妊娠 後期 めまい。 妊娠後期の動悸と息切れ・めまい!その原因と対策4つ!

ふらふら…臨月時のめまいや頭痛の原因は?すぐできる対策3つ

妊娠 後期 めまい

吐き気というと妊娠初期のつわりを思い浮かべるお母さんも多いでしょう。 しかし吐き気は妊娠初期だけに限りません。 中には妊娠初期からずっと吐き気に悩まされ、中期、後期、そして臨月までずっと吐き気に悩まされるという方もいるようです。 一般的に妊娠後期の吐き気は後期つわりの一種であり、他にとくに異常な点がなければ自然におさまることが多いので心配はいりません。 ただし吐き気が激しく食べ物が喉を通らなくなったり、度々の嘔吐があると、水分の補給が不足してしまい、脱水症状を起こしてしまいますので注意が必要です。 他にも感染症や妊娠高血圧症候群、さらには陣痛の前触れである場合もありますので、気になる場合には早めに主治医の診断を仰ぐようにしましょう。 妊娠後期 臨月の吐き気の原因とは? 妊娠中の吐き気というと、妊娠初期に起こる「初期つわり」の代表的な症状ですが、吐き気は妊娠後期にも起こります。 妊娠後期に起こる吐き気の原因は、子宮の中で赤ちゃんが大きくなってきたために、胃が上にせりあがってくることにあります。 吐き気の他にも、後期つわりには個人差があり、さまざまな症状があらわれます。 頭痛や胃のもたれ、むかつき、食欲不振やイライラ、胸やけやげっぷなど、症状は多岐にわたっていますが、原因は大きくなった子宮が胃を圧迫することにあります。 妊娠後期の吐き気は「後期つわり」の一種 あともう少しで出産というときに起こる吐き気や胃痛、妊娠後期に起こるこのような症状は、「後期つわり」と呼ばれています。 つわりに関しては個人差が多く、ほとんどつわりを感じないという方もいれば、妊娠後期までつわりが続く、という方もいます。 妊娠初期のつわりの原因は、黄体ホルモンの分泌が多くなることや、妊娠に伴う体や心の変化によって引き起こされる精神的ストレスなどにあります。 他方後期のつわりは、赤ちゃんの成長に伴い子宮がどんどん大きくなることに起因します。 子宮が胃腸を上にせりあげるため、胃酸が逆流すると胃やけや圧迫感とともに吐き気などの症状が起こります。 後期つわりの起こる時期 妊娠後期に起こる吐き気は、基本的には妊娠後期、すなわち28週以降に起こることが多いようですが、人によっては妊娠中期から吐き気や胃のもたれを感じる方もいるようです。 吐き気の症状はそのまま臨月までずっと続く場合もあれば、臨月を迎える前に自然に収まることもあります。 臨月になってからの吐き気は陣痛の前触れということもありますので、臨月を迎えてからの吐き気にはとくに注意が必要です。 妊娠後期の食事管理 吐き気を催したら静かに休息を取り、安静にするようにしましょう。 食べたあと横たわると、さらに胃酸が逆流することがあるので気をつけましょう。 妊娠後期になって吐き気を感じるようになったら、食事のメニューや食べ方を見直す必要があります。 妊娠後期に入るとそれまでよりも行動量が減り、運動消費カロリーは確実に減少します。 そのため食べ過ぎるとすぐに体重が増加してしまう恐れが。 どうしても食べられないときには無理をせずに、飲み物など胃腸に負担のかからないものをとりあえず取るようにしましょう。 吐き気をこらえて食べたくないものを食べるよりも、食べられそうなものを少量ずつ食べるようにしてください。 吐き気を予防するための食事の仕方 大きくなった子宮に胃が圧迫されてしまう時期ですので、食事は一度に食べる量を少なくし、出来るだけ胃に負担がかからないようにしましょう。 