ファイター 映画。 Gのレコンギスタ

ガン・ファイター(1961)

ファイター 映画

1時間45分 字幕あり 音声:英語or日本語吹替 最強の部隊、究極の決断。 戦うことが俺たちの証。 米海軍特殊部隊ネイビーシールズでスナイパーを務めるラスティは、中東のテロ組織や中米の麻薬組織を相手に戦っている。 生死を懸けたミッションの中で、仲間の死や戦闘の最中に巻き添えになった少女を目の当たりにして苦悩しながらも 、戦い続けることでその悪夢を振り払っていた。 束の間の休息を終え、ラスティと仲間たちに新たな任務が下る。 任務はアフガニスタンで反政府ゲリラに捕らえられたアメリカ人の救出。 しかし、ゲリラの猛攻によって退路を断たれた部隊は、絶体絶命の危機を迎える。 米海軍特殊部隊ネイビーシールズでスナイパーを務めるラスティは、中東のテロ組織や中米の麻薬組織を相手に戦っている。 生死を懸けたミッションの中で、仲間の死や戦闘の最中に巻き添えになった少女を目の当たりにして苦悩しながらも 、戦い続けることでその悪夢を振り払っていた。 束の間の休息を終え、ラスティと仲間たちに新たな任務が下る。 任務はアフガニスタンで反政府ゲリラに捕らえられたアメリカ人の救出。 しかし、ゲリラの猛攻によって退路を断たれた部隊は、絶体絶命の危機を迎える。 激しい戦闘の中、ラスティはある究極の選択を迫られる。 このタイトルだとネイビーシールズが無双する痛快アクションだと思ってしまいます…。 原題はアメリカンウォーファイターでネイビーシールズというより米軍人のお話。 兵士やその家族の苦悩を描くシリアスなミリタリードラマなので、痛快アクションを期待するとガッカリでしょう。 戦場における過酷さやPTSDなど戦争がもたらす兵士達への精神ダメージを描いています。 何が原因かは分かり難く、イマイチ辛さや痛みが伝わって来ないです。 戦闘シーンは敵も味方も訓練を積んだ兵士とは思えない動きの悪さで萎えてしまいます。 B級低予算だからアクションコーディネーターや、軍事アドバイザーを雇えなかったのか素人感満載で萎えてしまいます。 感傷的な音楽はなかなか良いと思います。 現実なのか妄想なのかは割と雰囲気出していたが、ラストはそういう方向に行っちゃったかという感じでした…突然のファンタジーに面食らいました。 戦争の悲惨さか帰還したいと願う想いか、結局は何を伝えたいのか分かりませんでした…。 全く観れないという訳ではありませんが、おすすめは出来ない中途半端な戦争ドラマでした。 そして、新たな任務が下り、アフガニスタンで反政府ゲリラに捕らえられたアメリカ人の救出。 しかし、ゲリラの猛攻によって退路を断たれた部隊は、絶体絶命の危機を迎える。 これまで数多くのテロ組織と戦う特殊部隊の作品を観ているが、本作はストーリー、脚本、演出、展開が酷すぎる。 仲間が次々と銃弾に倒れていくお決まりのストーリーは良いのですが、戦闘の訓練など何も受けていないだろうと思わせる役者が演じているので、酷い戦闘シーンで、全く感情移入出来ずじまい。 本筋の途中で幻覚シーンが何回と描写されるが、全く無意味で話しの腰を折る! フィクションだとしても、ラストはこれまた酷い…… 残念なジャケ詐欺の作品でした。

