尾道 バイパス 渋滞。 リアルタイム交通情報

尾道バイパスと三原バイパスの間の2号線って、どうして渋滞する...

尾道 バイパス 渋滞

一般国道2号の交通渋滞の緩和や交通安全の向上を図るとともに、地域間の交流・連携強化による地域の活力・個性を発揮させる改築事業を推進しています。 また、福山都市圏においては関係機関等との連携・協力により、交通円滑化施策を推進します。 道路管理においては、安全で安心して利用できる道路になるよう、橋梁修繕等を行う他、維持管理計画に基づく効率的な維持管理を実施します。 管内道路の概要図 詳しくは、もご覧ください。 主な事業箇所等• 福山市瀬戸町~赤坂町までの3. 3kmの用地買収、環境調査、構造物設計、道路改良工事及び橋梁下部工事の推進• 尾道市福地町~三原市糸崎までの3. 8㎞の道路改良、トンネル等の工事推進、環境調査の実施• 三原バイパスの終点・新倉交差点の改良工事の推進• 45km• 三原市新本郷橋他6箇所の工事推進• 福山都市圏の交通円滑化施策の推進(ノーマイカーデーの定着)• 一般国道2号 福山道路 福山道路は、岡山県笠岡市茂平から広島県福山市赤坂町に至る延長16. 5kmの道路で、地域高規格道路「倉敷福山道路」の一部となっています。 また、福山道路の一部は、福山都市圏の環状道路網として機能します。 3km)の区間で事業を進めています。 期待される整備効果• 福山市内の渋滞が緩和されます。 港湾と高速道路のアクセス強化により物流の効率化を図ります。 山陽自動車道通行止め時の代替機能を担います。 工事進捗状況 工事の進捗状況についてお知らせします。 一般国道2号 木原道路 木原道路は、尾道バイパスと三原バイパスを結ぶ、 尾道市 福地町から三原市糸崎に至る延長3. 8kmの道路で、地域高規格道路「福山本郷道路」の一部となっています。 平成15年度に事業着手し、工事を進めています。 8km 車線数 4車線 道路規格 第1種第3級 設計速度 V=80km/h 【特殊通行規制区間状況】 18号台風 H16. 7 で約1時間半の通行止め 【渋滞状況】 一般国道2号の渋滞状況 期待される整備効果• 尾道、三原の両バイパスと一体となって交流・連携の促進を図ります。 尾道市~三原市間の渋滞緩和が図られます。 異常気象時における特殊通行規制(波浪・路面冠水)区間の代替路を確保します。 山陽自動車道福山西ICと重要港湾尾道糸崎港間のアクセス性の向上による物流の効率化を図ります。 工事進捗状況 工事の進捗状況についてお知らせします。 これまでの工事状況• 一般国道2号 新倉交差点改良事業 本事業箇所は、一般国道2号三原バイパスの終点に位置し、バイパス交通と現道交通の合流により渋滞が発生しており、滞留車両への追突等、重大事故の危険性が生じています。 このため、三原バイパスと現道の合流地点を改良することで、渋滞の軽減及び安全性の向上を図ります。 期待される効果• 安全で快適な通行空間の確保• 都市景観の向上• 都市災害の防止• 情報ネットワークの信頼性向上 一般国道2号新本郷橋修繕 三原市本郷町の新本郷橋(1966年架設)は支承の腐食や床版コンクリートの断面欠損等が発生しており、橋梁構造の安全性の観点から、速やかに補修を行う必要があります。 新本郷橋の修繕を実施し、安全・安心で信頼性の高い道路ネットワークの確保を図ります。 状況写真• 【全景】 一般国道2号 新本郷橋• 【損傷状況:支承の腐食】• 【損傷状況:床版コンクリートの剥離・鉄筋露出】• 【損傷状況:部材の塗装劣化】 期待される効果 修繕工事を行うことにより、橋梁の長寿命化を図ります。 VSP(ボランティア・サポート・プログラム)を通じた「100万本のばらのまち福山」の取組支援 VSP(ボランティア・サポート・プログラム)とは、道路を慈しみ、住民(実施団体)が道路を我が子のように面倒を見るという考え方に基づく、道路の環境美化プログラムであり、全国で1000以上の広がりを見せています。 住民(実施団体)は、プログラムで指定されている道路の一区画を、国交省(道路管理者)と協定を締結することで、道路の一区画と養子縁組を結んだこととなり、その区域を我が子のように責任を持って面倒を見ることになります。

