新型 コロナ ウイルス 検査 拒否。 【名前特定】検査拒否の理由は?新型コロナウイルス、武漢チャーター便帰国者の2名|あわづニュース情報流行ネタ

【続報】新型コロナウイルス検査拒否の理由

新型 コロナ ウイルス 検査 拒否

【新型コロナウイルス】チャーター便帰国者のうち2名が検査拒否! 新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国・武漢市(湖北省)にいる日本人を帰国させる目的で、日本政府が派遣した民間チャーター機の第1便が29日、羽田空港に到着し、206人が帰国した。 そのうち12人が体調不良を訴えて東京都内の病院に入院。 5人はウイルス検査の結果は陰性で、残りの7人は確認中だという。 第2便の民間チャーター機も同日夜に羽田から出発した。 30日朝に約200人が帰国する予定だ。 第1便のチャーター機は武漢で206人を乗せ、29日午前8時40分過ぎに羽田に着いた。 今回は、外務省が28日朝の時点で把握している湖北省にいる帰国希望の日本人約650人のうち、感染源の疑いがある武漢市の海鮮市場と空港の近くにいる日本国籍を持つ人。 機内では、政府が派遣した医師や検疫官が検疫を実施し、症状のない人は到着後、政府が用意したバスで国立国際医療研究センター(東京都新宿区)に移った。 一般の患者や外来受診者と離れた場所で改めて検査し、陰性と分かるまで自宅や千葉県勝浦市のホテルで待機してもらう。 厚労省によると、ホテルには191人が泊まった。 第1便では、症状の無い2人が帰国後の検査に同意せず、検疫官が自宅に送り届け、今後も健康状態を確認することになった。 自宅や施設への移動手段は政府や企業などが手配。 政府は帰国者に1週間は外出せず、その後1週間も不要な外出をしないよう求めている。 検査拒否なんて認めないで、義務化してほしいわ。 国の金でチャーター便飛ばして帰国させているわけだし、それくらいで人権問題、個人の権利の侵害になんてならんだろ。 政府の対応…国民からしたら『なんで?』の連続だよね。 未だ発熱基準で甘々な検疫してるのも、チャーター機で帰ってきた日本人を隔離しないのも、それどころか検査拒否するヤツまで出してるところも。 理由がわかんないんだよ。 理由が。 そこが話通じない感凄くてイライラする。 検査を受けたくても間に合わなくて亡くなった方もいると思う。 命を削って治療、看護してる医療者もいる。 身勝手すぎる。 悲しい。 — エレナ 9WIGtYz7o26Miaf.

