パッキン の カビ 取り。 風呂のカビをたった1分で落とす業者の技、パッキンやふたも真っ白!

【水筒のパッキン】カビや黒ずみの取り方!カビが生えない洗い方!

パッキン の カビ 取り

なぜゴムパッキンに黒カビがつくと落ちにくいの? ゴムパッキンはその材質の性質上、柔らかくキズが付きやすいものです。 その性質を知らずにブラシやタワシなどでごしごしこすって洗ってしまうと、無数の細かいキズが付きます。 その細かいキズに石鹸カスや水垢、そして水分が入り込むことで、カビの大好きな環境になり爆発的に繁殖してしまいます。 パッキンについたカビをちょっとでも放置しておくと、カビは表面から奥の方まで根を広げていってしまうので、ちょっとやそっとでは落ちなってしまうのです。 そのまま放っておくと、カビの胞子が飛散してタイルの目地などにも黒カビが発生してしまいます。 キチンとした方法でカビ取りをして、そのあとカビを発生させないようにケアすることが大切です。 パッキンの黒カビの落とし方 黒カビをきれいに落とすための、ふたつの方法を紹介します。 どちらもかなり綺麗に黒カビを落とせます。 これで落ちなかったら、もうゴムパッキンを交換するしかないかも・・・ カビ取り専用スプレーで黒カビを落とす方法 カビ取りスプレーの効果が実感できない理由 「カビキラーを使っても、パッキンの黒カビは全然落ちなかったけど・・・」 たいていの方はそんな経験があるはずです。 でも、それはやり方に問題があるのかも・・・ お風呂場のカビを落とすには、市販のカビ取りクリーナーをスプレーするのが一番手っ取り早い、と誰もが考えます。 それはそれで正解なのですが、実はテレビCMのように単純にスプレーするだけでは、カビはキレイに落ちません。 それは、スプレーしたカビ取り洗剤が時間とともに蒸発してしまうからです。 カビは乾燥した状態では、自分の水分を逃さないように、しっかりとはり付いています。 なので、いくらカビ取り剤をスプレーしても、すぐに蒸発してしまっては効果が半減してしまうのです。 超簡単、カビ取りスプレー効果倍増作戦 カビとりスプレーの効果を最大限に引き出すには、薬剤の蒸発を防いで効果を倍増させればいいんです。 用意するものはたったふたつ!• ラップ• ティッシュペーパーまたはキッチンペーパー これだけです。 この二つだけで、簡単な方法で劇的に黒カビ退治ができます。 カビとりの手順• ティッシュペーパーを「こより」状にします。 それにカビ取り剤を十分にスプレーして湿らせます。 それをゴムパッキンに貼っていきます。 そのあと洗剤の蒸発を防ぐためにティッシュの「こより」を覆うようにラップをかぶせていきます。 柔らかい歯ブラシなどで軽くこすります。 1時間~数時間放置した後、それを取り除いて水で洗い流し、乾燥させます。 ジェル状のゴムパッキン専用のカビ取り剤を使用する場合は、直接パッキンにカビ取り剤を塗ってペーパーで覆い、その上からさらにカビ取り剤を塗ってラップで覆ってください。 一度で取り切れない場合はこれを何回か繰り返します。 