オクラ レンジ。 オクラの簡単な茹で方って?電子レンジを使っても大丈夫なの?

オクラの食べ方は生?レンジでチンする時間は?栄養は変わらないの?

オクラ レンジ

スポンサーリンク オクラの下処理方法!ヘタは食べられる? オクラは調理前に下処理をすべき野菜ですが、ちゃんと下処理すればヘタも美味しく食べられます。 オクラを茹でる前、下処理の方法は以下のとおり。 1、オクラのヘタを食べやすくする オクラはガクと呼ばれる少し硬い部分をとれば、ヘタ自体は食べられます。 下処理の際はヘタについているガクの部分を、くるりと包丁で削るようにとればOK! ガクは口に残り後味が悪くなるので下処理で取り除くべきですが、面倒なら取らないで食べることもできます。 2、オクラの産毛をとる 産毛は動画のように生のオクラを塩もみすると簡単に取れます。 産毛取りで使った塩は茹でる時にもそのまま使えるので、洗い流す必要はありません。 塩もみする前、あらかじめオクラの表面を洗っておくといいでしょう。 もし塩を洗い流してしまった場合は、茹でる時に塩小さじ1を沸騰したお湯に入れてください。 オクラがしっかりと浸かる量のお湯を沸かす• 下処理後、塩が付いたままのオクラを入れる(オクラを入れた後、冷やす用の氷水を作る)• 2分~2分半ほど茹でた後、あらかじめ用意しておいた氷水で急速に冷やす• 冷えればざるなどにあげる オクラの茹で時間は2分~2分半がベストで、長すぎるとふにゃっとした食感になり美味しく頂けません。 最後に氷水でしめることで、• 余熱で中まで火が通ってしまうのを防ぐ• 鮮やかな色がキープできる といった効果を得られます。 氷がなくて急速に冷やせない場合は茹で時間を1分半~2分に短縮し、ざるで冷ますのがおすすめです。 オクラはレンジでも調理できる?加熱は何分? 軟らかくなりすぎたり焦げ付いたりが心配かもしれませんが、レンジ調理でもオクラは美味しく食べられます。 オクラのレンジ調理はお湯で茹でるより時間や手間がかからず、栄養も抜け落ちないのでおすすめ!。 レンジでチンする手順も簡単です。 オクラの下処理後、塩を洗い流す• 重ならないようにオクラをお皿に乗せ、ラップする• 1袋分(オクラ約7~8本)を600Wで1分加熱して完成 レンジ調理はお湯と違って茹でないのでオクラが水っぽくならず、本来の風味を楽しめます。 オクラのおひたしなどオクラメインの献立にするなら、お湯で茹でるよりレンジ調理した方が美味しくなるはずです。 まとめ オクラのヘタは食べにくいガクの部分さえ取り除けば、残りの部分は食べられます。 下処理後の茹でる時間は2分~2分半がベストで、これより長いと食感が失われるので要注意。 レンジでチンすれば約1分で料理でき、茹でた時のように水っぽくならないのでおすすめですが、加熱時間はオクラの量やレンジの機種によって若干変わります。 始めは1分に設定して硬さをみて、10秒単位で追加加熱しながら好みの堅さに調整してくださいね。

次の

レンジで簡単3分おつまみレシピ。やみつきおくらのナムル

オクラ レンジ

茹で上がりの緑の色が鮮やかなこと。 さらに、茹でるためのお鍋を出し入れしたり、洗う必要がないという メリットがあります。 電子レンジでゆでるようになって本当に楽になりました。 もうオクラをお鍋で茹でようなんて思いません。 緑色が鮮やかにゆであがるからです。 電子レンジで茹でる場合は オクラに水をかけながら、軽くたわしでこすり洗いします。 これだけでうぶ毛は気にならなくなります。 その後、ヘタを切り落として、耐熱皿に並べます。 その時大事なことは、オクラを洗った後の水分を拭き取らず そのまま含ませて残しておくことです。 それによってお湯で茹でたのと同じような感触に仕上がる からです。 また、オクラを一口サイズで食べたい場合は、ヘタを切った ついでに、一口サイズに切ってから耐熱皿にならべます。 茹でる時間は、オクラ10本で、600ワットで1分30秒が目安です。 500ワットなら2分ですね。 オクラの硬さや、大きさでも多少違うので加減して下さい。 少し柔らかいぐらいの方が筆者は好きです。 硬いと美味しくないですよ。 三島のごまあえの元なら、ゆでたオクラなどに混ぜるだけ で簡単に美味しいごまあえができます。 豆腐は水切りして、一口サイズに切る。 ボールに白ごま以外の調味料を入れて混ぜ合わせ、オクラを 入れてさらに混ぜ合わせ、最後に白ごまをふりかけて完成。 お好みで大葉を細かく切ってふりかけても美味しい。 画像は楽天レシピ及びクックパッドから引用させていただきました。 続く 広告の下の方に、関連記事や人気記事があります。

