ポチ 袋 お札 入れ 方。 お札の三つ折りの仕方って?ポチ袋へ入れる向きは?

お年玉の袋の書き方の注意点や見本例は?お札の入れ方も大切!

ポチ 袋 お札 入れ 方

ご祝儀袋のお金の入れ方。 お札の向きは? ご祝儀袋にお金をいれるときにお札の向きには決まりはないとされています。 とはいえ、いざお金を袋に入れるとなると迷いますよね。 どっちが表でどっちが裏なのか? 上下はどっちなのか? マナーがあればそのとおりに失礼のないようにしたいところです。 そこで一般的なお札の向きについて確認しておきましょう。 お札の表と裏はどっち? お札の表は人物が描かれている方です。 人物が描かれていない方が裏になります。 (表) 上下はどっち? ご祝儀袋に入れる時のお札の上下は上側が顔、下側に金額となります。 (上下) 中袋に入れるお札の向きは? ご祝儀袋の中袋にお札を入れる向きは中袋を表からみたときにお札が下記のように見えるように入れます。 スポンサードリンク ご祝儀袋のお金の入れ方。 お札の順番は? ご祝儀袋に包むお金は割り切れない奇数が良いといわれますが最近ではご祝儀に二万円という場合もあります。 三万円なら一万円札を三枚入れればいいですが、二万円の場合は一万円札だと二枚になってしまい奇数になりません。 そこで一万円札を一枚と五千円札を二枚にして三枚とすることもあります。 でも、そのとき迷うのが お札を重ねる順番です。 一万円札が上?それとも下? このように種類が異なる金額のお札を入れる場合は表側に一番金額の大きいお札を入れるのがいいとされます。 この場合なら中袋を表側から見たときに一番手前が一万円札でその後ろ側に五千円札を二枚いれます。 ご祝儀袋のお金の入れ方。 お札は新札じゃなくていい? ご祝儀袋に入れるお金は一般的に 新札を用意するのがマナーとされています。 新札をいれる理由は? ご祝儀袋にはなぜ新札をいれるのでしょうか? それはこれから新郎新婦二人が迎える新生活を折り目のない新しいお札でお祝いするという意味からです。 また結婚式を心待ちにしてあらかじめ用意していたことを新郎新婦に表すためともいわれています。 結婚式は招待状が届いてから結婚式の当日まで時間があります。 新札を準備してご祝儀を用意する期間としては十分でしょう。 新札が用意できなかった場合は? もしやむを得ない事情などで当日までに新札が用意できなかったという場合はどうすればいいのでしょう。 新札を入れるというのは決まりではなくマナーですので使用済みのお札でも問題はありません。 でもあまりにもクシャクシャなお札っていうのも結婚式のお祝いとしては相応しくないですよね。 せっかくなら新札を入れて渡したいところです。 そんなときは式場やホテルのフロントなどに確認してみましょう。 結婚式の会場となる式場やホテルなどでは新札を用意している場合があります。 必ず準備されているとは限りませんので、あらかじめ事情を説明し電話で確認しておくのがベストです。 関連する記事.

次の

餞別のお金の入れ方。お札の向きは?新札の方がいい?封筒の閉じ方は?

