学歴 コンプ。 学歴コンプレックスになる本当の理由と克服方法をFラン大卒が解説するよ

金岡千広とは?力のある国立大学でも学歴コンプレックスが蔓延?

学歴 コンプ

俺、大阪市立大学の卒業生だけど別にコンプレックスはもってないな~ まあ卒業しただけで大学院は違うところにいったから最終学歴は違うけど。 阪大が第一志望だったけど、別に阪大に対してもコンプレックスはもってないです。 高校時代のお勉強は劣ってると思うけど、あれが研究に対して役立つ訳でもあるまいし。 でも今の教授が阪大卒ですが、似てる分野の人の学士論文を渡されたときはコンプレックスじゃないけどびっくりはしましたね。 学部生でこんな論文を書くほどに優秀な学生がいるのかって。 まあその人しか読んでないから全員が全員そうじゃないだろうけど。 補足 入試方式変わったのかどうかは知りませんが、府大は中期なので京大や阪大に落ちた学生が仕方なしに入学する人もいるかもしれませんね。 にしてもそういう学生の多くは辞退すると思いますが、家庭の事情であったり二年連続で落ちたとかで入学したらたしかにコンプレックスもってる学生はいるかもですが。 同志社なんかも関西の国公立に落ちて同志社に入った学生はコンプ持つかもしれませんが、同志社は同志社で第一志望で目指している学生も多いはずなのでコンプが多いかどうかはわかりません。 早慶なんかも同じじゃないかと思います。

次の

学歴において「超・劣等感」があって死にたくなります・・・学歴コンプ

学歴 コンプ

6854• 560• 415• 19073• 1742• 496• 386• 825• 10846• 400• 1258• 878• 684• 638• 1229• 2404• 659• 2197• 1636• 1210• 583• 222• 4031• 569• 998• 838• 179• 147• 339• 879• 198• 107• 495• 237• 189• 1 過去ログ 1906 2103 1796 2681 1719 1232 1233 1797 1859 1799 1848 1843 1783 1854 1796 1708 904 728 621 580 601 601 629 773 829 822 788 715 688 795 732 713 761 778 763 690 645 672 634 665 565 600 629 615 654 662 720 655 649 671 631 518 491 515 532 601 676 648 667 662 652 642 576 578 497 502 533 516 563 553 528 429 152 18 199 350 241 60 なんJ・野球のアンテナ様.

