二 度目 の 人生 を 異 世界 で。 【UPDATE】原作者が「厨国」などとヘイトツイート。アニメ「二度目の人生を異世界で」声優4人降板

【緊急】「二度目の人生を異世界で」を全巻出荷停止!アニメ化も中止! 作者の人種差別ツイートで

二 度目 の 人生 を 異 世界 で

「」にて連載中。 書籍版は()より刊行されており、イラストをが担当している。 当作品のジャンルは、いわゆる「」の異世界転生モノ。 この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2018年10月)() 94歳で大往生した老人男性 功刀蓮弥(くぬぎ れんや)は、天界にて神様を名乗る幼女からのお願いにより、西洋中世ファンタジー風な異世界に青年として転生する。 前世での蓮弥は、「功刀一刀流14代目当主」として超一流の剣士であった。 若い頃の彼は世界大戦や裏社会の仕事に従事し、数多くの死線をより多くの屍の山を築いて生き延び、「剣鬼」の異名をもっていた。 転生後、女剣士 シオンと女僧侶 ローナと出会ったレンヤは、冒険者として過ごすことになる。 蓮弥は転生の際に身に着けた卓越した身体能力と特殊技能を用いて、モンスター退治などの依頼などを受けて解決していく。 登場人物 [ ] 功刀 蓮弥(くぬぎ れんや) 通称レンヤ。 前世で「94歳」という高齢による大往生の末に、天国で若返り、異世界に青年として転生した男性。 知識と漠然とした感情以外は前世での記憶がない。 前世の立場は「功刀一刀流14代目当主」。 剣術以外にも至近距離から投じられた酒瓶やナイフを傷つくことも壊すこともなく受け止めるなど高い戦闘技術をもつ。 若いころには他国に渡り、裏社会の構成員としての仕事と合法・非合法問わぬ立ち合いで名を馳せ、世界大戦にも従軍。 数多くの死線をより多くの屍の山を築いて生き延び、「剣鬼」の異名をもつ。 晩年は後進への指導と刀匠としての文化活動を行う。 刀匠としては「華蓮」の銘を持ち、に指定された。 戦闘に関してはリアリストで、腕は立っても協調性のない者を見捨てることに躊躇しないが、あえて勝ち目のない戦いに臨む者たちを見捨てられるほど不人情でもない。 [ ] 華蓮(かれん) レンヤの愛刀。 前世での死後は彼の墓に納められていたが 、ギリエルによって届けられる。 創造主が間違えて与えた竹刀に付与されていた破壊不能属性を移譲されている。 シオン=ファム=ファタール レンヤが最初に出会う剣士の若い女性。 本人はただの剣士で駆け出しの冒険者だといっているが、中世レベルの世界で家名どころかミドルネームまである「やんごとなき身分」の子女。 クロワールの同居後には、彼女と違って不得意な家事についてローナ共々焦る様子も見せる [ ]。 ローナ=シュヴァリエ 通称・ロウ。 シオンに同行する僧侶の若い女性。 元は騎士でシオンのお目付け役として転職した。 世間知らずなシオンの冒険者志望を諦めさせるべく無茶な依頼を受けたところに蓮弥に遭遇した。 周囲の視線や注意を惹きつけるため、わざとサイズが小さめの服を着ている。 フラウ・ヴェルデ 家屋に棲み、住環境を調える幼女姿の妖精・。 レンヤが街での定住用に購入した屋敷にて、猟奇事件を起こした旧家主の死後に生まれた。 クロワール=パス=ティファレト 異世界に住む5種族の一種であるエルフ族の女性で学生。 姿は若いがエルフなので70歳である。 西大陸に存在するエルフの国の皇帝がとある女性に産ませた第35子(末子ではない)。 レンヤたちがアロス(作中の食品で、米に似ている)とエルフ豆製品(味噌・醤油)目当てに西大陸を訪れた際にレンヤたちを出迎え、その案内中に発生した樹林迷宮氾濫に端を発する魔物騒ぎを経て、レンヤの屋敷に住むことになる。 [ ] 創造主 レンヤを異世界に送り込んだ幼女姿の神様。 数多くの世界を管理する存在だが、管理を委託した存在が勝手な真似をしでかすことがあり、それらのフォローに忙しすぎるのか、イージーミスを犯すほか、大雑把に仕事することも多い。 旅商人を名乗ってレンヤに接触。 生前の愛刀『華蓮』(かれん)を届けた。 アズ・ハウンド 初登場時の職業は冒険者パーティ「探究者」のリーダーで魔術師であったが、その後は転職して教育者になり、冒険者学校の講師をククリカの街に存在する学校で働いている。 