ウーバーイーツ バイト 世田谷区。 ウーバーイーツで東京で配達する時のポイント【基本情報と休憩場所】

Uber Eats配達員が稼げない理由3選!効率よく稼ぐ方法まとめ│副業ノート

ウーバーイーツ バイト 世田谷区

Uber Eats(ウーバーイーツ)が配達バイトを大募集しています! Uber Eatsは、レストランの料理を配達するサービスです。 この料理デリバリーサービスを全国に展開するにあたり、料理を配達する配達バイトを大量に募集しています。 例えば、東京のUber Eats配達バイトの募集は、渋谷、新宿、池袋、吉祥寺、秋葉原、横浜、川崎、大宮、千葉、北千住、柏、表参道、八王子、品川、船橋、立川、恵比寿、六本木、相模原、町田といったエリアで募集しています。 東京以外では、最近、大阪、神戸、京都、福岡でもサービスをスタートしました。 出来高制というのはどういうことかというと、1時間いくらで働くようなバイトでよくある「お店と従業員」の雇用関係ではなく、Uber Eatsと業務委託契約を結び料理を配達した実績に応じた報酬が支払われます。 「出来高だとあまり稼げそうにないかも・・・」と思うかも知れませんが、配達バイトを募集する公告の要項には以前、• 1時間で2,000円も可能• 月30万円以上も可能!• 週払いOK! というような魅力的な言葉が並んでいるのを見ました。 ちょこっとお小遣い稼ぎをしたい人でも、集中して配達をこなせば1時間に最大で2,000円くらい稼げる可能性があるということなのでしょう。 そして、がっつり稼ぎたい人なら、フルでUber Eats(ウーバーイーツ)配達をやりきって、月30万円をゲットすることも夢ではなさそうです。 まぁ、注意したいのは、この条件は最大に稼げた場合の話だと思われることです。 Uber Eatsのバイトはこちら Uber Eats(ウーバーイーツ)と他のデリバリーバイトとの違い 一般的なデリバリー配達の仕事は、バイトサイトでお目当ての店舗に応募して、面接、採用、勤務開始という流れになります。 勤務を開始したら、ある程度シフトや勤務時間が決められ出勤することになります。 今日はちょっと別の予定を入れたいな~と思っても、シフトが入っていたら簡単には休むことはできません。 今日は疲れてるから1時間だけで配達するとか、今日は天気も良くて気持ちいいから7時間ガッツリ働くぞ!なんてことは普通のデリバリーバイトではできません。 しかし、業務委託で仕事をするUber Eatsなら出来ちゃうんです。 バイトのような縛られながら働く従業員ではなく業務委託なので、自分の裁量で勤務スタイルをコントロールできとても働きやすいです! Uber Eats(ウーバーイーツ)は専用スマホアプリで、仕事をするしないをON・OFFにするだけなので、いつでも好きなときに、好きな時間だけ働けます。 Uber Eatsバイトに年齢制限はある? 残念ながらあります。 年齢は18歳以上の人が対象です。 18歳以上と聞くと、高校生はUber Eats大丈夫なのか?疑問に思いますが、高校生でも18歳以上ならUber Eats登録はOKです。 配達バイトの登録時に、パスポートや免許証、住民基本台帳、マイナンバーカードなどの身分証が必要になります。 18歳以上ならOKなので、中高年はもちろんですが、高齢者の方でもOKですね。 誰でも参入できるのがUber Eatsの良いところです。 はじめるのも自由ですし、1回1回の配達をきちんとまじめに行なっていれば辞めるのも自由です。 時間のやりくり・工夫次第で副業収入を得られる可能性は無限大に広がりますね。 主婦が日中の時間を有効に使う副業感覚!ダイエットにもなる• 会社員方が土日や夜の時間でお小遣い• 子連れの方も時間の工夫次第でできる• 定年退職後ならフル参戦可能!体力維持にもってこい Uber Eatsのバイトで生活できるのか? 報酬のところでも触れましたが、お仕事内容の説明に「月30万円可能」という記載がありました。 仮に自分の所有する50cc原付バイクを使い、1日配達8時間、月~金曜日の週5日間で月に20日間配達バイトとして配達をすると、1時間2,000円稼げたとして単純計算でざっと月32万円の稼ぎになります。 計算上は Uber Eatsのバイト募集内容に書いてあった月30くらいは達成可能であることがわかります。 そう簡単に上記のような計算通りには行かないかもしれませんが、32万円は難しくても6・7割の20万円くらいなら、なんとか行けそうな気がします。 