サムイ空港 ホテル。 サムイ島の空港

サムイ島(タイ)ではWiFiは必要なの?空港でレンタルできる?

サムイ空港 ホテル

サムイ島の空港-サムイ空港 サムイ島の空港-サムイ空港の地図と詳細 の目次です。 サムイ島旅行で、サムイ島に来られるときに、参考にしてください。 バンコクからサムイ島のフライトはバンコクエアウェイズが 1日20便程度運航しています。 サムイ空港は、バンコクエアウェイズが所有する空港。 ですから、バンコクエアウェイズ独占の感じがありますが、 日本からタイ航空の国際線を利用した場合、バンコクから サムイ島へタイ航空乗入便あり。 日本航空なども、バンコクからサムイ島のコードシェア便 の運航をしています。 サムイ島の空港・サムイ空港(1) サムイ空港の出発口 サムイ空港の出発口の様子。 バンコクエアウェイズ搭乗時間は、いつも、40分前 経験上、定刻よりも早い出発が多いと感じます。 近くの旅行代理店に、タクシー予約を9時40分に頼みました。 サムイ島の空港、サムイ空港周辺の地図 サムイ空港の到着口から、ビッグブッダ港まで約2km。 サムイ空港の到着口から、チャウエンビーチ北郊外の ノラ ブリ リゾート 辺りまで約2km。 サムイ空港の到着口から、チャウエンビーチまでは、 3.5kmほどありますね。 メインゲートに入る前に・・・ メインゲートの入口の北側には、タイ料理のレストラン。 メインゲートの入口の向い側は、芝生の広場。 広場の北側には、時計台。 サムイ島の地図 サムイ空港は、チョンモンビーチとチャウエンビーチの間、 サムイ島東海岸の海から少し離れた内陸部にあります。

次の

サムイ島(タイ)ではWiFiは必要なの?空港でレンタルできる?

サムイ空港 ホテル

サムイ島のホテル事情 サムイ島の主要宿泊エリア タイでも随一のリゾートであるサムイ島のおすすめ宿泊エリアは、中心部のチャウエンビーチエリアです。 活気のあるエリアでワイワイした雰囲気を楽しみたい方にはぴったりです。 対照的にのんびり過ごしたい場合にはポプットビーチエリア。 街の喧騒から離れて、ゆったりとビーチを楽しみたいカップルなどにはイチオシ。 ダイビングのスポットとしても有名です。 サムイ島の名物・グルメ サムイ島のグルメといえば、やはり新鮮なシーフードでしょう。 ポプットというエリアには魚介類を提供するレストランが集まっているフィッシャーマンズ・ビレッジがあり、そこで魚類やエビ、カニなどの新鮮な食材を堪能できます。 もちろんタイ料理レストランも充実しており、ローカル感あふれる食堂もあるので、リーズナブルに楽しめます。 サムイ島観光の注意点 サムイ島観光で気になる治安情報 リゾートだけあってナイトスポットが充実していますが、そこでは窃盗やドラッグの誘惑などに気をつける必要があります。 貴重品の管理と、誘惑に負けない気持ちが大切です。 そして、女性が狙われることがないとも言い切れないので、露出の多い服装は控えましょう。 またバイクやジェットスキーなどのレンタルの際には、パスポートの悪用がされないように信用できる業者を見極めることも必要です。 サムイ島観光で知っておきたい物価事情 サムイ島はリゾートのわりには、物価が安くローカルの食堂や屋台は数百円という値段で非常に安く食事が楽しめます。 しかしながら、ハイクラスホテルであれば日本と同じような価格になるので、あまり安いという印象にはならないかもしれません。 また、レストランも高級なところであればそれなりの値段になってしまうので、すべてが安価というわけではありません。 サムイ島の通信環境、無料Wi-Fiは使えるの? サムイ島のネット環境は徐々に良くなっており、最近では無料Wi-Fiが使えるホテルも多くなっています。 しかしそれでも有料のホテルや、限られたエリアでしか無料Wi-Fiが使えないというホテルもあるので、確認が必要です。 街中ではネットカフェやファーストフードで無料Wi-Fiが利用できますが、確実にネット環境が欲しい場合にはやはり日本からのレンタルが安心です。 海辺沿いのリゾートホテルです。 客室は、プールや庭園の眺めを楽しめるグランドルームから、屋外にバスがついたヴィラタイプのスイートルームまで、多様にあります。 施設内では無料でヨガレッスンを受けることができたり、チャウエン湾を眺めながら朝食がいただけるレストランがあったり、ジャグジーやサウナを使用できたりと、リラックスできるサービスが整っています。

