新型 アルファード マイナーチェンジ 最新 情報。 アルファードのビッグマイナーチェンジいつ?2020年登場の変更点最新情報

【トヨタ新型アルファード】2021年40系フルモデルチェンジ!最新情報、PHV、サイズ、ハイブリッド燃費、価格は?

新型 アルファード マイナーチェンジ 最新 情報

新型アルファードは全国のトヨタ店、トヨペット店、新型ヴェルファイアは全国のカローラ店、ネッツ店、ならびにトヨタモビリティ東京株式会社では両車両を取り扱う。 アルファードはトヨタ店とトヨペット店、ヴェルファイアはカローラ店とネッツ店で購入できる様になるため 「ヴェルファイア」のネッツエンブレムをトヨタエンブレムに変更。 アルファード「S Aパッケージ」、ヴェルファイア「Z Aエディション」が廃止。 「SDL(Smart Device Link)」対応アプリ(「LINEカーナビ」「LINE MUSIC」など)であれば標準で連動が可能。 「Apple CarPlay」と「Android Auto」を仕様する場合には TV(フルセグ)+Apple CarPlay+Android Autoのセットオプション価格33,000円[税込]の申し込みが必要となる。 「ナビレス」の選択がないどころか形状が違うため 社外ナビを取り付ける「2DINサイズ」すらありません。 つまり 現在のところ 社外ナビの取り付けは不可となります。 社外ナビ、「カロッツェリア」「アルパイン」「ケンウッド」を付けたい人は新型を買うのではなくマイナーチェンジ前の「アルファード」「ヴェルファイア」を買う選択になる。 5L 3. 5L 2. 5kgm リヤ139N・m 14. 2kgm トランス ミッション CVT 8AT 電気式 無段階変速機 JC08モード燃費 12. 6〜10. 4〜19.

次の

【アルファード・ヴェルファイア マイナーチェンジ 最新情報】発売日、予約、デザイン、価格、変更点をチェック!