もしUber Eats 1本で生活していこうとするなら、稼ぎを増やすためのあらゆる工夫をする必要がありますね。 Uber Eatsは配達回数が売上に直結しますので、配達回数をどれだけ増やせるかがポイントです。 配達経験を積みコツをつかみながら、配達依頼の多い人気店が多いエリアを割り出したり、配達バイトが少なくなるちょっときつい雨の日もがんばったりなど、回数を多くこなすなどの努力が必要ですね。 やっていればコツは必ずつかめるのであせらず行きましょう。 Uber Eatsの配達バイトに必要なものは? まずは、当然ですが自転車や原付バイクなどが必要ですね。 その他には、Uber Eatsの配達専用アプリが必需品なので、iPhoneやアンドロイドなどのスマホですね。 他にはだいたい以下のようなものが、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達バイトの仕事には必要です。 スマホの充電バッテリー、ケーブル• 雨の日用の雨合羽• 事故に備えヘルメット• 自分の自転車なら万一に備え自転車保険• 移動中の飲み物• 夏は日焼け止やサングラス、汗をかくので着替え• スマホ自転車固定用ホルダーか、アームホルダー• 季節に合わせた服装 Uber Eatsは自転車や原付バイクを持ってなくてもOK! 「自転車もバイクも持っていないからUber Eatsの仕事は無理・・・」と思うかもしれませんが、その心配はいりません。 Uber Eats(ウーバーイーツ)では提携の自転車・バイクレンタルの会社があり、そこから比較的安くレンタルすることができます。 例えば、東京で自転車のレンタルをする場合、以下の業者さんからレンタルできます。 ドコモ・バイクシェア 月額4,000円• ヤマハ YPJ 月額5,400円• COGICOGI リース 月額4,000円• 帝都産業 月額10,000円 レンタル料金もお手頃なので、わざわざ自転車を購入しなくても済みます。 電動アシスト自転車もあるので、坂が多いエリアでの移動が楽になりますね。 自宅に駐輪場がないなら、都内350カ所に自転車置き場(ポート)がある、シェア自転車のドコモ・バイクシェアがおすすめです。 2019年のUber Eatsバイトの配達エリアはどこ? Uber Eatsの料理配達エリアは2018年12月の時点で、以下のエリアでUber Eatsの配達可能エリアになっています。 都府県 区域 東京都 渋谷区・港区・千代田区・新宿区・中央区・品川区・世田谷区など23区全域 神奈川県 横浜市中区・西区・南区・港北区・保土ケ谷区など一部エリア、川崎市の一部エリア 埼玉県 さいたま市大宮区・浦和区など一部エリア 千葉県 市川市・船橋市など一部エリア 愛知県 名古屋市中区・中村区など一部エリア 大阪府 大阪市のほぼ全域 京都府 京都市上京区・中京区・下京区・東山区など一部エリア 兵庫県 神戸市兵庫区・灘区・長田区など一部エリア 福岡県 福岡市博多区・中央区など一部エリア サービス開始当初は東京都の23区やターミナル駅エリア、神奈川県の横浜や川崎などの一部エリアに限定されていましたが、6大都市をカバーするまでに拡大しましたね。 配達バイト募集の需要はこれからもどんどん増えていきますね。 将来Uber Eatsが進出する可能性が高いエリア 今後Uber Eatsがサービスを開始する可能性があるエリアをまとめました。 現在の拡大ペースでこのまま順調に行けば、札幌や仙台や広島などが早々に配達可能エリアに加わりそうな勢いです。 今はまだUber Eatsは進出していないエリアでも、注目度はとても高いです。 自分の住んでいる地域にUber Eatsが来たらすぐにでも参入したいと思っているなら、Uber Eatsで稼いでいる人の口コミや評判、実際のUber Eats体験談・感想をチェックして虎視眈々と準備していきましょう。 Uber Eats進出の可能性がとても高いエリア 以下の大都市(政令指定都市)にUber Eatsが進出する可能性はとても高いです。 札幌市• 仙台市• 相模原市• 新潟市• 静岡市• 浜松市• 岡山市• 広島市• 北九州市• 熊本市 Uber Eats進出の可能性が高いエリア 以下の都市(人口30万人以上の 中核都市)も、顔ぶれを見るといつUber Eatsが来てもおかしくないですね。 