吉本 興業 芸歴。 どっちが先輩後輩? 吉本興行芸人の芸歴至上主義に対する違和感

吉本興業の歴代社長と経歴まとめ【画像】歴史やエピソードが凄い!

吉本 興業 芸歴

吉本お笑い芸人の給料年収の9割は吉本興業の取り分という超絶ブラック企業な実態暴露 吉本の芸人たちの給料や年収、低いんですねえ~。 吉本興業が吉本の芸人のギャラを搾取している実態が、 わかっちゃいました。 スポンサードリンク 2013年に放送された『コレを言わずに年が越せるか!ぶっちゃけ告白TV! カミングアウト祭!』で、 その吉本芸人の給料年収の9割を、 吉本興業が取っているという超絶ブラックな実態が暴露されたんです。 千秋が元夫のココリコの遠藤章造の給料明細を見て、びっくりしたそうです。 「吉本って本当にギャラを9割取るんだなと思った」 この千秋の言葉に、品川庄司の庄司智春が夫の藤本美貴も、 「本当にそう」と話していました。 夫(庄司智春)と共演した時のギャラが、藤本美貴のギャラより、 9割少ないんだそうです。 『ナカイの窓』でも、吉本芸人の給料年収を吉本興業が搾取していることが話題に。 吉本芸人が給料年収の不満を暴露しています。 ところが、ワタナベエンターテインメントに所属している ふかわりょうは「吉本は仕事量が多い。 それ自体が素晴らしい!」と反論。 でも、 吉本の芸人たちが、売れ始めてから半年経つまでは給料が0円だというのも有名な話。 やはり、吉本興業は超絶ブラック企業ですね。 ただ、吉本興業にも良いところは一杯あります! たとえば、 吉本興業は、一度名が売れた芸人については、ずうーっと給料を支払ってくれるんですね。 そこそこ売れている芸歴17年のカラテカの入江慎也でも2012 年の年収は700万円あったそうなんです。 その年収がTVで公表されるとネット住民からは、 「入江レベルでその金額って…」 「働く気なくす」 「サラリーマン、全員負け組じゃねぇか」 「あ~いえ~、お~いえ~、言うだけでそんな貰えるなんて…」 と入江バッシングが起きました。 ところが、カラテカの入江慎也は、2013年には本の出版、クラブイベントの開催、講演会などで1,200万円の年収になったんです。 「自分で営業行って、仕事を取ってくるから取り分のパーセンテージも変えてくれと吉本に言った」 吉本興業もちゃんと、譲るところは譲ってはいるわけですね。 しかも、カラテカの入江慎也がワタミ、吉田カバン、BEAMSとコラボできたのも、吉本所属という信頼があるからでしょう。 やはり17年間の芸歴があるトータルテンボスの大村朋宏と藤田憲右の年収は2,000万円! [ad ad-1] 事情を知る関係者によると、 吉本興業が番組の制作に入って(資金を入れて)いるため、吉本の芸人がその番組にキャスティングされやすい。 そのためにテレビ界での営業力が強いんですね。 でも、吉本興業は番組DVDの製作や劇場運営、芸人養成学校(NSC)の運営など山ほど仕事を手がけています。 そのため、社員やスタッフが多く、芸人の数も格段に多いんですね 吉本興業の社員やスタッフはホリプロの2倍もいるんです。 この人たちの給料を支払っていくのは大変なことです。 しかも、当然、吉本興業のの事業が全部黒字ではありません。 かなり、赤字の事業も多い。 だから、吉本芸人の給料年収の9割は、吉本興業の取り分という超絶ブラック企業な実態が生まれているんです。 やはり、 吉本興業が吉本芸人の給料年収の9割を搾取しているのは間違いありません。 でも、吉本興業は、テレビ業界の中で圧倒的な営業力を持ち、吉本芸人たちの仕事を一杯与えています。 そして、ある程度名が売れて売り上げに貢献した吉本芸人たちには多めの安定給料を支払っています。 普通売れない芸人になったら、一切お金は入ってきませんからね。 ちなみに、 売れていない吉本芸人のの典型、芸歴24年目のX-GUNのさがね正裕と西尾季隆の2人にも、 吉本興業は今でも年収280万円を支払っているそうです。 全盛時X-GUNのさがね正裕と西尾季隆は、1990年後半『ボキャブラ天国』では営業で3,000万円を稼いだいたんですね。 吉本興業は、この時の恩を忘れていないんですね。 吉本芸人の給料年収の9割は、吉本興業の取り分という超絶ブラック企業な実態には、 理由があるんだと、妙に納得してしまいました。 2017年のお笑い芸人の推定年収ランキング ビートたけし年収:15億5,000万円 明石家さんま年収:11億2,000万円 タモリ年収:8億6,000万円 田中裕二(爆笑問題)年収:8億1,000万円 太田光(爆笑問題)年収:7億5,000万円 上田晋也(くりぃむしちゅー)年収:6億4,000万円 内村光良(ウッチャンナンチャン)年収:5億8000万円 マツコ・デラックス年収:5億1,000万円 有田哲平(くりぃむしちゅー)年収:5億5,000万円 浜田雅功(ダウンタウン)年収:4億1,000万円 松本人志(ダウンタウン)年収:4億500万円 加藤浩次(極楽とんぼ)年収:3億4,000万円 矢部浩之(ナインティナイン)年収:3億3,000万円 いやあ~、みんな、凄すぎる年収ですねえ~~~~!!!! うらやまし~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!! 関連記事.