ポチ 袋 お札 入れ 方

fa-arrow-circle-right出典 中袋なしのご祝儀袋へのお金の入れ方 中袋も中包み(包み紙)も付属していなかった場合は、奉書紙や厚手の半紙を用います。 コピー用紙で代用しても構いません。 奉書紙やコピー用紙といった、半紙を使った場合の包み方を紹介します。 画像:左上と左下に三角部分ができる包み方 包む手順は以下のとおりです。 奉書紙やコピー用紙といった半紙を斜めに置きます。 紙幣は表側(肖像画のある方)を上にして縦に置きます• 左側の角を右側の辺に揃えるよう折ります。 その後、上側の角を下に折り下げ、下側の角を上に折り上げます• 紙幣を折らないよう、紙幣の幅より少し広めに右側から折ります• 余った角を裏に折り込みます• 完成(左上と左下に三角部分ができる) 画像:左上だけに三角部分ができる包み方 包む手順は以下のとおりです。 奉書紙やコピー用紙といった半紙を斜めに置きます。 紙幣は表側(肖像画のある方)を上にして縦に置きます• 左側の角を右側の辺から少し離したところまで折ります。 その後、上側の角を下に折り下げ、下側の角を上に折り上げます• 紙幣を折らないよう、紙幣の幅より少し広めに右側から折ります• 余った角を裏に折り込みます• 完成(左上だけに三角部分ができる) 結婚式ご祝儀でのお札の向き お札の向きについては、必ず『お札の表側(肖像画がある方)』と『中袋や中包みの表側』が同じ向きになるよう揃えて入れます。 中袋(封筒タイプ)は、継ぎ目がない方が『表側』です。 お札の肖像画の向きは上?下? お札の肖像画側を先に入れる(肖像画が下)、後に入れる(肖像画が上)については、どちらでも問題ありません。 お札の向きは、中袋・中包みの表側とお札の表側が揃っていることが大切です。 肖像画の向きは、有名マナー講師でも意見が違う... お札の肖像画の向きについては、テレビ出演される有名なマナー講師の方でも意見が異なります。 現代礼法研究所の岩下宣子さんの著書では、「お札の肖像画を上に」と書かれていますが、「清紫会」新・作法学院の近藤珠實さんの著書では、「お札の肖像画を下に」と書かれています。 当サイトでは、受講したマナー講習の内容をもとに「肖像画を上」とした画像を紹介しています。 中袋の『のり付け』は必要? お金を中袋に入れた後、のりで封をする必要はありません。 ただし、入れる金額が多い場合には糊付けすることもあります。 ご祝儀が2万円の場合の入れ方 ご祝儀を2万円とした場合「偶数は割り切れる」との理由から、1万円札1枚と5千円札2枚を包む方法が一般的でした。 最近は『1万円札2枚』でも大丈夫。 1万円札1枚と5千円札2枚の方法だと、1万円札が無かったのかなと、勘違いされる場合もあるようです。 ただし、地域のしきたりや、新郎新婦のご家族で気にされる方がいる可能性もありますので、同じ金額を贈る友人がいる場合は、相談して決めると良いでしょう。 お札を入れる順番は? 金額の違うお札を中袋に入れる場合は、 金額が大きい順に重ねて入れます。 ご祝儀として2万円を包む場合は、1万円札の後に5千円札2枚を重ねて中袋に入れましょう。 中袋の表側が1万円札になるようにします。 ご祝儀袋(上包み)の包み方 お金を中袋や中包みに入れたら、ご祝儀袋(上包み)で包みます。 上包みに入れる際も、中袋・中包みの表側と上包みの表側を揃えて入れます。 上下を間違えない! 祝儀袋(上包み)は、必ず上、下の順で折ります。 画像:横からみた祝儀袋 結婚式などの慶事では『上』『下』の順で折りますが、弔事では『下』『上』と反対に。 結婚式などの慶事は「嬉しくて万歳をする(上を向く)」と覚え、『上』『下』の順で折ります。 「下の折り返しが『上』を向くように折る」ということを間違えないよう気をつけましょう。 市販のご祝儀袋の包み方 たたんであったご祝儀袋をいったん開いたわけですから、ある程度の折り目は残っていますよね。 それにあわせて順番に、マナーを守ってたたんでいきましょう。 ポイント 中袋の表側とご祝儀袋の表側は、同じ方向を向くように包みましょう。 また、祝儀袋を横からみたとき、下からの折り返しが上になるように折りましょう。 画像:表書きが中央にあるご祝儀袋の場合• ご祝儀袋を開いて裏返します• ご祝儀袋の真ん中辺り(元の折り目を参考)に、中袋の裏側を上に向け(住所・名前が書いてある方を上にして)のせる• 左側を真ん中へと折る• 右側を真ん中へと折る• 上側を真ん中へと折る• 下側を真ん中へと折って完成 画像:表書きが左側にあるご祝儀袋の場合• ご祝儀袋を開いて裏返します• ご祝儀袋の真ん中辺り(元の折り目を参考)に、中袋の表側を上に向け(金額が書いてある方を上にして)のせる• 左側を真ん中へと折る• 右側を真ん中へと折る(表書きが手前にきます)• 裏返して上側を真ん中へと折る• 下側を真ん中へと折って完成 動画:ご祝儀袋(上包み)の包み方 ご祝儀袋の包み方については、以下の動画が参考になります。

次の

お札の三つ折りの仕方って?ポチ袋へ入れる向きは?

ポチ 袋 お札 入れ 方

スポンサーリンク お年玉のポチ袋のお金の入れ方にもマナーがあるの? 自分のお子さんにあげるお年玉ならば、 大して気も遣わないのですが、 義理の兄弟の子供たちや、 親戚のお子さんとなれば話は別です。 「新札」まではいかなくても、折り目やしわが入って いない「ピン札」を準備しておきましょう。 ちなみに、新札とは「まだ誰も使用していない まっさらのお札」のことで、 「ピン札」は人の手に移ってはいるけれど、 しわや折り目のない綺麗なお札の事です。 結婚式のお祝いと同じで、綺麗な新札を渡すことにより、 「しっかりと事前に準備していましたよ~」という気持ちを 伝えることが出来るからです。 ボロボロの使い古したお札を入れるようでは、 「直前に慌てて用意したんだな~」という印象を 与えてしまいますので、気を付けましょう。 小さいサイズのポチ袋にお年玉を入れる場合の 折り方は 【三つ折り】です。 【四つ折り】は「4」という数字が縁起の悪いことを 連想させる数字として嫌われやすいですので、 お年玉やお年賀として渡すのに不向きですので、 避けるようにしましょう。 では、3つ折りのやり方です。 最初は、 左側から折っていきます。 画像の位置にある「まがたま」?のような模様があります。 画像の位置の「まがたま」にして下さいね。 ずれないように、丁寧にやりましょう。 1枚ずつを折ってから、その後で重ねても、 どうしても1枚ずつの微妙な誤差が出るので、 重ねた時にうまく重ならない場合があります。 ですので、 重ねた状態で3つ折りするようにしましょう。 そして、 重ねたままポチ袋に入れます。 もし、金額の違うお札を入れる場合は注意が必要です。 1000円札が一番小さくて、その次が5000円札、 一番大きいのが10000円札です。 例えばの例として、8000円を入れたい場合には、 1000円同士を3枚重ねて三つ折りします。 それから、5000円札を1枚で三つ折りにします。

次の