食材としては消化しやすく、胃腸に優しいものを選び、刺激の強いものや消化しにくいものは出来るだけ避けるようにします。 栄養バランスを考え、不足しやすい鉄分やカルシウムなどを多く含む食材を毎日の食事に取り入れるようにすることが必要です。 消化に時間がかかるもの、油分が多いものや辛いもの、腸の中に溜まってしまいそうなものは出来るだけ控えましょう。 妊娠後期は血圧が高くなる恐れもありますので、味付けは出来るだけ薄味にします。 塩分の取りすぎは後期つわりの症状をさらに悪化させますので、塩分控えめ、低カロリー、しかし栄養素はふんだんに含む食事メニューにしましょう。 下痢を伴う嘔吐がある場合 吐き気だけでなく実際に嘔吐があり、それに加えて下痢の症状が見られる場合には、そのままにしておかずに医師の判断を仰ぐようにしましょう。 嘔吐に加えて下痢の症状がひどい場合には、感染症にかかっている恐れもあります。 妊娠中はホルモンの分泌のせいで、とかく下痢になりやすくなります。 後期つわりでは、便秘と下痢という一見すると反対の症状を交互に繰り返してしまうこともありますので、たかが下痢と軽くみることなく、早めに病院に連絡するようにしましょう。 嘔吐があった場合は水分補給を 胸がむかむかする、胃やけがする、という段階を越して、実際に嘔吐してしまったら、水分補給を怠らないようにしましょう。 妊娠中は喉が渇きやすく、ちょっとしたことで脱水症になりやすいといわれています。 母体に水分が不足してしまうと、赤ちゃんに深刻な影響を与えてしまいます。 吐き気を感じてしまい、食事がのどを通らなくなると、栄養不足だけでなく水分不足にもなります。 赤ちゃんの体の水分量は体重の約八割近くにもなるといわれていますので、お母さんの体の水分不足が赤ちゃんに悪い影響をもたらさないよう、十分注意しましょう。 貧血の可能性による吐き気 意外に思われるかもしれませんが、妊娠後期の辛い吐き気は貧血が原因である可能性があります。 元々めまいや倦怠感以外にも吐き気は貧血の一症状ですが、赤ちゃんが一段と成長する妊娠後期はお母さんの血液が赤ちゃんへ優先的に回るため、お母さんは貧血になりやすく、対処しても改善が見られにくいという状態になります。 特に妊娠前から貧血で治療を行っていた方は、担当医の指示に従って少しでも貧血を抑えるように意識しましょう。 貧血が原因で吐き気が起きる方は、まず無理をしないのが一番です。 家事や買い物などは、頻繁に休憩を挟みながらゆっくり行うようにしてください。 胃腸炎の可能性による吐き気 妊娠後期は体の変化による吐き気以外に、感染症によるものも少なくありません。 特に冬はノロウイルスなどの胃腸炎が流行するので、免疫力の下がった妊婦さんは感染しやすいです。 胃腸炎になると吐き気だけでなく下痢や熱の症状が見られ、お腹の大きくなった妊婦さんにとっては完治まで非常に辛い数日となってしまいます。 胃腸炎で一番怖いのは脱水症状なので、少量ずつでも水分補給を欠かさないように気をつけましょう。 感染を防ぐには、帰宅後の手洗い・うがいはもちろん、家族が触るドアノブやトイレなどの除菌も重要です。 妊婦さん一人で対策しても、家族が外から感染して胃腸炎になってしまったら意味がありませんので、家族全員で感染予防していくようにしましょう。 妊娠高血圧症候群の可能性 妊娠後期の吐き気はたいていの場合つわりの一種であり、食事の取り方や内容に注意することにより、深刻な事態には至らないことがほとんどです。 しかし稀にですが、妊娠高血圧症候群にかかってしまい、そのせいで吐き気や頭痛、嘔吐が起こることがあります。 