次の

【決定版】オクラのゆで方&ゆで時間ガイド。レンジで40秒が大正解!

オクラ レンジ

かたすぎたり水っぽくなったり…意外とゆで加減が難しいオクラは、電子レンジで40秒加熱がおすすめ。 さらにひと工夫加えれば、クタクタ食感にしたり、ネバネバ感を引き出したりと自由自在です。 野菜ソムリエプロの根本早苗先生にオクラの下処理とプロの裏技、アレンジレシピを教えていただきました。 【オクラのゆで方】レンジで40秒が正解! オクラは電子レンジで40秒加熱すると、ほどよい食感に仕上がります。 ゆで方 1 ヘタの先端を切り落とし、ガクを取り除く オクラはヘタの先端部分だけを切り落とす。 ガク部分を包丁で1周薄くむく。 実の部分を切ってしまうと、下ゆでのときに切り口から水分が入ってしまいます。 2 塩でこすってうぶ毛を取り除く オクラに塩ひとつまみをまぶし、指先でやさしくこすってうぶ毛を取り除く。 口当たりがよくなるだけでなく、こすった塩が下味代わりにもなる。 3 互い違いに並べ、レンジで40秒加熱する 耐熱皿にオクラを互い違いに並べ、ふんわりとラップをかける。 5本(50g)の場合、電子レンジ(600W)で40秒加熱する。 加熱時間は1本増やすごとに10秒ずつ追加するとよい。 4 ざるに広げてそのまま冷ます レンジ加熱後すぐにオクラを取り出す。 ざるに重ならないように広げて粗熱をとる。 歯ごたえの残る仕上がりに! 熱が取れたら下処理完了。 加熱ムラがなく、シャキシャキした歯ごたえが残るオクラに。 水分が含まれることで、とろっとしたやわらかい食感に。 そのままかつお節をかければお浸しとしていただけます。 納豆に加えたり、とろろと混ぜ合わせたりと、ネバネバ食感を出したいときにおすすめ。 使い方いろいろ【オクラのアレンジレシピ】 「オクラのグリーンサラダ」プチプチ感が引き立つ! 作り方 レンジ加熱したオクラ(もしくはゆでたオクラ)を縦半分に切り、レタスやベビーリーフとともに器に盛る。 半分に切ったミニトマトを添えてコーンをちらし、お好みのドレッシングをかける。 「オクラのキムチ和え」おつまみにおすすめ! 作り方 レンジ加熱したオクラ(もしくはゆでたオクラ)は斜め半分に切り、白菜キムチ・ごま油とともに和える。 「肉巻きオクラ」お弁当のおかずに重宝する! 作り方 豚バラ薄切り肉に塩・こしょうをして、小麦粉を薄くまぶし、レンジ加熱したオクラ(もしくはゆでたオクラ)にくるくると巻く。 サラダ油を熱したフライパンに入れ、転がしながら焼く。 肉に焼き目がついたらめんつゆを入れて煮絡める。 【オクラの冷凍】冷凍庫で1ヵ月保存可能 ゆでたオクラは冷凍保存ができます。 冷凍で1ヵ月程度保存可能です。 冷凍方法 ゆでたオクラを冷まし、2~3本ずつラップに包む。 冷凍用保存袋に入れ、口を閉じて冷凍する。 解凍方法 オクラは凍ったまま切ることができる。 食べやすいサイズにカットし、めんつゆをかけて和え物に。 炒めものや汁物の具材として加熱調理するのもおすすめ。

次の