さくらさくら 歌詞 意味。 歌曲「さくらさくら」日本の桜の美しさを歌いあげよう。歌詞の意味と歌唱ポイント

さくら(独唱) 森山直太朗 歌詞情報

さくらさくら 歌詞 意味

歌詞の意味 さくらさくら 三月の空を見渡してみると この霞みがかった景色の中で いい香りがしてきた(鮮やかな色が見えてきた) さあさあ 見に行こう 言葉の意味 弥生 三月のことです。 日本の古い月の呼び方は 1月 睦月 むつき 、2月 如月 きさらぎ 、3月 弥生 やよい ・・・・ この「やよい」です。 霞みか雲か ぼんやりした景色のことでしょう 匂いぞ出る いい花の香りがしてきた にほい=色がくっきり見える という意味もあるようですので、景色の中に鮮やかな色が見えてきた(桜のピンクがはっきりとしてきた)という意味にも捉えられます。 歌詞の変化 「さくらさくら」は、日本の古謡です。 子供のお琴練習曲として江戸時代に作られた「咲いた桜」がルーツだと言われています。 そこから明治時代に作られた歌詞が、動画と同じものです。 (作者不詳だから書いても大丈夫ですよね・・・) さくら さくら やよいの空は 見わたす限り かすみか雲か 匂いぞ出ずる いざや いざや 見にゆかん そして、以下が現代の教科書に掲載されいている歌詞です。 文部省唱歌の歌詞。 さくら さくら 野山も里も 見わたす限り かすみか雲か 朝日ににおう さくら さくら 花ざかり 思えば、私も後者の歌詞を学校で習いました。 昔の歌詞よりも、意味がわかりやすくなっていますよね。 どちらがひまわりの好みかというと、やはり前者です。 「いざやいざやみにゆかん」ここが好きなのです。 遠くで色づく桜を見て、春の匂いを感じ、居ても立っても居られない・・・・早く見に行こうよ!!! あっという間に咲いて、あっという間に散ってしまう桜。 一瞬の美しさだからこそ、日本人の心に響いて歌い継がれているのでしょう。 世界でもこの曲は有名で、日本人が外国で演奏会をするときには、アンコール曲としてよく選ばれるとのこと。 歌唱ポイント 遠くの景色の広がり、霞みがかった柔らかな色合いを、声に乗せて歌うのが理想ですね。 歌声からこの曲の風景を感じられたら最高なのですが・・・ とにかくレガートに。 あたたかな空気が流れるように、優しい響きを絶やさないように気を配りましょう。 「いざやいざや」は気持ちの高ぶりを、ほんの少しのアクセントで表現します。 声の伸ばした後の始末はとても大事です。 ぶちっと切らずに柔らかく包み込むように処理してください。

次の

「さくらさくら」について

さくらさくら 歌詞 意味

さくらについての歌の 超定番曲といってもいいほど広く愛されているの「さくら」。 春の季節になると日本国中の学校やボックスで歌われるの1つです。 胸がキュンとする切ないメロディーと情感あふれるそのは人の心を掴んで離しません。 この曲を聴くたびに出会いと別れを感じて思わず涙しまう方も多いでしょう。 今回はそんな春の「さくら」をお届けしたいと思います。 ミリオンセラーを記録した曲ですがミュージックビデオでも話題になりました。 森山直太郎本人とピアノ伴奏というだけのシンプルな構成。 余計な飾りがない単純な映像なのでの深さと重さがダイレクトに心の中に伝わってくるです。 数あるさくらについての曲の中でもトップテンに入る曲といっていいでしょうね。 「さくら」の歌詞 学校での卒業式のお別れだけではなく、会社等での別れも想像できるです。 別れなければいけない時期ですが、 再び会える日を待ち望んでいます。 今は別れで切なく悲しい気持ちですが、またお互いに成長して再会することを誓います。 非常に苦しいときには 笑顔で乗り越えるという気持ちも描写していますね。 君の笑顔で何度救われたでしょうか。 自分が落ち込んでいる時に友人に助けてもらったことがあるのでしょう。 そんな強い友人のように自分も頑張らなくてはいけないと決意をしていますね。 もう、離れ離れになってしまうので君の笑顔は見ることはできませんから、落ち込んだときは自分ひとりでなんとかしなくてはなりません。 別れる時期になって、友人の大切さを再認識しているのでしょう。 何十年たっても友達はいつまでも友達です。 瞳からあふれ出る涙によって景色が霞んで見えます。 もう、さよならの時間なのです。 この時間が永遠に続けばさよならしなくても済むのにと願っていることでしょう。 シンプルな歌詞ですがメロディーと相まって胸に染み渡ります。 別れの瞬間が近づいています。 胸の中は思い出で溢れ涙が止まりません。 切ない離別の時ですがいつもの笑顔でお互いを見送ります。 「いつか生まれ変わる瞬間」という言葉がでてきますがこれはどういった意味でしょうか。 まず1つは桜の花が舞い落ちてその生命が終わる。 そして桜は地面に還り、また新しい桜の養分となって生まれ変わります。 そんな自然の循環を綴った歌詞という解釈ができます。 そして2つ目は現世で出会った親友はいくら仲が良くても、死によっていつか必ずお別れをしなければなりません。 しかし、「運命の友人であれば来世でも生まれ変わって出会うことができる」ということも歌っているのではないでしょうか。 壮大な輪廻を感じさせる歌詞ですね。 「さくら」のMV.