次の

ザ・ファイター

ファイター 映画

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 南部の退役軍人ジョン・ブレッケンリッジ(ジョセフ・コットン)は妻ベル(ドロシー・マローン)と娘ミッシー(キャロル・リンレイ)をつれ1000頭の牛とともにメキシコの牧場を去りテキサスに行こうとした。 牧畜に失敗した彼はテキサスで新生活をしようとしたのである。 そこに兇状持ちのブレンダー・オマリー(カーク・ダグラス)が昔の恋人ベルをたずねてやってきてカウボーイとして牛の移動を手伝うことになった。 オマリーを追う保安官ダナ・ストリブリング(ロック・ハドソン)も後をつけてやってきて逮捕をテキサスまでのばして牛追いに雇われた。 一行は出発した。 ある町でブレッケンリッジは旧南軍兵士とごたごたを起こし、射殺されて死んだ。 ミッシーが男らしいオマリーにひかれたり、ベルとストリブリングが親しくなったりしながら旅はつづく。 途中、インディアンが一行を狙ったが、ストリブリングが牛の1部をインディアンに与えて危機をのりこえた。 砂漠で砂嵐に出会った時、3人組の牧夫がベルとミッシーをさらった。 ストリブリングとオマリーは危ういところで2人を助けた。 旅の間中、オマリーはベルの愛を求め、ストリブリングも彼女に求婚した。 ベルは困惑した。 やがて一行はリオグランデ河に出た。 途河前夜のパーティの晩、母の黄色いドレスを着たミッシーは歌をうたった。 思い出のドレスを母に似たミッシーがつけているのを見たオマリーの心は燃えた。 翌日の渡河の最中、ストリブリングとオマリーは2日後の落日の決闘を約束した。 牛群が無事アメリカ領に運び込まれた日、ベルはオマリーにミッシーから手を引くようにいい、娘はオマリーの子なのだと告白した。 オマリーは驚き、そして苦悩した。 約束の落日の時刻に、ストリブリングとオマリーは牛囲いの前で対決した。 銃声がひびきわたり、倒れたのはオマリーだった。 そして死んだオマリーの中には弾丸がつめてないのが発見された。 地上に坐ったミッシーはミッシーは目に涙を浮かべながら、ひざの上にのせたオマリーの頭をかかえ、やさしく髪をなでた。