妊娠高血圧症候群は、妊娠中毒症と呼ばれることもある症状ですが、その特徴は妊娠中期以降に高血圧が続くことにあります。 自覚症状がない場合も多く、気が付かないうちに重症になってしまう怖い症状です。 症状に気づかずそのままにしておくと、子宮や胎盤への血液の流れが悪くなり、結果的に赤ちゃんに対して栄養分や酸素が十分に届かない、という事態に陥ってしまいますので十分に注意が必要です。 妊娠高血圧症候群の症状としては、吐き気、むくみ、頭痛、倦怠感、眠気など。 状態に応じてあらわれる症状も異なりますので、気になる場合には放置せず、念のため病院で確認してもらうようにしましょう。 治まる目安はいつ頃? 吐き気や胸焼けが続くと、こんな状態で赤ちゃんが産めるのだろうかと悩んでしまう方もいらっしゃるでしょう。 実際は臨月に入って赤ちゃんが下がり始めると子宮の位置も下方に移動するため、胃の押し上げがなくなって胃の機能が回復し、吐き気が治まります。 一般的に赤ちゃんが下がるのは正産期である妊娠37週以降と言われていますが、初産の方は赤ちゃんが下がるのに時間がかかる傾向にあります。 経産婦よりも骨盤が十分に開いていなかったり筋肉に柔軟性がないといった事が理由に挙げられますので、普段からウォーキングやスクワットをして股関節周辺の筋肉を十分ほぐしておく必要があるでしょう。 また、運動をすれば血行が促進されて鈍りがちな胃の機能も活性化できますので、ぜひ試してみてください。 臨月に吐き気があったら いよいよ臨月に入ると、これまで多く分泌されていた黄体ホルモンに代わり、エステロゲンと呼ばれる卵胞ホルモンの分泌が次第に増えるようになります。 ホルモン分泌が増減することもまた吐き気の原因の一つといわれています。 臨月の吐き気はそのまま陣痛の予兆である場合もあります。 前駆陣痛と呼ばれる本当の陣痛前に起こる予兆としては、腰痛、お腹のはりや痛み、下痢、吐き気などがあります。 吐き気とともに他にも陣痛の予兆が起こったら、病院に連絡するようにしましょう。 リラックスしてストレスを減らすこと 妊娠後期になり、いよいよ出産まであとわずか、という時期にくると、これまでの疲れや精神的な負担が、途端に重く感じられるようになります。 大きくなったお腹を抱え、自分の容姿に対する自信を無くすお母さんもいるようです。 お母さんが妊娠中に精神的なストレスを感じてしまうのは、生活のすべての局面を妊娠という状態に埋め尽くされてしまうから。 あまり自分を追い詰めずに出来るだけゆったりした気分でいるのが、妊娠後期・臨月を乗り切るコツです。 胃薬等の服用の考え方 妊娠中は薬を飲まないように気をつけるのが正解ですが、妊娠後期になれば薬がお腹の赤ちゃんの先天性異常の原因の可能性は低いです。 もちろん薬の成分によっては赤ちゃんへ害のあるものもあります。 妊娠後期の吐き気で病院で処方される薬は赤ちゃんへの影響がありませんので、安心して服用してください。 市販の胃薬でもOKと指導する病院もありますが、やはり病院で処方してもらったほうが安心して服用できるでしょう。 吐き気を我慢すると食事量が減って体力が落ちてしまったり、赤ちゃんへ栄養が届かない可能性がありますので、薬を我慢するよりは飲んだ方がメリットは大きいです。 医師に相談の上、辛い時は試してみてください。 まとめ 妊娠後期に吐き気があった場合には落ち着いて安静にするのがいちばんです。 後期つわりの典型的な症状の一つですのでとくに心配する必要はありませんが、吐き気が毎日続く方は食事の取り方や内容を考え、胃腸に負担のかからないものにしましょう。

