気圧変化に敏感な生き物。 ドジョウが活動する時間は?夜行性?

雨といきものについて考える

気圧変化に敏感な生き物

はじめに 現在1月 水温もどんどん下がり、東北の水温も10度前後まで落ちてきました。 またこの時期は冬の気圧配置の関係等で強風が吹いたり、 また波が高く海が荒れる事がよくあります。 海が荒れた次の日などは魚種によったり、環境によって例外は生じますが、 基本的にはロックフィッシュは釣れなくなります。 それは海が荒れたことにより、海の中の環境変化が生じ、 その環境変化に慣れるまで魚が動かなくなったり、活性が低くなるからだと 一因として考えられます。 では、なぜ環境変化が生じると魚は動かなくなるのか、 なぜ活性が下がるのか 今回は「飼育学」目線からの観点で考察していきたいと思います。 特に今からの時期に影響がでそうな要因を2つテーマに挙げてご紹介いたします。 環境変化で魚に影響を与える要因 環境変化により魚の活性が大きくさがる要因はいくつかありますが、 その中で影響力の大きい要因を紹介します。 まして、変温動物の魚類においては水温変化に対してはより一層敏感になります。 変温動物や魚種によって個体差があり一概には言い切れませんが、 その温度に順応するまでに数日かかると言われています。 そのため釣りをする上で大切なのは、その日の水温が高いか低いかと言うよりも、 前後数日間 いかに安定しているかと言うことです 特に渋い時期 真冬や真夏など 魚の種類にもよりますが、約0. 但し、いくら安定していると言っても水温が高すぎたり低すぎたりすると摂餌行動は一気に落ちますし、 場合によっては仮死状態に陥ったりします。 以上の事から水温変化は釣りにおいて重要なファクターになります。 塩分濃度 塩分濃度とは簡単に言えば、 「海水の塩分の濃さ」を示します。 一般的に地球の7割を占めている海水の塩分濃度が大幅に変化する自然現象というのは中々起きないのですが、 そのため塩分濃度変化に対応できる魚は少なく 主に汽水域で生息している生物は順応能力は高いです 塩分濃度が変化すると魚は水温変化以上に活性が低下します。 ようするに大量の水が海に入ることで塩分濃度が変化します。 雨の場合は塩分濃度が変化してくるのは水面から徐々に変化していくので、 海底にいるロックフィッシュに影響がおよぶのにはタイムロスがありますが、 シャローエリア帯は環境変化が早く、 また水面付近にいたベイトやプランクトンなども散ってしまうという間接的な影響を与える事があります。 塩分濃度が変化すると魚の体にも大きな影響がでます。 うちで飼育しているアイナメやマゾイ、 ムラソイなどは水槽掃除をした後は水槽の底に移動し、 一気に動かなくなったり、エラの呼吸回数が通常より増えたりします。 水槽掃除をすることで掃除前の海水条件 海水温・塩分濃度 が変わるからです。 そして環境が変わった事で必死に体内と体外の塩分濃度を循環させて均一にさる行動をしているのです。 具体的には浸透圧の変化に対するエネルギーを使っているため、 そこに集中するために動かなくなったり、 餌を食べなくなります。 イメージでいうと産卵中の魚みたいな感じになります。 塩分濃度の変化が大きいと魚も死ぬ時があるので、 命に関わる状況下にあるので、 そのような時に餌を食べようと魚は思いません。 むしろ餌を食べる余裕が無い状態と言えます。 自分の体調管理に必死になっているといえます。 近年の研究で「浸透圧にエネルギーを使いすぎると魚の成長を阻害する」という研究結果も大学で発表されており、 それだけ浸透圧は魚にとって大きなストレスになっているというデータが出ています。