実はそこそこ知れた貴族家の次男。 仕事に関しては冷静である。 冒険者廃業を決めた理由は、レンヤたちと共に参加したダンジョン探索の依頼で、手痛い損害を負ったことから。 [ ] レンヤとは意気投合し、異世界で初めての同性の友人となる。 [ ] リアリス 冒険者学校で教師を務める女性で、ククリカの街に存在する学校で働いている。 元からランクも高くはなく、基礎能力だけは高い生徒から卑下されていた。 アズの依頼を受けたレンヤが生徒たちを叩きのめしたことにより、授業を進めやすくなる。 アズとは以前から相思相愛だが、身分の違いから踏み込めずにおり、これもレンヤたちの協力によって竜騎士となることで解決した。 [ ] ロイシュー=パス=ティファレト エルフ族。 西大陸にあるエルフの国第12代皇帝。 クロワールの父。 落ち着いた人格者に見えるが、実はエルフに限らずさまざまな女性を口説いては子を産ませているであり、継承権を持たない者も含めて100人以上の子供たちが存在する。 [ ] エミル・ラージャ 異世界に住む5種族の一種である魔族。 レンヤたちが調査依頼を受けたダンジョンで待ち構えていた。 レンヤが圧倒的な戦闘力とそれに甘えない精神を持つことから、エミルはレンヤに興味を持つ。 男性の姿で登場するも本当の性別は女性である。 男性の身体は魔術で造った「擬体」ともいうべき代物でしかない。 自分以外の存在は「実験材料」としか見なさない。 再会時には本来の身体である女性体となって現れた。 [ ] 漫画 [ ] 安房さとるによる作画で、のWebコミックサイトやなどにて2016年6月22日から(ComicWalkerの場合) 連載中。 物語はおおむね原作に沿っているが、細部は漫画化に際して改変されており、安房の絵柄を生かした女性たちの性的な描写も盛り込まれていることから、ニコニコ静画ではそれについての注意書きが添えられている。 また、女性たちの乳首は連載時には描かれていないが、単行本第7巻以降では解禁されている。 既刊一覧 [ ] ライトノベル [ ] 巻数 発売日 1 2014年11月22日 2 2015年 01月22日 3 2015年 03月20日 4 2015年 05月22日 5 2015年 07月23日 6 2015年 09月19日 7 2015年11月21日 8 2016年 01月22日 9 2016年 03月24日 10 2016年 05月21日 11 2016年 07月22日 12 2016年 09月23日 13 2016年11月24日 14 2017年 01月21日 15 2017年 03月23日 16 2017年 06月22日 17 2017年10月21日 18 2018年 05月24日 漫画 [ ] 巻数 発売日 1 2016年11月24日 2 2017年 06月23日 3 2017年 09月23日 4 2018年 01月22日 5 2018年 06月 06日 6 2019年 02月22日 7 2019年 08月23日 8 2020年 04月23日 アニメ化中止に至る騒動 [ ] 本作品はいったんアニメ化が決定され、2018年5月にはアニメ放送「決定」が発表され制作も始まったが、下記の出来事により、アニメ版の制作は中止になった。 なおアニメ化発表の時点で、小説とコミックスの累計発行部数は100万部を突破していた。 下記のように、騒動中の6月5日に論点が追加され 、そして翌6日に追加された論点について作者は謝罪し、同時期にアニメ化の中止もアニメ製作・制作サイドから発表された。 論点の変遷 当初、問題視されたのは作者の発言ではなく、作品中の設定だった。 まず2018年5月30日、中国のに「中国人が見たら怒り心頭の日本のライトノベルが、なんと中国に上陸していた」という記事が掲載され、中国国内で主人公の設定が問題視された。 その後、6月5日 には、作者のまいんが、作家になる前、中国・韓国への投稿を上で発していたことも発覚した。 作者サイドの対応 6月6日に、まいんはTwitter上でヘイトスピーチとされる投稿について謝罪し、また、作品中の設定の議論についても今後の対応として「小説家になろう」にて連載していたWeb版の問題のあるとされる部分の公開を停止、書籍版の内容に関しても修正の相談をしていると発表した。 その後、小説版の既刊書籍計18巻を出荷停止にすることがによって決定され 、実際に印刷版の小説が出荷停止された。 