次の

おばた、黒ラブ教授ら芸人先生とおうちで学べるレッスン企画 『#吉本自宅劇場 ワークショップ』開催

吉本 興業 芸歴

吉本お笑い芸人の給料年収の9割は吉本興業の取り分という超絶ブラック企業な実態暴露 吉本の芸人たちの給料や年収、低いんですねえ~。 吉本興業が吉本の芸人のギャラを搾取している実態が、 わかっちゃいました。 スポンサードリンク 2013年に放送された『コレを言わずに年が越せるか!ぶっちゃけ告白TV! カミングアウト祭!』で、 その吉本芸人の給料年収の9割を、 吉本興業が取っているという超絶ブラックな実態が暴露されたんです。 千秋が元夫のココリコの遠藤章造の給料明細を見て、びっくりしたそうです。 「吉本って本当にギャラを9割取るんだなと思った」 この千秋の言葉に、品川庄司の庄司智春が夫の藤本美貴も、 「本当にそう」と話していました。 夫(庄司智春)と共演した時のギャラが、藤本美貴のギャラより、 9割少ないんだそうです。 『ナカイの窓』でも、吉本芸人の給料年収を吉本興業が搾取していることが話題に。 吉本芸人が給料年収の不満を暴露しています。 ところが、ワタナベエンターテインメントに所属している ふかわりょうは「吉本は仕事量が多い。 それ自体が素晴らしい!」と反論。 でも、 吉本の芸人たちが、売れ始めてから半年経つまでは給料が0円だというのも有名な話。 やはり、吉本興業は超絶ブラック企業ですね。 ただ、吉本興業にも良いところは一杯あります! たとえば、 吉本興業は、一度名が売れた芸人については、ずうーっと給料を支払ってくれるんですね。 そこそこ売れている芸歴17年のカラテカの入江慎也でも2012 年の年収は700万円あったそうなんです。 その年収がTVで公表されるとネット住民からは、 「入江レベルでその金額って…」 「働く気なくす」 「サラリーマン、全員負け組じゃねぇか」 「あ~いえ~、お~いえ~、言うだけでそんな貰えるなんて…」 と入江バッシングが起きました。 ところが、カラテカの入江慎也は、2013年には本の出版、クラブイベントの開催、講演会などで1,200万円の年収になったんです。 「自分で営業行って、仕事を取ってくるから取り分のパーセンテージも変えてくれと吉本に言った」 吉本興業もちゃんと、譲るところは譲ってはいるわけですね。 しかも、カラテカの入江慎也がワタミ、吉田カバン、BEAMSとコラボできたのも、吉本所属という信頼があるからでしょう。 やはり17年間の芸歴があるトータルテンボスの大村朋宏と藤田憲右の年収は2,000万円! [ad ad-1] 事情を知る関係者によると、 吉本興業が番組の制作に入って(資金を入れて)いるため、吉本の芸人がその番組にキャスティングされやすい。 そのためにテレビ界での営業力が強いんですね。 でも、吉本興業は番組DVDの製作や劇場運営、芸人養成学校(NSC)の運営など山ほど仕事を手がけています。 そのため、社員やスタッフが多く、芸人の数も格段に多いんですね 吉本興業の社員やスタッフはホリプロの2倍もいるんです。 この人たちの給料を支払っていくのは大変なことです。 しかも、当然、吉本興業のの事業が全部黒字ではありません。 かなり、赤字の事業も多い。 だから、吉本芸人の給料年収の9割は、吉本興業の取り分という超絶ブラック企業な実態が生まれているんです。 やはり、 吉本興業が吉本芸人の給料年収の9割を搾取しているのは間違いありません。 でも、吉本興業は、テレビ業界の中で圧倒的な営業力を持ち、吉本芸人たちの仕事を一杯与えています。 そして、ある程度名が売れて売り上げに貢献した吉本芸人たちには多めの安定給料を支払っています。 普通売れない芸人になったら、一切お金は入ってきませんからね。 ちなみに、 売れていない吉本芸人のの典型、芸歴24年目のX-GUNのさがね正裕と西尾季隆の2人にも、 吉本興業は今でも年収280万円を支払っているそうです。 全盛時X-GUNのさがね正裕と西尾季隆は、1990年後半『ボキャブラ天国』では営業で3,000万円を稼いだいたんですね。 吉本興業は、この時の恩を忘れていないんですね。 吉本芸人の給料年収の9割は、吉本興業の取り分という超絶ブラック企業な実態には、 理由があるんだと、妙に納得してしまいました。 2017年のお笑い芸人の推定年収ランキング ビートたけし年収:15億5,000万円 明石家さんま年収:11億2,000万円 タモリ年収:8億6,000万円 田中裕二(爆笑問題)年収:8億1,000万円 太田光(爆笑問題)年収:7億5,000万円 上田晋也(くりぃむしちゅー)年収:6億4,000万円 内村光良(ウッチャンナンチャン)年収:5億8000万円 マツコ・デラックス年収:5億1,000万円 有田哲平(くりぃむしちゅー)年収:5億5,000万円 浜田雅功(ダウンタウン)年収:4億1,000万円 松本人志(ダウンタウン)年収:4億500万円 加藤浩次(極楽とんぼ)年収:3億4,000万円 矢部浩之(ナインティナイン)年収:3億3,000万円 いやあ~、みんな、凄すぎる年収ですねえ~~~~!!!! うらやまし~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!! 関連記事.

