ウオノラゴン エラがみ。 ウオノラゴンの戦法・技のまとめ&考察

【ポケモン剣盾】ウオノラゴンの育成論と弱点・対策まとめ【スカーフエラがみ型】

ウオノラゴン エラがみ

特徴 とを合成して復元された古代のポケモン。 東洋の竜の形をした体と魚の形をした頭を持つ。 実は胴体は竜の下半身であり、その尻尾の部分に上下逆さになった頭がついていて、尻尾を勢いよく持ち上げることで口と目の位置を正常に保っている。 古代では、強力な脚力とあごの力で無敵を誇っていたが、時代が進み獲物が少なくなっていき、終いには獲り尽くして飢餓したことで絶滅してしまっている。 頭が魚状であるため、水中でしか呼吸することができない。 本来は全く別のポケモン同士の身体を持っていて、なぜ合成して復元できたのかは分かっていない。 陸棲であるか水棲であるか統一されていないようなの図鑑説明からも、別のポケモン同士の体を合成したことが分かる。 ポケモンずかんの説明文 ずばぬけた きゃくりょくと アゴの ちからで こだいでは むてきだったが えものを とりつくし ぜつめつした。 漢字 ずば抜けた 脚力と 顎の 力で 古代では 無敵だったが 獲物を 獲り尽くし 絶滅した。 じそく60キロを こえる じまんの きゃくりょくで はしれるが すいちゅうでしか こきゅうできない。 漢字 時速60キロを 超える 自慢の 脚力で 走れるが 水中でしか 呼吸できない。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 第八世代 遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP このポケモンにタマゴわざはありません。 太字のわざはタイプ一致です。 10 でとで再生する。 色違い:灰色• ウオノラゴンとのとしてエラがみがある。 アニメにおけるウオノラゴン マンガにおけるウオノラゴン ポケモンカードにおけるウオノラゴン• を参照。 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。