アニメ化の中止 2018年5月22日にTVアニメ化が発表されていたものの 、同年6月6日には、テレビアニメ出演への内定が公表されていた主役4人の声優たちが降板の決定を10時に発表した。 また、同年6月4日より日本国外からテレビアニメ版公式サイトへのアクセスができなくなっている。 一連の騒動が影響し、2018年10月より放送予定であったテレビアニメの製作の中止が発表された。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• , 幕間 その1らしい. ラノベニュースオンライン 2018年5月22日. 2018年6月7日閲覧。 Record China 2018年5月31日. 2018年6月7日閲覧。 ORICON NEWS. オリコン 2018年6月6日. 2018年6月6日閲覧。 Record China 2018年5月31日. 2018年6月7日閲覧。 Sherman, Jennifer 2018年6月1日. Anime News Network. 2018年6月7日閲覧。 观察者网 2016年6月5日. 2018年6月7日閲覧。 J-CASTニュース. 2018年6月6日. 2018年6月7日閲覧。 朝日新聞. 2018年6月6日. 2018年6月6日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2018年5月22日. 2018年6月6日閲覧。 ねとらぼ 2018年6月6日. 2018年6月6日閲覧。 Anime News Network 2018年6月5日. 2018年6月6日閲覧。 TVアニメ「二度目の人生を異世界で」公式サイト 2018年6月6日. 2018年6月6日閲覧。 ねとらぼ 2016年6月6日. 2018年6月6日閲覧。 書誌情報 [ ]• ホビージャパン. 2018年6月6日閲覧。 角川書店. 2018年6月6日閲覧。 角川書店. 2018年6月6日閲覧。 角川書店. 2018年6月6日閲覧。 角川書店. 2018年6月6日閲覧。 角川書店. 2018年6月6日閲覧。 角川書店. 2019年2月22日閲覧。 角川書店. 2019年8月23日閲覧。 角川書店. 2020年5月3日閲覧。 外部リンク [ ]• (、2018年6月7日) - この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。 この項目は、に関連した です。

次の

二度目の人生を異世界で

二 度目 の 人生 を 異 世界 で

「」にて連載中。 書籍版は()より刊行されており、イラストをが担当している。 当作品のジャンルは、いわゆる「」の異世界転生モノ。 この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2018年10月)() 94歳で大往生した老人男性 功刀蓮弥(くぬぎ れんや)は、天界にて神様を名乗る幼女からのお願いにより、西洋中世ファンタジー風な異世界に青年として転生する。 前世での蓮弥は、「功刀一刀流14代目当主」として超一流の剣士であった。 若い頃の彼は世界大戦や裏社会の仕事に従事し、数多くの死線をより多くの屍の山を築いて生き延び、「剣鬼」の異名をもっていた。 転生後、女剣士 シオンと女僧侶 ローナと出会ったレンヤは、冒険者として過ごすことになる。 蓮弥は転生の際に身に着けた卓越した身体能力と特殊技能を用いて、モンスター退治などの依頼などを受けて解決していく。 登場人物 [ ] 功刀 蓮弥(くぬぎ れんや) 通称レンヤ。 前世で「94歳」という高齢による大往生の末に、天国で若返り、異世界に青年として転生した男性。 知識と漠然とした感情以外は前世での記憶がない。 前世の立場は「功刀一刀流14代目当主」。 剣術以外にも至近距離から投じられた酒瓶やナイフを傷つくことも壊すこともなく受け止めるなど高い戦闘技術をもつ。 若いころには他国に渡り、裏社会の構成員としての仕事と合法・非合法問わぬ立ち合いで名を馳せ、世界大戦にも従軍。 数多くの死線をより多くの屍の山を築いて生き延び、「剣鬼」の異名をもつ。 晩年は後進への指導と刀匠としての文化活動を行う。 