新型 アルファード マイナーチェンジ 最新 情報

もくじ• 新型アルファードのボディサイズと旧型との違い アルファードに盛り込まれたフルモデルチェンジの主な改良点は以下の3点になりますね。 新型アルファードのチェンジ点!• パワートレインの変更• プラットフォームの変更• 安全システムの搭載 フルモデルチェンジが採用される新型のアルファードには、TNGAに対応した最新パワートレインを搭載されたり、最新プラットフォームにより室内空間を拡大しながら、運動性能を向上に重点を置いた改良が行われています。 また、大きな変化はないものの、安全機能に若干ですが改良がされていますね。 っということで、フルモデルチェンジが行われる新型の主な変更を詳しく説明していきたいと思います。 新型アルファードのプラットフォームは新作モデル! アルファードのプラットフォームは、新しくフルモデルチェンジにより新型に変わり「TNGA」が採用されます。 呼び名 意味 TOYOTA トヨタ自動車 New Global 新しいグローバル(世界的な規模) Architecture 建築、作る あくまでもTNGAがプラットフォームではなく、トヨタ全体の製造(外装・内装デザイン、エンジン)を意味していますね。 TNGAの一つのプランにプラットフォームが含まれており、コンセプトテーマに「走る・曲がる・止まる」に関わる基本部分の品質を世界レベルにまで引き上げろぞ!っと掲げています。 人間に例えるなら骨格や体幹にあたる部分で、トヨタのアロファードなどのプラットフォームを徹底的に鍛え上げ、ボディ剛性が大幅に鍛えあげ負荷が大きいシーンでの接地性や乗り心地も向上されています。 結果的に新型アルファードは、「安全性、静粛性」を追求されており、力強いスタイリングを実現しているんですね。 これが最新プラットフォームになります。 新型アルファードのボディサイズと旧型との違い フルモデルチェンジによりプラットフォームが採用され新型に変わりますが、ボディサイズに大きな変更はなく現行型を維持します。 新型アルフォードのボディサイズのスペックがこちらになります。 新型アルフォード:ボディスペック 全長(前後の長さ) 4945mm 全幅(横幅の長さ) 1850mm 全高 1935mm ホイールベース(前輪と後輪との距離) 3000mm 前トレッド(左右の車輪の中心間距) 1600mm 後トレッド 1605mm 車両重量 1920kg 駆動方式 4WD 全高は最新プラットフォーム(TNGA)の採用により車高さが小さくなるという噂が流れていましたが、結果としては変更無いという情報が強い。 最終的に2017年12月時にフルモデルチェンジが行われた時のワンサイズアップされたボディサイズが新型に移行すされる模様。 2015年1月登場(3代目) 2017年12月(マイナーチェンジ) 全長 4915mm 4945mm 全高 1850mm 1850mm 全幅 1880~1950(FF、4WD) 1935~1950mm(FF、4WD) ちなみに旧型(2代目:2008年~2015年)のボディサイズはこちらになります。 2008年~2015年(2代目:旧型) 全長 4840~4885mm 全幅 1830~1840mm 全高 1850~1915mm ホイールベース 2950mm 車両重量 1940~2190kg 改めて見返すと、新型(現行型)のボディサイズは、旧型と比べて一回り大きくなっていたのが再確認できますね。 アルファードのボディ(車高、車幅)が大きいために、取り回しには気を遣うと思いますが、2017年2月からはフルモデルチェンジ後退時に自動ブレーキが作動するインテリジェントクリアランスソナーが全車に標準装備されており、こちらが車庫入れ時の安心感が高まり、運転が苦手な人にはありがたいサービス担ってくれるはず! 新型アルファードのエンジンは新作モデル!ダイナミックフォース マイナーチェンジで刷新されて吹け上がりが格段に滑らかになり、高回転域の加速力も強まるはず!それが最新エンジン「Dynamic Force Engineの搭載だ! 新型アルファードのパワートレインは、これまで搭載されていた2Lと2. 5Lエンジンをチェンジし新世代の直列4気筒2. 5Lガソリン「Dynamic Force Engine」が搭載されます!! Dynamic Force Engineを直訳すると、「力強く,生き生きとしたエンジンい」。 こちらのエンジンはトヨタ自動車が製造しているのですが、先ほどお話したTNGAの戦略の下で開発されているエンジンで、2017年6月に同社カムリに搭載されているんですね! ダイナミックフォースエンジンの特徴としては、「高パフォーマンス、低燃費」を徹底的に追求しているところ。 また、ダイレクト感が非常に強く、滑らかで気持ちの良いスピード上昇性能がありエネルギーマイナスを極限まで少なくして、熱効率を向上させる高出力を実現。 この数字は世界トップレベル! 2. 5Lガソリンモデルのダイナミックフォースエンジンの最大トルクが25. 5kgm、最高出力205psを発生します。 新型アルファード:パワートレインスペック エンジン種類 直列4気筒2. 5L(ダイナミックフォースエンジン) 型式 2GR-FE型 最大トルク 24. 0kgm 最高出力 182ps ミッション 8速AT 新しいエンジンは、気筒内噴射とポート噴射を併用しAT・8速となった。 「ま、最新機能ではなく、前回からも設置されていたんですが、よりセンサーが細かくなっております」 新型アルファードの最新外装デザイン フルモデルチェンジながらも外装のデザインに変更はないと予測。 、現行型を維持し新型アルファードの外装デザインが継続。 そもそも2017年年2月に行なわれたマイナーチェンジで、フロントグリルの格子状テザインを際立たせ、従来に比べてカ強さと迫力がかなりアップされていましたよね。 エントリーモデルの「グレードX」は16インチアルミホイールを履くが、それ以外は17インチアルミホイールとなります。 