次の

サムイ島の空港は世界でも稀な空港。空港ロビーやお店など紹介。

サムイ空港 ホテル

2009年以降、サムイ島に新しいホテルが続々と開業しましたので、 「サムイ島のおすすめホテル」の紹介記事を随時、追加しています。 サムイ島のおすすめホテル(4)以降の優良ホテル、人気ホテルは、 ブログ版旅行ガイドの 「ホテル訪問記」 に追加して、紹介しています。 また、サムイ島の各々のリゾートホテルの状況は絶えず変化しています。 ホテルの客室カテゴリー名の変更は頻繁ですし、客室料金等の変更で、 ホテルのおすすめ度が下がることもあります。 ですから 「サムイ島のおすすめホテル」は定期的に改訂を重ね、 なるべく、 各ホテルの最新の状況に合わせた記事になるように、直しています。 とくに最近、サムイ島のホテルでは エキストラベッド規定の変更が頻繁。 サムイ島に来る旅行者の多数は、以前は「カップル」「ご夫婦」でしたが、 「家族旅行」(子連れ旅行)が増えていることから、サムイ島のホテルで、 「0〜11歳の子どもは添寝の場合は宿泊無料・朝食無料」が減ってます。 (低年齢の子どももエキストラベッド利用(有料)のホテルが増えている) とくに閑静な大人向けホテルでは3〜4歳から大人とみなされる傾向です。 2017-2018年シーズンは、とくに子連れ滞在規定などのホテルポリシーの 変更が頻繁。 「サムイ島のおすすめホテル」で紹介している人気ホテルの 半数近くにホテルポリシーの変更が見られます。 この傾向は、2019年も続いています。 サムイ島のホテルを予約するとき、各ホテルの「ホテルポリシー」の項目を 必ずご確認ください。 また、サムイ島のホテルの割引予約では、「朝食付予約」「朝食無し予約」 があるときは、ホテルで朝食を食べる予定で、2人以上で滞在の場合は、 「朝食付予約」がお得です。 皆さんがサムイ島旅行のホテル選ぶとき、 「サムイ島のおすすめホテル」 「ホテル訪問記」を参考にして、皆さんの旅行目的、皆さんの好みに合う サムイ島のホテルを見つけて貰えれば、幸いと思います。 2.椰子の木陰に寝そべって、ゆったりと、美しい海を見ていたい。 3.南国ムード満点のホテルのレストランで美味しい食事を楽しむ。 4.リゾート滞在中は健康的に泳いだり、テニスなどのスポーツも。 ひたすら、ビーチリゾートのホテル・ライフを満喫する旅行。 一般的な客室であれば、宿泊予算は、1泊あたり2〜3万円程度。 (私が日本から旅行に来ていた頃はプールヴィラなどは稀でした) こんな私の滞在目的に合った、ホテル選びの条件は、 前提条件として、リゾート気分満点で、信頼できるホテルであること。 人が多過ぎず、適度に閑静で、ビーチが、海景色が美しいリゾート。 敷地が広く、スポーツ施設やレストランの数や質が充実していること。 もちろん、肩の凝らない、自然で温かいサービスが期待できること。 私のホテル選びの条件に合ったサムイ島のホテルは、 まず、以下の2つのリゾートホテルが思い浮かびます。 バーン タリンガム リゾート Baan Taling Ngam Resort 宿泊予算に合せて、ホテル棟、コテージ、ヴィラから客室が選べる、 ザ トンサイベイ ホテル は皆が賞賛するサムイ島の人気リゾートホテル。 どのカテゴリーの客室の滞在でも、リゾートライフが満喫できるでしょう。 バーン タリンガム リゾート は、2012年、インターコンチネンタル系の ホテルとして生まれ変わりました。 全面的なリノベーション工事後に、 1 king bed ocean view(Resort Classic Room) という新しい客室 を見学する機会がありましたが、爽快な海景色が楽しめる客室でした。 以上の2つのホテルほど大規模なリゾートホテルではなくても、 サムイ島では、郊外にある 滞在型のリゾートホテル に滞在すれば、 人混みを感じず、ゆったりと、リゾートライフが満喫できるでしょう。 