神様 お疲れ様。 #フリー台本 #シチュエーションボイス ほっこり癒される【お疲れ様】セリフ集

お疲れ様、って

神様 お疲れ様

「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の意味と違い• 「お疲れ様でございます」は正しい?• 「お疲れ様です」以外の便利な言い換え表現 「お疲れ様です」「ご苦労様です」どちらも部下が使うとマナー違反? 「お疲れ様です」や「ご苦労様です」は、ビジネスシーンでは頻繫に用いられる言葉です。 上司やクライアントと会ったとき、退社するときなど、さまざまな場面で何気なく使っている方も多いのではないでしょうか。 しかし、「お疲れ様です」「ご苦労様です」をビジネスシーンで使用するときには、いくつか注意すべきポイントがあるのです。 使い方を誤ってしまうと、相手に悪い印象を与えてしまう可能性もあるので気を付けてくださいね。 言葉を正しく使うためにも、まずは「お疲れ様です」「ご苦労様です」の意味からチェックしていきましょう。 「お疲れ様です」「ご苦労様です」はねぎらいの言葉 「お疲れ様です」と「ご苦労様です」は、どちらも 相手へのねぎらいを伝えるときに使われる言葉です。 仕事の疲れや日々の労をねぎらうときに使われるのが一般的で、ビジネスシーンではとくに多く用いられています。 「お疲れ様です」「ご苦労様です」の正しい意味 相手へのねぎらいの気持ちを伝える点では共通していますが、「お疲れ様です」と「ご苦労様です」は厳密に説明すると意味が異なります。 「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の言葉の意味について、詳しくチェックしていきましょう。 【「お疲れ様です」の正しい意味】 「お疲れ様です」は、 部下が上司や目上の人間に対してのねぎらいを伝えるときに使われる言葉です。 反対に、上司や目上の人間が部下に使用する場合にも、「お疲れ様」というかたちで使用することもしばしば。 世代を問わず使用できる、使い勝手の良い万能なフレーズなのです。 【「ご苦労様です】の正しい意味】 「ご苦労様です」は、 目上の人間や上司が部下や年下の人間に使用する言葉です。 「お疲れ様です」と同様に、相手の苦労や頑張りをねぎらう意味が込められていますが、使用する際には相手との 関係性を配慮しなければなりません。 どちらもねぎらいを伝える言葉• 「お疲れ様です」は、世代や役職を問わず幅広く使用できる• 「ご苦労様です」は、目上の人間が部下や年下の人間に使用するのが一般的 「お疲れ様でございます」は二重敬語になるの? 「お疲れ様」や「お疲れ様です」といった言い方とは別に、「お疲れ様でございます」という表現があります。 「お疲れ様です」+「ございます」の二重敬語になっているのでは?と感じてしまいますが、名詞の「お疲れ様」+助詞の「で」+丁寧語の「ございます」で構成されている言葉なので 間違いではありません。 声に出してみると少し違和感を覚える方もいるかもしれませんが、文法上は問題なく使用可能なので安心してください。 「お疲れ様です」よりもやや丁寧な言い方として使われる「お疲れ様でございます」は、目上の方へのねぎらいの気持ちを伝えたいときにも便利なフレーズです。 クライアント先の役員や自社の社長への「お疲れ様です」に抵抗を感じる場合は、「お疲れ様でございます。 」使用する際に使ってみてくださいね。 