次の

雨といきものについて考える

気圧変化に敏感な生き物

梅雨が長いと、どうもペットの体調がすぐれない、思うように運動できずストレスを抱えているように感じる、と話す飼い主さんも多いのではないでしょうか。 梅雨を終えれば、今度は台風シーズン。 台風が来ると低気圧が発生し、その影響で体調が悪くなる人もいますが、実は犬猫も低気圧が苦手ということを飼い主さんに伝え、ペットの様子の変化に気を付け対処できるよう促しましょう。 「低気圧」がペットにもたらす身体の変化を知る 腎臓を患っている場合は要注意 腎臓は血液をろ過し、いらない不純物を尿として外に排出する臓器です。 気圧が下がることで、血管が膨張し、血の流れが滞ります。 腎臓が悪い場合、血液がろ過しきれず、血液に不純物が残ったまま、体中をめぐってしまうことになるのです。 また、気圧が下がると気温が下がります。 そうなるとあまり水を摂取しなくなるため、腎臓が悪い場合、尿だけが出て脱水し始めて、ますます腎臓に負荷がかかります。 このような場合は、フードをウェットタイプに換えたりすることで、水以外からの水分補給が出来るように工夫しましょう。 前述したとおり、気圧が低くなると、血管が広がり内臓が膨張するのですが、血管や内臓が膨らむとその分、血流が悪くなり、むくみやすくなります。 天気が悪い日や台風が近づいているとき、いつもより大人しい、気がつくと寝ている、といったことはありませんか? そんなとき犬猫は、体力の低下できるだけ抑えようとし、昼も夜もずっと眠り続けるのです。 特に猫は、完全肉食のハンター。 狩りのうまくいかない雨の日は、エネルギー温存のため、身体を休めるために時間を使っていると言われています。 そのため、天気が優れないときにペットが眠っている最中は、無理に起こさず、そっとしておいてあげましょう。 また、気温の寒暖差もストレスとなってしまいますので、なるべく一定の体温を維持できるように、部屋の温度をキープしたり、毛布やマットを用意してあげるようにして下さい。 突然の体調悪化に注意する 持病を抱えていたり、高齢のペットの場合、突然体調が悪化することがあるようです。 最悪の場合、命を落とすこともありますので、十分に注意しましょう。 様子がおかしいと気づいた場合は、すぐに動物病院に相談して下さい。

次の

環境変化による魚の低活性状態[水槽動画あり]

気圧変化に敏感な生き物

なぜ、天気が体調にも影響するのでしょうか。 天気が原因で起きる体調不良は、医療現場では昔から「気象病」と呼ばれていました。 長年気象病について研究を行い、日本で初めて「天気痛外来」を開設した、愛知医科大学の佐藤純教授は、こうした症状を「天気痛」と呼びます。 気象病として最も多くの人が挙げる症状が頭痛。 ほかにも、首の痛み、めまい、耳鳴り、気管支ぜんそく、関節痛、神経痛、古傷の痛み、鬱(うつ)や不安症なども気象病の症状のひとつです。 佐藤先生によると現在、気象病で悩む人は日本で約1000万人にも上る推定されています。 気圧変化で自律神経が活性化 昔から、天気と体調には深い関係があることはわかっていました。 ただ、現代の生活習慣によって気象病になりやすい体質になったり、局地的大雨(俗にいうゲリラ豪雨)などの極端な気象現象が目立つようになってきたりすることで、年々気象病の患者数は増加傾向にあると思われます。 また、気象病についての研究が進んだのは最近のことなので、近年気象病が一般に認知されるにつれて、「今までなんとなく感じていたあの不調は、天気によるものだったのか!」と自分の気象病に気づくことも、患者数が増えている原因のひとつといえます。 気象病の主な原因は、気圧の変化。 変化は急なほど症状が強くなります。 主に不調を訴えるのは気圧が低下するときですが、なかには気圧が上昇するときに不調を訴える人もいます。 気圧が変化すると、人間の体はストレスを感じるため、それに抵抗しようとして自律神経が活性化されます。 自律神経系には、交感神経と副交感神経があり、交感神経は血管を収縮させ、心拍数を上げて体を興奮させる働きがあります。 一方、副交感神経は血管を広げて体をリラックスさせる働きがあります。 この交感神経と副交感神経の調整がうまくいかないと、さまざまな体調不良の原因となってしまうのです。

次の