京都 水族館 イルカ。 京都水族館のイルカショーの開催時間と混雑具合。秘密の楽しみ方も

京都水族館のイルカショーの開催時間と混雑具合。秘密の楽しみ方も

京都 水族館 イルカ

いつでも元気いっぱいで、お客さんの近くに寄ってきて遊ぶのが好きです。 Deal (ディール) オス ディール君は 体の色が真っ黒ですが、性格は優しくて控えめな男の子イルカです。 顔がシャープで目が大きいのも特徴で、何事も一歩引いて物事を見るそうです。 Kyle (カイル) オス カイル君はおとなしい男の子イルカで、たれ目で口のところがちょっとしゃくれているのが特徴です。 怖がりで新しいものに近づけない性格ですが、シードが好きらしく、口が半分開いていることが多いですが、一生懸命考えている時は口を閉じているそうです。 Seed (シード) オス シード君は体が大きな男の子イルカで、 目がパッチリ二重のイケメンイルカで声が透き通っていて、背中に白いラインがたくさんあるのも特徴です。 性格はちょっと天然で勘違いしやすですが、素直で一途、他のイルカたちよりも動きが遅いのか、一歩遅れて反応しますが、何事にも一生懸命取り組みます。 Beat (ビート) オス ビート君は色黒でつり目の男の子イルカです。 他のイルカたちにあまり干渉しないクールな一匹狼で、特技は 前方宙返りの大技が出来ます。 性格は飽きっぽいので、ライブ中に遊びに行ってしまうこともありますが、テンションが高い時の動きはとても俊敏です。 Maria (マリア) メス マリアちゃんは元気でおちゃめな女の子イルカです。 体が丸く、目の上が白くておちょぼ口が特徴です。 人懐っこいので、人を見ると追いかけてくることもあります。 性格はのみこみが早く、よくひらめくそうで、いろんなものをおもちゃにして遊ぶのが上手です。 Chia (キア) メス キアちゃんはちょっと気の強い女の子イルカで、目の上のラインがはっきりしていて、背ビレの右側に白い点があるのが特徴です。 ステージの上でクルクル回るのが得意で、京都水族館で一番最初にこの技が出来ました。 ステージ上で回転するだけではなく、頭の回転も早く、運動神経抜群です。 体を動かすことが大好きで、とっても食いしん坊だそうです。 イルカについて知ろう 京都水族館にいるハンドウイルカたちの生態についての紹介です。 イルカは泳ぎの名人で、短い時間であれば時速50km近い速さで泳ぐことができます。 尾びれは、魚が縦について左右に動かしているのに対して、イルカはクジラと同じく体に水平についていて、上下に振ります。 これは、イルカもクジラも人間と同じ哺乳類なので海面に上がって呼吸をする必要がありますが、尾びれが縦についていると海面に上がりにくいですよね。 一気に海面に上がるため、水平についた尾びれで上下のキックが出来る構造になっています(ドルフィンキック) また、胸びれにはレントゲンで見ると人間の手と同じく5本の指の骨が見えます。 これは昔、陸で暮らしていた時の前足の名残で、今から約6千500万年前に陸上で生息していた哺乳類から進化したと考えられています(ちなみに後ろ足は退化して骨だけになっています) ちなみに尾びれと背びれは高密度の繊維で出来ているため、骨や筋肉はありません。 口の中を見ると、ハンドウイルカの歯は約80本もあり、獲物を逃さないように全て同じ形の歯が生えています。 主に小さな魚を食べますが、イカやカニなども食べます。 イルカの種類によっては、もっと多かったり逆に人間の歯より少なかったりもします。 何度見てもイルカたちには癒されますね(^^.