旭川市• 函館市• 青森市• 盛岡市• 秋田市• 郡山市• いわき市• 宇都宮市• 前橋市• 高崎市• 川越市• 船橋市• 横須賀市• 富山市• 金沢市• 長野市• 岐阜市• 豊田市• 豊橋市• 岡崎市• 大津市• 豊中市• 高槻市• 東大阪市• 姫路市• 西宮市• 尼崎市• 奈良市• 和歌山市• 倉敷市• 福山市• 下関市• 高松市• 松山市• 高知市• 久留米市• 長崎市• 大分市• 宮崎市• 鹿児島市• 那覇市 Uber Eats進出の可能性があるエリア 人口20万人以上の都市(特例市)は、将来的にはこの中からUber Eatsが進出するエリアがちらほら出てくるかどうかといったところでしょうか。 八戸市• 山形市• 水戸市• つくば市• 伊勢崎市• 太田市• 川口市• 所沢市• 越谷市• 草加市• 春日部市• 熊谷市• 小田原市• 大和市• 平塚市• 厚木市• 茅ヶ崎市• 長岡市• 上越市• 福井市• 甲府市• 松本市• 沼津市• 富士市• 春日井市• 一宮市• 四日市市• 吹田市• 枚方市• 茨木市• 八尾市• 寝屋川市• 岸和田市• 明石市• 加古川市• 宝塚市• 鳥取市• 松江市• 佐世保市 おすすめの楽なバイト! Uber Eatsは配達というアクティブな仕事ですが、逆にあまりカラダを動かさないスタイルの簡単バイトをするのもあり! 定番、人気がある楽バイトおすすめ集として• などがあります。 自分に合うバイトかどうかちょっと確認してみてくださいね!•

次の

UberEats(ウーバーイーツ)配達エリア一覧【2020年最新】

ウーバーイーツ バイト 世田谷区

自分の好きなときに働ける ウーバーイーツの配達パートナーの仕事の最大の特徴は、 いつ働き始めていつ休むかが完全に自由なことです。 ウーバーイーツの配達パートナーとして登録すると、配達パートナー用スマホアプリがインストールできます。 この アプリをオンにすれば仕事開始です。 「30分時間が空いたからちょっと配達しようかな」「今日暇だからちょっと働いてみるか」と思ったら、アプリをオンにすればOK。 「ちょっと休憩したいな」「今日はもうこれでお仕事終わり!」と思ったら、アプリをオフにすればOK。 一切ノルマはなく、 気が向いたら働けば良いんです。 自分の都合でOK! アルバイトのようなシフト・勤務時間はない このように、アプリ上で「仕事するかしないか」を選べるので、ウーバーイーツの仕事には アルバイトのシフトのようなものは存在しません。 普通のアルバイトって、「週に3日は入ってね」なんてシフトを決められたりしますよね。 逆に、「今週はたくさん働いて稼ぎたい!」と思っても、なかなかシフトに入れなかったりします。 ウーバーイーツであればそんな心配はありません。 バイトとは違って、働きたい時に働けますし、休みたいときには休めます。 完全に自分の都合で、自由です。 個人経営のお店でなく、スタバ・マクドナルド・吉野家などチェーン店も増えたので、ウーバーイーツはますます盛り上がっています。 もちろんガッツリ働いて稼ぐことも! 空いた時間にちょこっと働く人もいますが、もちろん がっつり丸一日働いてもOKです。 ウーバーイーツのみで生計を立てている人もたくさんいます。 どんな仕事内容なの?ウーバーイーツの仕組み ウーバーイーツ配達パートナーの仕事とは、ざっくり言うと 出前の配達です。 飲食店から料理を受け取って、注文した方のもとに届けるだけです。 ですが めちゃめちゃ自由なのが今までのバイトと異なるところ。 実際にどうやって働くのかというと、こんな感じです。 配達用アプリをオンにすると• お店から配達依頼が来ますので(アプリにお知らせが入る)• そのお店まで行き、• 料理を受け取ったら• お届けに行き• 料理を渡して終了! 配達パートナーアプリをオンラインにする ウーバーイーツ配達パートナーとして登録すると、 ウーバーイーツ配達パートナー専用アプリをスマホにインストールできます。 また、 配達パートナー専用バッグも支給されます。 届けてくれてありがと〜! 無事に配達が終わったら、「完了する」をスワイプして、完了です! これで報酬が支払われます。 以上がウーバーイーツ配達パートナーの仕事の流れです。 これを繰り返すだけでお金が入ります。 収入は週払いなので、稼いだお金は 翌週に振込まれます。 とても便利ですね。 ウーバーイーツの時給・給料はいくら? 実はウーバーイーツの仕事は時給制ではなく、配達すればするほど稼げる 歩合制のような形になっています。 報酬には詳しい計算式があるのですが、ざっくり言うと1回の配達で500円〜800円くらいがもらえます。 これ以上の時も、これ以下の時もあります。 1時間に2件配達すれば、ざっくり1時間1,000〜1,600円のイメージですね。 