次の

新型コロナ感染を判定するPCR検査は「拡大すべきではない」の不条理

新型 コロナ ウイルス 検査 拒否

4月13日には、感染疑いのあるゼネコン社員がなかなか検査を受けられず自宅待機していたところ、容体が急変して死亡。 その後、陽性が判明したとのショッキングな事実が公表された。 感染の有無を調べるのは、喉の粘液などを採取してウイルス特有の遺伝子配置を検出する「PCR検査」だ。 WHOのテドロス事務局長が「疑わしいケースは検査、検査、検査だ」と強調した通り、世界各国では新型コロナ対策として検査数を増やしている。 現在までドイツは150万件、アメリカは100万件、韓国は43万件を超える検査を行った。 世界で唯一、この潮流に逆行するのが日本だ。 厚労省によると、2月18日から4月7日までの検査数はわずか9万件余りしかない。 人口1000人当たりの検査数でも各国とは歴然の差だ。 ドイツ16人、イタリア13. 7人、韓国9人に対して、日本はわずか0. 37人である(4月6日現在)。 最大の問題は、冒頭のように、体調不良や不安に苦しむ国民が検査を希望しても簡単に受けられないことだ。 厚労省によると東京の帰国者・接触者相談センターに2月1日から3月31日の間に寄せられた相談件数は4万1105件で、そのうち実際に検査したのは964件にとどまる。 つまり、希望者の「相談」から「検査」に至ったのは、実に2. 3%しかいないということだ。 100人のうち97人以上は門前払いだったのだ。 4月10日にはさいたま市保健所の西田道弘所長が「病院があふれるのが嫌で(検査対象の)条件を厳しめにしていた」と記者団に発言し、検査の抑制を事実上認めた。 「そうした背景には行政の縦割り主義があります」 と言うのは医療ガバナンス研究所理事長の上昌広さんだ。 「厚労省と国立感染症研究所、地方衛生研究所、保健所は事実上ひとつのチームになって、PCR検査の情報と利権を独占しています。 彼らは検査で得られる貴重なデータを民間に渡したくないので、検査を増やさない方向に国策を誘導したとみていい」(上さん) 検査を受けられる基準が明確でないことも大きな不満点だ。 原則として医師が必要ありと認めれば検査を受けられるはずだが、その判断にはばらつきがある。 ごく一部にはすんなりと検査を受けられる人もいる。 わだ内科クリニック院長の和田眞紀夫さんは、保健所の判断能力に疑問を呈する。 「基本的に検査をするかしないかを決めるのは保健所の担当者です。 しかし、保健所の人たちは必ずしも医師ではないので、誰が電話に出るかによって判断に幅が出る。 上から言われた通りの基準で判断する人もいれば、寛容的に認める人もいるんです」 病院への不満もある。 4月上旬に新型コロナに感染した千葉県在住の20代男性が言う。 別の病院では、電話中に咳をしただけで、何も言わずに電話を切られました。 病院は頼みの綱と思っていたのに、冷たい態度に落胆しています」 男性はその後、別の病院でレントゲンを撮ったところ、肺に影があった。 検査結果は陽性だった。 「医療現場の疲弊はわかりますが、もっと病院側が患者に寄り添わないといけないのではないでしょうか。 『ダイヤモンド・プリンセス号』で感染者が出てから、国内でも感染者が増えることは予見できた。 早く設備投資して病床数を確保するなどやり方はあったはずです。 それにしても、保健所と病院は言い訳ばかり言っているような気がします」(医療ジャーナリスト) 4月中旬、厚労省内部でようやく本気で検査数を増やそうという動きが出てきたという情報がある。 東京都などが、感染者を隔離できるホテルなどの施設を用意したから、感染確定者が増えても病院に負担がかからないという背景があるようだが、それならば、なぜ政府は2か月前から必死に隔離施設を確保しなかったのか。 検査数が増えないのは、結局、政府の怠慢なのだ。

次の

PCR検査、必要な人は誰?「検査拒否」めぐり論争【新型コロナウイルス】

新型 コロナ ウイルス 検査 拒否

約15分でPCR検査ができる検査機器。 右側中央部に検体を入れて検査する 新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、「発熱が続いたので検査したところ、インフルエンザなど他の病気ではないとされ、症状からすると新型コロナの感染が疑われる患者が、保健所で新型コロナウイルスのPCR検査を拒否された」事例()が報道され、SNS上で拡散しています。 この問題を含め、新型コロナウイルスに対するPCR検査について政府は当初、検査数が2月26日現在で累計1846件、1日100件程度と発表していましたが()、実は都道府県の検査数を把握しておらず、最終的には2月18~24日間の7日間で計約6300件、1日平均約900件、行われていたと加藤勝信厚労大臣が答弁するという混乱を見せました。 一方、これもSNS上で、特に医療関係者から、PCR検査は新型コロナウイルスに対する検査としては有効でなく、「PCR検査の対象を拡大すべきではない」との意見が広がっていますので、この点について論じたいと思います。 分かりにくい政府の検査の新基準 まず、国が定める検査の基準を見てみます。 2月17日の厚生労働大臣の会見()で、従来ものから緩和されましたが、これについて厚生労働省から都道府県担当者に出された事務連絡(依頼)は極めて分かりづらい書き方がされています。 具体的には、従来の基準である (1)発熱または咳などの呼吸器症状(軽症の場合を含む。 )を呈する者であって、新型コロナウイルス感染症であると確定したものと濃厚接触があるもの、 (2)37. ところが、おそらく多くの保健所・医療機関が参照している環境衛生学会の「」は従前の基準のままで、発熱が継続していても、「渡航歴・若しくは濃厚接触歴」がなく、かつ「集中治療」もしくはこれに準ずる治療が必要である、とまでは判断されていない患者さんは、PCR検査が実施されないことになっています。 おそらくは、この新旧基準の齟齬(そご)と、政府の新基準の書き方の分かりづらさもあって、現場では事実上、旧基準に基づいた運用がなされていたことが、報道された「PCR検査拒否例」が生じた直接的な原因ではないかと考えられます。

次の