次の

京都水族館のイルカ達の名前と性格を紹介

京都 水族館 イルカ

いつでも元気いっぱいで、お客さんの近くに寄ってきて遊ぶのが好きです。 Deal (ディール) オス ディール君は 体の色が真っ黒ですが、性格は優しくて控えめな男の子イルカです。 顔がシャープで目が大きいのも特徴で、何事も一歩引いて物事を見るそうです。 Kyle (カイル) オス カイル君はおとなしい男の子イルカで、たれ目で口のところがちょっとしゃくれているのが特徴です。 怖がりで新しいものに近づけない性格ですが、シードが好きらしく、口が半分開いていることが多いですが、一生懸命考えている時は口を閉じているそうです。 Seed (シード) オス シード君は体が大きな男の子イルカで、 目がパッチリ二重のイケメンイルカで声が透き通っていて、背中に白いラインがたくさんあるのも特徴です。 性格はちょっと天然で勘違いしやすですが、素直で一途、他のイルカたちよりも動きが遅いのか、一歩遅れて反応しますが、何事にも一生懸命取り組みます。 Beat (ビート) オス ビート君は色黒でつり目の男の子イルカです。 他のイルカたちにあまり干渉しないクールな一匹狼で、特技は 前方宙返りの大技が出来ます。 性格は飽きっぽいので、ライブ中に遊びに行ってしまうこともありますが、テンションが高い時の動きはとても俊敏です。 Maria (マリア) メス マリアちゃんは元気でおちゃめな女の子イルカです。 体が丸く、目の上が白くておちょぼ口が特徴です。 人懐っこいので、人を見ると追いかけてくることもあります。 性格はのみこみが早く、よくひらめくそうで、いろんなものをおもちゃにして遊ぶのが上手です。 Chia (キア) メス キアちゃんはちょっと気の強い女の子イルカで、目の上のラインがはっきりしていて、背ビレの右側に白い点があるのが特徴です。 ステージの上でクルクル回るのが得意で、京都水族館で一番最初にこの技が出来ました。 ステージ上で回転するだけではなく、頭の回転も早く、運動神経抜群です。 体を動かすことが大好きで、とっても食いしん坊だそうです。 イルカについて知ろう 京都水族館にいるハンドウイルカたちの生態についての紹介です。 イルカは泳ぎの名人で、短い時間であれば時速50km近い速さで泳ぐことができます。 尾びれは、魚が縦について左右に動かしているのに対して、イルカはクジラと同じく体に水平についていて、上下に振ります。 これは、イルカもクジラも人間と同じ哺乳類なので海面に上がって呼吸をする必要がありますが、尾びれが縦についていると海面に上がりにくいですよね。 一気に海面に上がるため、水平についた尾びれで上下のキックが出来る構造になっています(ドルフィンキック) また、胸びれにはレントゲンで見ると人間の手と同じく5本の指の骨が見えます。 これは昔、陸で暮らしていた時の前足の名残で、今から約6千500万年前に陸上で生息していた哺乳類から進化したと考えられています(ちなみに後ろ足は退化して骨だけになっています) ちなみに尾びれと背びれは高密度の繊維で出来ているため、骨や筋肉はありません。 口の中を見ると、ハンドウイルカの歯は約80本もあり、獲物を逃さないように全て同じ形の歯が生えています。 主に小さな魚を食べますが、イカやカニなども食べます。 イルカの種類によっては、もっと多かったり逆に人間の歯より少なかったりもします。 何度見てもイルカたちには癒されますね(^^.