報酬が増える「ブースト」や「インセンティブ」などの追加報酬があり、ちょっとゲームのような要素もあって面白いです。 1日で2万円以上稼ぐ人もけっこういます。 詳しい報酬はこちらをご覧ください! ウーバーイーツ配達パートナーのデメリット・良くないところ 自由な働き方ができるウーバーイーツ配達の仕事ですが、デメリットも紹介します。 長距離の配達は大変 ウーバーイーツの配達では、たまに長距離の配達先を指定されることがあります。 遠いときは3kmとか4km先にある配達先まで向かわなければなりません。 もちろん、 配達先が遠いとその分報酬も上がるので問題ないのですが、人力の自転車で配達すると体力を使います。 電動自転車か原付バイクであれば問題ないと思います! 配達依頼が来ないと困る ウーバーイーツの報酬は歩合制なので、配達依頼が来ないと稼げません。 場所によっては、注文のピーク時(ランチタイムと夕食時)以外の時間にはあまり注文が入らない場合もあります。 ピーク時に仕事をしたり、繁盛している地域に行くなど工夫をすると更に稼げます。 悪天候のときの配達も大変 配達をしていると、たまに天候が悪くなったりします。 雨や雪の時などの配達は大変ですね。。。 もちろん、 悪天候の時は配達しなくてもOKです。 が、そんな辛い状況の中に配達するとめちゃくちゃメリットがあります。 こういう悪天候の時は、ウーバーイーツ自体の注文が増える(みんな家から出たくないので出前を頼む)のと、配達パートナーの数が減る(みんな悪天候の中配達したくない)ため、 配達依頼がバンバン来てインセンティブ(追加の報酬、ボーナスのようなもの)もつくためガンガン稼げます。 ドリンクやスープなど液体の配達は注意 ときにはドリンク、スープなど液体の配達を行うことがあります。 が、液体の配達には注意が必要です。 液体がこぼれないように、お店が丁寧にサランラップ等でぐるぐる巻きにしたりしてくれていますが、配達中にあまりに傾けたり揺らしたりすると液体が こぼれてしまいます。 多少こぼしたからといって特に収入が減ったりなどペナルティはないのですが、注文した方に迷惑がかかってしまうので注意しましょうね。 交通トラブルのリスクがある ウーバーイーツの仕事は自転車や原付バイクで路上を走るので、交通トラブルのリスクがあります。 例えば交通違反。 スピードの出しすぎや駐禁など、切符を切られるような行為は控えましょう。 また、交通事故リスクもあります。 安全運転でいきましょう! 現在、ウーバーイーツでは配達中は 自動で保険が適用されるようになっていますが、特に原付バイク配達の方は、自分でも保険に入っておくのがベストです。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)川崎の配達エリアや時給は?情報まとめ|デリバリー配達ナビ

ウーバーイーツ バイト 世田谷区

・配達員バイトって高時給なの? ・今はどんなデリバリーサービスが稼げるの? ・Uber Eats(ウーバーイーツ)がおすすめって聞いたんだけど。 ・それぞれの特徴を比較して知りたい… もしかすると、この記事を見つけたあなたは、今オススメのフードデリバリーサービスUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが、配達員バイトに比べてどのような違いがあるのか気になっているのではないでしょうか? 確かに、デリバリーサービスを展開している業者は多く、今人気の高まっているUber Eats(ウーバーイーツ)がどれくらい有利に働けるのか気になってしまいます。 この記事では、 今人気の配達員バイトを5選をメリット・デメリット・Uber Eats(ウーバーイーツ)に比べてどんな違いがあるのか徹底比較しました。 Uber Eats(ウーバーイーツ)は通常のバイトとココが違う! 1. Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは自由に働ける最先端の仕事 Uber Eats ウーバーイーツ は2019年7月現在、世界100都市以上で利用可能な今最も人気の高いフードデリバリーサービスです。 日本でも約4500以上ものレストランが登録しており、チェーン店だけでなく地元で人気のお店も活用していることから普及状況の広さも伺えます。 また、Uber Eats ウーバーイーツ では一般の方でも誰でも配達パートナーとして稼げることから、副業サービスとしても人気となっています。 2019年7月現在では、上記15都市で利用可能となっています。 