シェラトン サムイ Sheraton Samui Resort ザ サンセット ビーチ リゾート は、美しく、温かいサービスのホテル。 昔、横浜のコンチネンタル・ホテルに泊まったときの印象と似ていて、 笑顔が素敵なホテル、ですね。 こじんまりしたホテルですが、私が描く南国のホテルの理想形です。 規模が小さな点は、近隣のバーン・タリンガムと行き来して補えます。 バニヤン ツリー サムイ• シーラワディー プール スパ リゾート• ザ トンサイベイ ホテル 以上がシュノーケリングが楽しめるプライベートビーチがあるホテル。 キーワードごとに、サムイ島の「ホテルの客室」選びを考えましょう。 それに加えて、 広いバルコニーがあれば、解放的な雰囲気になります。 天井が高いヴィラを選べば伸び伸びできるリゾート感があり、より快適。 天蓋付のベッドなども、リゾート気分を高める良い演出になりますよ。 都会の生活空間を忘れ、リゾートでは非日常的空間を楽しみましょう。 ハンサー サムイ リゾート のホテルルーム (全室シービュー)• センタラ グランド のホテルルーム (全室シービュー)• ザ トンサイベイ ホテル Beachfront Suite• ザ トンサイベイ ホテル Seafront Cottage• ザ トンサイベイ ホテル Tongsai Grand Villa• バーン タリンガム リゾート Resort Classic Room• ノラ ブリ リゾート Deluxe Hillside Seaview• ロイヤル ビーチ ブティック リゾート Jacuzzi Seaview Suite• ヴァナ ベル コ サムイ Grand Pool Suite• ザ トンサイベイ ホテル Beachfront Suite(バスタブ付)• ハンサー サムイ リゾート Sea View XL(屋外リビング)• アナンタラ ラワナ リゾート Deluxe Lawana(屋外リビング)• バーン タリンガム リゾート Resort Classic Room(デイベッド)• ロイヤル ムアン サムイ Grand Deluxe Suite(天空のテラス)• サムイ島には、 「屋外ジャグジーがくつろげる」と人気の客室があります。 ルネッサンス コ サムイ リゾート デラックスルーム• パビリオン サムイ ヴィラズ リゾート デラックス バルコニー• ムアン サムイ スパ リゾート ローヤル スイート• サリーラヤ ヴィラズ スイーツ ホテル スイートジャグジー シービュー• フェアハウス ヴィラズ サンセット スイート• ボープット リゾート デラックス アウトドア ジャグジー• シーラワディー プール スパ リゾート オーシャンビュー ジャグジー• KC リゾート グランド ジュニア スイート• ロイヤル ビーチ ブティック リゾート Jacuzzi Seaview Suite• ムアン サムイ スパ リゾート ローヤル・スイート (ジャグジー・サラ)• ロイヤル ムアン サムイ ヴィラズ プール・スイート (プール・テラス)• ロイヤル ムアン サムイ ヴィラズ プール・ヴィラ (プール・テラス)• メラティ ビーチ リゾート プライベート・ガーデンプール (プール)• サラ サムイ チョンモン ガーデン・プールヴィラ (プール・バスタブ)• 日常を忘れる空間で癒されて、快適に過ごせます。 サムイ島には 「プライベートプール付ヴィラ」が豊富にあります。 ホテルルームと変わらぬ宿泊料金の「プールヴィラ」から、 高級ヴィラリゾートの「プールヴィラ」まで予算に合わせて選べます。 「サムイ島だから、プール付ヴィラに泊まる」 が流行りです。 