次の

国道2号線での事故などによる渋滞・通行止め情報

尾道 バイパス 渋滞

概要 [ ] 元々は、尾道市街における慢性的な渋滞緩和を目的に国道2号の二次改築事業によるバイパス道路として中国地方建設局(現在の)が整備を行ったものであるが、周辺道路の整備により東西軸としての広域幹線道路から外れた部分と側道を尾道市へ移管したことにより、とで構成されるようになった。 延長9 kmのうち、取付道路(起点・終点付近)を除く 7. 6 km が専用部としてとなっており、専用部の全線が国道2号に指定されているほか、として の一部に、として 備後都市圏都市計画道路1・3・001号福山尾道三原線(今津町 - 糸崎町) の一部に指定されている。 また、一般部(平面道路)である取付道路は、尾道市道に指定されている区域(起点付近)と国道2号に指定されている区域(終点付近)とがあり、起点付近の 尾道市道バイパス側道高須線 は、都市計画道路として 備後都市圏都市計画道路3・5・409号大新線(尾道市高須町字有江池尻 - 字大新、総延長 870 m 、幅員 14 m ) に指定されている。 路線データ [ ]• 起点 : 広島県尾道市高須町 (国道2号現道・尾道バイパス東口交差点)• 終点 : 広島県尾道市福地町 (国道2号現道・三原市境)• 延長 : 9. 0 km (うち専用部 7. 6 km )• 一般部 : 完成2車線• 専用部 : 完成4車線• 総事業費 : 約94億円 (うち用地補償費約32億円 )• 一般部 : 50• 専用部 : 60 km 歴史 [ ] 尾道市の国道2号は、(28年)に一次改築を終えていたが、一日あたりの交通量は(昭和37年)で11,900台、(昭和40年)で22,000台と年々増加し、渋滞が問題となっていった。 そのため、尾道市街の北側を迂回する形で1965年度(昭和40年度)から二次改築事業としてバイパス道路の整備に着手。 (44年)に建設省中国地方建設局管内初の自動車専用道路として部分開通。 事業計画を一期と二期に分け、一期計画ではとの交差部において同国道を跨ぐ本線は施工せず、側道のみの供用とし、二期計画で本線を施工した。 自動車専用道路として整備した背景には、(昭和30年代半ば)から構想されていた「 第二山陽道構想」(計画の前身)があり、この構想では二次改築事業で整備したバイパス道路同士をつないで高規格道路を形成するというものだった。 また、尾道市の(現在の山陽本線)を尾道バイパス付近に迂回させ、尾道市街の交通問題の改善を図ろうとする構想もあった。 年表 [ ]• (昭和40年)• この年度 : 事業着手(高須町側から用地取得開始)。 (昭和41年)• この年度 : 工事着手。 (昭和44年)• : 高須町(国道2号現道) - 栗原町(国道184号)をで供用開始。 (昭和47年)• : 栗原町(国道184号) - 福地町(国道2号現道)を暫定2車線で供用開始。 これにより 全線開通。 (昭和56年)• : 4車線化と遮音壁整備が完了。 これにより 事業完了。 (17年)• 夜 : 自動車専用道路でのが解禁されて全国初となる死亡事故が久保町付近で発生。 (平成27年)• 22時 : 福地町地内の下り線にあったを廃止。 (2年)• 22時 : 福地町地内の上り線にあった簡易パーキング(及び)を廃止。 路線状況 [ ] 一般部のうち、国道2号現道の尾道バイパス東口交差点(高須町)から高須ICにかけての区間は、かつて国道2号に指定されていたが、の立体化により高須ICの広島方面行きの入口の位置が変更となり、尾道市道防地間谷線 を介すこととなったため、 尾道市道バイパス側道高須線 として尾道市に移管されている。 また、栗原IC側道も上り線が 尾道市道尾道バイパス側道10号線 、下り線が 尾道市道尾道バイパス側道11号線 として尾道市に移管されている。 専用部は国道2号()と直結しており、建設中の国道2号木原道路が完成すれば、福山市から三原市へ至る自動車専用道路が形成される。 道路施設 [ ]• 防士隧道(上り線)、防地トンネル(下り線)• (、)の防地峠を貫く。 この峠は、かつてとの藩境でが置かれていた。 この関係でではと広島県の県境となり、福山県はからを経てに再編され、(9年)の県境変更まで岡山県と広島県の県境になっていた。 交通量 [ ] 2005年度(平成17年度道路交通センサスより) 平日24時間交通量(台)• 尾道市高須町防士 : 51,780• 尾道市吉和町 : 34,988 地理 [ ] 通過する自治体 [ ]• 広島県• 尾道市 インターチェンジなど [ ]• から、福地町までが、自動車専用道路。 路線名の特記がないものは。 施設名 接続路線名 から km 備考 尾道バイパス東口 国道2号( E76 ) 246. 5 専用部本線上で直結 E76 246. 5 249. 2 249. 8 福山方面出入口 広島方面出入口 251. 2 252. 6 253. 2 国道2号建設工事に伴い閉鎖 253. 7 国道2号木原道路建設工事に伴い閉鎖 - 国道2号木原道路 253. 9 事業中、専用部本線上で直結予定 国道2号 方面 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• PDF プレスリリース , 福山河川国道事務所, 2015年2月18日 , の2020年1月17日時点におけるアーカイブ。 , 2020年1月17日閲覧。 PDF プレスリリース , 国土交通省中国地方整備局 福山河川国道事務所, 2019年12月17日 , の2020年1月17日時点におけるアーカイブ。 , 2020年1月17日閲覧。 参考文献 [ ]• 尾道市建設部用地課 『尾道市道路台帳』 尾道市役所、2018a。。 2019年4月17日閲覧。 尾道市建設部用地課 PDF 『尾道市道路台帳』 尾道市役所、2018b。。 2019年4月17日閲覧。 尾道市都市部まちづくり推進課 PDF 『尾道市総合交通体系調査報告』 尾道市役所、2010年3月。。 2019年4月17日閲覧。 尾道市議会事務局『尾道市の概要』尾道市役所、2003年10月。 中国地方建設局『中国地方建設局五十年のあゆみ』中国地方建設局、1999年3月31日。 中国地方建設局『中国地方建設局三十年のあゆみ』建設省中国地方建設局、1982年3月。 広島県総務部県史編さん室『広島県史 地誌編』、1977年3月31日。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 神崎大橋• 左門橋• 湊川大橋• 加古川橋• 新加古川橋• 姫路大橋• 城山トンネル• 揖保川大橋• 有年橋• 船坂トンネル• 三石第一トンネル• 備前大橋• 百間川橋• 大樋橋• 高梁川大橋• 神島橋• 神村トンネル• 真川橋• 下木原トンネル• 是国トンネル• 正分トンネル• 福寄トンネル• 防士トンネル• 時広トンネル• 中之町トンネル• 駒ヶ原トンネル• 西宮トンネル• 本郷大橋• 中野トンネル• 押手トンネル• 国信第1トンネル• 国信第2トンネル• 鈴ヶ峰トンネル• 八幡川橋• 美鈴橋• 海老橋• 岩国トンネル• 防府第1トンネル• 防府第2トンネル• 天神山トンネル• 椹野川大橋• 高山トンネル• 木屋川大橋• 長府トンネル• 自然要衝.