Uber Eats ウーバーイーツ ではでは配達員のことを「配達パートナー」と呼び、 一般の方でも自転車や原付バイク 125cc以下 を使って誰でも配達の副業行うことができます。 メリット 1. Uber Eats ウーバーイーツ には他の配達員バイトに比べ、上記6点のメリットがあります。 まず、Uber Eats ウーバーイーツ で最も大きなメリットとなる部分が、 シフトやノルマが無く休日や隙間時間など9:00〜24:00までの時間であれば、働きたい時に自由に働ける点でしょう。 働きたい時はアプリをオン、休みたい時にはアプリをオフにするだけで、いつでも簡単に働けます。 さらに、 配達パートナーの仕事には服装や髪型の指定が一切ありません。 そのため、制服や髪型に縛られることなくどんなファッションでも働くことができます。 Uber Eats ウーバーイーツ の配達パートナーは仕事柄、一人で配達を行うため、 バイトや職場の人間関係で起こりがちなイジメ、パワハラ、セクハラなど面倒な人間関係に悩まされる必要がありません。 最後に、Uber Eats ウーバーイーツ の配達パートナーの仕事は、自分の力量次第でゲーム感覚で働ける点もメリットといえるでしょう。 通常のバイトのように、 時給に縛られないため効率よく働くことができれば、高時給も夢ではありません。 そのため、非常にやりがいやモチベーションも持続できる働き方と言えるでしょう。 女性配達パートナーも街中でよくみます。 ということは、女性でも働けるレベルなので、派遣労働で現場に回されるよりかは楽だと言えるでしょう。 デメリット 1. 一方で、Uber Eats ウーバーイーツ のデメリットとなる部分が上記4点あります。 まず、Uber Eats ウーバーイーツ では、 自転車や原付を持っていない方は初期費用がかかってしまいます。 配達パートナーの仕事上、自転車や原付での移動が必要になるため、配達中に事故に遭遇するリスクもあります。 そのためUber Eats ウーバーイーツ では自転車保険がありますが、料理の配達中のみ対人・対物賠償保険の適用となっているため 「配達中以外の時間」については保険適用外となるため注意が必要になります。 特に自転車で配達を行う方は、 事故のリスクに備えヘルメットの着用をすることが好ましいでしょう。 また、Uber Eats ウーバーイーツ での配達パートナーの仕事は、依頼が来ないと稼ぐことはできないので、Uber Eats ウーバーイーツ の認知度が低いエリアや需要が少ない時間帯によっては、稼ぎが少なくなってしまう場合もあります。 さらに、Uber Eats ウーバーイーツ では報酬が全て歩合制となるため、仕事の効率が悪ければ報酬が最低賃金以下となってしまう可能性もあります。 報酬に関しては、配達一件あたり大体600〜700円なので、少なくとも1時間に2件以上の配達を行うことが好ましいとされています。 しかし、 効率よく配達ができれば時給換算で1500円以上稼げる見込みもあるので、コツを掴めば時給に縛られないメリットも感じられるでしょう。 メリット 1. シフトが自己申告制となっている 2. 時給があるため収入が保証されている 3. 短時間でも働ける 4. 日払いが可能 出前館の配達員バイトのメリットは上記3点があります。 出前館での配達員バイトは通常のシフトと違い、 自己申告制となっているため自分の時間に合わせて働くことができます。 しかし、働き方としては時給換算となるので大体1200円~1400円のレンジで稼ぐことができます。 どれだけ沢山働いても歩合制では無いので報酬は増えませんが、時給なので最低収入が保証されている面はメリットとも言えるでしょう。 また、 出前館では週一回の勤務や、1日3時間の短時間でも働くことができるため、隙間時間や副業としても働きやすいでしょう。 さらに、 出前館では給料が日払いで受け取ることもできます。 そのため、お金を使いすぎた時や急遽お金が必要になった時など、稼いだ報酬をその日にすぐに受け取れることはメリットと言えるでしょう。 出前館の配達員バイトのデメリット デメリット 1. シフト制なので勤務時間に拘束される 2. 注文者と現金での支払いが必要になる場合もある 3. 制服や髪型に規制がある 4. 勤務地によっては原付の免許が必要になる 一方で、出前館のデメリットとなる部分が上記4点あります。 出前館での配達員バイトは、短時間からの勤務が可能と言えども シフトが組まれているので時間に拘束されることになります。 