次の

映画『ガン・ファイター』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

ファイター 映画

この項目では、1994年のアメリカ映画について説明しています。 2009年のアメリカ映画については「」をご覧ください。 2014年のイギリス映画については「」をご覧ください。 同作の内容は制作当時の現役シリーズである『』シリーズをベースとしている。 ストーリー [ ] の軍事国家シャドルー で活動していた派遣医療団が、バイソン将軍に拉致される。 バイソンは連合軍の司令官ガイル大佐へ巨額の身代金を要求し、72時間以内に金を払わない場合は人質全員を殺すと脅迫する。 脅しに屈しないガイルは、を破って逮捕された無法者のケンとリュウを使い一計を案ずる。 一方、バイソンは捕らえた国連兵士を使い恐るべきを行おうとしていた。 スタッフ [ ]• 監督 -• 製作 - 、• 製作総指揮 - ティム・ジンネマン、坂井昭夫、サシャ・ハラリ• 脚本 - スティーヴン・デ・スーザ• 撮影 - ウィリアム・フレイカー• 音楽 - グレーム・レヴェル• 美術 - ウィリアム・クレバー• 編集 - アンソニー・レドマン、ロバート・シュグリュー、エドワード・アブロムス、ドン・アーロン キャスト [ ] アメリカで制作された映画のため、登場人物の名前はアメリカ版の設定に準拠している。 また、登場人物の設定がゲーム『ストリートファイターII』シリーズから大幅に変更されている。 名前が変更された理由についてはおよびを参照。 連合軍 [ ] : バイソン将軍打倒に執念を燃やす連合軍部隊のアメリカ人大佐。 逮捕したケンとリュウに協力するよう持ち掛ける。 サガットらをわざと逃がし、ケンに射殺されたように装ってバイソン将軍の本拠地に侵入する。 バイソン将軍を「ゴキブリ」「クソバイソン」呼ばわりする一方、格闘家としては一目おかれている。 サマーソルトキック、ソニックブームを使う。 : ガイル大佐を補佐するイギリス人女性。 軽い身のこなしで敵を倒す。 フェイタルレッグツイスターを出しているシーンがある。 : ガイル大佐の補佐。 ネイティブアメリカン。 パワー攻撃が得意。 得意技はメキシカンタイフーン。 キャプテン・サワダ: ガイル大佐につく日本人。 確実に指示をこなす有能者。 バイソンの本拠地を攻撃する連合軍部隊を直接指揮した。 映画版のみのオリジナルキャラクター。 演じた澤田謙也は、キャスティングディレクターに自撮りのビデオを送って売り込み、それが高い評価を得てこの役を獲得したという逸話がある。 当初「キャプテン・サワダ」というキャラクターは台本に存在しなかったが、澤田のためにアドリブで用意された役となっている。 連合軍事務次官: メガネをかけた白髪の男性。 安保理事会で敵と交渉することが決まり、ガイルたちの出撃を阻止しようとする。 だが、ガイルに攻撃中止命令を拒否され、ガイルを解任したが他の兵士からも反発されてずぶ濡れになってしまった。 : のテレビリポーターで、本田とバルログの上司。 だが、実際には連合軍部隊の取材を隠れ蓑に、父親を殺したバイソン将軍への接近をもくろむ。 : GNTの撮影クルー。 かつては「横綱に一番近い男」と呼ばれたハワイ人力士だったが、バイソン将軍に廃業させられ恨みを持っている。 ザンギエフと壮絶な力比べを行う。 : GNTのカメラマンで、本田の相棒。 ボクサーだったが、バイソン将軍に廃業させられ恨みを持っている。 オリジナルとは異なり、シャドルーと敵対する立場にいる。 サンダー・バノーカ:サンダー・バノーカ GNTのニュースキャスター。 : 日本人空手家。 一流の格闘家だが、悪人を騙してアジア各地を渡り歩く詐欺師を行っている。 サガットを騙そうとして賭け闘技に巻き込まれベガと対決するが、ガイルに逮捕された。 情に深く、ピンチのガイル大佐に助太刀したり、人質となった医療ボランティアを助け出そうとする。 賭け闘技では上半身裸だったが、バイソン将軍の本拠地では白い空手着を着る。 波動拳と竜巻旋風脚を使う。 : アメリカ人空手家で、リュウの相棒。 稼ぎが少ないために流浪し、小ズルイ詐欺行為をしながら生計を立てている。 ふとしたことから、連合軍に協力するハメになる。 目先の金に弱く、情に深いリュウを見捨てようとするが、リュウとベガの一騎討ちのために自身はサガットを引き受ける。 必殺技は昇龍拳。 オリジナルとは異なり、風貌が短髪の白人になっている。 軍事国家シャドルー [ ] : 東南アジアの軍事国家・シャドルーを支配する独裁者。 かつて麻薬売買で得た資金を基に大量の兵器を買い漁り、高いカリスマと合わせて自前の軍隊を持つまでに至る。 冷酷なだけではなく格闘技にも秀でており、終盤ではガイルとの戦いにおいて人間兵器のシステムに感電し、超伝導電磁波 を得てサイコクラッシャーなどの技を使うようになる。 : バイソン将軍の部下で怪力の持ち主。 頭脳が劣るため、作戦が理解できない。 バイソン将軍の理想演説に丸め込まれ、善人と信じ疑わなかったばかりか、自分以外のバイソン軍の兵士たちが給料をもらっていることを知らなかったようである。 連合軍が攻め込んだバイソン将軍の本拠地で、エドモント本田と重量級の対決を展開する。 