刀匠としては「華蓮」の銘を持ち、に指定された。 戦闘に関してはリアリストで、腕は立っても協調性のない者を見捨てることに躊躇しないが、あえて勝ち目のない戦いに臨む者たちを見捨てられるほど不人情でもない。 [ ] 華蓮(かれん) レンヤの愛刀。 前世での死後は彼の墓に納められていたが 、ギリエルによって届けられる。 創造主が間違えて与えた竹刀に付与されていた破壊不能属性を移譲されている。 シオン=ファム=ファタール レンヤが最初に出会う剣士の若い女性。 本人はただの剣士で駆け出しの冒険者だといっているが、中世レベルの世界で家名どころかミドルネームまである「やんごとなき身分」の子女。 クロワールの同居後には、彼女と違って不得意な家事についてローナ共々焦る様子も見せる [ ]。 ローナ=シュヴァリエ 通称・ロウ。 シオンに同行する僧侶の若い女性。 元は騎士でシオンのお目付け役として転職した。 世間知らずなシオンの冒険者志望を諦めさせるべく無茶な依頼を受けたところに蓮弥に遭遇した。 周囲の視線や注意を惹きつけるため、わざとサイズが小さめの服を着ている。 フラウ・ヴェルデ 家屋に棲み、住環境を調える幼女姿の妖精・。 レンヤが街での定住用に購入した屋敷にて、猟奇事件を起こした旧家主の死後に生まれた。 クロワール=パス=ティファレト 異世界に住む5種族の一種であるエルフ族の女性で学生。 姿は若いがエルフなので70歳である。 西大陸に存在するエルフの国の皇帝がとある女性に産ませた第35子(末子ではない)。 レンヤたちがアロス(作中の食品で、米に似ている)とエルフ豆製品(味噌・醤油)目当てに西大陸を訪れた際にレンヤたちを出迎え、その案内中に発生した樹林迷宮氾濫に端を発する魔物騒ぎを経て、レンヤの屋敷に住むことになる。 [ ] 創造主 レンヤを異世界に送り込んだ幼女姿の神様。 数多くの世界を管理する存在だが、管理を委託した存在が勝手な真似をしでかすことがあり、それらのフォローに忙しすぎるのか、イージーミスを犯すほか、大雑把に仕事することも多い。 旅商人を名乗ってレンヤに接触。 生前の愛刀『華蓮』(かれん)を届けた。 アズ・ハウンド 初登場時の職業は冒険者パーティ「探究者」のリーダーで魔術師であったが、その後は転職して教育者になり、冒険者学校の講師をククリカの街に存在する学校で働いている。 実はそこそこ知れた貴族家の次男。 仕事に関しては冷静である。 冒険者廃業を決めた理由は、レンヤたちと共に参加したダンジョン探索の依頼で、手痛い損害を負ったことから。 [ ] レンヤとは意気投合し、異世界で初めての同性の友人となる。 [ ] リアリス 冒険者学校で教師を務める女性で、ククリカの街に存在する学校で働いている。 元からランクも高くはなく、基礎能力だけは高い生徒から卑下されていた。 アズの依頼を受けたレンヤが生徒たちを叩きのめしたことにより、授業を進めやすくなる。 アズとは以前から相思相愛だが、身分の違いから踏み込めずにおり、これもレンヤたちの協力によって竜騎士となることで解決した。 [ ] ロイシュー=パス=ティファレト エルフ族。 西大陸にあるエルフの国第12代皇帝。 クロワールの父。 落ち着いた人格者に見えるが、実はエルフに限らずさまざまな女性を口説いては子を産ませているであり、継承権を持たない者も含めて100人以上の子供たちが存在する。 [ ] エミル・ラージャ 異世界に住む5種族の一種である魔族。 レンヤたちが調査依頼を受けたダンジョンで待ち構えていた。 レンヤが圧倒的な戦闘力とそれに甘えない精神を持つことから、エミルはレンヤに興味を持つ。 男性の姿で登場するも本当の性別は女性である。 男性の身体は魔術で造った「擬体」ともいうべき代物でしかない。 自分以外の存在は「実験材料」としか見なさない。 再会時には本来の身体である女性体となって現れた。 [ ] 漫画 [ ] 安房さとるによる作画で、のWebコミックサイトやなどにて2016年6月22日から(ComicWalkerの場合) 連載中。 物語はおおむね原作に沿っているが、細部は漫画化に際して改変されており、安房の絵柄を生かした女性たちの性的な描写も盛り込まれていることから、ニコニコ静画ではそれについての注意書きが添えられている。 また、女性たちの乳首は連載時には描かれていないが、単行本第7巻以降では解禁されている。 