また、業務中には注文者との 現金での支払いに対応する場合もあるため、面倒な手間もかかってしまいます。 出前館の仕事は、あくまでもバイトという扱いになるため、制服が必要になるため 服装や髪型が制限されるというデメリットもあります。 基本的に、出前館での配達の業務は電動自転車もしくは原付になっていますが、 勤務地によっては原付の免許が必須になる場合もあります。 出前館の配達員バイト VS Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー 出前館の配達員バイトとUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事を比較した際、出前館では時給制になっているため、1200円~1400円の給料を安定して稼げるというメリットがあります。 さらに、出前館では日払いも可能になっている点に関しては、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーよりも優っていると言えるでしょう。 しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに劣っている点しては、 シフトや服装が縛られている点や、いくら努力しても時給以上の報酬がもらえないという点。 そのため、 自分の裁量で稼ぎを増やしたい方や、時間やファッションの自由を求める方にはUber Eats(ウーバーイーツ)がオススメです。 エリア別Uber Eats(ウーバーイーツ)のリアルな収入を大公開! 3. fineDine(ファインダイン)の配達員バイトは即金制が高くサポート体制も万全 fineDine(ファインダイン)とは、通常デリバリーを行なっていないレストランのできたて料理が最短30分料理が届くデリバリーサービスです。 2019年7月現在では、• 東京23区• 神奈川• 埼玉 上記、関東の一部で利用可能なサービスとなっています。 fineDine(ファインダイン)での配達員バイトは、基本11時~22時までのシフト制となっており、電動自転車・原付での配達を行います。 fineDine(ファインダイン)の配達員バイトのメリット メリット 1. 交通費の支給がある 2. 給与前払い制度あり 3. コントロールセンターが管理している fineDine(ファインダイン)の配達員バイトのメリットとしては上記3点が挙げられます。 fineDine(ファインダイン)では、 時給とは別に交通費が支給されます。 そのため、勤務地から遠い方でも通常不利になることなく働くことができます。 また、 給料は前払い制度もあるため、どの配達員バイトよりも報酬を早く受け取れるでしょう。 さらに、fineDine(ファインダイン)では配達、コントロールセンターが配達のサポートを行なっているため、 万が一トラブルが起きた際にも対応してもらえます。 fineDine(ファインダイン)の配達員バイトのデメリット デメリット 1. 時給制なのでシフトがある 2. 研修がある 3. 空き時間にポスティングの仕事がある 4. 配達料が多くなる場合もある 一方で、fineDine(ファインダイン)の配達員バイトのデメリットとなる部分が上記4点あります。 fineDine(ファインダイン)では他のバイトと同様に時給制となっているので、当然ながら シフトや研修に縛られることになります。 また、fineDine(ファインダイン)では 配達の合間にポスティングをする場合があるため、デリバリーの仕事以外にも業務が増えてしまいます。 さらに、fineDine(ファインダイン)では最低注文料金が2000円に設定されているため、 注文者によっては料理の注文量が多くなることも懸念されます。 fineDine(ファインダイン)の配達員バイト VS Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー fineDine(ファインダイン)の配達員バイトとUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事を比較した際、fineDine(ファインダイン)では給料の前払い制があるため、即金制が高いというメリットがあります。 さらに、コントロールセンターも配置されていることから、仕事に慣れていない方でも安心して働ける環境整備がなされています。 しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)では、研修やポスティング等の配達に関係無い業務が一切なく、配達パートナーとして 登録した初日からガッツリ働くことができる点、煩わしさが無いでしょう。 Uber Eats(ウーバーイーツ)では時給制ではなく歩合制となっていますが、努力次第で報酬が上がることや、ゲーム感覚で働ける点、他のどの配達員バイトよりもモチベーション高く働くことができます。 大学生にも人気の働き方! 4. 楽天デリバリープレミアムの配達員バイトは高時給で働ける 楽天デリバリープレミアムとは、楽天が運営する定番料理や人気のレストランなど幅広いオーダーが可能なデリバリーサービスです。 また、楽天デリバリープレミアムでは楽天ポイントがたまることからも、普段から楽天を使い慣れているユーザーに人気のサービスとなっています。 楽天デリバリープレミアムが持つ他の配達員バイトとの違いは、比較的時給が高いことです。 しかし、研修や拘束時間も比較的長い側面があるため、どちらかと言うとしっかりとしたバイトと言うイメージの働き方になってしまうでしょう。 楽天デリバリープレミアムの配達員バイトのメリット メリット 1. 交通費が支給される 2. 時給が比較的高い 楽天デリバリープレミアムの配達員バイトのメリットとしては上記3点が挙げられます まず、楽天デリバリープレミアムは報酬以外でも 日額2,000円までの交通費が支給されます。 そのため、遠方から活動地にお越しの方でも不利なく始めることができます。 また、楽天デリバリープレミアムは 時給が1,200円~最大1,800円と比較的高い点もメリットと言えるでしょう。 そのため働いた分、確実に時給での報酬が欲しい方にとっては他のバイトよりも割高で働けます。 楽天デリバリープレミアムの配達員バイトのデメリット デメリット 1. 研修期間がある 2. 比較的拘束時間が長い 3. 勤務地が限定されている 一方で、楽天デリバリープレミアムのデメリットとなる部分が上記3点あります。 まず、楽天デリバリープレミアムでは 約13〜16時間の研修期間があるため、期間内には時給が減額される可能性もあります。 さらに、他の配達員バイトに比べ、 勤務時間が週2日以上、1日4時間以上と決められていることからも、拘束時間が長いと言うデメリットがあります。 そして、楽天デリバリープレミアムでは港区・渋谷区・世田谷区・品川区・新宿区・目黒区・千代田区・中央区と、東京エリアの一部分でしか活動できないため、バイトができる人も限られるでしょう。 楽天デリバリープレミアムの配達員バイト VS Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー 楽天デリバリープレミアムの配達員バイトとUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事を比較した際、楽天デリバリープレミアムでは比較的高時給になっているため、他のバイトに比べ安定して高い報酬が得られるというメリットがあります。 しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに比べ、 研修期間や拘束時間の長さ、勤務地が少ないなど、正直劣っている部分が多く見受けられます。 そのため、バイトのように拘束されることなく 自由に働きたい方や、副業として働きたい方にはUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを始める方が有利でしょう。 もちろん Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーでも平均1200円稼げることからも、コツを掴めば高時給を得ることもできます。 シフト無しで自由に働く! 5. honest beeの配達員バイトは新鮮な食材・出来立て料理を配達するデリバリーサービス honest beeとは、「食・人・技術を通して、毎日の生活を手助けする」というビジョンを元にサービスを展開するオンラインコンシェルジュサービスです。 2015年7月にシンガポールでサービスが開始され、日本でも東京都、• 渋谷区• 目黒区• 千代田区• 品川区• 中央区• 世田谷区• 大田区• 新宿区• 江東区 上記地区の一部でサービスを展開しています。 honest beeでの配達員バイトは、フードデリバリーサービスUber Eats(ウーバーイーツ)と似ている部分があり、フリーランスとしての働くことができます。 