次の

同期の桜

さくらさくら 歌詞 意味

桜とさよならの世界のつくり方こんにちは。 私の住んでいる地域でも桜の花が咲き始めました! 今回は『』を取り上げます。 さくら さくら 今、咲き誇る 刹那に散りゆく運命と知って さらば友よ 旅立ちの刻 変わらないその思いを 今 サビはこんな感じ。 桜と別れをクロスさせたテーマの曲です。 3月4月の桜が咲く季節は、出会いとともにたくさんのお別れがありますからね。 でも、この曲をじっくり読んでみると、単にそれが時期的に合わさるからだけではなくて、 もっと深い場所で桜と別れが関連し合っていることがわかってきます。 いっしょに追いかけてみましょう。 サビのメロディ、この曲には3個所あります。 一気に引用します。 さくら さくら 今、咲き誇る 刹那に散りゆく運命と知って さらば友よ 旅立ちの刻 変わらないその思いを 今 さくら さくら ただ舞い落ちる いつか生まれ変わる瞬間を信じ 泣くな友よ 今惜別の時 飾らないあの笑顔で さあ さくら さくら いざ舞い上がれ 永遠にさんざめく光を浴びて さらば友よ またこの場所で会おう さくら舞い散る道の上で 歌詞の2行めを見てみてください! 2行めの最初はそれぞれ「刹那」「いつか」「永遠に」です。 ぜんぶ時間に関係する言葉になってる! しかも単に時間の言葉を選んでいるだけではなくて、出てくる単語がみんな位置づけの違う言葉になっているのがすごいところ。 ひとつめのサビから順に見てみましょう。 「刹那に散りゆく」の「刹那」っていうのはすごく短い、一瞬の時間を表す言葉です。 散りゆく桜の花びらを見て、その短い命に思いを馳せている感じ。 では、2番のサビはどうでしょう。 「いつか生まれ変わる瞬間を信じ」の「いつか」っていうのは、さっきとは異なる時間を指しています。 もっとずっと遠い未来を視界に入れている部分です。 最後のサビ「永遠にさんざめく光を浴びて」はどうでしょう。 「永遠に」は点を示していたこれまでの2つとは違い、期間を示す言葉だと思うのです。 図で表すと、こんな感じ。 3つのサビをもう一度引用してみます。 さくら さくら 今、咲き誇る 刹那に散りゆく運命と知って さらば友よ 旅立ちの刻 変わらない その思いを 今 さくら さくら ただ舞い落ちる いつか生まれ変わる瞬間を信じ 泣くな友よ 今惜別の時 飾らない あの笑顔で さあ さくら さくら いざ舞い上がれ 永遠にさんざめく光を浴びて さらば友よ また この場所で会おう さくら舞い散る道の上で 1つめのサビには「その」っていう指示語があります。 これ、2度めのサビでは「あの」っていう指示語に変わっています。 そして3度目のサビでは、場所は少しだけ変わりますが「この」っていう指示語が出てきます。 だから サビには3つの異なる指示語が使われてる、ってことになります。 今回の指示語もひとつの表にまとめてみたら、こんな感じになるはずです。 切り口 1つめのサビ 2つめのサビ 3つめのサビ 時間 刹那 いつか 永遠 指示語 その あの この 「その」っていうのは、話し手よりも聞き手に近いものごとを指して使う言葉です。 だから1つめのサビは、 君の刹那について歌っているということです。 それに対して「あの」っていったら、話し手からも聞き手からも遠いものごとを指す言葉です。 だから2つめのサビは 遠いいつかについて歌っている、ということができそう。 最後のサビに出てくる「この」は、いまの居場所に近い言葉です。 ここ、つまり永遠について歌っているはずです。 でも、最後のだけよくわかりません。 「ここ」でかつ「永遠」って、何を示しているのでしょう。 さらば友よ またこの場所で会おう さくら舞い散る道の上で 3つめのサビから、それは推測できます。 「この場所で」の次の行に「道の上で」があります。 副詞を揃えてあるのでたぶん「この場所」=「道の上」なのでしょう。 ん? 道の上と永遠…なんか似てる。 道っていうのはどこかとどこかをひとつの線にして結んでいます。 