《注意》 カビ取り剤は強力な塩素系で刺激が強いものです。 使用の際はガスを吸い込まないためのマスク、目を保護するためのゴーグルや眼鏡、手荒れ防止のためにゴム手袋を使用してください。 衣服についてしまうと色落ちの原因になりますので、エプロンをするか色落ちしても問題のない服で作業することをお勧めします。 スポンサーリンク 重曹とお酢で黒カビを完全撃退! 第2の方法は、洗剤を使いません。 実はカビキラーでなくても、重曹とお酢でびっくりするほど黒カビが落とせます。 小さなお子さんやペットがいたりして強い刺激のあるものは使いたくない。 カビ取り剤を使うと気分が悪くなる。 という方はこの方法でカビ取りをしてみてください。 用意するもの• 重曹(100円ショップやドラッグストアに売っているもので十分です)• 酢(代わりに消毒用アルコールも使えます)• スプレーボトル 黒カビ取りのやり方• 酢1に対して水1~4をスプレーボトルに入れて十分に撹拌します。 それをパッキンの黒カビ部分にスプレーします。 蒸発を防ぐために、ティッシュペーパーとラップを使って蒸発を防ぐようにすると効果的です。 1時間~数時間放置します。 ラップとティッシュペーパーを取り外します。 柔らかい歯ブラシなどでゴムパッキンをキズつけないように丁寧にカビを取り除きます。 それで取り除けない頑固なカビには酢水で湿った状態のところへ重曹をすり込みます。 この時、酢と重曹が反応して二酸化炭素が発生しますが、人体には影響のないものです。 上から再度酢水をスプレーすると反応がより促進されて効果が高くなります。 1時間ほど放置したら再び歯ブラシなどで丁寧にカビを取り除き、洗い流して。 乾燥させます。 かなり綺麗になりますから試してみてくださいね! 黒カビの発生を予防する せっかく時間をかけて黒カビを取り除いても、何もせずにそのまま放置してしまうとすぐに黒カビたちはやってきます。 黒カビを取り除いたら、今度は黒カビを発生させないようにしましょう。 こまめに換気をする 入浴後すぐに換気扇をまわして乾燥させるか、お風呂の入り口・窓を開けて換気をします。 浴槽のお湯はできれば流してしまいましょう。 お湯を他のことに利用するなら、湯船のふたはしっかり閉めます。 熱めのシャワーを掛ける ぬるま湯はカビが悦びます。 カビは45度以上のお湯で死滅するといわれています。 その温度以上のお湯をかけ、パッキンや壁についた石鹸カス・湯垢を洗い流しましょう。 防カビスプレーを使う 入浴後に防カビスプレーを使用します。 または、酢を10倍程度に薄めたものをスプレーしても効果があります。 手遅れになる前に ゴムパッキンの黒カビは気がついたら手遅れで交換するしかないということもあります。 ここで、ご紹介した方法は時間はかかりますが、効果的で簡単にできる方法です。 早め早めのケアで黒カビがこびりつかないようにしてください。 そして、黒カビをとったら今度は発生させないことが大切です。 何事も日々の心掛けが大切ですよ!.

