公衆 電話 ショート メール。 パソコンからショートメールを送る方法~仕事の効率を上げよう!~

衝撃、公衆電話からスマホにメールが送れる!

公衆 電話 ショート メール

仕事でショートメールを使うと、仕事がはかどり効率が上がります。 しかし、スマートフォンからピコピコと送信するのは大変なのでパソコンから直接ショートメールを送るようにしています。 なぜ、ショートメールは仕事の効率が上がるのか 今はほどんどの人が携帯電話を持っているので連絡を取り合うのが楽になりました。 でも、 知らない番号からの電話にはなかなか出てくれなかったりして、仕事の関係で電話連絡を使うのは効率が悪いのです。 ひとり社長も賃貸管理の仕事をしていると、家賃の支払いについて、共用部の清掃、ちょっとした注意事項など、電話で伝える必要がある場合がたくさんあります。 しかし、 会社の電話や社用携帯から連絡しても全然電話に出てくれないし、折り返しもなかなかもらえません。 そして何度も連絡をするのも面倒なので、最近では 電話に出なかった場合はすべてショートメールを送るようにしています。 ショートメールの場合は送信できたか、できなかったか、わかりますし、 お客様の方としてもショートメールで気軽に返信ができるのでお客様との連絡手段としては大変良いと思っています。 小ネタ!できるだけ電話に出てもらえるようにする方法 ひとり社長は 電話をして出ない場合はすぐにショートメールを送るようにしています。 時間をおいてから電話しようと思っていても忘れてしまったり、再度出なかったりすると時間と労力の無駄だからです。 しかし、できるだけ電話で伝えたいと思うこともあります。 そのため、できるだけ電話に出てもらえるように 誰の電話番号かわかるようにしています。 スマートフォンには、自分のスマホに登録のない電話番号から電話がきた場合に、電話番号を自動的に瞬時に調べてくれる機能がある機種やアプリがあります。 一般的には迷惑電話を防止する目的に使いますが、この機能(アプリ)に自分で自分の電話番号が誰からの番号なのかわかるように登録するのです。 やり方は電話帳ナビ( )の口コミ欄に自分でその電話番号の所有者を記入するだけです。 上記は弊社の昔の電話番号ですが、電話帳ナビに登録しておくことによって、 登録のない電話番号から電話がかかってきた場合でも、誰から電話がきたのかがわかるようになります。 電話に出なかった場合でも、その番号を調べると電話帳ナビのページで該当番号を確認できますので折り返しお電話を頂ける可能性が高くなります。 知らない番号から電話がきて、その番号を調べても誰の番号かわからなかった場合は折り返し電話を頂ける可能性は低くなります。 ひとり社長はL字デスクで作業効率をあげています。 ご参考まで。 仕事のショートメールはパソコンから送る ショートメールの欠点はスマホから送らなくてはいけないことと、ショートだけに70文字しか送れないことです。 まぁ、70文字に関してはショートメールを2つ、3つ、続けて遅れは140文字、210文字と遅れますので問題はないのですが、スマホから送るのは結構面倒なんです。 そこでパソコンから送るように変更しました。 実は起業当初もショートメール(SNS)を使った業務用のシステムを利用していたのですが、利用料が有料なのと、送信はできるけど受信はできない…などデメリットがあったため使うのをやめました。 お知らせを一方的に通知するだけなら良いのですが、相手の返事が必要な場合がほとんどですから一方的にショートメールを送信するサービスは役に立ちませんでした。 まぁ、書類でお知らせを郵送するより安く済むという程度の話です。 しかし、ショートメールは大変便利なシステムです。 相手のメールアドレスを知らなくても、電話番号がわかっていれば、メッセージを送ることができるのですから、 有効活用すれば仕事の効率が上がるのは明らかです。 そこでパソコンからショートメールを送るようにしました。 Chromeブラウザの拡張機能を利用してgmailとスマホを連動させることでパソコンからショートメールを送ることができるようになります。 上記インストール画面から「Chromに追加」を押して、確認画面が出たら「拡張機能を追加」を押します。 そして、Chromに追加されましたと表示されれば無事に拡張機能を利用することができます。 3)パソコンのGmailと連動させる パソコンでGmailを開くとMighty TextがGoogleアカウントにアクセスする権限をリクエストされますので「許可する」を押してください。 そうするとダイアログが表示されますので、その状態で次はスマートフォンにアプリをインストールしていきます。 4)Androidと連動させる ひとり社長は仕事ではAndroidを使用していますので、androidの場合の話になります。 まずは、Google Playよりアプリをインストールします。 Mighty Textのアプリをダウンロードしたらアプリを起動して「Complete Setup」を押します。 そうするとGoogleより許可を求められますので「ALLOW(許可)」を押します。 「Success!」と表示されれば連動が完了です。 簡単です!! 2、パソコンからショートメールを送る方法 1)パソコンのGoogleブラウザからGmailを開く。 開くと画面左側に 「COMPOSE SMS」というボタンが表示されていますのでクリックをする。 ひとり社長の場合はWi-Fiが繋がっていてもSMSをパソコンから送信できています。 2)画面右下に「New Messeage」という小窓が開く。 そうしたら、To(宛先)に電話番号を入れてenterを押します。 enterを押すと数字が反転します。 次にその下の欄にメッセージを70文字以内で書き込んで「送信ボタン(右矢印)」を押すだけです。 簡単ですね!なお、正常に送信されている場合はスマホのSMSに利益が表示されます。 まとめ 相手がなかなか電話に出てくれない、折り返しが来ない、何度も電話しなくてはいけない、予定が消化できない、これは無駄な行為ですね。 連絡するのも一回で伝われば、それで終わりなのです。 しかし、電話に出ない、折り返しがないことで予定は消化されずに、いつまでもその業務が残っていくのです。 これでは仕事の効率が上がるはずがありません。 しかし、すべてのお客様からメールアドレスを取得して、それを管理するのも面倒なものです。 電話番号を利用したショートメールは大変便利な機能です。 これを利用して仕事の効率を上げて行こうという話です。 実際にパソコンからショートメールをバンバン送るようになってから仕事の効率がものすごく上がっています。 スマホからだとなんとなく送り難いものがパソコン作業の途中にパソコンから気軽にショートメールを送ることができます。 例えば、面倒な家賃滞納者には滞納したら督促を行いますが、その後の入金予定期日の前に家賃の支払期日を明記したショートメールを送るだけで家賃滞納はグッと減ります。 そうすれば、面倒な督促業務をしなくて良くなりますので仕事の効率が上がるのです。 その他にも相手が仕事中であっても気軽に連絡することができますので、相手が休日だとか、お昼休みだとか、考えなくてもよくなりました。 ほんのちょっとしたことですが、 ショートメールを活用するだけで仕事が飛躍的に効率良くなります。 アイデア次第ではいろいろな用途に使える汎用性もありますので、これからもショートメールを利用したサービスの仕組を作っていきます。 詳しくはこちら を参照ください。 rajincom.

