小林 いん て つ 教授。 小林寅喆(いんてつ)東邦大教授の国籍は韓国?経歴・プロフィールまとめ!

小林慶一郎

小林 いん て つ 教授

人物 [ ] 大学院博士課程修了。 シカゴ大学での指導教官は。 「オオカミ少年と言われても毎年1冊は財政危機の本を出していくつもりです」 と述べている。 の教授と教授たちがに発表したが、に誤りであることが判明し、著者たちも誤りを認めていた事実が、すでに世界的に知られている、政府債務残高が大きくなると経済成長に悪影響を与えるようになることを実証したとされる論文を、『財政破綻後 危機のシナリオ分析』 日本経済新聞出版社 において、という時点で無批判に、自説の根拠に引用した。 2020年3月、新型コロナは長期的に産業構造の転換をもたらすと強調。 急激に業績が悪化した企業への支援とともに、廃業や倒産を促す政策も組み合わせることが必要だと訴えた提言を複数の他経済学者らと共同でまとめた。 略歴 [ ] 伝記の記載を年譜形式のみとすることは。 人物の伝記は流れのあるまとまった文章で記述し、年譜は補助的な使用にとどめてください。 ( 2016年8月) 学歴 [ ]• 修了(数理工学専攻)• 修了(経済学) 職歴 [ ]• 入省()• - 6月 研究員• 1月 - 6月 客員論説委員• 4月 - 公共政策研究科客員教授• 4月 - 3月 非常勤講師• 6月 - 3月 国際大学GLOCOM主幹研究員• 6月 - 3月 上席研究員• 4月 - 研究主幹• 4月 - 上席研究員• 4月 - 9月 大学特別招聘教授• 8月 - 3月 世代間問題研究機構教授(産学官連携融合事業(経済産業省))• 4月 - 3月 教授• 4月 - ファカルティフェロー• 4月 - 研究 著作とメディア [ ] 主な著作物 [ ]• 『財政と民主主義 ポピュリズムは債務危機への道か』(共著、)• 「バランスシート不況のマクロ経済論」(所収:+通商産業研究所編集委員会編『マクロ経済政策の課題と争点』)• 「問題先送りによる長期経済停滞」(深尾光洋、吉川洋編『ゼロ金利と日本経済』所収)• 『日本経済の罠 - なぜ日本は長期低迷を抜け出せないのか』(共著、日本経済新聞社)• 『バランスシート再建の経済学』(共編)東洋経済新報社• 『経済ニュースの読み方』• The Division of Labor, the Extent of the Market, and Economic Growth Ph. Dissertation, University of Chicago 主なコラムと掲載 [ ]• 2017. 20 (日経新聞 経済教室)• 2016. 17 (日経新聞 経済教室)• 2016. 09 (日経新聞 特集対談)• 2016. 09 (日経新聞 特集対談 映像)• 2016. 23 「」(日経新聞 経済教室)• 2016. 01 「」(日経新聞 経済教室)• 2015. 21 「」(日経新聞 経済教室)• 2015. 13 「」• 2015. 14 「」 出演番組 [ ]• 2017. 10 (夜エクスプレス NIKKEI CNBC 受賞歴 [ ]• 2001年 - (「日本経済の罠」)• 2002年 - (「日本経済の罠」) 脚注・出典 [ ] []• RIETI、2014年3月14日閲覧。 「」『日本経済新聞』、2018年5月17日。 朴勝俊・シェブテイル『財政破綻論の誤り』青灯社2020年、pp. 129-pp. 132• 日本経済新聞 2020年3月18日. 2020年6月5日閲覧。 東京財団政策研究所• 一橋大学、2013年3月准教授(財務省)、教授(厚生労働省)、特任講師(日本総合研究所)とともに退任• - ページ• - キヤノングローバル戦略研究所ページ• - 慶応義塾大学(2013年12月) この項目は、(を含む)に関連した です。 などしてくださる(、)。

次の

小林暁子(医師)の年齢や年収と子供は?旦那の小林弘幸は順天堂大学教授!