既刊一覧 [ ] ライトノベル [ ] 巻数 発売日 1 2014年11月22日 2 2015年 01月22日 3 2015年 03月20日 4 2015年 05月22日 5 2015年 07月23日 6 2015年 09月19日 7 2015年11月21日 8 2016年 01月22日 9 2016年 03月24日 10 2016年 05月21日 11 2016年 07月22日 12 2016年 09月23日 13 2016年11月24日 14 2017年 01月21日 15 2017年 03月23日 16 2017年 06月22日 17 2017年10月21日 18 2018年 05月24日 漫画 [ ] 巻数 発売日 1 2016年11月24日 2 2017年 06月23日 3 2017年 09月23日 4 2018年 01月22日 5 2018年 06月 06日 6 2019年 02月22日 7 2019年 08月23日 8 2020年 04月23日 アニメ化中止に至る騒動 [ ] 本作品はいったんアニメ化が決定され、2018年5月にはアニメ放送「決定」が発表され制作も始まったが、下記の出来事により、アニメ版の制作は中止になった。 なおアニメ化発表の時点で、小説とコミックスの累計発行部数は100万部を突破していた。 下記のように、騒動中の6月5日に論点が追加され 、そして翌6日に追加された論点について作者は謝罪し、同時期にアニメ化の中止もアニメ製作・制作サイドから発表された。 論点の変遷 当初、問題視されたのは作者の発言ではなく、作品中の設定だった。 まず2018年5月30日、中国のに「中国人が見たら怒り心頭の日本のライトノベルが、なんと中国に上陸していた」という記事が掲載され、中国国内で主人公の設定が問題視された。 その後、6月5日 には、作者のまいんが、作家になる前、中国・韓国への投稿を上で発していたことも発覚した。 作者サイドの対応 6月6日に、まいんはTwitter上でヘイトスピーチとされる投稿について謝罪し、また、作品中の設定の議論についても今後の対応として「小説家になろう」にて連載していたWeb版の問題のあるとされる部分の公開を停止、書籍版の内容に関しても修正の相談をしていると発表した。 その後、小説版の既刊書籍計18巻を出荷停止にすることがによって決定され 、実際に印刷版の小説が出荷停止された。 アニメ化の中止 2018年5月22日にTVアニメ化が発表されていたものの 、同年6月6日には、テレビアニメ出演への内定が公表されていた主役4人の声優たちが降板の決定を10時に発表した。 また、同年6月4日より日本国外からテレビアニメ版公式サイトへのアクセスができなくなっている。 一連の騒動が影響し、2018年10月より放送予定であったテレビアニメの製作の中止が発表された。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• , 幕間 その1らしい. ラノベニュースオンライン 2018年5月22日. 2018年6月7日閲覧。 Record China 2018年5月31日. 2018年6月7日閲覧。 ORICON NEWS. オリコン 2018年6月6日. 2018年6月6日閲覧。 Record China 2018年5月31日. 2018年6月7日閲覧。 Sherman, Jennifer 2018年6月1日. Anime News Network. 2018年6月7日閲覧。 观察者网 2016年6月5日. 2018年6月7日閲覧。 J-CASTニュース. 2018年6月6日. 2018年6月7日閲覧。 朝日新聞. 2018年6月6日. 2018年6月6日閲覧。 コミックナタリー. ナターシャ 2018年5月22日. 2018年6月6日閲覧。 ねとらぼ 2018年6月6日. 2018年6月6日閲覧。 Anime News Network 2018年6月5日. 2018年6月6日閲覧。 TVアニメ「二度目の人生を異世界で」公式サイト 2018年6月6日. 2018年6月6日閲覧。 ねとらぼ 2016年6月6日. 2018年6月6日閲覧。 書誌情報 [ ]• ホビージャパン. 2018年6月6日閲覧。 角川書店. 2018年6月6日閲覧。 角川書店. 2018年6月6日閲覧。 角川書店. 2018年6月6日閲覧。 角川書店. 2018年6月6日閲覧。 角川書店. 2018年6月6日閲覧。 角川書店. 2019年2月22日閲覧。 角川書店. 2019年8月23日閲覧。 角川書店. 2020年5月3日閲覧。 外部リンク [ ]• (、2018年6月7日) - この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(/)。 この項目は、に関連した です。