次の

カビ退治!ついに終結宣言

パッキン の カビ 取り

どこへ行くにも手放せないのがスマホと水筒と言うほど、身近な存在の水筒。 そんな水筒ですが、毎日洗っているにもかかわらず、あの パッキンの所に黒ずみが現れたり、 黒いブツブツができたりすることってありますよね。 茶渋の汚れかな?と思って、表面を擦ってはみるものの全く取れる気配はなく、実は 黒カビだったとか…。 水筒の底のカビもそうですが、ゴムパッキンって本当にすぐカビが生えるんですよね。 私も7年ほど前から毎日水筒を持ち歩いているのですが、昔は頻繁にパッキンのカビを取っては生えての繰り返しでした。 パッキンの汚れを落としておく。 ここにパッキンを入れて、1〜2時間つけ置く。 パッキンを取り出して軽くこすり洗いする。 給湯器などで温度が測れない場合は、お風呂の温度位と覚えておくとわかりやすいですよね。 そして、 3gの酸素系漂白剤は小さじで言うとこれくらいです。 あとはここで作ったお湯の中に、パッキンを入れて 1時間〜2時間つけ置きします。 ある程度つけ置きしたら、パッキン表面の汚れが浮き上がった状態になるので、取り出してスポンジなどで軽く擦り洗いします。 最後に流水でしっかり洗い流したら完成です。 ピカッ! これで、パッキンについた茶渋の汚れや黒ずみはもちろんですが、 パッキンの表面の黒カビもきれいに取ることができますよ。 また、ステンレスボトル内の茶渋や黒ずみ汚れは、手順2で作った酸素系漂白剤を溶かしたお湯を30分浸した後、きれいにすすぎ洗いすることで、簡単に漂白することができます。 パッキンの汚れを落としておく。 酸素系漂白剤とキッチン用中性洗剤を1:1で混ぜる。 パッキンにペーストを塗布する。 ラップで軽く包み1〜2時間おく。 パッキンを取り出して軽く擦り洗いする。 〜ポイント〜 まず、 液体の台所用中性洗剤と、酸素系漂白剤を1:1の割合でペースト状にします。 そしてこれをパッキン全体に塗布するのですが、下の写真のようにラップの上で行うと便利ですよ。 全体に塗布したら、ラップで軽く包み込むようにして 1〜2時間置いておきます。 最後にパッキンを取り出して、軽くこすり洗いしてしっかりすすいだら完成です。 ピッカピカ! 中性洗剤を使ってペースト状にすることで、先程のつけ置きのカビ取り方法よりも、 黒カビなどをより強力に落とすことができるのです。 ただ、このペースト状のカビ取り方法でも、パッキンの奥まで入り込んでしまったカビの根までは落ちないので、その点だけ注意が必要かもしれませんね。 ちなみに、2時間のつけ置きで落ちない黒カビは、 もっと長時間つけ置きしたらどうなるのか? これ、何度も試しました。 頑固な黒カビに、半日や丸一日以上つけ置きしても結果は同じで、2時間以上つけ置きしたからといって特別効果は無く、 さらにきれいになると言う事はありませんでした。 ゴムのパッキンの場合、酸素系漂白剤の効果で表面の汚れを浮かせて取るので、 長くても2時間もつけ置きすれば充分なんですよね。 また、酸素系漂白剤なら、臭いもなく有毒なガスが出ることもなく、何より人体にも安全なので、小さなお子さんがいるご家庭でも安心ではないでしょうか。 パッキンのカビや黒ずみに 重曹や酢は効果がある? お掃除と言えば、重曹やお酢を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。 重曹は弱アルカリ性なので、 酸性の汚れを落とすのに効果的ですし、酢は酸性なので アルカリ性の汚れを落とす効果がありますよね。 では実際に、重曹や酢を使って水筒のパッキンについたカビを取ることができるのでしょうか? 私が以前にやっていたカビ取り方法は後ほどお伝えするとして、その前に1つだけ・・・ カビ取りには、重曹と酢を混ぜると良いなどと耳にしたことがあるのではないでしょうか。 皆さんもご存知かもしれませんが、重曹と酢を混ぜるとシュワシュワーっと音を立てて発泡するので、見た目にも何か凄そうな感じがしますよね。 