点ではないから1次元です。 そしてさっき図を書いたように、永遠も線で表せました。 つまり、こんなふうにまとめることができます。 1つめと2つめのサビは、考えてみたら不安定です。 1つめのサビは「その」(つまり自分の手に負えない、相手の領域)についての連だし、「刹那」(つまり、次の瞬間が読めない領域)についての連だからです。 それに2つめのサビは逆に、ものすごく遠くに思いを馳せています。 「いつか生まれ変わる瞬間」は、本当に来るのか分からないほど遠い先のことだし、「あの」笑顔なんて実在するかもわかりません。 主人公が想起している遠い場所は、客観的に見ても確実な場所なのかといったら、そんなことはないのです。 けれど、3つめのサビは違います。 3つめのサビには、安定があります。 「この場所」っていったら現在立っているは確かな場所だし、それは今後も確かな場所であり続けてくれます。 それに「永遠に」は現在も過去も未来も全部覆ってくれる、最も大きくて確かな時間の言葉です。 こんな風にこの歌詞は、時間の表現も指示語も駆使して、ひとつの大きな物語を紡いでいるんですね。 友との別れは桜との別れ この曲は、友との別れと桜との別れがリンクしています。 さくら さくら 今、咲き誇る 刹那に散りゆく運命と知って さらば友よ 旅立ちの刻 変わらないその想いを 今 1番のサビを引用しました。 ここでは前半の2行分が桜との別れを、最後の1行が「友」との別れをそれぞれ描いています。 ばらばらの別れがひとつの歌詞に入るなんてことはあんまりないでしょうから、 きっと桜との別れと「友」との別れはシンクロしているんでしょう。 私はこの歌詞を見て、主人公は「友」と死別したのかな?と思いました。 きっかけになりそうなところを引用してみます。 どんなに苦しい時も 君は笑っているから 挫けそうになりかけても 頑張れる気がしたよ 1番のAメロです。 「頑張れる気がした」のが過去形で綴られるのに、「君は笑っている」が現在形で綴られるのはどうしてでしょうか? この部分、 「君」は写真の中にいるのだと私は考えています。 写真の中の、生きていたころの「君」のことをこの歌詞は歌っているように読めます。 でもお別れ済みだとすると、サビの歌詞が気になります。 さらば友よ 旅立ちの刻 変わらないその思いを 今 別れてしまってからだったら、もう「さらば友よ」なんて言ってる場合じゃないような。 私は成仏のことを思いました。 本当は死んでしまっているのに未練が残ってしまって、生と死の間に境界線が引けなくなっているみたい。 泣くな友よ 今惜別の時 飾らないあの笑顔で さあ 2番のサビでは、笑顔の前に「あの」がついています。 あんなに主人公を励ましてくれた笑顔なのに「あの」だなんていう距離を感じさせる指示語がつくあたり、別れが着実に進んでいることを予感させます。 そして、 さくら さくら いざ舞い上がれ 永遠にさんざめく光を浴びて さらば友よ またこの場所で会おう さくら舞い散る道の上で 最後のこんなサビで、ついにお別れが確実なものになるのだと私は思いました。 「永遠にさんざめく光を浴びて」ってところがとても死別っぽいです。 「永眠」という言葉もありますし。 ここで、前の節で使った表を再び思い返します。 切り口 1つめのサビ 2つめのサビ 3つめのサビ 時間 刹那 いつか 永遠 指示語 その あの この このとき、3つめのサビで主人公の世界はやっと安定したことを私は考えました。 死別のことと絡めて考えると、「安定」とはどういうことでしょう。 私は、死者がちゃんと成仏し、生きるものとの境界がきちんと引かれた状態が「安定」なのだと思います。 そして、単語で見ても、物語の全体を見ても、ちゃんと最後のサビのところで安定が生まれゆくのが今回わかりました。 この曲は、時間の言葉からも、指示語からも、そんなストーリーをきちんと支える緻密な歌詞でできているんだなぁと私はつくづく感じたのでした。

次の