ハルキゲニア 進撃。 【進撃の巨人】脳を求めていた?九つの願望が巨人を生んだのか

ハルキゲニア

ハルキゲニア 進撃

cam. iy2k0x7K. dpuf カンブリア紀には現生の動物につながる多種多様な生物が一気に登場した。 この「カンブリア爆発」をよく伝えるのが、カナダのバージェス頁岩から見つかった5億500万年前ごろの不思議な化石。 ハルキゲニアは、その中でも最も変わったものの1つだ。 ハルキゲニアは当時の海に住んでいた。 細長い本体に多数の長いとげと7対の脚が生えた姿をしており、体長は1〜5センチほど。 「有爪(ゆうそう)動物」に属していると考えられている。 有爪動物は、現在はカギムシという熱帯の森に住む長い芋虫のような生物だけが唯一となっている。 ハルキゲニアが発表された際は、とげの部分が足だと考えられ、上下逆さまの形で復元図が描かれた。 後に逆だったことが判明し、復元図は書き換えられていた。 CGで描かれた最新のハルキゲニア像=ケンブリッジ大の動画より 研究によると、これまで頭部はこぶのような膨らみを持つのっぺらぼうとして描かれていたが、新たな復元図ではこぶがなくなり、目を持つ長い首を持つ生きものとして描かれている。 そもそも、新たに描かれた頭部は、これまで尾部だと考えられていた部分。 前後が逆だったのだ。 研究者はロイヤルオンタリオ博物館と米スミソニアン博物館が収蔵する165個の化石を電子顕微鏡で詳しく調べた。 すると、尾部だと思っていた部分に目と一連の歯が見つかったのだという。 「化石を電子顕微鏡で調べた時、最初は目が見つかるのではという期待を持っていたが、歯がこっちを見て笑っていたので驚いたよ」とケンブリッジ大のマーティン・スミス氏は述べている。 これまで頭部だと考えられた部分は、死後に肛門から排出した内臓の内容物などではないかと考えられるという。 ハルキゲニアから見つかった歯は、生物の進化史を考える手がかりになる。 歯はエビやカニなど脱皮する動物の初期の歯に似ているという。 陸上で暮らす柔らかい体のカギムシと、エビや昆虫などの節足動物には共通の祖先がいたと考えられ、ハルキゲニアの歯の発見は共通祖先の姿や分岐時期を考える手がかりになるとしている。 関連記事• 化石は太古に滅んだ生き物たちの姿をよみがえらせる。 最近の発見をいくつか紹介しよう。 「ブロントサウルス」は、これまで同じものだと考えられてきた「アパトサウルス」とは異なる、独立した別の種類の恐竜だったという新研究。 姿を消して久しい人気恐竜が再び表舞台に戻ってくるかも?• 2個体は黒船来航以前に日本にやってきたらしい。 国立科学博物館とNHKは、特別展「生命大躍進」を7月7日〜10月4日に開く。 「カンブリア爆発」として知られるバージェス頁岩の動物群化石など、国内初公開となる化石などが多数展示される。 関連リンク•