むしろ、 重曹と酢が混ざると中和されてしまうので、それぞれお互いが持つメリットは無くなってしまいます。 なので、重曹と酢を直接混ぜた中にパッキンを浸け込んでも カビが取れるという事はないんですよね。 ただ、カビが生えた水筒のパッキンには効果はありませんが、使い方や使う場所によっては、その効果を得ることができます。 例えば、キッチンや浴槽の排水口の中に重曹をまいて、そこに酢をかければ勢い良く発泡するので、その 発泡の力で排水口のヌメリや汚れを浮かせることができます。 結果的に、手が届きにくい所の汚れが浮き上がるので、その後の掃除が楽になるというように使えば効果はありますよね。 ちなみに、実際に洗面台の排水口に酢と重曹を使ったときの効果をこちらの記事でご紹介していますので、興味がある方は是非チェックしてみてくださいね。 もし酸素系漂白剤をお持ちでないようでしたら、次の方法でも水筒のパッキンの黒ずみやカビをとることができます。 パッキンの汚れを落としてから酢に30分つけ置く。 パッキンを取り出してスポンジで擦り洗う。 スポンジに酢と重曹をつけてパッキンの表面を擦る。 しっかり洗い流す。 〜ポイント〜 酢に30分ほどつけ置きして、酸の力でパッキンの表面の汚れを落とし易くしておきます。 一旦取り出したパッキンをスポンジ又は柔らかめの歯ブラシなどで、きれいに擦り洗いします。 さらに、スポンジに酢と重曹の粉末をつけながら、パッキンの表面を磨いていきます。 この時、 重曹の穏やかな研磨効果を狙って磨いていくのですが、強く擦りすぎてパッキンに傷をつけないようにしましょう。 最後にしっかり流水ですすいで完成です!ここで少しでも酢が残っていると、逆にカビの栄養分になってしまうので気をつけましょう。 酢には殺菌効果はあるものの、カビを全滅させるほどの力はありません。 また、重曹は茶渋などのシミ汚れには強いですが、 重曹に殺菌効果は無いんですよね。 ここでは重曹のクレンザー効果を狙って使っています。 カビ取りにおいては、先の酸素系漂白剤にはかないませんが、 カビの初期の段階ならこの方法で、酢と重曹でも一定の効果は得られます。 酸素系漂白剤が無い場合などは、是非試してみてくださいね! カビ取りといえば塩素系漂白剤!ですが・・・ ここまでご紹介してきたカビ取りの方法、特に酸素系漂白剤+洗剤のペーストでも取れないとなると、最後はやはり塩素系漂白剤ですよね。 ただ、結論から言うと、水筒のゴムパッキンに 塩素系漂白剤を使用する事はおすすめしません。 これは、過去にメーカーの違うパッキンそれぞれで、実際に塩素系漂白剤を使って2回カビ取りを試した結果からの、私の個人的な見解です。 ちなみに、どんな方法で実際どうなったかと言うと… まず、市販の塩素系漂白剤をメーカー指定の濃度に薄めて、頑固な黒カビMAXのパッキンをつけ置きします。 酸素系と違って、塩素系漂白剤はお湯より水の方が効果があるので、そこへパッケージに指定されている 30分間つけ置きしたのですが… カビの根が深かったのか、これが思うように取れなかったんですよね。 そこで、様子を見ながらつけ置きの時間を半日、丸1日と置いたところでパッキンを取り出しました。 かなり手強いカビだったので完全にきれいにならなかったものの、ある程度のところで妥協して使い始めました。 ですが、その後3日ほどで パッキンが硬化して弾力を失ったせいか、中のキャップを閉めるときにパッキンがよじれるようになってしまったのです。 そして度々、鞄の中でお茶が漏れるようになり終了…。 その失敗を踏まえて、次にカビ取りをしたときは、指定の濃度より少し薄めにして、ほぼ1日ほどつけ置きしました。 やはりその時もパッキンの硬化がみられ、その後1週間ほどで 細かい亀裂が何本も入ってしまったので、結局中身が漏れる前に使うのをやめました。 また、塩素系漂白剤を使うと、どうしてもパッキンのゴムが臭くなってしまうんですよね。 もちろん臭い取りの対策はしたものの、 数日間はパッキンに臭いが残り、お茶が塩素臭くなってしまったのも結構辛かったですね。 