ホット パック 効果。 温熱療法の治療効果と方法

いざという時に心身を温めるホットタオルパックの作り方と温めポイント

ホット パック 効果

この記事の目次はコチラ• 温熱療法の歴史 温熱療法の原型とされている燃灼法は、いまから2000年以上前である紀元前のエジプトより実施されていました。 その方法は、動物の膀胱の袋に温水を入れ、坐骨神経痛や直腸の部分的炎症に使用されていました。 日本では古来より温泉を治療の一つの手段として利用してきており、現在でも各地に湯治場が存在し、我々の生活と密接な関わりを持っています。 短縮した結合組織に対して温熱刺激を実施し、組織の温度を上げるとその組織の伸展性が高まります。 浅層組織はホットパックで対応できますが、深層の筋肉や関節包には超音波などの深達性が高い温熱療法を選択します。 とくに拘縮の改善については、原因部位がどこに存在するかで表在性温熱刺激を適応するか、深在性温熱刺激を適応するかが分かれます。 治療部位が表在で広範囲にわたる場合はホットパック、指先や足先などの末梢部で凹凸がある場合はパラフィン浴が効果的です。 治療部位が深部で広範囲にわたる場合は極超短波(マイクロ波)、限局している場合は超音波が効果的となります。 適応は広範囲の浅部組織であり、頚部や腰背部に多用されます。 その後に手をビニール袋などでくるんでから、さらに上からタオルで包み、治療部位を高く上げた状態で15分ほど温めます。 パラフィン浴が高温にもかかわらず熱さを感じにくいのは、水に比べて熱伝導速度が極めて小さく、皮膚の忍耐温度が高くなっているためです。 適応は四肢末梢部の浅部組織であり、輪郭が複雑な領域にうまく接触を保てるという長所があります。 とくに関節リウマチや外科系障害の手指に用いられます。 45GHz、波長約12. 5㎝の電磁波を利用した深部加熱を目的とした温熱療法です。 その仕組みは電子レンジとほぼ同じです。 極超短波のエネルギーの50%は皮膚で反射され、皮膚を通過した電磁波は組織の分子を振動させ、摩擦熱を起こして温めます。 ホットパックの深達性が約1㎝に対して、極超短波は約3〜4㎝であり、より深部まで温めることができる方法です。 適応は広範囲の深部組織であり、とくに肩関節や膝関節、腰部に多用されます。 超音波の吸収は伝播された組織の蛋白質の含有量に比例するため、膠原組織を多く含む骨や関節包などでよく吸収し、温度上昇が起こりやすくなります。 とくに関節包は関節拘縮を引き起こしている最大の原因部位であるため、拘縮部位に照射してから伸張操作を加えると効果的です。 温熱効果は、その水温や治療時間、治療部位の範囲、熱伝導率によって影響を受けるため、最適な温度を選択することが求められます。

次の

ホットジェルの効果的な使い方は?発汗・発熱マッサージで脂肪を燃やす

ホット パック 効果

足全体にホットジェルをつける• 足の裏の真ん中にある腎臓のツボを、10回ほど呼吸をしながら押す• 土踏まず付近にある膀胱のツボを揉みながら押す• 左足の薬指と小指の3. 4㎝下にある心臓のツボを押すとさらに効果的 体全身に影響がでると言われる足つぼ。 リンパのつまりがある時は腎臓の働きが悪くなっていることも原因のひとつです。 それを足つぼで解消できます。 ホットジェルを使えばその効果を高められるので、挑戦してみましょう。 さらに足の裏は心臓から遠い位置にあるので、つぼの効果以上に血行を促進できます。 ダイエットをするならやってみる価値が高いマッサージです。 ホットジェルを正しく使うとバストアップも可能.

次の

ホットジェルの効果的な使い方は?発汗・発熱マッサージで脂肪を燃やす

ホット パック 効果

手作り玄米カイロ・ホットパックの作り方1つ目は、材料についてです。 玄米カイロの材料は、玄米、米ぬか、塩がメインなのでとても体に優しいです。 仕組みは、玄米が蒸発するときに発生する熱を利用します。 玄米が再び空気中の水分を吸収すると復活します。 なので、使い捨てカイロと違い繰り返し使うことが可能ですよ。 水に浸すなどの作業も必要なく再利用も簡単です。 材料も大型スーパーで販売されているものが多く、すぐに手に入るものばかりなので作ってみましょう。 簡単に作ることができますよ。 手作り玄米カイロ・ホットパックの材料• 米ぬか•

次の