次の

二度目の人生を異世界で1

二 度目 の 人生 を 異 世界 で

大炎上でアニメ化中止、出荷停止 TVアニメ化寸前まで行きながら、大炎上の結果主要キャストの声優が続々降板する事態となり、ついにアニメ化は中止、原作本も出荷停止となってしまった『二度目の人生を異世界で』。 このラノベの問題点については、当ブロクでも以下の記事で取り上げている。 作者の過去のヘイトスピーチが原因か? なぜこのような騒動になったのか。 日本では、作者が過去にツイッターで行っていたヘイトスピーチが「発掘」され、これが中国で問題視されたのが主な原因だと報道されている。 10月にアニメ化が決定していた人気ライトノベル「二度目の人生を異世界で」が、放送中止となった。 同アニメの制作委員会が公式サイトで6月6日、発表した。 原作の発売元ホビージャパンは6日、これまでに刊行された計18巻を出荷停止にすることを決めたと、朝日新聞デジタルが報じた。 同作をめぐってはアニメ化発表後、 原作者の「まいん」氏が過去にTwitter上でヘイトスピーチを繰り返していたことが問題視され「炎上」。 6日までに主要キャストの声優4人が相次いで降板を発表し、波紋が広がっていた。 制作委員会は「アニメ化発表以来、一連の事案を重く受け止め、本アニメの放送及び製作の中止をお知らせ致します。 みなさま、及び本作品の制作に関わった方々には多大なるご迷惑、ご心配をおかけしました事、心よりお詫び申し上げます」と公式サイトで謝罪した。 問題はヘイトスピーチより原作の設定そのもの 確かに、韓国を「姦国」、中国を「厨国」「蟲国」などと呼んで嘲笑する原作者のヘイトスピーチ(注:該当ツイートは削除済み)はひどいものだ。 しかし、炎上の主な原因はそれではなく、原作の設定そのものが中国人にとっての「底線」(許容できる限界)を越えていたからだという指摘がある。 日本の方々に分かってもらってないみたいね。 なんで『二度目の人生を異世界で』アニメ化はこんなに中国のファンを怒らせたのか。 勿論作者のヘイト発言は最低だが、一番の原因は主人公の設定。 ご覧になったら分かると: 大陸へ渡り、黒社会で世界大戦に従軍、生涯殺害数5730名。 — 璃夏Rika ColdistheFall このアニメ化に対して抗議の声を上げた中華宅(日本のマンガやアニメが大好きな中華圏のオタクたち)がなぜ激怒したのか、「香港ガリ勉眼鏡っ娘ゲーマー」歐陽さんが「」で2回にわたって詳しく解説されているので、一部引用させて頂く。 5月下旬に日本側でアニメ化のニュースが出て、中華宅は早速今度の「新番(新番組)」をチェックしようと検索した結果、本作についての予備知識が一切ないまま、軽文(注:ライト文芸をテーマとした中国のサイト)での中国語版に出くわしたわけである。 中国のオタクたちが問題としたのは「ヘイトツイート」ではなく、作品そのものの内容なのだ。 アニメ化のニュースは長らく注目を浴びなかった本作の中国語版の知名度を上げ、皮肉にも作品にトドメを刺すような恰好になってしまった。 そのため、コミュニティに明らかな危害を与える言動を除いて、政治的な事柄へはいつも冷めた目線を向けている。 要するに「反応するのもバカバカしい」ということなのだ。 そこには「底線」という概念が存在する。 中国人がよく口にするこの言葉は、英語のBottom line(ボトムライン)と大体同じ意味で、「許容・譲歩できる最低値」といった含意がある。 底線は、越えるどころか、絶対に触れたり弄んだりしてはいけないものである。 第二次世界大戦における戦争犯罪を連想させ、肯定するような内容は、中華宅の底線に触れて越えようとするものだったので、猛烈な反発に遭ったのである。 