チャウエンノイ プールヴィラ Deluxe Suite Pool Villa• サリー サムイ リゾート Tropical Pool Villa• タイズ ブティック サムイ リゾート Pool Villa• ディバ サムイ リゾート Grand Pool Villa• サムイ リゾテル Garden Pool Villa ハイシーズンを除き、宿泊料金1万円台後半から2万円程度。 サラ サムイ チョンモンビーチ SALA Pool Villa• メラティ ビーチ リゾート Pool Villa• アウトリガー コサムイ 1 Bedroom Pool Villa• ノラ ブリ リゾート Pool Villa Hillside Seaview• ノラ ビーチ リゾート Beachfront Pool Villa Suite• バーン ハードゥンガム リゾート Duplex Pool Villa• サムイ リゾテル Ocean Pool Villa• ニュースター リゾート Ocean Pool Villa• ザ サラン ホテル Seafront Pool Villa• ザ カラ ホテル Duplex Pool Villa• ルネッサンス コ サムイ リゾート Pool Villa Garden View• ザ サンセットビーチ リゾート Beachfront Jacuzzi Pool Villa• バンダラ リゾート Pool Villa Suite• ピース リゾート Beachfront Pool Villa• セレス ビーチフロント リゾート Beachfront Pool Villa• センシマール リゾート Beach Pool Villa• ザ トンサイベイ ホテル Tongsai Pool Villa• ザ トンサイベイ ホテル Seafront Pool Villa• リッツカールトン コサムイ Exclusive Pool Villa• アナンタラ ラワナ リゾート Anantara Pool Villa• ヴァナ ベル コ サムイ リゾート Tropical Pool Villa• シーラワディー リゾート Ocean Front Pool Villa• シーラワディー リゾート Ocean Front Pool Villa Suite• パビリオン サムイ ヴィラズ リゾート Grand Pool Villa• アムマタラ プラ プールヴィラ Seaview Pool Villa• バーン タリンガム リゾート Club Beachfront Pool Villa• 最近のサムイ島では高級ヴィラリゾートに泊まって、 スパで身体と心を癒す旅行が、流行っています。 忙しい日常からの脱出。 自分自身と、恋人や家族への最高のプレゼント。 至福のリゾートライフが過ごせる、と人気です。 今までは、私には敷居が高すぎる宿泊料金だと思っていましたが、 バニヤン・ツリーの開業の2010年以降、プロモーションが増えて、 シーズンによっては、格安で泊まることも可能になっています。 宿泊料金次第で、高級ヴィラリゾートも、サムイ島のホテル選びの 選択肢に加えられる時代になりました。 夏休みなどの子連れの宿泊客が 多い時期には、キッズプログラムにも参加者が多くて、盛り上がります。 メインプールが広くて、子ども用プールや子どもの遊び場が多いことが、 「子連れ」に人気があるサムイ島のホテルの条件になっているようです。 とくに「子連れ」の場合には、滞在型のリゾートホテルがおすすめです。 ホテルの敷地が広くて、宿泊客だけの空間ですから、安心できますね。 サムイ島で、「子連れ旅行」「家族旅行」に人気があるホテルは、• ザ トンサイベイ ホテル• サラ サムイ チョンモンビーチ• メラティ ビーチ リゾート• ロイヤル ムアン サムイ ヴィラズ• ノボテル サムイ リゾート カンダブリ• センタラ グランド ビーチ リゾート• マイ サムイ ビーチ リゾート• シャサ リゾート レジデンス コ サムイ• チャウエン ノイ プールヴィラ (中規模ホテル) 子連れ滞在規定の変更によっても、 これらのホテルの人気は変動します。 