honest beeの配達員バイトのメリット メリット 1. 好きな時間に働ける 2. 報酬が比較的高い 3. 専用の配達バッグが必要ない場合もある 4. アルバイトや正社員としても働ける honest beeの配達員バイトのメリットは上記4点が挙げられます。 honest beeでの配達員バイトは基本的にUber Eats(ウーバーイーツ)と似ており、完全歩合制で好きな時間に働きたい分だけ働くことができます。 さらに、 一件あたりの報酬も650円〜2000円になることもあり、雨の日やロングピックにはブーストが発生するので、条件が良ければUber Eats(ウーバーイーツ)よりも単価が高くなる場合もあるというメリットもあります。 ただし、Uber Eats(ウーバーイーツ)のように インセンティブの発生はありません。 honest beeでは配達の際に、専用の配達バッグの貸し出しを行っていますが、自前で配達できるバッグを持っていれば専用バッグが必要ありません。 (honest bee専用バッグの貸し出しには6000円のデポジットが必要になります。 ) また、honest beeではフリーランスとしてだけでなく、 時給制度のアルバイトや正社員として雇用形態を選択できる点もメリットと言えるでしょう。 honest beeの配達員バイトのデメリット デメリット 1. 初期費用がかかる 2. 保険が一切つかない 一方で、honest beeの配達員バイトのデメリットとなる部分が上記2点あります。 まず、honest beeの配達員バイトはフリーランスとして働くことになるので、Uber Eats(ウーバーイーツ)同様に 自転車や原付など初期費用がかかってしまう場合があります。 さらに、Uber Eats(ウーバーイーツ)に比べ、 honest beeの配達員バイトには保険が一切かかっていません。 そのため万が一、事故にあった場合にも自己負担となるので注意が必要です。 honest beeの配達員バイト VS Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー honest beeの配達員バイトとUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの仕事を比較した際、honest beeでは比較的高単価になる場合もあるというメリットがあります。 しかし、報酬以外の部分に関しては、勤務地が東京エリアに限られている面や、保証が一切ない部分など、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに比べ劣っている部分も多く見受けられます。 そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをしながら、サブとしてhonest beeの案件が来たら引き受けるという両刀使いの方も存在します。 確かに、honest beeではバッグの指定がないので、Uber Eats(ウーバーイーツ)の専用バッグでも配達できてしまいます。 しかし、 honest beeでの配達員バイトでは保証が無い面に関して危険が伴うので、 少しでも保証があり安全に働きたい方は、Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用することをオススメします。 シフト・服装など指定がなく自由に働ける• 誰でも簡単に登録できる• ゲーム感覚で楽しく働ける• コツを掴めば高収入が得られる• 人間関係のストレスが無い• 普及エリアが全国15都市と広い さらに、Uber Eats(ウーバーイーツ)は最新の副業としても人気があり、 かなり自由度が高く働けるため会社員・学生・主婦など様々な方が働いています。 そのため、 どんなライフスタイルの方でも適応できる点も魅力的です。 2019年7月現在では、「楽天デリバリープレミアム」では配達員バイトの募集終了。 「honest bee」ではサービスが一時中止されていることからも、デリバリー市場も大きく変化していく恐れがあります。 その中でもUber Eats(ウーバーイーツ)は、普及エリアの拡大が進められ、配達パートナー数も全国で1万5千人以上と増え続けていることからも、今最も勢いに乗っているデリバリーサービスと言えるでしょう。 そのため、 今度の社会の動向を考慮すれば、さらに需要が高まりが期待されるUber Eats(ウーバーイーツ)を利用して働くことが、オススメできるでしょう。

次の