日本のマンガやアニメに憧れる中国人オタクたちは、日本のオタク界にあふれる中韓ヘイトも当然知っている(嫌でも知らざるを得ない)が、あえて作品とは切り離し、それはそれ、これはこれとして処理することで冷静さを保っているのだ。 ところが今回は作品の設定そのものに歴史修正主義が持ち込まれているのだから、許されないのは当然だろう。 中華宅たちの怒りは「反日教育」のせいではない では、主人公が日本刀で三千名以上も斬りまくったのは「世界大戦」時とされていて、(南京大虐殺等を含む)日中戦争とは時期がずらされており、場所も中国だとは明記されていない。 そのため、上記のような中国人の怒りに対しては、過剰反応だとか、反日教育のせいで日本を憎んでいるからだ、といった定番の「反論」が返されている。 しかし、そうした「反論」は間違っている。 少し長くなるが、再び「中華娯楽週報」から引用する。 (略)まずひとつ、はっきりさせておきたいことがある。 香港人である私自身も、「中国人」として日本で何度も聞かれたことがある。 日本の侵略を強調しているとして、この日本語特有の言葉が実によく使われる。 さらに「識者」やメディアによる説明として、「貧富の格差などで人民の不満は爆発寸前なので、怒りの矛先を日本に向けさせるため、日本批判を繰り返し、子供にもそうした教育を施している」、つまり「政治体制維持のための反日」「国家の統治手段としての反日」といった根拠が曖昧な説が唱えられている。 ここで私は声を大にして言いたい。 (略)中国大陸では、確かに愛国精神や党の役割を強調する教育は行われており、近現代史は祖国の廃墟からの復活、そしてその過程において共産党が「新中国」を創ったこと (略)にフォーカスが置かれているのは事実だ。 しかし、日本に侵略されていたから今の日本を憎みなさい、日本人と仲良くしてはいけないと教えているわけではない。 中国の歴史に詳しい人であればあるほど、近代中国史の教育において、列強の侵略と抗日戦争がクローズアップされるのは避けられないことがよく分かるはずだ。 (略) (略) ちなみに香港では、英領時代には必修だった中学校の中国史科が、中国返還後にむしろ必修ではなくなって、古代中国の歴史のみならず列強の侵略、抗日戦争についての知識も乏しい若年層が形成されている。 (略) 歴史教育を受けているということは、過去のことも知っているということなので、日本の過去の行為が中華の民の心に何も残していないというわけではない。 それは学校教育の結果だけではないことにも注意が必要だ。 私の世代の人ならば、2つ~4つくらい上の世代の親戚には、確実に日本占領時期に悲惨な目に遭って命や全財産を失ったりする人はいる。 それらは学校などではなく当事者やその遺族により語り継がれている。 詳細はあえて語らないが、一家離散や目の前で親・兄弟が殺されるなど、聞くに堪えない惨たらしい話は無数にある。 「過去」と「現在」の日本を割り切って、現在の日本を好きになる人が多い中、過去が消えたわけではない。 日本側が「現在」から「過去」へと手を伸ばして操作しようとしたとき、前記の「底線」が触れられ、中華の民は激怒するのである。 中華圏では「百人斬り競争」の話が、それを報じた日本の新聞記事の写真と文字と共に深く記憶されているのだ。 中国で何千人も斬殺という描写は、一瞬にしてあの忌々しい絵と文字を思い出させるのだ。 また、抗日戦争中の大量殺人と言えば、日本では否定説が唱えられているが南京大虐殺もすぐ思い浮かべられる。 私は歴史学者ではないので、百人斬り競争や南京大虐殺に関する議論をするつもりはないが、いずれにしても『二度目の人生を異世界で』の設定が即座にこのふたつの事柄を想起させ、中華の民に胸を抉られるような痛みを与えるのは事実である。 当ブログでも何度も指摘してきたとおり、百人斬りも南京大虐殺も事実そのものであって、右派がいくら策を弄しても、近親者が体験した日本軍による残虐行為を「家族の記憶」として受け継いでいるアジアの人々を騙すことはできない。 騙せるのはまともな歴史教育を施されず、自国の近現代史に驚くほど無知な日本人だけだ。 問題のラノベは、日本の戦争責任を「反日教育」による妄想だとして嘲笑する中韓ヘイトの気分に便乗しながら、自分たちが否定している「百人斬り」を相手が想起せざるを得ないような設定をあえて行っている。 極めて悪質なやり方であって、怒りとともに全否定されるのは当然なのだ。 【関連記事】.

次の