タイプの対策として ラグラージ、マスター環境の強力な ドラゴンタイプへの抑止力となる トゲキッスを採用。 さらに相手の フェアリータイプ対策に メタグロス、技範囲が広く型が豊富で 相手のギラティナを牽制できる カビゴンを採用した。 オプション パーティに格闘打点が欲しい場合はメタグロスを メルメタルに変更できる。 ディアルガ,ミュウツー,カイリキー,ギャラドス,カビゴン,メルメタル ディアルガ ミュウツー カイリキー ドラゴン はがね エスパー かくとう SCP:3687 SCP:3651 SCP:2819 ギャラドス カビゴン メルメタル みず ひこう ノーマル はがね SCP:3212 SCP:3449 SCP:3585 総評 技範囲が優秀で相性補完の良い ディアルガと ミュウツーを中心に組んだパーティ(ディアルガが弱い格闘タイプにミュウツーが強く、ミュウツーが弱いバンギラス・ギラティナにディアルガが強い)。 続いて相手の ディアルガ・カビゴン・メルメタルへのケアとして カイリキーを採用。 さらに、ここまでで一貫している メタグロス・ラグラージへのケアとして ギャラドス、 フェアリー・飛行タイプへのケアとして メルメタルを採用。 最後に 技範囲が優秀でゴーストタイプから一貫を切ることができる カビゴンを採用した。 オプション 相手の カイリキー+ギラティナの並びを意識するのであればカビゴンを トゲキッスに変える選択肢もある。 しかし苦手な相手に対しての有効打を持たせたり(悪タイプ対策のきあいだま、ゴーストタイプ対策のシャドーボール)特定の並びを対策する技構成(ミュウツー・ギャラドスの並びに対してシャドーボール・10万ボルトなど)にすることもできるので状況によって使い分けたい。 ただし サイコブレイクとシャドーボールは両方ともレガシー技で両立できない点には注意したい。

次の

【ウイイレ2020】マスターリーグを完全攻略!進化した部分も徹底解説

マスター リーグ

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! そろそろマスターリーグにも慣れてきたかな? お兄さんはこれまでレイド用にポケモンを育ててきたから、マスターリーグは思ったよりメンツが揃ってて助かってるよ。 まあ、解放用のアメ100個がなくて泣くこともあるんだけどね! それはさておき、みんなご自慢のポケモンを駆使してマスターリーグを楽しんでいることかと思うが、今回は「 マスターリーグ用に育てたいポケモン」の第3弾をお届けする。 ここ数日マスターリーグをプレイしてみた結果、当初から予言していた「ディアルガ様の世界」はどうやら的中してしまったようだ。 まさに、 世界の中心でディアルガが叫ぶ、である。 現在、トレーナーたちの腕の見せどころは「ディアルガ対策」と「ディアルガ対策ポケモン対策」となっているワケだが、その状況で輝くポケモンはまだまだ存在する。 もしかしたらあなたのボックスにも、今すぐ使えるポケモンがいる……かもしれない。 サイホーンのコミュニティ・デイは「 目標1000匹」を掲げていたAさんだが「3時間で1500匹を捕まえる達人もいますよ」と言うから驚きだ。 いや、目標1000匹も十分おかしいけれども! それはどうでもいいとして「マスターリーグはほとんどやったことがない」と語っていた鬼だが、ステータスやタイプ、相性を総合的に考慮した結果「 ディアルガが中心にいるマスターリーグ」をズバリ的中させていた。 その鬼がオススメするポケモンとは……。 ・ドサイドン 「ドサイドンは伝説のポケモンにヒケを取らないほどステータスが優秀です。 中でもみずとくさは2重弱点になっています。 とはいえ、マスターリーグはくさタイプのポケモンが極端に少なく、みずタイプで活躍が見込まれるポケモンも ラグラージとカイオーガくらいしか思い当たりません。 弱点をシールドで補えれば、かなりの戦力になるのではないでしょうか。 どろかけだけで全てのはがねタイプを倒せます。 しかもマスターリーグに多いはがねタイプに耐性があるので、 ディアルガ以外のはがねタイプには勝ててしまうんですね。 耐久性はそこまで高くないので、 回転の早さで勝負したいところです。 ただし、ディアルガとタッグを組ませると じめんわざが共通の弱点になってしまうので注意してください」 ・ミュウツー 「攻撃力に関しては群を抜いているミュウツーですが、ステータス的には やや打たれ弱い感は否めません。 ミュウツーに関していえば、きっちりシールドを使いつつ、回転の早さを活かしてスペシャルアタックを連発するのが正しいと思います。 ミュウツーの素晴らしいところは、圧倒的火力と回転の早さ、そして スペシャルアタックの豊富さです。 レガシーわざを含めると8種類ものスペシャルアタックがありますから、相手も手の内がわかるまでシールドを消費せざるを得ません。 そういう意味でまだ伸びしろがあるポケモンです」 その他にも「ステータスがトップクラスにいいルギア」「タイプが優秀でじしんが打てるヘラクロス」「ディアルガの弱点をつけるグラードン」あたりもマスターリーグで活躍できるポケモンのようだ。 とにもかくにも、マスターリーグのプレシーズンが終了したら、いよいよGOバトルリーグは本戦に突入する。 それまでにスーパー、ハイパー、マスター用のポケモンをコツコツと育成すべし! すな足りない地獄ですけど!! それではトレーナー諸君の健闘を祈る! 参考リンク: Report: ScreenShot:ポケモンGO (iOS).

次の