ビジネスマナー的に、部下は「お疲れ様です」を使うのが正しい どちらもねぎらいを伝えるために用いられる「お疲れ様です」と「ご苦労様です」ですが、ビジネスマナーとしての注意点があるのでしょうか。 次は、「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の違いや、ビジネスマナーとしての使い分けを解説します。 実際に、秘書検定においても「目下の人間が、目上の人間に対して『お疲れ様です』を使用して良い」と記載されています。 抵抗を感じる場合には、 「お疲れ様でございました」や「お疲れ様でした」と表現すると一層丁寧に聞こえます。 一方、「ご苦労様です」は目上の人間から目下の人間へのねぎらいを伝える言葉として使用するのが一般的です。 誤って目下の人間が上司に使用した場合には、予期せず失礼な印象を与えてしまう可能性があるので注意しましょう。 秘書検定は、社会人として働くならば誰でも備えておくべき基本的な知識を習得するための検定試験。 試験問題や試験勉強を通じて、一般常識からビジネスマナーまで、仕事を円滑に進めるための基本を学べるものです。 「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の違い 「ご苦労様です」は「お疲れ様です」と同じねぎらいの意思を伝える言葉ですが、前述したように使用する対象が大きく異なります。 「ご苦労様です」は目上の人間が部下や年下の人間に対して、「よくやったね」「とてもよくできたね」という意味を込めて使用する言葉。 誤用してしまうと、目上の人間に対して上から目線で話している印象を与えてしまう可能性もあるので、迷ったときには「お疲れ様です」を使用するのがベターです。 また、挨拶の代わりとしても使用される「お疲れ様です」に比べて、「ご苦労様です」は挨拶としての使用がありません。 声をかける相手だけでなく、使用シーンにおいても「お疲れ様です」と「ご苦労様です」には明確な違いがあるのです。 「お疲れ様です」は、目下の人間から目上の人間に使用してもOK• 「ご苦労様です」は、目上の人間に使用すると失礼にあたるので注意• 「ご苦労様です」は、「お疲れ様です」のように挨拶代わりには使用できない 「お疲れ様です」の他の言い方・言い換え表現 「お疲れ様です」は、幅広いシーンで使用できる万能なフレーズだと解説しました。 しかし、できるビジネスパーソンとしてのスキルアップのためにも「お疲れ様です」以外のフレーズや言い換え表現を覚えておくのがおすすめです。 次は、ビジネスシーンで活用できる「お疲れ様です」以外の便利フレーズをご紹介します。 同僚や後輩には「お疲れ様」でOK 自分と同等のポジションである同僚や後輩に声をかける場合は、「お疲れ様」とフランクに表現しても問題ありません。 自分が先に帰社する場合や、仕事へのねぎらいを伝える際に使用してみましょう。 先輩・上司には「お疲れ様です」や言い換え表現を使う 先輩や上司など、目上の相手にはねぎらいを伝える場合には使用するシーンに応じた最適な表現があります。 「お疲れ様です」以外の言い換え表現を学んで、ビジネスマナーを身に付けていきましょう。 【シーン1.朝や出社時に会ったとき】 「おはようございます」を使いましょう。 広く使われているフランクな言葉ですが、敬語表現の「ございます」がついているので使用してもOKです。 【シーン2.営業先や出張などから帰ってきたとき】 営業先や出張などから帰ってきたときは、「お帰りなさいませ」を使用するのがおすすめです。 