多くの水筒メーカーでは塩素系漂白剤の使用を推奨していませんが、仮に対応しているものでもパッキンの劣化を考えると、規定のつけ置き時間は守ったほうが良さそうです。 そんな理由から、塩素系漂白剤は強力なカビ取り効果がありますが、飲み物を入れる水筒のパッキンには使用しない方が賢明かもしれませんね。 パッキンのカビを取る? or パッキンを新品に交換する? 総合的に考えて、水筒のパッキンのカビ取りには、 酸素系漂白剤を使用するのが断然オススメです! で、それでも取れない根をはった頑固なカビはさっさと諦めて、 新品のパッキンに交換するという選択も一つですよね。 ゴムのパッキンは、月日が経てば劣化してきますし消耗品なので、大体どこのメーカーも1年をめどに交換を謳っています。 では、どこで購入するのかですが、スペアのパッキンを入手するのに、取扱説明書をなくしてしまった場合でも大丈夫です。 大手メーカーやほとんどのメーカーでは、水筒の底の面にシールが貼ってあり、型番などが記載されています。 水筒の型番を確認して、 直接メーカーに問い合わせて注文する事もできます。 在庫があれば、その日か翌日にはスペアのパッキンを発送してくれると思いますよ。 ただ、メーカーから直接購入すると、送料がかかったり代引きになったりと、何かと不便なこともありますよね。 なので、もし急ぎでないのであれば、 購入したお店や最寄りの販売店に型番を伝えて、取り寄せてもらうほうがお得かもしれません。 カビが生えない水筒の洗い方! 冒頭でもお伝えしましたが、私も以前は水筒のパッキンの黒カビに悩まされていました。 でも、ほんの少し洗い方を変えただけで、ここ3年間で1度もカビが生える事はなくなったんですよね。 とはいえ、毎日のこととなると面倒な事はやってられません。 これをご覧になっているという事は、あなたの洗い方ではカビが発生してしまったと言うことでしょうか。 少し私の水筒の洗い方と比較してみてくださいね。 こんな洗い方していませんか? 私は以前、こんな洗い方をしていました。 「水筒にお茶を入れて1〜2時間お出かけしただけなので、どうせ中身はお茶だし、 すすぎ洗いだけでいいや」…なんて時もたまにはありましたが、さすがにこれはダメですよね。 また、スポンジは使うものの 洗剤は時々使わない時があったので、茶渋や汚れが残ってしまい、カビに餌を与えることになり、カビを取っては生えるの繰り返しでした。 そして以降、必ず中性洗剤を使ってスポンジで洗って、ボトルの中やキャップはしっかり乾かしてから使うようにしていました。 ただこれでも、黒ずみやカビは発生してしまうんですよね。 この頃は、 パッキンを外さずにつけたまま洗っていたのですが、いくら中性洗剤を使ってしっかり洗って乾かしても、これではカビが生えてしまうようです。 3年間カビ発生一切無し! その洗い方とは? そして現在の水筒の洗い方はというと、もうお気づきと思いますが、 必ずパッキンを外して洗うということです。 変えたのはたったこれだけです!もちろん、中性洗剤とスポンジを使って洗い、朝まで一晩しっかり乾かしてからパッキンをはめるようにはしています。 でも、なぜ必ずパッキンを外して洗うようになったのか? 実は、パッキンをつけたまま洗ってそのまま一晩乾かしても、パッキンの中は濡れていることが多いんですよね。 室温や湿度にもよりますが、 一晩おいて表面が乾いていても・・・ パッキンを外してみると・・・ こんな感じに、 中は濡れていることがあるんですよね。 しかもこれって、洗ったときの汚れた水だったりするので、雑菌が湧いている可能性もあります。 なので、ここからカビが繁殖しやすいのと、何より水筒の中でこれがお茶と混ざりあって、それを飲んでいると思うと衛生的にも良くないですよね。 それを見てしまってからは、必ずパッキンを外して洗うようになりました。 それからというもの、カビが生えなくなったのです。 「週に1回、熱湯で消毒すると良い」などとも言われていますが、特にそういったこともやっていないんですよね。