次の

【吉本給料ギャラ お笑い芸人の給料年収の9割は、吉本興業の取り分という超絶ブラック企業な実態暴露】

吉本 興業 芸歴

カレンダーは静岡でラジオ番組を5年やっている 番組名は「カレンダーのいいたいほうだい」 その生放送の為にいつも前乗りで静岡に来て 夜スタッフさん達と飲む。 これは荒井の意向だ 次の日打ち合わせやメールチェックをするため 5時には局に集合しなければならない。 だが 案の定、荒井の姿はない。 「すいませんもう一回電話掛けてみますので 本当ご迷惑おかけして、すいません」 ヒカルは深く頭を下げる。 「まあまあ本番までに来てくれれば良いから荒井君おもしろいし気にしないで。 」 本番10分前、荒井が現れた。 「すいません〜ジュビロ磐田の練習参加して たので、遅れました」 ブース内が笑いで溢れ、空気がパッと明るくなる。 不覚にもヒカルも笑ってしまった。 「それではまた来週もお聴き下さい。 お相手は カレンダーでした。 」 2人はブースから出て楽屋に向かう。 「なあ荒井、たまには2人で飲み行くか?」 「なんだよ急にヒカルが誘うなんて、気持ち悪いな、まあーいいけど」 繁華街にある一応個室も用意してあるような チェーン店に2人は入った。 2人は一杯目のビールを飲み終え。 荒井はタッチパネルでレモンサワーを注文した。 「なあ荒井、今年の残りの半年俺にくれないか?」 「は?何言ってんだよ。 お前も酒なんか頼めよ」 「俺はさ、もう一回笑いに本気で命掛けたいんだよ もう一回日の目浴びたいんだよ!M-1の決勝の舞台で輝きたいんだよ。 荒井お前は才能がある でも俺にはない。 努力しか出来ない、だから お前の力貸してくれよ。 一緒に決勝の舞台立って本気で戦わないか?」 「なんだよ急に大きい声だしてさー まあー俺もそろそろまたM-1決勝出たいなって思ってたし、半年ちょっと本気でお笑いやるかな。 」 「まあー今日は久しぶり一緒に飲んでるだし 楽しく飲もうや!」 次の日の劇場、カレンダー揃って本番10分前に現れた。 そして12月初旬。 カレンダーはM-1準決勝まで コマを進めていた。 つづく.

次の