会話を弾ませるためにも、「雨には濡れませんでしたか?」や「長時間お疲れ様でした」と付け加えると良いでしょう。 【シーン3.相手が先に退社するとき】 上司や目上の人間が自分よりも先に退社するときは、「お気をつけてお帰りください」と使いましょう。 【シーン4.自分が先に退社するとき】 上司や目上の人間よりも自分が先に退社するときは、「お先に失礼します」と声をかけましょう。 【シーン5.相手が自分よりも先に部屋に入っているとき】 上司や目上の人がすでに部屋に入っている場合には、「失礼いたします」と声をかけて入室しましょう。 お部屋に失礼してもよろしいでしょうか」と許可を取るとより丁寧です。 朝会ったときは「おはようございます」• 出先から帰ってきたときは「お帰りなさいませ」• 相手が先に帰社するときは「お気を付けてお帰りください」• 部屋に遅れて入室するとき「失礼いたします」 外部の人には「お疲れ様です」は使わない 「お疲れ様です」は、目上の人間に使っても問題ありませんが、あくまで対象は 社内の相手に対してのみ。 社外のクライアントに対しては、ねぎらいの意味を込めたとしても「お疲れ様です」は失礼だと捉えられる可能性があるので注意しましょう。 挨拶や日々のお礼を伝えたい場合には、「いつもありがとうございます」「いつもお世話になっております」と伝えると安心です。 また、クライアントが自社に来訪してくれた場合には「ご足労おかけしました」「ご足労いただきありがとうございます」と使用するのが非常にスマート。 「ご足労」は、相手がわざわざ自分のいる場所まで足を運んでもらったことに対する感謝の意を述べる言葉です。 「お疲れ様です」とメールの冒頭で使うのはOK? 「お疲れ様です」は直接話すときだけでなく、メールの文頭でも使用できます。 ただし、社外のクライアントに使用する場合には、使い方に注意が必要です。 最後に、メール内での「お疲れ様です」の使用方法を解説します。 社内の人の場合は「お疲れ様です」を入れたほうがベター 社内の相手にメールを送る場合には、メールの冒頭に「お疲れ様です」を入れるのがビジネス上のマナーです。 相手を問わずに使用できる万能な言葉なので、上司や目上の相手に送信する場合にも使用できます。 プロジェクトの進捗について・・・ 社外の人には「お世話になっております」がベター 本記事でご紹介したように、社外のクライアントに対しては「お疲れ様です」を使用すると失礼な印象を与えかねません。 社外の内の相手にメールを送る場合には、メールの冒頭は「お世話になっております」「平素よりお世話になっております」と入れるのが一般的です。 先日の打ち合わせでは・・・ シーンにあわせて「お疲れさまです」以外の言い方も使い分けよう• 「お疲れ様です」は目上の人間に使用してもOK• 「ご苦労様です」を目下の人間が、目上の人間に使用するのはNG• 目上の人間には、より丁寧に「お疲れ様でございます」と表現するのも一案• 社外の人間には、「お疲れ様です」は不適切なので、言い換え表現を使おう 本記事でご紹介したように、「お疲れ様です」は目上の人間にも使用できる万能なフレーズです。 上司や目上の人に使用する場合には、「お疲れ様です」のあとに一言添えて、相手への気遣いやねぎらいを丁寧に表現するのもおすすめです。 ただし、社外の相手に使用する場合には「お世話になっております」「いつもありがとうございます」など、言い換えの言葉を使用する方がベター。 正しい言葉や表現をマスターして、ビジネスマナーを体得していきましょう。