次の

妊娠後期~臨月の吐き気で気持ち悪いときに知っておきたいこと

妊娠 後期 めまい

妊娠後期、33週になったちゃこです。 一週間前から1歳11ヶ月のこーくんの謎の夜泣き。 それに伴う寝不足と疲れ。 ようやく夜泣きがなくなって朝まで眠れるようになったところで私の体調に変化が、、、 布団に横になった瞬間、ぐるんぐるんと視界が回転。 たまらず目を閉じても、ぐるぐるした感じは続きます。 しばらくすると目眩が止まり、目を開けても大丈夫。 時間にすると10秒20秒程度だと思いますが、めまいの間はものすごく長く感じます。 その後も寝返りを打とうとして体勢を変えたり、水が飲みたいと騒ぐこーくんの要求に応え立ち上がったりするときにも、ぐるんぐるん。 翌日も朝、夕方、夜と数回めまいが発生。 それとともに吐き気ももよおします。 吐くまではいかないのだけど。 ネットで調べると、妊娠後期のめまいは起こりやすく、血管が圧迫された影響とか、妊娠高血圧症の兆候とかいろいろ書いてあります。 産婦人科の受診予定です。 【追記】受診の結果はです。

次の

妊娠後期の動悸・息切れが苦しい…原因は?めまいにも効く対策・予防法も!