次の

【堅実なエラがみマン】環境適応型 スカーフ まもる ウオノラゴン 育成論 ポケモン剣盾 ポケットモンスター ソード シールド

ウオノラゴン エラがみ

3m おもさ 215. 「 カセキのサカナ」と「 カセキのリュウ」を組み合わせて復元する事でゲットできる。 一見、を彷彿させるシルエットだが、実際はのようなの上半身がのような下半身の尻尾に接合した外見をしている。 ちなみに高さが 2. 3mあり、やをも上回る。 その為、魚部分もドラゴン部分もかなりの大きさがあることが判る。 陸上で速く走れたため、大きなアゴと併せて他生物に対しかなり強力だったらしいが、シールドの図鑑テキストでは 陸上走行用の足を持ちながら水中でしか呼吸ができないという、生物として破綻した生態であるとされ、ショッキングな外見など、の中でも特に強烈な印象を与えている。 一応、普段は水中にいて餌をとるときなどは短期間だけ陸上で活動する生物と解釈することはできる。 ただ、明らかに合成された姿なのに、ソードでは 太古の時代に実際に生息していたと推測するような体の記述があり、プレイヤーを困惑させている(ちなみにその絶滅理由は脚力とアゴのおかげで無敵すぎて獲物を食いつくしたからというもの)。 同じサカナの頭を付けたの方は、呼吸が不自由であるという記述があり、頭部が逆さなせいで呼吸も食事も不自由というこれまた破綻した生態を持つ。 一方で、実際に観察するとどちらもキャンプや戦闘では問題なく活動しており、図鑑テキストの信憑性は不明。 呼吸についてはシールドでしか言及されないので、ソードのプレイヤーにとっては地上活動の生物としか認知できない作品構造になっていたりもする。 ノシノシと力強く走る姿とは対照的に表情豊かで不思議な愛嬌があり、結構かまってちゃんなため、 大型犬のような感覚をおぼえ魅了される人が発売早々に続出している。 なんかズルい。 なお、「頭を尻尾の先に付けていた」というミスは一見あり得ないように感じるが、実は現実の古生物学者もやらかしたことがあるミスだったりする。 もっとも、それをやらかされたのはウオノラゴンの元ネタと思われるでもでもなく、ましてうっかり2種を合成したわけでもなく、奇しくも同作で登場した「カセキのクビナガ」の元ネタと思われるを復元する過程での出来事だったりするのだが…… そんないい加減な状態の復元でも命を持って動き出してしまうのだからポケモンは神秘的な生き物であるというか単純に生命力が強いというか… 性能 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 90 90 100 70 80 75 タイプはやと同じ・の複合タイプである。 攻撃よりのバランス型で、奇怪すぎる見た目のわりに案外尖りの無い平坦な能力。 最大の強みは本種とウオチルドンだけが使える。 威力85・命中100の安定したみず物理技で、先制できれば威力が2倍というぶっ飛んだ効果があり、さらにがんじょうあごの対象となる。 5(がんじょうあご)で 382. 5となる。 やのサポートで先手を取ってエラがみを使う戦法がシンプルに強く、上手くハマれば 相性がいまひとつでも一撃で倒せるほどの火力を誇るため、対戦にもさっそく顔を出している。 においても、火力の高さや演出時間の短さもあって人気が高まっている様子。 この 382. 5という目覚ましい破壊力は、水タイプの威力を上げられるなどの天候変化技および持ち物、バトン戦略やダブルバトルによる 各種バフなどによりまだまだ上げられるというとんでもない可能性とロマンを持っている。 ちなみにこの火力はかの 控え目眼鏡のの1. 1倍に達する。 古代最強の名は伊達ではない。 ちなみにエラがみの先制2倍補正は 交換されても適用されるため有利対面に出すだけで相当なプレッシャーを与えられる。 より正確に言えば、未行動のポケモンに攻撃する際に2倍という設定。 なのでボルトチェンジやバトンタッチ等で交代した場合も出てくるポケモン自体は未行動なので威力が2倍になるのである。 ダブルバトルでも最速で動けなくてもまだ動いてない相手へ噛む場合にはもちろん2倍の威力を出す。 ウオノラゴンからは逃げられない! ただしバフの重ねがけが中心となる戦略ほど崩されやすいという欠点は無視できず、やなどによりエラがみそのものを無力化されることもある。 当たれば並大抵の相手は消し飛ぶが、良くも悪くもロマンであることは念頭に置き、まずはバフをどの辺りで妥協するか、他のポケモンとの連携はどうするかをよく考えよう。 その先制時のぶっ飛んだ威力で軽視されがちだが後攻でもそこらの水の物理攻撃より高い威力が出る。 弱点としては するとの補正が乗らなくなる為、ダイマックスの方が 火力が落ちるという欠点がある。 もちろん、こだわり系をもちものに入れていて、尚且つエラ噛みの通りが悪い相手だが居座りたい場合には あえてダイマックスをすることでこだわり系の恩恵を切り、エラ噛み以外のわざを撃てるようにできるため、 ダイマックスさせることに意味が無いわけではない。 もう1つの欠点は の補正が乗らない技の威力の低さである。 ウオノラゴンはキバ技以外にもかなり豊富に技を覚えるのだが、 エラがみの方が火力が高い為、採用理由がほぼ無いという状況にある。 その為、技範囲が必然的にがんじょうあごの補正が乗る技とタイプ一致のドラゴン技に絞られてしまい、広い技範囲が全く活かせないという事態になっている。 要するにやる事がバレバレ過ぎてすぐに対策されてしまう。 剣盾の環境において、ダイマックスとの相性が悪いことの影響はかなり大きく、初期はカセキメラトップの高使用率を記録していたものの、次第に落ち着きを見せている。 他にも、命中の不安があるとは言え もとで高い火力が出ることや、 ほぼ一択の ウオノラゴンと比べても特性の選択肢がある上にダイマックスとの相性が良く、使用率が上がっており、対策が進んできたこともあって使用率はパッチラゴンに抜かれてしまっている。 ただ、それでも強力なポケモンであることには変わりなく、現状は落ち着いたものの未だに高い使用率を記録している。 …と、ここまで攻撃面 というかほぼエラがみ のぶっとび具合を書いたが、耐久面も優秀である。 まず、弱点がドラゴン・フェアリーの2つしかないので弱点をつきづらく、純粋な耐久値も物理耐久はより高く、特殊耐久もに少し劣る程度は確保されている。 HPに振ればの持ち物なしのも耐えてしまうため、耐久調整を行うのも一興である。 とはいってもエラがみの先制補正が強いので無理に素早さを削るならそれこそトリパでウオチルドンを使った方がいい場合もあるだろう。 あるいは全体のバランスの良さに目をつけ、や、などの噛みつき系の技を中心に搦め手も交えた堅実な技構成にするのも大いに結構。 ただ、上記でも書いた通り、下手に技を打つよりは エラがみを打った方が強い為、水を四分の一や無効にしてくる相手などに刺さる技を入れたほうが良いだろう。 特に に通るは必須。 また、がんじょうあごの補正が乗らないとはいえ、特性や追加効果に依存せず、安定した火力が出せるドラゴン技も入れておく必要がある。 かみくだくはゴーストに通るものの、 エラがみの方が高い火力が出るので、壁の破壊ができるサイコファングが候補に挙がる が流行っているので尚更。 とても器用に色々な技を覚えてくれるため、持ち物や努力値の振り方を変えてあげるだけで、相手の意表を突きつつ受けも攻めもこなす非常に頼もしいポケモンになるだろう。 関連イラスト.

次の

エラがみ

ウオノラゴン エラがみ

あごやキバを使って攻撃する技『かみつく』『かみくだく』『ひっさつまえば』『ほのおのキバ』『かみなりのキバ』『こおりのキバ』『どくどくのキバ』『サイコファング』『エラがみ』の威力が1. 5倍になる。 また、『すなあらし』によるダメージを受けない。 連続で使うと失敗しやすくなる。 通常攻撃。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手が『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 水中にいる間は『なみのり』『うずしお』以外の技を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 通常攻撃。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 相手が『ダイビング』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 第6世代は威力:20、PP:15 レコ. 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、相手の『こおり』状態を治す。

次の