次の

学歴コンプの多い大学10傑

学歴 コンプ

この記事の目次• 学歴がないことのデメリットを徹底的に考えてみる なぜ、あなたは学歴コンプレックスを抱えているのですか?こう尋ねると、曖昧な回答しか返せない人がほとんどでしょう。 学歴にコンプレックスを感じる理由を曖昧にしていると、あらゆる出来事を学歴コンプレックスと結びつけてしまい、劣等感がより強化されます。 人間は、曖昧で漠然としたものほど誇大にイメージしてしまう習性があるからです。 ここで一度、学歴コンプレックスの原因と正面から向き合いましょう。 低学歴だったことで受けた不利益、低学歴によって将来受ける不利益を、具体的に紙に書き出すのです。 そうすることで、あなたが漠然と思っていたネガティブイメージは誇大妄想にすぎず、現実はそこまで困らないことに気づくはずです。 むしろ、低学歴のデメリットよりも、劣等感によって自信を失う方が、あなたの人生にとって大きなデメリットになることに気づくべきです。 低学歴が問題ではなく、それに劣等感を持っている「あなたの心」が問題なのです。 学歴を全く評価しない企業も生まれてきている あのユニクロでは、大学1年生を「正社員候補」として採用するシステムを構築。 在学中はバイトとして雇用し、その間に正社員としてのOJT(企業内訓練)を行う仕組みです。 これは、企業側が大学生活(学歴)に、何の価値もないと考えている象徴的な現象です。 大学で教育するよりも、自社で教育した方が有意義だと捉えているのです。 ここから分かることは、 企業が本質的に求めているのは学歴ではなく「人間力」だということ。 これが、企業が社員に求める本質的なニーズです。 今後、ユニクロのようなシステムを設ける企業が増えてくる可能性があります。 日本企業は変化に遅い体質がありますが、周囲が始めれば「前に習え」で一気に始めるのも日本企業の特徴です。 以上から、今後はますます学歴の価値がなくなると考えられます。 繰り返しますが、企業が人材に求める本質的なニーズは「人間力」だからです。 学歴よりも熱意とコミュ力の方が重要だと気づく 多くの人々が学歴コンプレックスを抱えてしまうのは「日本型の就職活動」に最大の原因があります。 入社試験では「学歴を物差し」に人の優劣を判断する傾向が、今でもあるからです。 ただし、それはあくまで「就職活動だけ」であり、いざ会社で仕事を任されると、学歴よりも「実績」が重視されます。 繰り返しますが、仕事で実績をあげるために必要なものは「学歴」ではなく「人間力」です。 人間力とは、やる気や行動力、コミュニケーション能力などの、人としての基礎能力です。 いくら高学歴でも、やる気も行動力もなく、コミュ力すらない人は「使えない人材」として扱われます。 実際、一代で会社経営者になった人や、やり手営業マンには、高卒や中卒の人が多いもの。 成功者に求められることは、学歴ではありません。 学歴コンプレックスは他人から嫌われることを自覚する 学歴コンプレックスが強い人は、自分より低学歴の人を見下します。 なぜなら、 劣等感と優越感は表裏一体だからです。 客観的に自分を見つめてみましょう。 自分よりも高学歴な人に、自信を失い恐縮するあなたがいませんか?逆に、自分よりも低学歴な人に、安心したり気持ちが大きくなっていませんか? このような心理があると「態度」として必ず表れます。 人に優劣をつけているのは、学歴コンプレックスのある「あなた自身」なのを早く気づくべきです。 劣等感が強烈な人は、優越感も強烈。 つまり、人をバカにして見下す最低の人物だということ。 そんな人間を慕う人はいません。 学歴コンプレックスとは「嫌われ者のマインド」なのです。 自分と他人を比べない人こそ、人生における本当の勝利者である 他人とばかり比べる人は、自分の人生を他人に委ねている「残念な人」です。 学歴、勤め先、年収、年齢、見た目・・・ これらの優劣は、世間が勝手に作った価値観にすぎません。 時代が変われば、世間の価値観はあっけなく変わるもの。 偏差値の高い大学を卒業して大企業に入れば一生安泰という、今までの価値観が崩壊しつつある様にです。 そんな虚ろなものよりも 「自分との戦い」に焦点を合わせましょう。 他人との勝ち負けよりも、自分との勝ち負けにフォーカスするのです。 自分に勝つとは「精神的に勝つ」ということ。 例えば、試合で負けたとしても、プレッシャーに押しつぶされず、自分の本領が発揮できたのなら「自分に勝った」ということ。 逆に、試合に勝っても、プレッシャーに押しつぶされ本領が発揮できなければ「自分に負けた」と捉えてください。 世間や他人ではなく、常に自分と勝負する。 そうすることで、あなたは確実に進歩していきます。 そうすれば後は勝手に、他人や世間からも評価される人物に成長します。 他人との比較ばかりにフォーカスすると、必ず、自信喪失と劣等感が強化されます。 なぜなら、どんな分野にも上には上がいるからです。 他人と比較することはやめ、過去の自分と現在の自分を比較しましょう。 「昨日の自分よりも、今日の自分の方が頑張った!」この比較こそが、劣等感を持たない生き方であり、人生の成功者になる極意です。 自分の好きなことを見つけ、とことん追求する 学歴コンプレックスがある人は、本質的に「自分が嫌い」です。 そんな人は「自分が好きなこと」を見つけ、とことん没頭することをお勧めします。 自分の好きなことを徹底的に追求し、磨くことで「自分だけの強み」を育むことができます。 これが自信につながり、自分を愛するきっかけになってくれます。 また、自分の好きなことに没頭することで、他人と比較するといった余計なことを考える暇がなくなり、学歴などどうでも良くなっていくはずです。 何かにのめりこんでいれば、余計な思考をする暇がなくなります。 正直、不安や劣等感が強い人は、そんなことばかり考えている「暇人」なのです。 没頭することは何でも構いません。 趣味でも良いですし、勉強でもOK。 好きなことは「あなたの才能」とリンクしている可能性が高く、成果もあがりやすいはず。 好きなことに取り組むことで、自然と周囲から評価され、自信がつき、自分を愛せるようになります。 超難関資格を必死に勉強して取得する これは、上記のマインドセットを取り入れても、学歴コンプレックスの呪縛が外れない人の対策です。 (個人的には、推奨しない方法です。 ) 学歴コンプレックスが強い人は、世間(他人)の価値観から、どうしても抜け出せない人だと言えます。 このような人は、世間の価値基準の中で評価を受けたいという欲求が強烈なのでしょう。 では、世間的に超難関と言われる資格を取得するのはいかがでしょう?ただし、せっかくなら仕事や、あなたの人生に役立つ資格を選び、取得することをお勧めします。 もちろん、資格以外にも、社会人枠で大学受験をするのも一つでしょう。 起業や副業でダントツに稼ぐ もし、低学歴が原因で、待遇の悪い仕事に就いてしまった人、仕事で実績が評価されないなど、学歴コンプレックスが物理的に解消できない状況にいる人は「仕事以外でダントツに稼ぐこと」をお勧めします。 正直、就職活動では今だに学歴が偏重される傾向にありますし、低学歴がゆえに転職チャンスも閉ざされ「悪循環」から抜け出せない現実はあるかも知れません。 職場での待遇が悪く、転職によって明るい未来すら築けない状況は、学歴コンプレックスをますます強化させてしまう環境と言えます。 しかし、現在は「インターネットの発達」により、誰もが費用をかけず副業や起業ができる環境が整っています。 実際、ネット起業に取り組み年収1000~3000万円という人は多く存在します。 東証一部上場企業の社長ですら、平均年収は3000万円程度です。 年収1000万円の社会人は、全労働者の3. 9%(2011年度)しか存在しません。 現在、高学歴な人よりも稼ぐことは実現しやすくなっています。 ITの発達によって、今の仕事以外で、彼ら以上に稼ぐチャンスは誰にでもある時代が来ました。 そんな恵まれた環境を活かすかどうかは、あなた次第です。 まとめ 学歴コンプレックスを克服するためには「他人と比較しないこと」が根本的な解決策であり、比較する癖をなくすことが肝になります。 しかし、私たちは両親、友人、学校、職場などの価値観に洗脳されてきた経緯があります。 長年刷り込まれたものなので、この呪縛から抜け出すのは容易ではないかも知れません。 しかし、 思考とは「考える量」が多い方が定着するにすぎません。 今回お教えした8つの方法をできるだけ思考に取り入れ習慣化し、あなたの学歴コンプレックスを育てた癖を書き換えることをお勧めします。

次の