次の

公衆電話から携帯にSMS(ショートメール)が送れる

公衆 電話 ショート メール

「公衆電話からメール SMS が送れると初めて知って衝撃を受けた…」 今、こんなTwitterの投稿が注目を集めている。 SMSはShort Message Serviceの略で、メールアドレスではなく 携帯電話の電話番号に充ててメッセージを送ることができる。 この特性からログインパスワードとは別に認証を行う 二段階認証や本人確認などに活用されているので多くの人が使ったことがあるだろう。 普通ならSMSはスマホ同士でやり取りするものだが、話題になっている投稿では公衆電話や家庭の電話を含めた一般電話から送信することができるというのだ。 そこで登場するのが、電話番号090-310-1655の ドコモの「SMSセンター」だ。 (有料) スマホとは違って一般電話でSMSを送る場合、まずはここに電話をかける。 すると音声ガイダンスが流れるので、それに従って 送り先の電話番号とメッセージを入力。 出典:NTTドコモ メッセージを入力したら最後に「 」を押して操作は終了。 空白を含めて11文字のメッセージを作るのに28回ボタンを押さなければならない。 さらにSMSセンターと送り先電話番号の分もボタンを押す必要がある。 出典:NTTドコモ そこで「ナニシテルノ?」「TELクダサイ」「FAXアリ」などの 定型文を簡単に入力する方法も用意されている。 これなら12文字のメッセージを作るのに、電話番号を含めたボタン操作は14回で済む。 さらに詳しい操作を知りたい方は公式サイトなどを見ていただきたい。 ただ、これらの操作はピッポッパという プッシュ信号が出る電話機が必要だ。 それにしても、ポケベル打ちは誰でもできる訳ではないし、公衆電話も最近は見つけることも難しくなりつつあるのに、この機能があるのはどうしてなのだろう? そして、今年9月30日に最後のポケベルサービスが終了してしまったが、こちらのサービスは今でも使っている人がいるのだろうか?ドコモの担当者に聞いてみた。 調べてみましたが 正確な時期は分かりません。 その状態を改め、他社とのやり取りができるようになったのに合わせて、 一般電話からもドコモの携帯電話にSMSを送れるようにしたのです。 家の電話でも同様です。 公衆電話の場合は、 「公衆電話から電話がかかってきた時と同じ表示」になります。 どんな目的かはこちらでは分かりかねます。 まず、 送る先に電波障害が起きているのか分からないという問題があります。 それに、 あの複雑な文字入力を使って、災害時に連絡を取るのは現実的ではないでしょう。 いざという時に連絡をとるのであれば、自分の肉声が残せる災害用伝言ダイヤルや災害用伝言板を使う方が適していると思います。 今後もする予定はありません。 実を言うと今回話を聞いた担当者も、編集部が問い合わせをするまでこの機能の存在は知らなかったそうだ。 そして、災害時に公衆電話の存在が見直されることはあるが、この機能は災害時にはお勧めではないらしい。 ならばチャレンジ精神でいまだに指が「ポケベル打ち」を覚えているかどうか、この機能でメッセージを送ってみるのもいいかもしれない。 ただし、あんまり時間がかかるとその分通話料をとられるので注意が必要だ。