次の

「お疲れ様」と「ご苦労様」の違いと正しい使い方【もう間違えない! 定番ビジネス敬語集】

神様 お疲れ様

「お疲れ様でございます」は正しい敬語? 「お疲れ様でございます」は二重敬語ではなく正しい敬語 「お疲れ様でございます」という表現を、「二重敬語」ではないのかと感じる方も多いかと思いますが、結論から言と、 「お疲れ様でございます」という表現は、二重敬語ではありません。 「お疲れ様でございます」は、「お疲れ」という名詞に「で」という助詞と「ございます」という丁寧語を組み合わせて成り立っている表現です。 つまり、二重敬語に感じる理由である「ございます」は丁寧語の「です」をさらに丁寧に言い換えた表現であり、文法的に二重敬語ではないということが言えます。 「お疲れ様でございます」は元々目上には使えないので、社外・接客・取引先などでは使わず、上司にのみ使う 「お疲れ様」は同等もしくは目下の者をねぎらう時に使う言葉であり、本来目上の人に対しては使えません。 しかし、現在では上司や先輩など目上の人に対しても一般的に使用されています。 よって、ビジネスシーンで使うときは社内の親しい上司に限定し、社外では使用しないようにするとよいでしょう。 社外に対しては「お世話になっております」などの挨拶で代用しましょう。 「お疲れ様です」ではなく「お疲れ様でございます」なら社長に対して使える 「お疲れ様です」は、ビジネスシーンで相手をねぎらう言葉として使用され、社内でもよく耳にするセリフですよね。 「お疲れ様です」では少々カジュアルな印象がありますが、「お疲れ様でございます」は、「お疲れ様です」をさらに丁寧にした表現であるため、社長などかなり上の立場の人に対して使用することができます。 かなり丁寧な表現であるため、型苦しすぎて違和感を感じるという相手や状況では「お疲れ様」を使用するなど、自然に伝えられる言い回しを使用しましょう。 「お疲れ様でございます」は葬儀で使うのはマナー違反 「お疲れ様でございます」という言葉は、葬儀で使うはマナー違反です。 葬儀で気遣いの言葉をかける場合は「お疲れがでないようにしてくださいませ」というような表現が好ましいです。 「お疲れ様でございます」の使い方と例文 「お疲れ様でございます」は夕方以降に使うのが基本 テレビ業界では、朝昼晩問わず働いているという理由から時間帯関係なく「お疲れ様です」と挨拶をするというこが広まり、現代では何気なく「お疲れ様です」と使用する人も多いですが、「お疲れさまです」という言葉が、元々夕方以降に使用する「挨拶」として使用されていたということもあり、 夕方以降使用することが基本となっています。 つまり、朝、出社したばかりの時間に「お疲れ様でございます」と使用するのは不自然であるということです。 社内ルールとして定着している場合などを除いては、「お疲れ様でございます」は夕方以降に使用しましょう。 「お疲れ様でございます」の上司へのメール例文 「 件名 アンケートの調査結果について 本文 お疲れ様でございます。 営業の高橋です。 新商品開発への取り組みの一貫として、お客様を対象にアンケートを行いました。 取り急ぎ集計結果をご報告させていただきたく存じます。 集計結果のデータを添付いたしましたのでご確認をお願いいたします 」 「 件名 お食事会のお礼 本文 社長、本日はお疲れさまでございました。 社長とゆっくりお話をすることができてとても嬉しかったです。 相談にも乗っていただき、感謝しております。 これからも何かとご迷惑をおかけすることもあるじかとは思いますが、 今後共末永くよろしくお願いいたします」 「お疲れ様でございます」の言い換え・別の言い方 目上の人と会った時や連絡をするときは「おはようございます」 朝に、目上の人と会った時や連絡をする時には「おはようございます」を使いましょう。 