次の

京都水族館完全ガイド|レビュー・見どころ・お土産・アクセス

京都 水族館 イルカ

ここにも注目 ニホンウナギやメダカの仲間など、私たちがよく知っていて身近に感じているいきものも、実は数が減少しています。 山紫水明エリアではこうしたいきもののすむ環境を考えるきっかけや発見がたくさん。 ぜひじっくりと、一つ一つの水槽を観察してみて。 京の川 世界最大の両生類、オオサンショウウオが目の前に。 国の特別天然記念物であり、「生きた化石」とも「世界最大級の両生類」とも呼ばれるオオサンショウウオは、生態に謎の多い希少生物です。 京都水族館では、京都の川にすむオオサンショウウオのリアルな生態をお楽しみいただける大型展示エリアを設けています。 上流から下流まで由良川のすべてがここに! 由良川の上流・中流・下流をひとつの水槽で表現しました。 上流ではイワナやヤマメ、中流ではムギツクやオイカワ、下流ではコイなどが泳ぎます。 由良川にすむいきものと四季の移り変わりをお楽しみください。 ここにも注目 オオサンショウウオは夜行性のため、昼間はじっとしています。 でも、よ~く観察していると、場所を変えるためにゆったりと動く姿や、息継ぎをするために水面に上がる姿を見ることができます。 ここで出会えるいきもの オオサンショウウオ、イワナ、ヤマメ、オイカワ、コイなど オットセイ まるでオットセイと泳いでいるような水槽 小さなお子さまの身長にぴったりなコの字型の水槽。 大人にはちょっと狭くて天井の低いスペースですが、隠れ家みたいでとびきり楽しい場所です。 中に入れば、海の中でオットセイと一緒に泳いでいるような不思議な感覚が味わえます。 ドキドキワクワクの好奇心がふくらみます。 岩場で眠るオットセイたちの個性あふれる寝相に思わずキュン! 水槽の上からは、岩や丸太の上で日に当たりながら、気持ちよさそうに眠るオットセイの姿を間近で見ることができます。 その近さは、くりっとした大きな目やふわふわとした毛の一本一本まで見えるほどです。 ここにも注目 京都水族館で暮らすオットセイはとっても個性豊かで寝相もさまざま。 丸まったり、からだをそらせたり、器用に丸太の上で寝ていたり…ユニークで愛らしい寝相を観察してみよう。 ここで出会えるいきもの ミナミアメリカオットセイ アザラシ ユニークな表情に大接近 一段と目を引くのが大きなチューブ状の水槽。 実は床の下で別の水槽とつながっていて、ゴマフアザラシが自由自在に行ったり来たりできます。 チューブ状の水槽から浮かびあがる様子はまるで空を飛んでいるかのよう。 ひょっこりと顔を出す瞬間に目が合うかも? からは水面からひょっこりと顔をのぞかせるアザラシのユニークな表情をお楽しみいただけます。 つぶらな瞳が可愛すぎるアザラシと、運が良ければじっと見つめ合えるかも? ここにも注目 時間によってはアザラシの給餌のようすを見れることも。 飼育スタッフを見つめてごはんをねだる表情は一段とかわいいです。 ここで出会えるいきもの ゴマフアザラシ 京の海 京都水族館で一番大きな水槽で、神秘的な空間を体感 多種多様ないきものが息づく豊かな京の海をまるごと再現した約500tの人工海水からなる大水槽を悠々と泳ぐ魚たちの壮大な姿は圧巻です。 ひときわ存在感を放つマイワシの群れは京の海 日本海 では「金樽イワシ」と呼ばれ、天橋立で仕切られた内海(阿蘇海 で獲れる美味な食材として有名です。 京の食文化に根付いたいきものにも会える 「ぐじ」と呼ばれ、京料理の高級食材として親しまれるアマダイ。 美しく鮮やかなピンク色の体色をもつアカアマダイが泳ぐ様子や縄張りを作って生活する様子など、間近でその姿や生態をご覧いただけます。 このほかにも京都の夏の風物詩として知られるハモなども展示しており、京都の食文化に関わりが深いいきものを見ることができます。 ここにも注目 約50種のいきものが暮らす「京の海」大水槽。 水槽に近づいてどんないきものがいるのかをじっくりと探してみるもよし、水槽から離れて大水槽の全体を眺めながら、ぼーっと癒されるもよし。 ここで出会えるいきもの マイワシ、エイの仲間、サメの仲間、アジなど ペンギン 丘ではのんびり、水中ではダイナミックな人気者 ペンギンといえば、南極などの寒いところにすんでいるイメージがあるかもしれませんが、アフリカ大陸の南部に生息するケープペンギンは暖かいところにすんでいます。 