東京大神宮 ご利益。 東京大神宮は、恋愛にいいと聞きますが、復縁にもご利益あるのでしょうか?体...

東京五社とは

東京大神宮 ご利益

【造化の三神(ぞうかのさんしん)】• 天之御中主神 (あめのみなかぬしのかみ)• 高御産巣日神 (たかみむすびのかみ)• 神産巣日神 (かみむすびのかみ)• 倭比賣命 (やまとひめのみこと) 〇 御神徳 家内安全・ 商売繁昌・ 厄除開運・ 交通安全・ 学業成就 神前結婚式の創始であることから 「 縁結び」としてが1番有名ですね。 たくさんありますよ! 〇 境内 散歩 飯田橋駅駅の西口・A4出口から歩いておよそ5分で東京大神宮にたどり着くと書いてあったので、私はA4出口から東京大神宮を目指すことにしました! 「めちゃめちゃ近いやん!」 「これは地図見ないで行けるな!」 と思ったら全然たどり着けない。 笑 思ったより遠い!と思いながら歩いてると早稲田通りにたどり着きました。 何となく直感的に進め!と脳内に語り掛ける物をかんじたので早稲田通りに入る事に。。。 早稲田通りを歩いてると大神宮通りを発見!! 大神宮通りを左折してようやく辿り着くことが出来ました。 後々地図で東京大神宮の位置を確認すると、駅から5分で確かに東京大神宮には辿り着くのですが、拝殿正面に構える鳥居にたどり着くには大神宮通りに出るしかありませんでした。 迷子の私を導いてくれた神様に感謝です(合掌) 駅からの道中は人も多く、決して静かな町ではなかったのですが、 鳥居をを目視で確認してから急に音が無くなったように静かに感じました。 立派な鳥居です。 境内に入ると直ぐ右手に 手水舎があります。 現在はコロナウイルス対策で柄杓はありませんが、水は止められてないので手はしっかりとお清めをしてから中に入りましょう! 手水舎の直ぐ向かい 鳥居をくぐって直ぐ左手 には東京大神宮の御祭神・御鎮座・御由緒が書かれています。 綺麗な字ですね。 この一枚板に一発書きした時の気持ちを考えたらそれだけで身が引き締まります。 笑 この記事の最初の方に説明として簡単に御由緒を書かせて頂きましたが、 御鎮座されたのは明治13年 1880年 なので、 神社仏閣の歴史としてはかなり若い方になりますね。 東京のお伊勢様として鎮座してきた力強さを感じます。 この写真の入り口の直ぐ右手には 飯富稲荷神社 があります。 写真は撮り忘れてしまいました、すみません。 【 飯富稲荷神社】 御祭神 宇迦之御魂大神 うかのみたまのおおかみ 御神徳 衣食住・ 商売繁昌・ 家業繁栄 歌舞伎の九代目市川団十郎丈が信仰を寄せていたことから、芸能にゆかりの深い神社として芸能を志す人々の 芸道精進 としても信仰されているようです。 この輪をくぐる事により、 家内安全・ 無病息災・ 厄除けなどのご利益があるとされています。 神明造り、屋根が切妻造り妻入り の屋根ですね。 本を開いたような屋根が切妻造りといいます。 本を開いた側面が私たちの方に向いていれば 切妻造り平入り。 とても綺麗です。 東京大神宮への参拝は今回が初めてだったのですが、 本格的な参拝方式で少し緊張しました。 笑 榊を使った参拝方式だったのですが、 やり方は写真右手の机に書かれていたので皆さんしっかりと焦らずに読み込んでお祈りをしていました。 少し難しかったり、分からないことがあっても、後ろに並んでる人々を気にしすぎずに、心を落ち着かせましょうね。 仮にやり方を間違えたところで神様は怒ったりしません! 境内は広くはないのですが、しっかりと暑さ対策がされており、お守りをみたり涼んだりと過ごしやすい空間作りが施されていました。 平日ですが思ったよりも人が多く感じました。 御朱印の待ち時間は15分程ですかね。 都心とは思えないほど静かで、風が心地よく、緑が美しく、とても良い空間でした。 紫陽花も元気いっぱいです! ここの空間が特にお気に入りでした!! めちゃくちゃオシャレですよね?笑 狭い境内なら直ぐに見つけられそうな感じなのですが、意外と目につきにくいところにあり、ここで休んでる人は一人もいませんでした。 人の出入りが少ないおかげか、私はここが東京大神宮では1番落ち着くポイントになりました! 是非皆さんも探してみてください。 〇 アクセス・まとめ 簡単まとめ 東京のお伊勢様として親しまれており、東京5社の一角でもある東京大神宮。 縁結びのご利益として有名で、都心とは思えないほどの緑あふれる神聖な空間。 【 東京大神宮 】 〒102-0071 東京都千代田区富士見2-4-1 tel:03-3262-3566 fax:03-3261-4147• You can see the whole category from the site map at the bottom of the site. There are many proper names in shrines and temples that cannot be conveyed by Google automatic translation. Currently, I am creating a language translation page with my own interpretation. Please wait for a while for the English language translation page to be published. archive• 7 tag This website uses cookies to improve your experience while you navigate through the website. Out of these cookies, the cookies that are categorized as necessary are stored on your browser as they are essential for the working of basic functionalities of the website. We also use third-party cookies that help us analyze and understand how you use this website. These cookies will be stored in your browser only with your consent. You also have the option to opt-out of these cookies. But opting out of some of these cookies may have an effect on your browsing experience. Any cookies that may not be particularly necessary for the website to function and is used specifically to collect user personal data via analytics, ads, other embedded contents are termed as non-necessary cookies. It is mandatory to procure user consent prior to running these cookies on your website.