妊娠 後期 めまい

多くの妊婦さんが経験する動悸や息切れ、めまいといった症状ですが、こういった症状には妊娠中の運動不足で体力が落ちた事だけが原因ではなく他にも原因があるのです。 また症状が軽い場合には普段の生活週間を少し見直すだけで改善される場合もありますので、まずはその原因を知る事が大切になります。 家の周りを歩いたり、時には家事をする為に立っているだけで動悸やめまいに襲われるという方も多くいらっしゃいます。 元々の体質にもよりますが、 妊娠したことによって引き起こしている可能性が高いのです。 動悸や息切れ、めまいなどを引き起こす原因と知るとともに解決策も知っておくと便利ですよね。 このページの目次• 妊娠後期の動悸の原因4つ 1.鉄分不足 妊娠すると胎盤を通して赤ちゃんに栄養を送る為に 血液の量が最大で妊娠前の1. 5倍にまでなると言われています。 そしてただ単に血液の量が増えるのではなく、血漿が増えるだけで酸素を送る役目をしてくれる赤血球は中々思う様に増えてくれません。 その為 脳内酸素が不足し、動悸やめまいが起こるそうです。 2.大きくなった子宮で肺や心臓が圧迫される為 妊娠後期は初期や中期に比べ一気に赤ちゃんが大きくなりますので、その影響で 肺や心臓が圧迫され息苦しくなってしまう様です。 またあらゆる内臓も子宮に押されて圧迫され 血管が細くなりやくすなっており、めまいを引き起こしてしまう事があるそうです。 3.子宮収縮を抑える為の薬の影響 切迫流産や切迫早産と診断された方はお腹の張りを抑える為に 「ウテメリン」や 「リトドリン」といった張り止めは、交感神経に働きかけ子宮の収縮を抑えてくれます。 しかしその反面、 副作用として動悸やめまいが起こってしまう妊婦さんが多い様です。 4.冷えからくる血液の循環の悪さ 妊娠後期はどうしても大きくなった子宮で血管が圧迫されやすく、冷え症になりやすいです。 その為 下半身の血の巡りが悪くなり心臓へ血が戻りにくくなりますので、負担がかかり動悸やめまいの原因となってしまいます。 妊娠後期の動悸の対策4つ 1.なるべく鉄分を摂取する様に心掛ける 妊娠中のお母さんはどんどん赤ちゃんに栄養を吸収されますので、すぐに鉄分不足に陥りやすくなります。 ですので 普段の食生活から鉄分の多く含まれている食べ物やバランスのとれた食事を心がけると良いですね。 また鉄分には2種類ありますのでそれぞれを効率摂取できる様に工夫すると良いでしょう。 ヘム鉄と非ヘム鉄とは? 1.ヘム鉄・・・肉や魚に多く含まれている鉄分で 非ヘム鉄よりも吸収が良いとされています。 得に 牛肉の赤みや豚肉からは効率よく鉄分を吸収出来るそうです。 2.非ヘム鉄・・野菜や豆類に多く含まれる鉄分ですが、 ビタミンCや動物性たんぱく質と一緒に摂取すると吸収が良くなるそうです。 得にほうれん草には吸収を効率的に行ってくれるビタミンCも含まれていますので、これ一つでも十分な効果が得られるでしょう。 こう言った食生活を工夫してもどうしても貧血が治らない場合には病院で 「鉄剤」を処方してもらうと良いでしょう。 2.無理な運動は避けゆっくり休む 妊娠後期に入るとお産に向けて運動をしたり、出産準備品を買いに行ったりと気づかない間に無理をしてしまいがちです。 買い物などに出かけた場合でも動悸がしたり疲れてしまった場合には、 ベンチに腰掛けるなどして休憩をしながら行うと良いですね。 また家事でも結構体力を使いますので、あまり無理はせずご家族の方やご主人に頼めることは遠慮せずにお願いする様にしましょう。 3.薬の服用を控えてみる 薬の副作用で動悸やめまいが起こっている場合には一度担当の先生に相談してみると良いでしょう。 自己判断での使用中止は危険ですので止めましょう。 張りが頻繁に起こってしまい薬の服用を控えると流産や早産になってしまう様であれば、入院して点滴に切り替えたり病院で安静に過ごせる様に工夫が出来るはずです。 家にいるとどうしても色々と用事をしてしまいがちですので、一旦入院して落ち着くまで様子を見るのも良いでしょう。 4.足湯などで下半身を温める 冷えてしまった足元を温めることで血の巡りが良くなり、全身の血液循環も良くなります。 全身の血の巡りが良くなると心臓への負担も減りますので、動悸などの症状が改善されるでしょう。 妊娠後期の動悸の症状・どんな時に動悸を感じる? では一般的にはどの様な時に動悸の症状を感じる妊婦さんが多いのでしょうか。 ちょっとした動作や動きでも動悸が出やすい方もいらっしゃいますので、以下の点に注意しておくと事前に防げるかもしれませんね。 1.買い物や運動などの外出時 やはり歩いている時に酸素不足になりやすく動悸やめまいが起こりやすい様です。 なるべく ゆっくり歩く様にし、こまめに休憩を挟むことをお勧めします。 また運動をしていてどうしても辛い場合には、すぐに中止し自宅で安静に過ごしましょう。 2.立ち上がる時 妊娠時は全身の血液が子宮辺りに集中していますので、 急に立ち上がったりすると血液がうまく全身へ流れず動悸を起こしやすくなります。 朝起き上がる時や座った状態から立ち上がる時にはなるべく ゆっくり起き上がったり、立ち上がる様にしましょう。 3.お風呂上がり お風呂で全身が温められると血管が緩みます。 そしてお湯から出た時に急に体温が下がりますので全身の血液が一気に足元へ流れてしまい、めまいや動悸を起こしやすいそうです。 また肩までゆっくり浸かって疲れを取りたいところですが、 水圧で心臓を圧迫してしまい動悸が起こってしまうそうです。 得に妊婦さんの場合にはお腹でも圧迫されていますので、 出来るだけ心臓より低いお風呂に短時間入る事をお勧めします。 妊娠後期の動悸が赤ちゃんへ与える影響 妊娠中に動悸が起こる原因の一つに「鉄分不足」があると説明しましたが、この鉄分不足によって起こる動悸の場合には赤ちゃんへの影響が少なからずあると言われています。 鉄分が不足しますと赤ちゃんへ十分な栄養を送ることが出来なくなりますので、 成長が順調にいかず発育が遅れたり未熟児で生まれる可能性が出てきます。 また出産時の出血も止まりにくくなりますので、 母体にも危険が及び出産自体が危なくなってしまう事もある様です。

次の