展示エリアでは陸の部分に起伏を表現することで、水の中にいるペンギンたちが丘にあがりにくくします。 実はこれ、ペンギンの生態を考慮した飼育上の工夫なのです。 ペンギンは波の力を利用して、一気に海から陸にあがります。 こうした彼らの野生的な姿をお見逃しなく。 巣穴をつくってペンギンの恋をサポート また、京都水族館では繁殖期になるとペンギンたちのために巣穴を用意。 実はこの巣穴には、恋を実らせるための重要な役割があるのです。 巣を作る仕事は主にオスの仕事。 立派な巣を作ってメスにプロポーズします。 より大きな巣をプレゼントするために、オスたちはあちらこちらから小石などの巣材を集めて、せっせと巣を作るのです。 ここにも注目 エリアの1階では、空を飛ぶようにすいすいと泳ぐペンギンたちの姿を見ることができます。 陸上でのんびり過ごす姿とのギャップにびっくり! ここで出会えるいきもの ケープペンギン イルカスタジアム 古都をのぞむ会場でのびのび泳ぐイルカを見に行こう のびのびと泳ぐハンドウイルカたちの息づかいを間近に感じながら、ダイナミックな姿を観察することができます。 耳をすませてみると、仲間同士で鳴き交わす声が聞こえるかもしれません。 毎日開催されるイルカパフォーマンスでは、ハンドウイルカたちが本来持つ躍動的な姿を感じることができるほか、イルカたちのダイナミックなジャンプやトレーナーと息の合ったパフォーマンスにも注目です。 季節が巡るごとに表情を変える四季折々の自然風景 開放的な180度のパノラマが広がるイルカスタジアムの景色は季節が巡るごとにその表情を変えます。 春は桜、夏は新緑、秋は紅葉、冬は時に雪景色と、自然美を誇る京都ならではの景色を望むことができます。 ここにも注目 好奇心旺盛なハンドウイルカたち。 プールのそばへ行くと、時々こちらに興味を示して近づいてきてくれることも。 ここで出会えるいきもの ハンドウイルカ 山紫水明 京都の美しい自然と希少生物を守るために 水が豊かな街・京都にすむ淡水生物は、大きく分けると由良川水系と琵琶湖淀川水系に分かれます。 水に恵まれたエリアだけに、いきものの種類も実にさまざま。 深泥池(みぞろがいけ)や昔あった巨椋池(おぐらいけ)にすむいきもの、琵琶湖とつながりのあるいきものたち、そしてオヤニラミ、アユカケ、アジメドジョウ、ミナミイシガメといった京都特有のいきものたちなどを展示します。 水の都がはぐくんだ歴史をわかりやすく紹介 京都の希少生物が、どういう生きかたをしていて、どのような理由で絶滅の危機に瀕(ひん)しているのかを展示します。 また合わせて、希少生物をとりまく京都の歴史と文化を紹介しています。 近年、見られなくなっている希少生物と呼ばれるいきものたち。 私たち人間による環境破壊が原因で、今、希少生物たちのいのちがおびやかされています。 京都水族館では、京都の環境をまもる情報発信地として、こうした現実をより多くの方に知っていただくためにさまざまな活動を紹介します。 ここにも注目 ニホンウナギやメダカの仲間など、私たちがよく知っていて身近に感じているいきものも、実は数が減少しています。 山紫水明エリアではこうしたいきもののすむ環境を考えるきっかけや発見がたくさん。 ぜひじっくりと、一つ一つの水槽を観察してみて。 ここで出会えるいきもの アユモドキ、ミナミイシガメ、ニホンウナギ、ゲンゴロウ、サワガニなど 京の里山 水族館の中に田んぼ!?自然を舞台に人といきもののつながりを体感 京都の里山風景を再現した「京の里山」エリアでは、季節の移り変わりに合わせてお米を育てたり、九条ネギや聖護院かぶらなどの京野菜を育てています。 自然風景豊かな屋外エリアは、都会のそばにあることを忘れてしまうほど。 天気の良い日には散策にもぴったりです。 いきもの、人、自然のつながりを体感して 水路の水が増え、田んぼに水が張られると、魚たちが水路をつたって田んぼに侵入し、卵を産みます。 こうした人といきもののつながりを感じてみてください。 ここにも注目 「京の里山」エリアには、季節によって外から昆虫や小鳥がやってくることも。 予想外のことが起こるのも、屋外空間ならでは。

次の