次の

【進撃の巨人】始祖ユミルが接触したものの正体を探る!【有機生物の起源】

ハルキゲニア 進撃

「子供のままじゃいられない」という気持ちは、 「三人仲良くやっていく」ことがそろそろ難しくなってきたということなのでしょうか。 三人のなかで徐々に考え方の違いが出てきたことを、それぞれが感じているのかもしれませんね。 しかもエレンはエレンで遠くを見ていますし、かなり背負っていますし…。 「有機生物の起源=古代生物」という文字通りの意味合いで作者は描いていたのかもしれません。 といった説明がされています。 この木ですが、周りに生えている樹木とは少し違って見えませんか? 周囲にあるのが細長くまっすぐに伸びているのに対して、この木は全体としてはまっすぐ伸びていますが、所どころうねっていますね。 また、枝も頂上部分にだけ生えているように見えますよ。 一見すると比較的樹齢の高い樹木に思えます。 これらの特徴が何を表しているのか具体的にはわかりませんが、 「神聖な木」として描かれているのかなとは思いました。 日本でも樹齢数千年の木を 「神の宿る木」として認識する文化はありますよね。 それと同じで、進撃の巨人の物語のなかでも、この木は 「神聖な何かが宿る木」としての意味を持っている可能性はありそうですよね。 これを 「傷ついた少女を助けるために現れた神」という具合にかなり神話チックに読み替えてみると、飲み込みやすいかなとは思います。 ちなみに、ナガトはすべて事実として描かれていると考える派です。 まとめ そろそろ終わりにします。 少女ユミルが接触した謎の物体について考えてきましたが、 正体は何だと思いますか? ここばかり考えていても仕方がないかもしれませんが、これまで作中で語られてこなかった秘話なだけあって、やはりナガトは気になりますね。 進撃122話読了です。 122話では始祖ユミルの過去が描かれるのを期待していたけれど、まさか本当にユミル・フリッツ秘話が描かれるとは思いませんでした。 これまでのストーリーの中で、もっとも神話らしさを感じる話の一つだったなと感じました。 エレンの行動が繋がった、そんな感覚。 — ナガト アース調査兵団兵士 nagatoshingeki 進撃122話読了です。 122話では始祖ユミルの過去が描かれるのを期待していたけれど、まさか本当にユミル・フリッツ秘話が描かれるとは思いませんでした。 これまでのストーリーの中で、もっとも神話らしさを感じる話の一つだったなと感じました。 エレンの行動が繋がった、そんな感覚。 みなさんの意見も聞かせてください。 その争いに各巨人族達も参加し、敗戦しています。 (それが始祖ユミルという巨人も含まれています。 ) この漫画『進撃の巨人』に登場する始祖ユミルに寄生した有機生物(寄生獣)は過去の神話に登場するユミル巨人ないしその巨人族の子孫の可能性もある。 又、北欧神話の伝承的にはヴァルハラの館に集いし戦士達を率いて『ラグナロク(最終戦争)』を迎えます。 (北欧神話の内容はユダヤ教系・キリスト教系・イスラム教系・インド系宗教等々やギリシャ神話及び日本神話にも繋がっています。 ) (視点が変われば巨人(鬼神)は神々であり悪魔達でもある。