次の

風呂のカビをたった1分で落とす業者の技、パッキンやふたも真っ白!

パッキン の カビ 取り

なぜゴムパッキンに黒カビがつくと落ちにくいの? ゴムパッキンはその材質の性質上、柔らかくキズが付きやすいものです。 その性質を知らずにブラシやタワシなどでごしごしこすって洗ってしまうと、無数の細かいキズが付きます。 その細かいキズに石鹸カスや水垢、そして水分が入り込むことで、カビの大好きな環境になり爆発的に繁殖してしまいます。 パッキンについたカビをちょっとでも放置しておくと、カビは表面から奥の方まで根を広げていってしまうので、ちょっとやそっとでは落ちなってしまうのです。 そのまま放っておくと、カビの胞子が飛散してタイルの目地などにも黒カビが発生してしまいます。 キチンとした方法でカビ取りをして、そのあとカビを発生させないようにケアすることが大切です。 パッキンの黒カビの落とし方 黒カビをきれいに落とすための、ふたつの方法を紹介します。 どちらもかなり綺麗に黒カビを落とせます。 これで落ちなかったら、もうゴムパッキンを交換するしかないかも・・・ カビ取り専用スプレーで黒カビを落とす方法 カビ取りスプレーの効果が実感できない理由 「カビキラーを使っても、パッキンの黒カビは全然落ちなかったけど・・・」 たいていの方はそんな経験があるはずです。 でも、それはやり方に問題があるのかも・・・ お風呂場のカビを落とすには、市販のカビ取りクリーナーをスプレーするのが一番手っ取り早い、と誰もが考えます。 それはそれで正解なのですが、実はテレビCMのように単純にスプレーするだけでは、カビはキレイに落ちません。 それは、スプレーしたカビ取り洗剤が時間とともに蒸発してしまうからです。 カビは乾燥した状態では、自分の水分を逃さないように、しっかりとはり付いています。 なので、いくらカビ取り剤をスプレーしても、すぐに蒸発してしまっては効果が半減してしまうのです。 超簡単、カビ取りスプレー効果倍増作戦 カビとりスプレーの効果を最大限に引き出すには、薬剤の蒸発を防いで効果を倍増させればいいんです。 用意するものはたったふたつ!• ラップ• ティッシュペーパーまたはキッチンペーパー これだけです。 この二つだけで、簡単な方法で劇的に黒カビ退治ができます。 カビとりの手順• ティッシュペーパーを「こより」状にします。 それにカビ取り剤を十分にスプレーして湿らせます。 それをゴムパッキンに貼っていきます。 そのあと洗剤の蒸発を防ぐためにティッシュの「こより」を覆うようにラップをかぶせていきます。 柔らかい歯ブラシなどで軽くこすります。 1時間~数時間放置した後、それを取り除いて水で洗い流し、乾燥させます。 ジェル状のゴムパッキン専用のカビ取り剤を使用する場合は、直接パッキンにカビ取り剤を塗ってペーパーで覆い、その上からさらにカビ取り剤を塗ってラップで覆ってください。 一度で取り切れない場合はこれを何回か繰り返します。 《注意》 カビ取り剤は強力な塩素系で刺激が強いものです。 使用の際はガスを吸い込まないためのマスク、目を保護するためのゴーグルや眼鏡、手荒れ防止のためにゴム手袋を使用してください。 衣服についてしまうと色落ちの原因になりますので、エプロンをするか色落ちしても問題のない服で作業することをお勧めします。 スポンサーリンク 重曹とお酢で黒カビを完全撃退! 第2の方法は、洗剤を使いません。 実はカビキラーでなくても、重曹とお酢でびっくりするほど黒カビが落とせます。 小さなお子さんやペットがいたりして強い刺激のあるものは使いたくない。 カビ取り剤を使うと気分が悪くなる。 という方はこの方法でカビ取りをしてみてください。 用意するもの• 重曹(100円ショップやドラッグストアに売っているもので十分です)• 酢(代わりに消毒用アルコールも使えます)• スプレーボトル 黒カビ取りのやり方• 酢1に対して水1~4をスプレーボトルに入れて十分に撹拌します。 それをパッキンの黒カビ部分にスプレーします。 蒸発を防ぐために、ティッシュペーパーとラップを使って蒸発を防ぐようにすると効果的です。 1時間~数時間放置します。 ラップとティッシュペーパーを取り外します。 柔らかい歯ブラシなどでゴムパッキンをキズつけないように丁寧にカビを取り除きます。 それで取り除けない頑固なカビには酢水で湿った状態のところへ重曹をすり込みます。 この時、酢と重曹が反応して二酸化炭素が発生しますが、人体には影響のないものです。 上から再度酢水をスプレーすると反応がより促進されて効果が高くなります。 1時間ほど放置したら再び歯ブラシなどで丁寧にカビを取り除き、洗い流して。 乾燥させます。 かなり綺麗になりますから試してみてくださいね! 黒カビの発生を予防する せっかく時間をかけて黒カビを取り除いても、何もせずにそのまま放置してしまうとすぐに黒カビたちはやってきます。 黒カビを取り除いたら、今度は黒カビを発生させないようにしましょう。 こまめに換気をする 入浴後すぐに換気扇をまわして乾燥させるか、お風呂の入り口・窓を開けて換気をします。 浴槽のお湯はできれば流してしまいましょう。 お湯を他のことに利用するなら、湯船のふたはしっかり閉めます。 熱めのシャワーを掛ける ぬるま湯はカビが悦びます。 カビは45度以上のお湯で死滅するといわれています。 その温度以上のお湯をかけ、パッキンや壁についた石鹸カス・湯垢を洗い流しましょう。 防カビスプレーを使う 入浴後に防カビスプレーを使用します。 または、酢を10倍程度に薄めたものをスプレーしても効果があります。 手遅れになる前に ゴムパッキンの黒カビは気がついたら手遅れで交換するしかないということもあります。 ここで、ご紹介した方法は時間はかかりますが、効果的で簡単にできる方法です。 早め早めのケアで黒カビがこびりつかないようにしてください。 そして、黒カビをとったら今度は発生させないことが大切です。 何事も日々の心掛けが大切ですよ!.

次の