インチタイヤだとハンドリングが幾分シャープになり、乗り心地も少し硬くなるためインチの方が快適性は高くなるはず! 新型アルファードの内装評価「インパネ、ハンドル」 アルファードが売れる理由は存在感のあるスタイリングもさることながら、ゴージャスな内装と優れた居住性を備えているからですね。 シート表皮はグレードによって3タイプも用意されおり、最上級の「グゼクティブラウンジシート」は、まさにファーストクラスと呼べるゴージャス感たっぷり!ホワイト色のプレミアムナッパ本革シートで、シルバー木目調の専用加飾や防汚処理加工を採用。 ミニバンの王者を名乗るのにふさわしい、堂々たる存在感を発揮し、アルファードの室内に入るだけで王様になった気分。 インパネはクラウンなみに質感が高く、装備類も充実。 たとえば「グレードSC」のインパネ上部はメタルウッドパネルや赤い装飾が示されエアログレード専用メーターが装備されています。 また「エグゼクティブラウンジ」のインパネはお抱え運転手が運転するような定番モデルながらもゴージャスな専用メーターで他のグレードとはかなり差別化されているのがわかりますね。 道路標識をモニターに表示するロードサインアシストも採用され安全性が向上されているのがつたわってきます。 インパネ中央部分にはナビが設置できるようにコンソールボックス準備されており、この背面にAV用リモートコンソールを収めるスペースが用意。 ナビゲーションの画面については9. 2型ワイドが設置可能。 運転席と助手席の間のダッシュボードにはドリンクホルダーが設置されています。 その他にセンターコンソールにもドリンクホルダーと浅めのトレーを用意。 この下はスマフォやメガネなどの小振が入る程度を収めることができます。 天井部分には、室内全体を照してくれるスポットライトが両サイドの窓際部分に設置されています。 このライトはリヤドアの開閉時や常時自動で点灯可能。 また16色4段階のLEDルーフカラーイルミネーションと合わせることでき、より室内空間に高級感を演出してくれますね 新型アルファードの前席や後部座席の乗り心地が快適! アルファードの豪華さと快適性は、世界的に見てもミニバンのトップレベルに位置するが、この理由としては座り心地ではないでしょうか?! 1列目と2列目でステップの位置が違う 新型アルファードの乗り降りに関してですが、まず1列目シートに座るとわかるように着席位置が非常に高いために前方を見下ろすような感覚になります。 この着座位置が高いために、若干ですが乗り降りがしづらいという要素が出てきますね。 1列目から降りる時に地上までの高さをかなり感じるはずで、っということは、乗るときにも多少の違和感が出て切るはず。 ステップの高さ 410mm 1列目シートの座面高さ 825mm 1列目シートと比較して2列目シートのステップ位置が100mmほど下がった位置に用意されているために、乗降性に違和感はないはず。 さらに、前部座席と後部座席の間に上部の柱(Bピラー)にアシストグリップと呼ばれる乗降時につかまったり車体が揺れた時につかまる取手が設置されていますので便利。 ちなみにですがアシストグリップは助手席の斜め前の柱(Aピラー)にも設置されています。 1列目シートは電動機能が豊富 新型アルフォードの運転席や助手席のシートにつきましては、リラックスキャプテンシートのシンプルな一人掛けシートを採用しているため座り心地は良好で申し分なしと言ったところでしょうか! 固定式の大きなアームレストを備えているのは上級グレードのエグゼクテイブパワーシート。 ただ、現行型や旧型のアルファードでも一人掛けシートは採用されていましたよね?しかしながら、新型では使い勝手が向上されています。 シートの内部に各種の電動機能が内蔵され8ウェイの電動調整式で、リクライニングやオットマンをスイッチを操作できるから、快適性よりも見栄えと便利さで選びたいところ。 チルト&テレスコピックは手動式。 ステアリング調整の電動化はつぎのフルモデルチェンジに期待したいところ。 2列目シートはゆったり、3列目は静粛性 ガソリン車では助手席を2列目付近までロングスライドできる仕様を選ぶことも可能だ。 しかしながら、アルファードにはそれがなく、3列目とは思えぬほど乗り心地が良いんですね。 そのため3列目シートでも静粛性が高いため、1列目や2列目だけ会話するのではなく、3列目もちゃんと入り込むことができるんですね!!つまり、どこの席でも心地良いドライブが楽しめるはず。 新型アルファードのトランクスペースの広さはどれくらい? 新型アルファードの荷室の広さに関して少しお話をしたいと思います。 3列目に人が座っている状態でスライドを最後端にさせた状態の奥行きの数値は410mmとなります。 通常時トランクのスペース 高さ 1740mm 横幅 910mm 奥行き 410mm 3列目シートは、スライド位置を最前に設定して背もたれ部分を後ろに倒したり、横に倒すことも可能。 3列目シートを倒すと一気に広くなりますね。 通常時トランクのスペース 高さ 1740mm 横幅 910mm 奥行き 1250mm スライド位置を基準に合わせておけばワンタッチアクションで3列目シートを格納することができます。 また、シート自体はしっかりとしたものですが、ダンパーが巧みにセッティングされており捜査官がとても軽いのもウレシイ。 2列目シートは、前方にスライドさせて背もたれを後ろに倒し荷室を広げます。 通常時トランクのスペース 高さ 1740mm 横幅 910mm 奥行き 1740mm 中央では2列目の最後端にスライドさせた状態で計測したもの。 新型アルファードの公式な発売日はいつなのか? フルモデルチェンジする予定のトヨタ新型アルファードの発売日に関してですが、2020年9月が予定されています。 新型アルファードに関心がある方にとってはかなり気になる情報だと思いますが、あくまでも発売日については正式ではありません。 そのため、正式な公式情報がわかれば、あらためて更新したいと思います。