次の

東京大神宮で最強な縁結びのご利益を授かる方法!御朱印頂きました

東京大神宮 ご利益

伊勢神宮と言えば、日本人の「心のふるさと」でもあります。 参拝者は、年間1,400万人以上にものぼると言われております。 天皇の祖先である「皇祖人」をお祀りする伊勢神宮にとても縁の深い神社があります。 東京の「東京大神宮」「芝大神宮」長野県の「仁科明神宮」です。 伊勢神宮とゆかりの神社であるばかりではなく、東京大神宮は縁結びの神社としても知られています。 また、芝大神宮にいたっては「関東のお伊勢様」といわれ、縁結びにご利益があります。 また、長野県の「仁科明神宮」は、日本最古の神明造の神社であり、国宝に指定されているパワースポットでもあります。 今回は伊勢神宮と縁の深い、東京大神宮縁結び神社と、縁結びご利益のある芝大神宮、そして神秘な仁科明神宮の三社をご紹介してみたいと思います。 東京大神宮 出展: 東京大神宮とは? 東京大神宮は東京五社のひとつと言われ、東京にある神社1866社の中で、最も格式高い神社として知られています。 また、東京三大縁結び神社のひとつでもあり、東京五社の一社でもあります。 また、結びの働きを司る造化の三神を併せて祀っていることから、縁結びに御利益のある神社としても知られ、良縁を願う参拝者が多く訪れています。 当初は日比谷に鎮座しており、「日比谷大神宮」もしくは「日比谷皇大神宮」と称されていました。 大正12年の関東大震災で被災し、昭和3年に現在地に移転して飯田橋大神宮と呼ばれていました。 その後、第二次世界大戦後の昭和21年に宗教法人「東京大神宮」として社名を改めて現在に至ります。 江戸時代から伊勢信仰が大流行し、伊勢神宮への参拝は人々一生の願いでした。 伊勢神宮は遠くて、なかなか行けない人々のために遙拝殿(ようはいでん)として創建されたのです。 主祭神は言うまでもなく「天照大御神」と「豊受大神」です。 伊勢神宮とゆかりの深い神社であり、また、縁結びの神社としても知られています。 東京大神宮が縁結びの神社として知られるようになったのは、明治33年に「明治天皇皇太子」(のちの大正天皇)の結婚式が初めて宮中三殿で行われ、これを記念に神前式結婚式を創始したのが東京大神宮なのです。 その当時は家庭において結婚式を行うことが一般的でしたが、東京大神宮は神前結婚式のスタイルを確率し、全国に広めていったのです。 東京大神宮の伝統的な神前結婚式 東京大神宮の基本情報• 郵便番号:〒102-0071• 所在地:東京都千代田区富士見2-4-1• 電話番号:03-3262-3566• ご祭神:「天照大御神」「豊受大神」造化の三神• 御利益: 合格祈願・学業成就-健康祈願・病気平癒-商売繁盛・千客万来-家内安全・交通安全-恋愛成就 ・縁結び-安産祈願・子宝・子授け-厄除け・厄払い-開運招福・諸願成就• 営業時間:9:00~21:00• 最寄り駅:飯田橋駅 JR中央(西口)・総武線(西口)・東京メトロ有楽町線(B2a出口)・南北線(B2a出口)・東西線(A4出口)・都営地下鉄大江戸線(A4出口) 各線の駅より徒歩約5分程度です。 年始の参拝時間:1月1日(0:00~21:00)1月2・3日(6:00~21:00)• 授与時間:お神札・お守り(8~19時) ご朱印(9~17時)• 駐車場:なし• 屋台・露店:なし 芝大神宮 芝大神宮は東京の芝大門にあり、創建は平安時代とされ、すでに1,000年の歴史を誇っています。 