次の

【進撃の巨人】脳を求めていた?九つの願望が巨人を生んだのか

ハルキゲニア 進撃

今話題のカンブリア紀の生命体『ハルキゲニア』を素人が解説 ハルキゲニアとはカンブリア紀の地球に生息してた(なんか気色の悪い)生物のことです。 カンブリア紀とは5億年以上前の時代のことであり、まだ恐竜や爬虫類すら生まれていない太古の昔です。 そんな時代の生物というものはまだまだ発展途中であり、色々と生物進化の実験が行われていたんです。 そのため変な生物が生まれやすく、化石が残っているだけでもへんてこ生物目白押しなんですよ。 ハルキゲニアもその例に漏れず、奇妙な姿をしています。 以下がそのお姿。 ……キモいよね(失礼) 私がハルキゲニアを含め、カンブリア紀の生物を知ったのは小学生の頃。 そのときは衝撃を受けましたね。 こんな生物がほんとに存在したのか、と。 キモいながらも子供心をくすぐられたなぁ……。 長い間、棘っぽい方が下かと思われてきましたが、実は上下逆さまだったということが判明。 さらに最近まで膨らみのある方が頭だと思われていましたが、研究が進むにつれて実は尻尾側が頭だと分かってきたんですよね。 今後は恐竜のように、実は形自体全く別のものだったという研究成果が出てもおかしくない謎が多い生物です。 体長はなんと0. 5~3. 0cm……。 ちっちゃ!!! もっとでかいのかと思ってましたが予想以上に小さかったです。 もはや虫じゃないですか。 造形はキモいけど、現存してたら水槽で飼えそうですね。 ……水槽いっぱいのハルキゲニア……オエッ……。 ちなみにハルキゲニアのイメージ図はたくさんあり、新旧含めてもはやどれが正解に近いのかはわかりません。 中にはアレっぽいものも……オエッ……。 進撃の巨人『有機生命体の起源』はハルキゲニアがモデル? 今一番人気のある漫画の一つ・進撃の巨人。 その第122話にて、物語の重要人物・始祖ユミルに取り付いたのが以下のような生物。 うん、ハルキゲニアかと思ったよね。 元から知らない人はネット情報で後から知ったんだろうけど、カンブリア紀が好きな人はテンション上がった人もいるのでは? 巨人化能力は背骨に宿るというからこれは背骨のオマージュと言えるんでしょうけどね。 でも見た目はまんまハルキゲニアなので、諫山創先生はモデルにはしたんじゃないかなぁと個人的には思います。 ただモデルにしただけだろうからハルキゲニアではないだろうけどさ。 本物は比較にならないほどちっちゃいし。 おそらくこのハルキゲニア的生物がいわゆる『有機生命体の起源』なんだろうと思います。 これが人の巨人化原因を作ったので、とても重要な生物です。 どうして有機生命体の起源なのかはわかりませんが、物語上に深く関わってくる意味なのだと思います。 史実でハルキゲニアはカンブリア紀の一生物に過ぎないんですけどね。 それよりも地球生命にとって重要な生物ピカイアがカンブリア紀に存在していました。 『脊椎動物の起源』と言われており、脊椎動物の歴史はピカイアから始まったそうなのです。 私たち人類も彼らのDNAを受け継いでいるため、つまりはご先祖様なわけです。 先祖に感謝するときはピカイアさんにも思いを寄せてあげてくださいね。 名前の由来は『夢想』。 マジで夢に出てきそう…… ハルキゲニアという名前の由来は『夢みごこち』や『夢想』などがあるようです。 つまり夢に出てきそうなほど奇妙だってことですね。 ……出てきたら悪夢確定だわ……。 記事書くために調べてる私の脳内でより一層印象深くなってるからハルキゲニアの夢見る確率がどんどん高くなってる気が……。 出てこないといいな……ハルキゲニア……。 もし私の夢に出演するつもりなら擬人化で女体化よろ。 かわいいといいなぁ。 ハルキゲニアの画像は『いらすとや』にもある件 ハルキゲニアで画像検索してみたところ、すでにフリー画像サイト『いらすとや』でイラスト化されていました。 それどころかアノマロカリスやミロクンミンギアなど、カンブリア紀に活躍した(?)生物が多くイラスト化されていました……。 さすがは『いらすとや』だと褒めてやりたいところだぁ……。 でも研究が進むにつれてハルキゲニアの形もどんどん変わってきそうなので、今あるハルキゲニア絵もいつか変わっちゃうのかな? その前に画像保存はしておきましょう。 現代にハルキゲニアがいたらどんな扱いを受けているのだろうか 現代にも奇妙な生物はそこそこ生息してます(特に深海生物や虫)。 実在しておりかつ身近だと見た目が奇妙なものでもそれが普通に感じてしまうものです。 虫ってその見た目や生態はとても奇妙ですが、どこにでもいるので身近である程度普通に感じますよね。 そんなふうに、もしかしたらハルキゲニアが現代にいたとしたら、そんなキャラ位置にいたのかもわかりません……。 もしかしたら食用になっていたりするのかもしれません……。 小さいから小エビみたいな感覚で食べるのかな? ハルキゲニアの味は気になるけど……絶対食べたくない……。 ハルキゲニアの進化系!?コリンズ・モンスターがバケモノすぎる件 ハルキゲニアは非常に小さいため、奇妙な姿形はしているけど恐怖までは感じない生物でしょう。 しかしカンブリア紀にはハルキゲニアの進化系みたいな生物が存在し、その姿形がバケモノじみているんです。 名前はコリンズ・モンスター。 姿は以下。 ……怖すぎぃ……。 ハルキゲニアは大きくて3. 0cmのため出くわしてもまだ許容できる大きさです。 しかしコリンズ・モンスターは最大で15cmもあります。 スズメバチの2倍以上の大きさです。 ……怖すぎぃ……。 ハルキゲニアがモデルのポケモンがいたとしたら、その進化系はコリンズ・モンスターでしょうね。 論文を書いた人曰く「パワーアップしたハルキゲニアです」とのことなので、博士お墨付きの正当進化と言えるでしょう。 ……こいつも夢に出てきそうだ……。 まとめ ハルキゲニアについて書いてみました。 ハルキゲニアみたいな生物がいるからカンブリア紀は好きだぜ……。 進撃の巨人はもうちょっとで終わることを匂わせているのであのハルキゲニア的生物の正体が分かる日も近いのかもしれませんが、そのときまでは『ハルキゲニア的生物』として親しんでおきましょうか。 ……夢には出ないでね……?.

次の