根っからの悪人ではなく、バイソン将軍が悪人であると理解した後は連合軍と人質の脱出に協力している。 : 口は達者だが、いざというと逃げ腰になるバイソン将軍の部下。 バイソン将軍の配下になったのは本人いわく「給料がいいから」であり、忠誠心からでは無い。 連合軍の攻勢を前に、退職金と称して金の入ったケースを持って脱走したが、その中身はバイソン将軍が作った通貨「バイソンドル」だった。 : 有能な知識をもつ博士。 バイソン将軍に脅され、しぶしぶ彼の実験に協力させられていたが、良心の呵責から人体改造を自ら不完全なものにしようとする。 最後はブランカ中尉を改造した罪を恥じて、運命を共にする。 オリジナルと異なり、格闘シーンは無い。 風貌も髪が生えており白衣で、オリジナルの半裸に坊主姿はラストシーンで登場する。 : ガイルの親友の中尉で、愛称はチャーリー(日本のゲーム版『ストリートファイター』シリーズでは)。 医療ボランティアの護衛だったが、バイソン将軍の捕虜となり、感情の無い人間兵器「モンスター・ブランカ」に改造される。 だが、ダルジム博士の改造が不完全だったため、人間としての感情がわずかに残っていた。 : シャドルーの裏の世界を牛耳る賭け闘技の主催者。 戒厳令を破った罪で逮捕されるが、ガイル大佐の策略で脱走。 武器の取引でバイソン将軍とも対面したが、金の支払いで対立する。 高齢だが、かつては「アイアン・フィスト(鉄の拳)」の異名を持つファイターだった。 リュウとベガの戦いを邪魔させまいとするケンに挑まれる。 : 賭け闘技のファイターでサガットの部下。 醜い者を拒み、美しいのは自分だけと考えているナルシストで、賭け闘技での人気も高い。 過去に対戦したリュウとバイソン軍本拠地で再会し、再戦を挑む。 ローリングクリスタルフラッシュでリュウを攻めるが、戦いが進むにつれて仮面や爪が外れていった。 格闘場でのシーンではゲームで彼が行う勝利ポーズを見せる。 日本語吹替 [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 ガイル キャミィ ホーク サワダ チュンリー 本田 バルログ 福田信昭 リュウ ケン バイソン ザンギエフ ディー・ジェイ ブランカ 中田和宏 サガット ベガ ダルシム 次官 仲野裕 バノーカ その他 水野龍司 宝亀克寿 演出 松川陸 向山宏志 翻訳 岡田壯平 徐賀世子 調整 金谷和美 兼子芳博 プロデュース 吉岡美惠子 効果 VOX 担当 岩見純一 制作 ACクリエイト コスモプロモーション 初回放送 1997年12月14日 『』• テレビ朝日版の翻訳では「シャドルー」は「シャダルー」になっている。 ゲーム作品 [ ] にから本作の実写映像を使用した対戦型格闘ゲームが2作品発売されている。 ただし、両者の内容は大きく異なる。 また、映画オリジナルキャラクターであるキャプテン・サワダや、映画には登場しなかった原作ゲームのキャラクターであるもとして登場する。 原作『ストリートファイターII』シリーズとは大幅に異なったゲーム性となっている。 キャプテン・サワダの他、映画に登場するバイソン軍突撃兵の設定を基にした新キャラクターのブレードと、その色違いであるカイバー、アーケイン、F7が登場する。 - とで発売。 上記『ザ・ムービー』とは違い『スーパーストリートファイターIIX』の内容をベースとし、ガイル大佐を主人公にしたストーリーモードも収録されている。 コミカライズ作品 [ ] のコミック誌『』1995年6月号(64号)にて作画で読み切り漫画『 映画原作 ストリートファイター シャドルー壊滅大作戦』として掲載。 話の流れは多少のアレンジもあるが、映画原作に沿って描かれている。 登場人物は読者にもわかりやすくするため、映画版ではなくゲームのキャラクターのデザインを使用している。 2007年にはムック『』Vol. 9で再録。 アニメ作品『ストリートファイターUSA』 [ ] にて1995年から1997年に掛けて、テレビアニメ作品『 Street Fighter』が放映された。 容姿はゲーム版に準じているがガイルが主人公で正義の格闘家チーム「ストリートファイター」のリーダー、チュンリーがテレビリポーター、ブランカはガイルの親友をダルシム博士が改造した、ザンギエフはシャドルーの一員といった具合にキャラクター設定は本作を引き継いでおり、映画オリジナルキャラクターであったキャプテン・サワダと同一人物と思われるサワダ大佐も登場している。 日本では未放映だったが、2019年より複数の動画配信サイトで日本語字幕版が『 ()』というタイトルで配信されている。 original sound track [ ]• 「STREET FIGHTER」OSTは [ ]により発売。 LIFE AS.... DO YOU HAVE WHAT IT TAKES? 2010年11月14日閲覧。 媒体によっては「シャダルー」とも表記される。 2016年6月21日閲覧。 バイソン将軍によると、日本ではこの技術でを浮かしているそうである。 (シネマトピックス、2019年3月14日) 関連項目 [ ]• - エンディング・テーマ曲『』を担当。 - エキストラで出演。 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の