日常生活で誰にでも用いる言葉ですが、「ございます」と敬語がついていますので使用しても問題ありません。 上司が出先や出張などから帰ってきたときは「お帰りなさいませ」 上司が出先や出張などから帰ってきたときは「お帰りなさいませ」を用いることができます。 お帰りなさいは家で待つ家族が使う印象ですが、社内でも用いることができます。 その後に、「たくさん歩いて疲れた」「大変だった」などと上司が言った場合には「大変だったのですね、お疲れ様でした」などと言っても問題ないでしょう。 ただ企業によっては、目下の人が目上の人に対して「お疲れ様です」は使わないといった風潮がある場合には使わないようにしましょう。 上司が先に退社するときは「お気をつけてお帰りください」 上司が先に退社するときは「お気をつけてお帰りください」と使うと良いでしょう。 また、「今日も一日ありがとうございました」も使うことができます。 目上の人がすでにいる部屋に入ったときは「失礼いたします」 目上の人がすでにいる部屋に入ったときは「失礼いたします」というようにしましょう。 失礼してもよろしいでしょうか」などと声をかけ、相手が返事をしてから部屋に入るようにしましょう。 部屋に入る際、もしくは入ってから「失礼いたします」と言いましょう。 取引先など社外の人が来訪したときは「ご足労おかけしました」 社外から取引先やお客様が来訪した際には「ご足労おかけしました」を使いましょう。 「ご足労」は、相手に自分のいる場所まで足を運んでもらったことを労う意味を持つ言葉です。 その他にも「ご足労おかけしてすみません」「ご足労いただきありがとうございます」などと使うことができます。 「お疲れ様」「ご苦労様」「お世話様」の違い 「ご苦労様」は「相手が尽力したことに対しての労いを表す語」 「ご苦労様です」は「 相手が尽力したことに対しての労いを表す語」です。 「ご苦労様です」は相手の努力や尽力をねぎらう表現で、例えば、お願いした仕事を終えた相手に対して、「ありがとう。 ご苦労様です」と言うことができます。 「ご苦労様」は労をねぎらう表現で「よく頑張った」というニュアンスになるため、目上の人に使ってしまうと、上から目線な印象を与えてしまいます。 基本的に目下に対して使用する表現であるという事を覚えておきましょう。 ・新商品の開発に携わってくれた皆様、本当にご苦労様でした。 おかげで良いものを作ることができたよ。 ・(部下)「こちらの資料のご確認、よろしくお願いします」 (部長)「ご苦労様。 あとで確認しておくよ」 ・(部下)「お先に失礼いたします」 (部長)「はい、ご苦労様」 ・(部下)「ただいま戻りました」 (部長)「ご苦労様。 今日は暑かったでしょう」 ・(店員)「ご希望の商品をお持ちいたしました」 (客)「どうもご苦労様、ありがとう」 「お世話様」は「相手が自分のために尽力してくれたことに、労いやお礼を表す語」 「お世話様です」は「 相手が自分のために尽力してくれたことに、労いやお礼を表す語」です。 他人が自分のために力を尽くしてくれたことに対して、感謝の意を表す表現として使用する言葉で、力を尽くしてくれたことに「ありがとう」という気持ちを伝える表現であり、感謝の気持ちだけではなくて相手を労う気持ちも含まれています。 「お世話様です」はただ感謝を伝えるだけではなく、挨拶代わりとして使うことも多いです。 文語としてではなくて、口語として用います。 しかし、「お世話様です」は労をねぎらう表現なので、敬語として使うことはできません。 目上の人に対してはしようすることができませんので注意してください。 例文 ・『宅配便です。 お荷物をお届けにまいりました』『どうもお世話様です』 ・『今日はありがとうございました。 またのお越しをお待ちしています』『は〜い、お世話様です』 ・お世話様です。 先日は本当にありがとうございました。