次の

尾道バイパス

尾道 バイパス 渋滞

そもそもが、尾道市街地~海岸線~三原市街地が大渋滞となっていました。 中国道ができて、長距離トラックは2号線から中国道に流れましたが、中短距離トラックは2号線が生命線。 そこに周辺地域の流通トラックや通勤の自家用車で大渋滞。 ご存知のように尾道・三原は辺鄙な土地で、通勤など生活には自家用車が欠かせません。 列車は走っていますが、その先バスを利用したとしても通勤できる場所はごく限られています。 尾道バイパスができて、尾道市街地の渋滞はかなり改善され、仮眠もできるりっぱなトラックステーションができて中距離の運転手さんには渋滞を避けた時間帯での走行もできるようになったのではと思います。 山陽道がつながると中距離トラックはそちらに流れ、海岸線の渋滞は少しは解消されてきました。 三原バイパスは西から開通されて三原市街地北・・・今のバイパス入り口まで少しずつ延伸してきました。 三原バイパスはまだ未完成ですが、それでも三原市街地の大渋滞はかなり改善されてきたかと思います。 海岸線の部分がまだバイパスがつながっていないですが、三原方向については、バイパス入り口をそのまま通過しての三原市街地に入る道が、信号待ちとか交通量が多くなっての低速・停滞が起きると、海岸線も渋滞してくるようです。 三原市街地手前の停滞が無ければ海岸線の三原方向への走行はスムーズです。 尾道方向ですが、現在の停滞は、バイパスを上がった先の、三原バイパスとの合流点周辺の工事の影響と、バイパスを上がらず下道での、少し先での信号機とか交流量が増えての低速・停滞と思います。 その2つがスムーズであれば海岸線の尾道方向もスムーズです。

次の