次の

【画像】公衆電話からスマホにメールを送る方法が話題wwwww

公衆 電話 ショート メール

公衆電話から携帯電話にメッセージが送れたって、ご存知でしたか? あけましておめでとうございます!ああ、実は大変なんです!知り合いにメールで新年の挨拶を送りたいのですけど、スマホをどこかに忘れてしまったんです! …あらあら。 それは困りましたね。 でも、大丈夫。 公衆電話からメールを送る裏技があるんです。 ちょっと送信先が限られていたり、入力に手間取ったりするけど…。 といいますか、そもそも今どき公衆電話を探すのも一苦労ですけど…。 Twitterで一時期話題になっていたこの裏技とは、公衆電話からSMSと呼ばれる「ショートメッセージサービス」が使えるというものです。 SMSでは携帯電話の番号を宛先としてメッセージを送ることができます。 NTTドコモの「SMSセンター」に電話をかけ、音声ガイダンスに従って入力すると、ドコモの携帯電話を使っている人向け限定にはなりますが、メッセージを送ることができるといいます。 公衆電話なんて使うの久しぶりです…どきどき ああ、ちょうど連絡を取りたい知り合いが使っているのはドコモの端末でした。 どうにか公衆電話も見つかったので、レッツトライ! ドコモのSMSセンターの番号は090-310-1655だそうですよ。 さあ、お金を入れて、電話をかけて…。 あれ?公衆電話には数字のボタンしかないのに、メッセージはどうやって送ればいいのでしょう…。 adobe. com) あわててドコモのホームページを開くと、メッセージ部分は「ポケベル打ち」をする必要があることが分かりました。 2桁の数字で1文字を表現する方法で、あかさたな…の行をあらわす番号と、あいうえおの母音をあらわす番号を組み合わせています。 「アケマシテオメデトウ」をベル打ちすると…「11 24 71 32 44 15 74 44 04 45 13」となるようです。 nttdocomo. nttdocomo. ううっ、あまりにたくさんの数字を入力するのに、間違えそうでどきどきしましたが…じゃ~ん!こんな感じでうまく届きました。 送信者名は「PublicPhone」となるようです。 メッセージの着信を告げる通知が!…アケマシテオメデトウ メッセージのアプリを開くと、この通り…PublicPhoneから届いています!(ちょっと前後に失敗した形跡もありますが…) なお、定型文を入力する方法も用意されているので、手早く打ちたい方にはそちらもおすすめです。 nttdocomo. ドコモの担当者に聞きました。 「利用者数などは調べていないので不明です。 実はサービスが始まった時期もよく分かりません。 「SMSのサービスが始まったころは、メッセージはドコモからドコモへ…といったように、同一の携帯電話会社の端末にしか送信できませんでした。 そこで、他社の携帯電話を利用されている方が、ドコモの携帯電話にメッセージを送れるようにするために、このような仕組みを用意したのではないかと思われます。 「送信にかかる金額は、センターにつながる通話料となります。 nttdocomo. (まいどなニュース・川上 隆宏).

次の