次の

お疲れ様、って

神様 お疲れ様

「お疲れ様」の意味とは? 普段何気なく使っている「お疲れ様」という言葉の意味を意識したことはありますか?果たして「お疲れ様」という言葉は誰に対しても使える万能な言葉なのでしょうか。 「お疲れ様」はねぎらいの言葉 「お疲れ様」はねぎらいの言葉です。 何かの作業に従事している相手に対して「お疲れ様」と声をかけたり、共同の作業をやり遂げた者同士が「お疲れ様」と声をかけ合ったりするのが正しい使い方となります。 しかし、現在において「お疲れ様」という言葉はねぎらいだけでなく挨拶として使われることも多いです。 例えば、廊下ですれ違った同僚に「お疲れ様です」と挨拶したり、退社の際に「お疲れ様でした」と同僚に声をかけて帰るなどをされている人も多いかもしれません。 「お疲れ様」は失礼な言葉ではない ねぎらいの言葉は一般的に目上の人が目下の人に対して使う言葉であると理解されていることがあります。 そのため目上の人に対して「お疲れ様」という言葉を使うのは失礼なのでは?と考える方もいるかもしれません。 「お疲れ様」という言葉をかけられて不愉快な気持ちになる人もいるかもしれませんが、秘書検定では上司に対して「お疲れ様」という言葉を使うよう解説していますので、失礼な言葉ではないと認識して問題はないでしょう。 「お疲れ様」と「ご苦労様」の違いとは? 「お疲れ様」と似たような言葉に「ご苦労様」があります。 どちらもねぎらいの言葉ですが、使い分けを間違えると相手に対して大変失礼になりますので、注意が必要です。 「ご苦労様」は目上から目下に使う言葉 「ご苦労様」は「お疲れ様」と同じねぎらいを意味する言葉ではありますが、「お疲れ様」と「ご苦労様」では2つの大きな違いがあります。 「お疲れ様」よりも上から目線でねぎらうニュアンスがある 上から目線のニュアンスが強いという点を留意して使わなければなりません。 「ご苦労様」を使う相手が上から目線の発言をして失礼にあたらないかを良く考えましょう。 挨拶として使われない 「お疲れ様」と違い挨拶感覚で「ご苦労様」は使いません。 「ご苦労様」が使われるシーン 「ご苦労様」のニュアンスを加味すると、頼んだ仕事を部下が仕上げてくれた時に「とてもよくできているね。 ご苦労様」とねぎらうシーンがイメージできます。 このように、「ご苦労様」は目上の人が目下の人に使うのが正しい使い方であるといえます。 よって、上司や目上の人に使うと大変失礼なことになりますので、注意をしましょう。 「お疲れ様でございます」は正しい? 「お疲れ様」「お疲れ様です」といった使い方以外に「お疲れ様でございます」という言葉が使われているのを耳にしたことはありませんか?「お疲れ様でございます」は正しい言い方なのか疑問に思う方もいることでしょう。 文法として間違えてはいない 「お疲れ様でございます」に違和感を感じる原因として、二重敬語なのではないかという疑問が挙げられます。 しかし、【「お疲れ様」名詞+「で」助詞+「ございます」丁寧語】で構成された「お疲れ様でございます」は文法として間違えてはいないのです。 「お疲れ様です」より少し丁寧 「お疲れ様でございます」は「お疲れ様です」と比べて少し丁寧な言い方であると理解しておきましょう。 「お疲れ様です」は目上の人に使っても失礼にあたらないと分かってはいても、使うのに抵抗があるという方は「お疲れ様でございます」という少し丁寧な言い方をしてみてはいかがでしょうか。 「お疲れ様」は相手によって言い換える ビジネスシーンにおいて、「お疲れ様」という言葉を相手によって上手に言い換えることができれば良い人間関係を構築する手助けになるでしょう。 「同僚」に声をかける場合 同僚には気兼ねなく「お疲れ様」「お疲れ様です」とどんどん声を掛け合いましょう。 「お疲れ様」の一言がコミュニケーションを深めてくれるはずです。 相手が後輩の場合は「お疲れ様」以外に「ご苦労様」を使うことができます。 「先輩」や「上司」に声をかける場合 先輩や上司においても「お疲れ様」を使いますが、もう少し丁寧な言葉で対応したいという場合には「お疲れ様でございます」を使いましょう。 他の言葉に言い換えたい場合は以下を参考にしてください。 <声をかけるシーン> 失礼します 少々お時間をいただけますでしょうか <退社するシーン> お先に失礼します。 「社長」に声をかける場合 社長に対して「お疲れ様」は会社の雰囲気にもよるところとなり、一概に正しい答えは出せませんが、受け取られ方によっては問題になりかねませんので使わない方が無難です。 社長に対してねぎらいの言葉をかけることはないですし、挨拶として「お疲れ様」を使ったことで不愉快な気持ちにさせてしまう恐れがあるからです。 <廊下ですれ違うシーン> 黙礼のみ 「外部の人」に声をかける場合 外部の方に「お疲れ様」を使うのは不適切です。 メールやお手紙の際にも注意をしましょう。 <挨拶をするシーン> いつもお世話になっております 先日はありがとうございました まとめ 「お疲れ様」はビジネスシーンにおいてとても便利な言葉ですが、これからは使っても良い相手であるかどうか一旦立ち止まり、適切に使うようにしましょう。 ビジネスマナーは難しくて覚えることも多いですが、使用頻度が高い「お疲れ様」を相手によって言い換えることができれば様々なシーンで大いに役立つはずです。 言葉は円滑な人間関係を築くための役割を担っていることを忘れないでください。

次の