次の

トヨタ 新型アルファード&新型ヴェルファイア最新情報|マイナーチェンジの変更点を徹底解説(画像ギャラリー No.28)

新型 アルファード マイナーチェンジ 最新 情報

高値売却を目指すなら ディーラーでの下取り、買取店への持ち込みは期待できません• あなたの愛車を 複数の買取り業者で競わせることが高く売るための近道となります• 1社だけの査定では買取業者の言い値 となってしまう可能性が高いです。 また、 全国の業者が参加 することで地方にお住まいの方でも全国相場での売却が可能となります。 まずは、あなたの愛車の買取り相場を確認してみましょう。 新型アルファード(40系)デビューは2021年末!? 新型アルファード(40系)のフルモデルチェンジは 2021 年末が有力となってきました。 アルファードの過去のモデルチェンジのタイミングをみますと、新型発売から3年でマイナーチェンジ、6年でモデルチェンジを行なっている傾向があります。 アルファード(30系)のマイナーチェンジが2018年1月でしたので、2021年12月にモデルチェンジを実施した場合、前回のマイナーチェンジから3年11か月目でのフルモデルチェンジとなります。 (初代)アルファードデビュー 2002年5月 (初代)アルファードマイナーチェンジ 2005年4月(2年11か月) (2代目)アルファードデビュー 2008年5月(3年1か月) (2代目)アルファードマイナーチェンジ 2011年9月(3年4か月) (3代目)アルファードデビュー 2015年1月(3年4か月) (3代目)アルファードマイナーチェンジ 2018年1月(3年0か月) (4代目)新型アルファードデビュー 2021年12月?(3年11か月) アルファードはトヨタのワンボックスカー「グランビア」「グランドハイエース」の後継モデルとしてデビューしました。 当初、国内専用モデルとしてデビューしましたが、現在は多くの国々で販売されています。 2002年5月に発売が開始され、そのわずか10日間で月間目標販売台数4,000台を大きく上回る12,000台の受注台数を記録しました。 また、デビュー当初からスタイリッシュで機能性が高く、居住性が良い高級ミニバンとして人気がありました。 2005年4月にはマイナーチェンジを実施し内装、外装の一部が変更。 また、法規制によりサイドアンダーミラーが追加で装着されました。 2代目(20系)(2008年~2015年) 初代10系の発売から約6年ぶりに、後継モデルとしてデビューした20系アルファード。 20系からはアルファードに加え、フロントマスク、リアビューが異なるヴェルファイアがデビューしました。 どちらもトヨタのフラッグシップミニバンという位置づけであり、アルファードはトヨペット店、ヴェルファイアはネッツ店で販売され区別化されました。 2011年11月にマイナーチェンジを実施。 フリントデザイン、リアガーニッシュ、バックランプのデザインが変更となりました。 また、安全運転をサポートするトヨタで初めて採用した、パノラミックビューモニターをオプション設定。 グレードによってはオートマチックハイビーム、運転席オートスライドアウェイ、ナノイー、スーパーUVガラスなどの最新装備も追加されました。 そして、今回のマイナーチェンジで一番注目されたのがハイブリットモデルの復活です。 ハイブリッドシステムにリダクション機構付THS-IIを採用することで、エンジン音や振動を最小限に抑制し、高い静粛性を実現。 また、2AZ-FXE型エンジンとE-Four(電気式4輪駆動)の組み合わせにより、パワフルな加速性能と高い操作性を実現しました。 3代目(30系)(2015年~) 20系アルファード発売から6年半、姉妹車のヴェルファイアと共にフルモデルチェンジを実施。 フロントデザインはロアグリルが一体となったメッキ装飾の大型フロントグリルを採用。 リアデザインはリアコンビネーションランプとライセンスガーニッシュを組み合わせてU字型のデザインとなりました。 機能面ではリア足回りにダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用。 ボディ剛性アップとともに、乗り心地と操作性が向上しました。 また、ハイブリットモデルはエンジンを2AR-FXE型に変更し、6速シーケンシャルシフトマチックやE-Four(電気式4輪駆動)を装備えたことで燃費が向上。 4Lガソリンエンジンは2. 5L2AR-FE型に変更し、更にSuper CVT-iに7速スポーツシーケンシャルシフトマチックを装備。 5Lガソリンモデルは6 Super ECTに6速シーケンシャルシフトマチックを装備したことで燃費が向上しました。 2018年1月8日マイナーチェンジを実施。 バンパーやヘッドライトなど外装デザインの大幅な変更に伴い、流れるウインカーを採用することでよりスタイリッシュになりました。 また、内装も材質や質感が向上。 進化した「トヨタセーフティセンスP」を全車標準装備にすることで、安全性も向上しました。 走りの面でも、トランスミッションが6ATから8ATへと進化を遂げ、スムーズな加速とともに燃費性能も向上しています。 まとめ アルファードはリピートユーザー新規ユーザー共に多く、モデルチェンジを実施すれば売れるという構図になっていることから、短期間でフルモデルチェンジを行なう傾向があります。 今現在、アルファードのフルモデルチェンジについての情報は以上になりますが、今後も新たな情報が入り次第、随時公開していきます。

次の