関東における伊勢信仰の中心的な役割を担い、「関東のお伊勢様」と尊称されています。 明治5年より現在の神社名である「芝大神宮」という社名を称しています。 芝大神宮のご祭神 縁結びの神様 芝大神宮のご祭神は「天照大御神」と「豊受大御神」の二柱で、伊勢神宮内宮と同じご祭神です。 また、境内に独立してお祀りされていた十六の社を本殿に祀っております。 代表的なご祭神は、縁結びの神様である「大国主命」や子授けの神様である「伊弉冉の尊」です。 江戸時代は幕府の保護のもと、江戸の産土神として関東一円の庶民信仰を集めていました。 芝大神宮は、縁結びの神様として有名な神社です。 江戸時代からの縁起物「千木筥」(ちぎばこ)は良縁のお守り! 芝大神宮の「千木筥」(ちぎばこ)は、江戸を代表する縁起物のひとつです。 現在では郷土玩具として広く知られており、「千木」が「千着」に通ずるという縁起から、女性に大人気の縁起物となっています。 「千木筥」(ちぎばこ) 中には大豆が少し入っており、振ると音がします。 「千木筥」は、「着るものに困らない」ということから、「着るものが増える」「良縁に恵まれる」「幸せな結婚ができる」と言われ、縁起の良いお守りとして評判も高いようです。 「千木筥」は着るものが増えると言われれておりますので、タンスの中にしまっておくとよいとのことです。 しかし、見た目がかわいいので、普段目にする場所、神棚やタンスや飾り棚に置いておくのも良いと思います。 芝大神宮の基本情報• 郵便番号: 〒105-0012• 電話番号: 03-3431-4802• ご祭神: 「天照大御神」「豊受大御神」• 御利益: 恋愛成就・縁結び、商売繁盛・千客万来、健康祈願・病気平癒、合格祈願・学業成就、金運上昇・財運上昇、出世成功・昇格昇進、家内安全・交通安全、安産祈願・子宝・子授け、厄除け・厄払い、開運招福・諸願• 御祈祷受付:9:00〜16:30• アクセス: JR山手線・京浜東北線「浜松町駅」北口より徒歩5分 都営浅草線・大江戸線「大門駅」A6出口より徒歩1分 都営三田線 「御成門駅」より徒歩5分• <初詣> 【例年の混雑時間】 1月1日~1月3日 12時前から16時まで 仁科明神宮 中門 仁科神明宮はどんな神社? 仁科神明宮の創建はハッキリしませんが、平安中期の御冷泉天皇の御代にさかのぼる文献があるようです。 江戸時代は、松本藩主の祈願所として発展し、松本藩の中でも藩主が最も多くの神領を所有していました。 明治時代になってからも信濃を代表する神明宮として信仰を集めました。 仁科神明宮は、伊勢神宮と同じく二十年に一度の式年遷宮(しきねんせんぐう)を続けています。 南北朝時代の永和2年(1376年)から造営棟札(むなふだ)は、すべて保存されています。 このように600年もの長い間一度も欠かすことなく奉仕され、その記録を残してきたことは、全国にも例がありません。 江戸時代の安政3年(1858年)までの27枚は国の重要文化財に指定されています。 参道脇の大杉をはじめ、 境内は樹齢700年以上の杉や檜などがうっそうと茂り、とても神聖な雰囲気があります。 境内や周辺の森は、県の天然記念物に指定されています。 幸せの黄色い お守り「幸福守」.

次の

東京大神宮縁結びのご利益は絶大!伊勢神宮とゆかりの深い神社3選!