サムイ島のホテルでは、ファミリールーム、家族向きのホテルの客室が、 次第に、増えています。 サムイ島のファミリールーム、家族・グループ向き客室を見学しました。 チャウエン リージェントの ファミリールーム• ピースリゾートのプールヴィラ (2寝室)• アマリ コ サムイのビーチサイド (2寝室)• パオ ジン プーン プールヴィラ (3寝室)• ロイヤルビーチ リゾートのスイート (2寝室)• ビーチ リパブリックのペントハウス (2寝室)• チャウエン ノイ プールヴィラの ファミリールーム• シャサ リゾートのファミリールーム (2寝室)• ロッキーズ リゾートのプールヴィラ (2寝室)• カンダ レジデンス プールヴィラ (2〜4寝室)• バニヤン ツリーのプールヴィラ (2寝室)• ザ カラ ホテルのスペシャルヴィラ (2寝室)• パビリオン プール レジデンス (2寝室)• サムイ島のホテルはキングベッドのカップル用客室が多く、 カップルで来られる場合には、客室の選択肢が豊富です。 とくにカップルに人気が高い、エレガントな客室は、• バニヤン ツリー サムイのプールヴィラ• コンラッド コサムイのプールヴィラ• ザ トンサイベイ ホテルのプールヴィラ• シーラワディー リゾートのプールヴィラ• シックス センシス サムイのプールヴィラ• ザ サラン ホテルのプールヴィラ• ムアン サムイ スパ リゾートのスイート• ハンサー サムイ リゾートのシービューXL• サラ サムイ チャウエンのプール付客室• アマリ コ サムイのビーチウイングの客室 サムイ島に訪れるカップル、ご夫婦に人気があるのは、 信頼できるホテルのプライベート感が高いプールヴィラ。 チャウエンの賑やかな街を楽しみたいカップルには、 サラ サムイ チャウエンのプール付客室 アマリ コ サムイのビーチウイングの客室 ムアン サムイ スパ リゾートのスイート フィッシャーマンズビレッジを楽しみたいカップルには、 ハンサー サムイ リゾートのシービューXL 以上が、カップルに人気のエレガントな客室です。 サラ サムイ チャウエンビーチ リッツカールトン コサムイはトンサイベイを凌ぐ広大な敷地で、 アミューズメントパークのような驚きの多いリゾートホテルです。 客室の主体はゆったり感が高い優雅なつくりのプールヴィラ。 バニヤン ツリー並みの宿泊料金になれば流行ると思います。 ホテル、客室の詳細は「ホテル訪問記」をご覧ください。 サラ サムイ チャウエンビーチはチャウエン北の便利な立地。 客室はホテル棟が主体になりますが、天井の高さに驚く、 アーチ型のデザインがゴージャスで、お洒落な客室です。 2019年4月にガーデンウイングが完成しました。 ガーデンウイングはリーズナブルでも秀逸な客室です。 ホテル、客室の詳細は「ホテル訪問記」をご覧ください。 「広めの客室」、「海景色」、「広いバルコニー」、「広い屋外」、 「天井が高いヴィラ」、「プライベートプールヴィラ」、「家族旅行」、 「ジャグジー風呂」、「チャウエンビーチ」、「プライベートビーチ」、 「子連れ」、「カップル」、「大人のリゾート」、「新しいホテル」、 キーワードの中から、皆さんのサムイ島滞在のお好みの条件を選択して、 サムイ島のホテルを選び、サムイ島旅行を、ゆったり、楽しんでください。 ここで紹介した各ホテルの情報は の中から、サムイ島のホテル紹介記事・サムイ島のホテル訪問記を選び、 閲覧できます。 サムイ島のホテル選び、ホテルの客室選びについてまとめてみました。 これからも、サムイ島のホテルの訪問記を、Weekly Samui に掲載して いくつもりです。 ブログ版旅行ガイド、Weekly Samui をご愛読ください。 皆さん、サムイ島を楽しんでくださいね。

次の