小林 いん て つ 教授

生活環境の著しい変化によって感染症の様相も大きく変わっています。 近年では、新型インフルエンザの大流行など日常生活における感染対策が重要視されるようになりました。 加えて、国を超えた人口の移動による新興感染症の流行や国内における再興感染症の再流行と感染症の脅威にさらされています。 さらに海外からの新規抗菌薬耐性菌の流入や各種耐性菌による病院および医療関連施設感染が深刻な問題となっています。 これら病原微生物による感染症の診断、耐性菌の解析と疫学および感染対策について研究を行っています。 それらの研究成果は、医療現場における感染対策から国民にとって質の高い安全な医療へ貢献することを目標としています。 入学を検討している学生さんへ 【学部受験の方へ】 【2017年度刊行論文】• Public health and healthcare-associated risk of electric, warm water bidet toilets. Journal of Hospital Infection 97 3 :296 -300 , 2017. Staphylococcus aureus surface contamination of mobile phones and presence of genetically identical strains on the hands of nursing personnel. American Journal of Infection Control 45 :929 -931 , 2017. 口腔由来Neisseria sp. の各種抗菌薬に対する薬剤感受性に関する検討. 日本性感染症学雑誌 28 1 :73 -78 , 2017. 中国基幹病院における院内高頻度接触部位および医療従事者の手指より分離された薬剤感受性の異なるP. aeruginosa およびA. baumannii に関する検討. 日本化学療法学会雑誌 65 6 :817 -820 , 2017. 短期間に異なる7名の患者より検出されたmeropenem耐性Escherichia coliの検討. 感染症学雑誌 91 2 :132 -136 , 2017. 過去の刊行論文は、下記からご参照ください。 【著書】• 細菌培養検査-有意義な検体の採取法と留意点. 小児臨床検査のポイント2017 504-507. 東京医学社, 東京, 2017. デンタルダイヤモンド社. 2014. 看護師を目指す学生の大学における微生物学の教育:モダンメディア通巻700号記念特集, 第60巻3号85-89, 2014. はじめよう 看護の感染と防御: ヴァン メディカル. 2014. 読めば わかる! 耐性菌のお話:ヴァン メディカル. 2012• 透析液のバイ菌がよくわかる本: 8. 同定困難な菌名同定. 東京医学社, 103-117, 2008. ヘルス・システム研究所, 2007. ベッドサイドで役立つ微生物検査ガイド: 第4章 1 検体の保存法, 第12章 2 病院の規模などでみた主要検体からの分離菌ベスト10とその感受性. 文光堂, 2006, 178-183, 442-445. 【2017年度の主な学会発表】• Evaluation of the BD Phoenix ID yeast for Species Identification of Clinical Yeast-Like Organisms. ASM microbe2017, New Orleans, 米国, 2017. 入院時患者における糞便からの抗菌薬耐性菌の検出状況について. 第66回 日本感染症学会東日本地方会学術集会, 東京, 2017• 関東地方において分離されたNeisseria gonorrhoeaeに対する抗菌薬感受性の推移について. 日本性感染症学会第30回学術大会, 札幌, 2017 その他の学会発表は、下記からご参照ください。

次の

小林暁子(医師)の年齢や年収と子供は?旦那の小林弘幸は順天堂大学教授!

小林 いん て つ 教授

生活環境の著しい変化によって感染症の様相も大きく変わっています。 近年では、新型インフルエンザの大流行など日常生活における感染対策が重要視されるようになりました。 加えて、国を超えた人口の移動による新興感染症の流行や国内における再興感染症の再流行と感染症の脅威にさらされています。 さらに海外からの新規抗菌薬耐性菌の流入や各種耐性菌による病院および医療関連施設感染が深刻な問題となっています。 これら病原微生物による感染症の診断、耐性菌の解析と疫学および感染対策について研究を行っています。 それらの研究成果は、医療現場における感染対策から国民にとって質の高い安全な医療へ貢献することを目標としています。 入学を検討している学生さんへ 【学部受験の方へ】 【2017年度刊行論文】• Public health and healthcare-associated risk of electric, warm water bidet toilets. Journal of Hospital Infection 97 3 :296 -300 , 2017. Staphylococcus aureus surface contamination of mobile phones and presence of genetically identical strains on the hands of nursing personnel. American Journal of Infection Control 45 :929 -931 , 2017. 口腔由来Neisseria sp. の各種抗菌薬に対する薬剤感受性に関する検討. 日本性感染症学雑誌 28 1 :73 -78 , 2017. 中国基幹病院における院内高頻度接触部位および医療従事者の手指より分離された薬剤感受性の異なるP. aeruginosa およびA. baumannii に関する検討. 日本化学療法学会雑誌 65 6 :817 -820 , 2017. 短期間に異なる7名の患者より検出されたmeropenem耐性Escherichia coliの検討. 感染症学雑誌 91 2 :132 -136 , 2017. 過去の刊行論文は、下記からご参照ください。 【著書】• 細菌培養検査-有意義な検体の採取法と留意点. 小児臨床検査のポイント2017 504-507. 東京医学社, 東京, 2017. デンタルダイヤモンド社. 2014. 看護師を目指す学生の大学における微生物学の教育:モダンメディア通巻700号記念特集, 第60巻3号85-89, 2014. はじめよう 看護の感染と防御: ヴァン メディカル. 2014. 読めば わかる! 耐性菌のお話:ヴァン メディカル. 2012• 透析液のバイ菌がよくわかる本: 8. 同定困難な菌名同定. 東京医学社, 103-117, 2008. ヘルス・システム研究所, 2007. ベッドサイドで役立つ微生物検査ガイド: 第4章 1 検体の保存法, 第12章 2 病院の規模などでみた主要検体からの分離菌ベスト10とその感受性. 文光堂, 2006, 178-183, 442-445. 【2017年度の主な学会発表】• Evaluation of the BD Phoenix ID yeast for Species Identification of Clinical Yeast-Like Organisms. ASM microbe2017, New Orleans, 米国, 2017. 入院時患者における糞便からの抗菌薬耐性菌の検出状況について. 第66回 日本感染症学会東日本地方会学術集会, 東京, 2017• 関東地方において分離されたNeisseria gonorrhoeaeに対する抗菌薬感受性の推移について. 日本性感染症学会第30回学術大会, 札幌, 2017 その他の学会発表は、下記からご参照ください。

次の