東京大神宮 ご利益

縁結び・恋愛成就系 ・鈴蘭ひめ守 価格:500円 ・鈴蘭よりそい守り 価格:800円 ・幸せ水琴鈴守り 価格:800円 ・縁結び 星まもり 価格:1000円 ・縁結び鈴蘭守り 価格:700円 ・恋愛成就守り 価格:700円 ・縁授守り 価格:800円 ・心結び 美鈴守り 価格:800円 ・幸せ恋守り 価格:700円 ・恋愛成就 幸せ鍵守り 価格:800円 ・縁結びお守り 価格:1.000円 ・根付お守り(携帯ストラップ) 価格:500円 ・鈴蘭根付守り(携帯ストラップ) 価格:600円 ・恋愛成就鈴守り 価格:500円 ・結守り 価格:500円 ・結び札(恋愛成就) 価格:700円 ・縁結び幸せ小槌 価格:800円 Photo. by:伊勢神宮が大好き! 簡単に「お守り」から紹介しましたが、ただ単にお守りを身に着けていれば良いというものではありません。 きちんと参拝をしなければダメです! 参拝方法と、ポイントも紹介します。 でも、その前に 縁結びをお願いするなら「コレを知って」おかなければ的外れという大切なこと。 それが伊勢神宮と同じ神様を祀っているのに、どうして「東京大神宮は縁結びのご利益や効果が高いの?」という疑問の解決にもつながります。 縁結びに効果があり、ご利益を授かるとされる理由について知っておきましょう。 縁結びのご利益が授かる理由と秘訣 東京大神宮の神様は、天照大御神と豊受大御神ですが、あわせて 「造化の三神」といわれる神様が祀られています。 造化の三神について興味をもたれた人向けに記事の最後に書いておきます。 縁結びのご利益を授けてくださるのが、この「造化の三神」のご神徳。 神様にも得意、不得意なジャンルがあって、造化の三神は「縁結びや新たなものを生み出す」ことを得意としています。 この造化の三神は 「天地万物の生成化育」の働きを司る神様とされ、 縁結びのご利益を授かるとされる理由です。 これは東京大神宮の由緒書にも記されていますので確かめてみてください。 ちなみに「生成化育」とは、生を成し育て化するの意です。 例えば、家族や友人、仕事や就職先、お金との縁なども、 すべて「縁結び」です。 そのご利益の中でも、男女の縁を結びつける「恋愛面」「結婚面」が、その他の縁結び神社に比べて効果が高い。 「願いが叶った」 「想いが通じて恋が実った」 という現実的な結果と、そのリアルな効果が東京大神宮といえば 「男女の縁結び」というイメージを定着させたようです。 さらに現在、一般的に行なわれている神前結婚式は東京大神宮が発祥とされていることも影響しています。 つまり、東京大神宮のご利益は、男女の縁だけじゃありません! 家族や友人、仕事や就職、お金や健康、学業との縁もガッチリ結んでくださいます。 縁結びのご利益さえいただければ、天照大御神、豊受大御神へ感謝のお祈りをしなくても良いと思ってしまっては大間違い! その理由を、次の参拝方法とポイントで紹介します。 東京大神宮の参拝方法とポイント 本殿での参拝。 いよいよ、神様との対面です。 この時には、正面(真ん中)に立ってOKです。 拝礼の作法は「二拝、二拍手、一拝」です。 ・二拝 はじめに2回、最敬礼の姿勢で深く頭を下げます。 ・二拍手 胸の高さで手を合わせたら「右手をやや下げる(引く)。 肩幅程度に2回、拍手をします。 この拍手の音によって、魔を祓うとされます。 また、神様へ訪れたことを知らせる音でもあるため恥ずかしがらずに、シッカリ音を響かせましょう。 ・一拝 最後に最敬礼して、深く頭を下げます。 一拝を終えたら、そのまま後ろを向くと、お尻を向ける姿勢になるので不敬になるといわれます。 お守りをいただく人は、やや左に横に移動してから授与所に行きましょう。 神様へのお祈り 二拍手したら、お祈りをします。 ここで大切なポイント! はじめに神様へ感謝を伝える。 次に住所、氏名を伝えてから「願い事」を伝えます。 もっとも大切な重要ポイント! 願い事は、具体的じゃなきゃダメ。 どうして具体的に祈るのか。 それは「願い事=神頼みでは効果が現れない」からです。 では、どうしたら良いのか。 簡単にいえば、これから自分が願い事を叶えるために 「どう行動して、将来どう成っている」のか。 それを 「神様に宣言して、約束する」のが、 ご利益を最大限に授かるためのポイント。 つまり、自分自身が目的を達成させる方法を伝えることで、神様が後押ししてくれるということ。 そして、神様に 感謝の祈りをささげる理由。 神様は人々の感謝によって、そのご神徳(ごしんとく)を無限大に高められるとされるからです。 ご神徳とは、神様のパワーやエネルギーと理解してください。 参拝時間 8時~19時 お守り・御朱印授与時間も同じです。 東京大神宮のご祈祷・ご祈願 伊勢神宮の特別参拝にあたるものです。 通常の参拝は、本殿前のからですが、特別なご祈願があるときには、本殿内で参拝することができます。 ご祈祷は、9時半~16時半で30分きざみで実施されます。 ご祈祷・ご祈願の費用は一般的に1万円が相場とのことです。 東京大神宮へのアクセス.

次の